【うつ病の症状】体が重い感覚・うつ病のサインかも知れない!

うつ病になると鉛のように体が重くなることが多くなります。

実際には体が重くなっているのではなく、重く感じてしまっているのですが・・・本人にとってはとてもつらい症状なのです。

うつ症状の中でも特に体が異常に重たく感じる症状に苦しめられている人は沢山います。

体に鉛でも入っているというぐらいだるくなるのです。

体調が悪くなると家の外にも出ていきたくなくなるし、引きこもりの様なことが起こります。

うつ病はそのままで放置していくと、症状が進行していきます。

若者の自殺者の原因は何らかのうつ病に掛かっていると言われています!

これは命に関わる病気といっても過言ではないと思います。

うつ病と軽視していては本当に怖い病気なのです。

うつ病の知識をきっちり持って少しずつ改善していきましょう。

では、始めにうつ病についてご紹介します。

うつ病とはどんな病気?

うつ病の起こる原因ははっきりはまだわかっていませんが、心の精神状態が何らかの関係があると言われています。

脳で働く神経の伝達物質の働きが悪くなる理由として、ストレスや病気、環境の変化などが原因となりうつ病を発症させているのだと思われます。

何れにしても、様々な要因が原因となりうつ病となっているのです。

うつ病の人は非常に多くいて、心の風邪と表現されるほど沢山の人がうつ病に掛かているのが現状です。

体に起こる風邪も放置しておくと肺炎になり、酷くなると死んでしまうこともあります。

心の風邪と言われるうつ病も同じ事です。

早期治療を行うと簡単に良くなる病気でも、放置しておくと段々病状が酷くなって自殺願望まで発展してしまうのです。

今は、ストレス社会と言われ、可なりのストレスが職場や自宅の中にも潜んでいる様に思います。

子供の社会においても可なりのストレスを感じる出来事も多いと言われています。

いじめを始めとする様々な出来事が本人にとって大きなストレスとなってうつ病を誘発させることにもなるのです。

誰とも会いたくないなど人との交流も少なくなってきます。

家族の中の誰かがうつ病になってもおかしくないのです!

そのうつ病の症状として、一般で言う引きこもりの様な症状も出るのです。

大切なことは、うつ病は複数の原因によって発症する病気で、1つの原因のみでなる病気ではないという事です。

体がおもくなる症状もうつ病の人にとっては、つらい症状であり沢山の人が経験している症状なのです。

うつ病ってどんな病気の? 原因ってなに?うつ病を改善する方法!

うつ病の詳しく紹介していますので参考にして下さい。

[ad#kiji]

うつ病になると、なぜ体が重たく感じるのでしょうか?

うつ病になると体が重く感じると訴える人が多いのです。

なぜ、体が重く感じるのでしょうか?

それは、脳の補正機能がうまく働かなくなって、本来体の重みを感じることがなくても感じてしまうのです。

いわば脳の誤作動といってもいいかもしれません。

うつ症状で体が異常に重たく感じてしまう仕組みについては、僕の精神科医に教えてもらいました。
(左診療所~親切親身になってくださった精神科・心療内科~)

人の体は重いのです。

しかし正常であれば、我々の感覚として、この60,70,80キロを感じることはありません。

脳の補正機能が働いて、その重さを感じないようにしてくれるからです。

直接感じていたら、疲れてしまいますもんね。

しかしうつ病になると、その脳の補正機能がうまく働かないため、体重そのままに近い重さを感じてしまうのです。
人の体は重いのです。

しかし正常であれば、我々の感覚として、この60,70,80キロを感じることはありません。

脳の補正機能が働いて、その重さを感じないようにしてくれるからです。

直接感じていたら、疲れてしまいますもんね。

しかしうつ病になると、その脳の補正機能がうまく働かないため、体重そのままに近い重さを感じてしまうのです。

脳の機能が上手く働かないと体の重さを感じてしまうんですね。

体が重く感じてしまうのも、実はうつ病の症状の1つです。

もし、うつ病が原因ならうつ治療が進むにつれて症状が良くなりますので、あまり深刻に考えないで治療に専念してみて下さい。

うつ病の治療が進むにつれて、体が重たく感じる症状がなくなってくるのです。

うつ病には体が重くなる症状以外にも様々な症状があります。

ここでうつ病の症状について説明しておきましょう。

うつ病の心の症状 気分の落ち込みが2週間以上続く

誰にとっても気分が落ち込むことはありますよね。

では、どこでうつ病かどうかの判断をするのでしょうか?

それは、2週間以上の落ち込みが出ればうつ病の可能性があります。

心の症状の例は

  • やる気が起きない
  • 自分は価値のない人間だと思う
  • 自分の責任だと感じる
  • 意味もないのに塞ぎこむ
  • 自殺願望
  • イライラする

うつ病の体の症状 睡眠障害・寝汗

うつ病になると、睡眠障害の症状が出る可能性があります。

不眠症になると、ストレスが溜まってうつ病になってしまうこともあるのです。

うつ病と不眠症は深い関係があります。

不眠症とうつ病の関係とは? 改善方法がわかる!

このページでは、鬱病と不眠の関係を詳しく紹介していますので参考にして下さい。

心の症状の例は

  • 肩こり・腰の痛み
  • 食欲不振
  • 息苦しさ
  • 体が異常に重たく感じる
  • 汗が止まらない
  • 疲れやすい
  • 頭が回転が悪い
  • いつも頭がぼーっとする

などの症状があるのです。

この様な症状が出た時には、うつ病の可能性がありますので病院に行ってください。

症状的にもうつ病ではないけれど、体調が悪い時や不眠に悩まされている時には、食事療法やサプリメントで改善することも出来ます。

病院に通う前に試してみても良いかも知れません。

うつ病の予防は安全なサプリメントも有効

うつ病になるのは、食事の偏りも原因と言われています。

セロトニンの不足から心の病気になることもあるのです。

うつ病は脳のセロトニンが欠乏することが一因だと考えられていて、実際にセロトニンを増やす作用を持つ抗うつ剤がうつ病に効果が出ると言われています。

パニック障害・社会不安障害・不安障害圏・不眠症の疾患や強迫性障害もセロトニンの不足が一因だと考えられてています。

この様な症状は、うつ病と同じくセロトニンを増やす抗うつ剤が効果を示します。

本来なら食事療法が出来れば良いのですが、精神的にも体もつらい状態で徹底した食事療法は難しいかも知れません。

かと言って病院の薬は副作用が強いと聞きます。

病院の薬の副作用の問題

うつ病の副作用がキツイことは、テレビや情報雑誌で聞いていると思います。

また、飲みだしたらどんどん強い薬に変えていかないと効き目が薄れてきます。

気が付いたらキツイ薬を飲み続けている状態も考えられます。

そこで安心なサプリメントでのケアをおススメ致します。

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】です。

このメンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】は続けやすい値段でしかも評価の高いサプリメントです。

  • 楽天1位
  • ヤフー1位
  • ハーブ部門1位

になっているサプリメントです。創業者がうつ病で苦しんが経験を持ち安全で効果のあるサプリメントの開発をしています。

ラマスエキス・キャバ・クワンソウと5種類のビタミンBを配合したバランスのとれた安全なサプリメントです。

  • 朝すっきり起きれない
  • 気分が落ち込む
  • 体が重い
  • イライラする
  • 心が落ち着かない

などの症状の方にはとても有効です。

病院の薬は副作用もあるので、安心で安全なサプリメントをおススメします。

うつ病のサプリメントの中でも効果があるとされているランキング1位のサプリメントです。

インターネット限定で割引もきくのが嬉しいです。

割引の情報も公式ページで詳しく紹介していますので参考にして下さい。

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】の公式ページはこちらです。

うつ病の初期治療とは?

うつ病になると治療を開始しますが、どのような治療が必要なのでしょうか?

うつ病治療は、4つの治療方法があります。

  • 薬物療法
  • 精神療法
  • 休養
  • 環境の調節

この4つの方法でうつ病は可なり改善されていきます。

しかし、うつ病の判断はなかなか自分ではしにくいの現状です。

風邪の様に熱や咳などの症状が出れば分かりやすいし、人にも理解してもらいやすいですよね。

うつ病の場合は、精神的な症状が多いので

  • 努力が足らない
  • やる気がない
  • さぼっている

この様な印象を持たれてしまうのです。

うつ病がどの程度進んでるのかを知るには、具体的に日常生活や社会活動にどの様に影響しているのかがポイントになります。

では実際のうつ病の治療についてご紹介しましょう。

うつ病の治療その① 休養

うつ病に掛かったら先ずは休養をとる事が重要になってきます。

うつ病の場合は休養をとるタイミングも重要になってきます。

休息を取った事で、周りの事を考えた余りに自分が迷惑を掛けてしまったのではないかと思い悩みうつ病が進む事もあるのです。

本人も精神状態に合わせて少しずつ休息を取る必要があります。

うつ病の症状が出ていたとしても、仕事や勉強の意欲がある場合は休まずに治療を行う場合もあります。

無理矢理休暇を取る事でうつ病が悪化する可能性もあるのです。

タイミングを見ながら休息を入れる事が重要になんですね。

家族にとっては休ませたい気持ちがあると思いますが、長い目で対応する場合が必要になってくるのです。

うつ状態が酷い時には休息が必要

うつ状態が酷い場合は、一番に休養が必要になってきます。

仕事が手に付かない・勉強に集中できないなどの症状が出て来たら可なりうつ病が進んでいます。

休息を取る事でうつ病も早期改善になるのです。

基本は自宅で静養するのですが、自殺を考える様になったら病院の入院が必要になってきます。

うつ病が進んで来ると本人の判断能力が少なく成って来ます。

周りの家族や友人など、うつ病である本人に休息が取れる環境を整えるのも早期改善に繋がってきます。

 

うつ病と早朝覚醒の関係

うつ病の心の病気は、早朝覚醒の症状としてあらわれることがあります。

とくにうつ病の症状である

  • 眠っても疲れがとれない
  • 気持ちにはりが出ない
  • 物事への関心が薄れる

などの症状が出ている場合はうつ病の可能性があります。

うつ病と不眠症は深い関係があり9割以上が不眠症で悩んでいると言われています。

うつ病や不眠になる原因の共通点

うつ病は、モノアミンという脳内の物質の不足が原因と考えられています。

睡眠と覚醒の制御にも、このモノアミンという物質が重要な働きをしているのです。

うつ病と不眠にはモノアミンという物質が重要な働きをしているので、病気になる共通点として挙げられています。

うつ病と不眠症には大きな関係があるので、軽いうつ病の症状の間に治しておきたいですよね。

うつ病の治療その② 環境を整える

人間関係などのストレスがうつ病の原因になるのですが、逆に環境を変える事でうつ病の治療にもなるのです。

環境を変える事で煩わしい人間関係も改善されるのでストレスも軽減されてうつ病の治療になるのです。

うつ病に掛かった本人が一番いる場所に注目して、その環境にストレスがあるなら、なるべく遠ざかる様にして下さい。

うつ病は、家族や周りの人の協力も必要になってきます。

ストレスの掛からない環境に置く事がうつ病には大切になって来るのです。

家族の人の協力も必要

うつ病になると自分を責めたり、怒りっぽくなったり、気分が塞いだりします。

その時に周りに話を聞いてくれる人がいれば、精神的にも安定してきます。

この様に周りの人がいつでも側にいる事も環境を整える治療に有効になるのです。

じっくりと話を聞く時間を取ってうつ病を改善させると言う気持ちが大切になってきます。

環境を整える事はうつ病の治療にとって重要な事なのです。

時間を掛けてじっくりとコミュニケーションを取る事が必要なんですね。

うつ病に掛かる人はストレスが掛かり易いので周りが気を付けるのが重要ですね。

現代社会はうつ病に掛かりやすい社会とも言えます。

家族の人数も少なくなり、人とのコミュニケーションも少なくなってきています。

コミュニケーションが減ると悩みも打ち明ける人もいなくなると悪循環に陥ります。

なるべく人とのコミュニケーションを積極的にとるようにしたら、ひどいうつ病は防げるのでないでしょうか?

うつ病の治療その③ 薬物治療

うつ病による脳内環境を元の状態に戻すために使用されるのが抗うつ薬です。

まだまだ、うつ病の薬を飲むのに抵抗がある人も多いと思いますが、適切な治療方法を使えばうつ病に効果が期待出来ます。

抗うつ剤の効果が表れるまで1~2週間かかります。

その後は症状も安定して来ますが、薬を止めると再発する可能性があります。

再発防止の期間も入れて半年は続けなければなりません。

途中で止めてしまうと、また症状が戻ってしまいます。

薬物治療は医師の判断がでるまで、止めてはいけないのですね。

抗うつ薬の副作用

薬には一般的に副作用があります。

勿論、抗うつ薬にも副作用があります。

その副作用の内容は?

  • 口の渇き
  • 便秘
  • 排尿障害
  • 不安
  • 眠気
  • 頭痛
  • 胃腸障害

等が抗うつ薬にも副作用の症状として出てくる事があります。

副作用に悩まされない為にも、しっかり知識をもって正しく服用しうつ病を治す事が必要ですね。

ストレスの無い生活をする事と症状と合わせた治療を行えば、少しずつ症状が改善されていきます。

うつ病の治療その④ 精神治療

本人の日頃に抱えている悩みをしっかり聞いてあげる事で心の開放に繋がります。

うつ病になっている人は何らかの悩みを抱えている事が多いのです。

精神治療は、気持ちの負担を取り除く効果もあるのですね。

本人のストレスに共感して理解を示す事が必要なのです。

うつ病の改善にはストレスを軽減する事が大切ですが、本人だけの力ではなかなか難しいのが現実です。

うつ病の症状は分かりにくいので知らない間にうつ病になって要る事も老いのです。

うつ病の症状はうつ病の症状と2つの原因について徹底解明!うつ病ってどんな病気? その症状はうつ病のサインかも知れない!

のページで詳しく紹介しています。

うつ病は心の悩みからくることも多いのですが、物の捉え方が狭くなっているのかも知れません。

教育の在り方の見直しも大切と言われています

人の付き合いを上手く出来ない人も多いと思います。自分の限界を教えられていないので、
つい無理をしてしまっているのです。

挫折や限界を教える様にすることで、強い自分を作ることが生きている上で重要ですね。

子供の頃には無限の可能性があるのは、分かっているのですが社会に出たら色々な才能を持った人もいて

、どうしても自分と比べてしまうので自分を責めてしまったりします。

そのことで孤立してしまいうつ病になり易いとおも言えるのです。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

うつ病についてさまざまな記事を書いています。

うつ病の原因・症状や治療方法のまとめ【保存版】

うつ病の情報をまとめた目次のようなページです。

うつ病で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です