うつ病ってどんな病気? その症状はうつ病のサインかも知れない!

ストレス社会では、うつ病に悩む人が年々増えているのです。

ストレス社会の日本では、年々自殺者も増えて来ています。

自殺者のうち、うつ病の人は何と42%以上に達すると言われています。

その事からうつ病は命に関わる病気といえるのです。

しかし、うつ病に掛かった人の多くは、病院に行かないで自分の性格のせいだと諦めている人も実は多いのです。

病気と性格的な物では本当に微妙な事なのです。

病院に行かないので治療が遅くなって益々状況が悪くなるって事も考えられます。

なんとなくおかしい・・・と感じたらうつ病の初期の症状かもしれません。

うつ病とはどんな病気なのか?うつ病の症状とはどんな症状なのか説明していきましょう。

うつ病ってどんな病気?

人は誰でも落ち込む事ってありますよね。

普段に経験する落ち込みと、うつ病の違いは何なんでしょうか?

それは落ち込んでいる期間が一つのポイントになります。

普段に感じる事がある落ち込みは数日すると改善したり、気分転換をすると治まったりします。

しかし、うつ病の時の落ち込みは憂うつな症状が2週間以上も続いてしまうのです。

さすがに2週間も続く事ってそんなにのないですよね。

うつ病になると気分転換をしても気持ちの落ち込みが改善しないのです。

初期のうつ病の詳しい内容はうつ病の症状と2つの原因について徹底解明!不眠症とうつ病の関係とは? 改善方法がわかる!

きょうの健康 うつ病 徹底解説「違う病気?」ページでも詳しく紹介していますので参考にして下さいね。

いつまでも落ち込んでいる状態が続いている時はうつ病かも知れないんですね。

うつ病は小さな出来事から発症する事も多く、その症状に気付かないでうつ病が酷くなることもあります。

うつ病の発症のきっかけはどんな事から起こるのでしょうか?

うつ病になるきっかけとは?

うつ病は些細な事が原因でなる場合も沢山あります。

例えば、転勤をして環境が変わり極度なストレスが掛かってもうつ病になる可能性があります。

不幸なストレスだけでなく、昇進する喜ばしい出来事であっても、本人にとってはプレッシャーが掛かり精神的にストレスが掛かってうつ病になる事もあります。

引っ越しも同じ事です。

この様に普段と違う環境に置かれた時に大きなきっかけとなるのです。

始めは疲れているせいと思っていても段々体調を崩し、精神的にもふさぎ込む状態が続いてきます。

うつ病は一般的には、体の不調から症状が出て、精神状態に異変が現れると言われています。

うつ病の原因の詳しい説明はうつ病ってどんな病気の? 原因ってなに?ページにも詳しく説明していますので参考にして下さいね。

では、うつ病ですがどの様な異常が現れるのでしょうか?

うつ病になると心と体に異常が出てくる

うつ病になると心だけでなく体も支障が現れて来ます。

うつ病と言うば心の病気とイメージされますが、うつ病になる事で体に変化が生じてきます。

心だけでなく体にも変化がくると気が滅入りますよね、

体調が悪くなることで益々症状も悪化していきます。

気分が落ち込んで、悩みが増えて夜が眠れないって事もうつ病にはあります。

この様に不眠に悩む人もうつ病の症状かも知れないのです。

不眠症とうつ病の関係とはのページで紹介しています。

うつ病になると様々な症状として現れてきます。

本人も周りの人もうつ病の症状を知っていれば少しでも早く改善する事が出来ると思います。

では、うつ病の症状について説明していきましょう。

[ad#kiji]

うつ病の症状とは?

うつ病の症状については、大きく分けて心の症状と体の症状があります。

実際にはなかなかうつ病の症状と気が付かない事も多く、精神から来る病気の場合は、本人が自分が病気である事の自覚が少ない事もあります。

周りが、心の病気かと心配していても本人に伝える事を躊躇して益々病気が進んでしまう場合もあるのです。

心の病気はデリケートな部分なので、本人には言えないのが現実かも知れませんね。

うつ病の症状である体の症状について先に紹介します。

うつ病の症状① 体の症状

うつ病は心の病気と思われがちですが、うつ病の初期症状は体の不調から始まる事が多いのです。

うつ病の体に起こる症状は眠れない症状から痛みにも表れてきます。

痛みについては、原因が不明である事が多くシンドロームシフトとも呼ばれています。

痛みは頭や目、口などのありとあらゆる所に起こります。

では具体的にどの様な体の症状がでるのでしょうか?

体の症状その① 眠れない

眠れない日は誰にでもあると思いますが、それが度々起こる時にはうつ病かも知れません。

うつ病と不眠症の間には深い繋がりがあります

最近眠れない人はうつ病の初期症状かも知れません。

不眠症とうつ病の関係とは?のページではうつ病と不眠症について詳しく紹介しています。

うつ病が酷くならない様に事前に改善したいですね。

酷い不眠症でうつ病と思ったら病院に行く事も大切ですが、気分をリフレッシュする事も心掛けないといけません。

うつ病と睡眠は大きな関係があり質の良い睡眠がうつ病の改善にもなるのです。

うつ病の予防は安全なサプリメントも有効

うつ病になるのは、食事の偏りも原因と言われています。

セロトニンの不足から心の病気になることもあるのです。

うつ病は脳のセロトニンが欠乏することが一因だと考えられていて、実際にセロトニンを増やす作用を持つ抗うつ剤がうつ病に効果が出ると言われています。

パニック障害・社会不安障害・不安障害圏・不眠症の疾患や強迫性障害もセロトニンの不足が一因だと考えられてています。

この様な症状は、うつ病と同じくセロトニンを増やす抗うつ剤が効果を示します。

本来なら食事療法が出来れば良いのですが、精神的にも体もつらい状態で徹底した食事療法は難しいかも知れません。

かと言って病院の薬は副作用が強いと聞きます。

病院の薬の副作用の問題

うつ病の副作用がキツイことは、テレビや情報雑誌で聞いていると思います。

また、飲みだしたらどんどん強い薬に変えていかないと効き目が薄れてきます。

気が付いたらキツイ薬を飲み続けている状態も考えられます。

そこで安心なサプリメントでのケアをおススメ致します。

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】です。

このメンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】は続けやすい値段でしかも評価の高いサプリメントです。

  • 楽天1位
  • ヤフー1位
  • ハーブ部門1位

になっているサプリメントです。創業者がうつ病で苦しんが経験を持ち安全で効果のあるサプリメントの開発をしています。

ラマスエキス・キャバ・クワンソウと5種類のビタミンBを配合したバランスのとれた安全なサプリメントです。

  • 朝すっきり起きれない
  • 気分が落ち込む
  • 体が重い
  • イライラする
  • 心が落ち着かない

などの症状の方にはとても有効です。

病院の薬は副作用もあるので、安心で安全なサプリメントをおススメします。

うつ病のサプリメントの中でも効果があるとされているランキング1位のサプリメントです。

インターネット限定で割引もきくのが嬉しいです。

割引の情報も公式ページで詳しく紹介していますので参考にして下さい。

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】の公式ページはこちらです。

うつ病と早朝覚醒の関係

うつ病の心の病気は、早朝覚醒の症状としてあらわれることがあります。

とくにうつ病の症状である

  • 眠っても疲れがとれない
  • 気持ちにはりが出ない
  • 物事への関心が薄れる

などの症状が出ている場合はうつ病の可能性があります。

うつ病と不眠症は深い関係があり9割以上が不眠症で悩んでいると言われています。

うつ病や不眠になる原因の共通点

うつ病は、モノアミンという脳内の物質の不足が原因と考えられています。

睡眠と覚醒の制御にも、このモノアミンという物質が重要な働きをしているのです。

うつ病と不眠にはモノアミンという物質が重要な働きをしているので、病気になる共通点として挙げられています。

うつ病と不眠症には大きな関係があるので、軽いうつ病の症状の間に治しておきたいですよね。

うつ病にはリラックスすることも大きな改善策とも言えます。

それには、香りによる睡眠改善のアロマもあります。

香りは気持ちを落ち着けてくれる効果があるのです。

睡眠効果の高いアロマの紹介をします。

  • ラベンダー・・・・・・リラックス効果 眼精疲労 肩こり
  • オレンジスイート・・・ ストレス 冷え性
  • ベルガモット・・・・・ 甘い香りで消化促進に効果があります

アロマオイルは良質のオイルを選ぶようにして下さい。

生活の木のアロマは百貨店でも取り扱っている商品なので安心出来る商品ですよ。

この様に色々な睡眠を高めるグッツがあるので、自分の合った商品を選んで試してみるのも良いと思います。

睡眠不足が原因でうつ病になっている可能性もあるので、健康の為にも質の良い睡眠を心掛けましょう。

不眠症とうつ病の関係の記事は

【不眠症】眠れないのは、病気やうつ病・5人に1人が睡眠障害その原因を解明!

不眠症とは?5人に1人は不眠障害!眠れるコツを公開します。

不眠症とうつ病の関係とは? 改善方法がわかる!のページで詳しく紹介していますので参考にして下さい。

うつ病の関係のブログはうつ病の症状と2つの原因について徹底解明!ページでも詳しく紹介しています。

不眠症とうつ病の関係は深い事は分かりましたが、うつ病の症状も沢山あります。

食欲不振もその中の一つです。

体の症状その② 食欲不振

うつ病になると食欲が低下し、可なりのスピードで痩せて行きます。

うつ病の食欲不振は、お腹が空いているのに食べようとしても飲み込めない状態になります。

食べ物があるのに食べれないのは辛い事ですよね。

こんな状況が続くので1カ月に数キロも体重がおちてきます。

ダイエットもしていないのに、痩せてきたら要注意です。

体の症状その③ 痛み

頭痛や肩こりの症状が現れます。

痛みの出る箇所は様々で鎮痛剤では治まらなくなってきます。

うつ病の人の60%の人が頭痛に悩んでいると言われています。

その原因がうつ病を発症すると脳内のモノアミンが少なく成る為、痛みを感じてしまうからと言われています。

それでうつ病の人は痛みを感じやすいのですね。

でも、日常で頭痛や痛みを感じていると心がめげてしまいますよね。

体の症状その④ だるい

うつ病になると自立神経が乱れてきます。

この事でだるさや目眩などの症状が起こって来ます。

うつ病によるだるさの症状は一日では改善しない事が多く4日~5日ぐらいだるさが続きます。

少し良くなったと思って体を動かしても直ぐに疲れが出てしまい寝込んでしまう事もあります。

この症状は更年期障害から始まる場合もあるのです。

ストレスが溜まって自律神経の乱れから、だるさやめまいなどを引き起こす事もあるのです。

体の症状その⑤ 生理不順

うつ病から来る自立神経の乱れは、ホルモンバランスも乱し生理不順を引き起こします。

生理不順がホルモンのバランスが崩れたせいと思っていても実はうつ病の症状である事もあるのです。

女性だったら何かしら生理の時には、不調になりますが一時的な事が殆どです。

しかし、うつ病から来る症状は何時までも改善しない生理不順の場合が多いのです。

この様にうつ病の症状として体にもはっきりと影響が出て来ます。

普段でも体の不調はありますが、長く続くのがうつ病の特徴なんですね。

では、心の症状とはどの様な症状なのでしょうか?

うつ病の症状① 心の症状

心の症状については、普段もうつ病と同じ様な症状が出る事も多くあります。

うつ病の場合は2週間以上も同じ症状が続いてきます。

その期間の長さが私達が普段から起こる心の状況との区別になります。

では具体的な心の症状を説明していきますね。

心の症状その① 抑うつ気分

抑うつ気分とは憂うつになったり急に悲しくなったり、気持ちが落ち込んでいく様な症状になります。

何故か涙が出てくるのも、抑うつ気分の症状として現れます。

健康な人でも、ちょっとした事で気分が落ち込んでしまったりしますが、気分転換をすると心も晴れてきます。

しかし、うつ病の人は抑うつ気分が長期間に渡り回復して行かないのが特徴です。

うつ病になると怒りっぽくなる人も多いと言われています。

悲しんだり、急に怒りっぽくなったりと情緒不安定な状態が続きます。

心の症状その② 意欲の低下

うつ病による意欲の低下とは、何をするにしてもヤル気になれず、必要以上に時間が掛かってしまいます。

体も怠く、何故か疲れるという症状がでて来ます。

当然うつ病と分かるまでは、周りからも理解されない事が多いと思います。

何故こんなにヤル気が出ないのかと悩んでいる人はうつ病の症状かもしれません。

人からは怠けているって思われていたら悲しいですよね。

集中力が無く意欲も低下してきたら要注意です。

心の症状その③ 不安症状

うつ病による不安症状とは、物事について悲観的になり、全ての事にマイナス思考に片寄っていきます。

その為に意欲的に行動に移す事が出来ず、自信がないままの状態が続きます。

誰でも自分に自信のない部分はありますが、うつ病の症状は全てを悲観的に取る傾向があります。

小さな事にもくよくよ考えて自分の殻に閉じこもる傾向にあります。

心の症状その④ 罪悪感

うつ病の症状である罪悪感は酷くなると自分が生きていては迷惑が掛かると感じる事もあります。

こんなに簡単な事ができないのか? 皆に迷惑がかかると自分ばかりを責めていきます。

周りからは責任感が強いからと思われがちですが、本人は自分のせいだと攻め続けるのです。

罪悪感が強くなると、うつ病の治療にも差し支えてきます

自分の存在価値が無いと最悪な考え方にも陥ります。

心の症状その⑤ 死んでしまいたくなる

うつ病の症状である死んでしまいたくなる感情は全ての事を自分のせいと思い込む事から来ています。

健康な人でも、もう消えてなくなりたい!と思う事も時にはありますが、2~3日もすれば忘れていますよね、

でもうつ病の人は死んでしまいたい感情がドンドン増してきます

自分を否定する感情から自分が生きている価値が無いとまで思うようになります。

こんな状態が続いてくると家族も心配になってきますね。

死にたいと言っていても、冗談で受っとていても実際には自殺者の42%の確率でうつ病になっている人が居るのです。

体の不調や心の脱力感などの両面の苦しみを抱えて生きているのです。

うつ病の治療は思っている以上に大変ではありません。

精神的な病気の場合は、本人の意志が治そうと思わないと治療も進んでいきません。

勇気を持って病院に行き治療に専念するのも方法かも知れません。

病院に行くまでもない人は、気持ちを落ち着ける努力をする事もおススメします。

最初に紹介したアロマの効果を使った療法も体に優しく効果が期待出来ます。

  • ラベンダー・・・・・・リラックス効果 眼精疲労 肩こり
  • オレンジスイート・・・ ストレス 冷え性
  • ベルガモット・・・・・ 甘い香りで消化促進に効果があります

アロマオイルは良質のオイルを選ぶようにして下さい。

生活の木のアロマは百貨店でも取り扱っている商品なので安心出来る商品です。

うつ病の改善に意識を向けて日頃の体と心のケアを心掛けましょう。

それでも改善が難しく、いつまでも続く憂うつな症状が出たら病院に行く事をおススメします。

うつ病は心の悩みからくることも多いのですが、物の捉え方が狭くなっているのかも知れません。

教育の在り方の見直しも大切と言われています

人の付き合いを上手く出来ない人も多いと思います。自分の限界を教えられていないので、
つい無理をしてしまっているのです。

挫折や限界を教える様にすることで、強い自分を作ることが生きている上で重要ですね。

子供の頃には無限の可能性があるのは、分かっているのですが社会に出たら色々な才能を持った人もいて

、どうしても自分と比べてしまうので自分を責めてしまったりします。

そのことで孤立してしまいうつ病になり易いとおも言えるのです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

うつ病についてさまざまな記事を書いています。

うつ病の原因・症状や治療方法のまとめ【保存版】

うつ病の情報をまとめた目次のようなページです。

うつ病で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です