【うつ病】子供が危ない!8つの症状が出ていない?その症状はうつ病かも!

うつ病は不眠症やヤル気がなくなる、酷い場合は死にたくなってしまう心の病気ですが、軽度のうつ病・中等症と重症のうつ病・子供のうつ病・高齢者のうつ病があります。

現在では子供がうつ病になるケースも増えてきているのです。

子供がうつ病に掛かってやる気がなく、無気力になっているケースが増えてきているのです。

しばらくは、まさかうつ病の症状でやる気が無くなるように思いますが、その状態がずっと続いてしまいます。

誰でも気分でやる気が無くなってしまいますが、一時的なことでずっとは持続しません。

長い間やる気が無くなるのはうつ病が疑わせるのです!

うつ病は病気の程度によって治療の内容が違うのです。

特に軽症の内は気が付かなったりする事が多く治療しないままになっている事があります。

そしてうつ病が知らない間に重症化しているのです。

うつ病が酷くならない間に治療をしたいですよね。

うつ病は重症化する前に治療が必要なのです。

不眠症とうつ病については不眠症とうつ病の関係とは? 改善方法がわかる!のページで詳しく紹介しています。

うつ病ってどんな病気?

人は誰でも落ち込む事ってありますよね。

普段に経験する落ち込みと、うつ病の違いは何なんでしょうか?

それは落ち込んでいる期間が一つのポイントになります。

普段に感じる事がある落ち込みは数日すると改善したり、気分転換をすると治まったりします。

しかし、うつ病の時の落ち込みは憂うつな症状が2週間以上も続いてしまうのです。

さすがに2週間も続く事って、そんなにないですよね。

うつ病になると気分転換をしても気持ちの落ち込みが改善しないのです。

初期のうつ病の詳しい内容はうつ病の症状と2つの原因について徹底解明!不眠症とうつ病の関係とは? 改善方法がわかる!

きょうの健康 うつ病 徹底解説「違う病気?」ページでも詳しく紹介していますので参考にして下さいね。

いつまでも落ち込んでいる状態が続いている時は、うつ病かも知れないので要注意です!!。

うつ病は小さな出来事から発症する事も多く、その症状に気付かないでうつ病が酷くなってくると言われています。

うつ病はどのような症状があるのでしょうか?

うつ病の症状は?

日常生活に差ほど影響が起こらない程度から日常生活に支障が出て仕事や学校に影響が出てくる場合があります。

ただ、学校に行きたくない気分なのか、うつ病の理由で学校に行きたくないのか見極めも難しいですよね。

うつ病は憂うつで気分が落ち込んだり、興味や喜びの喪失などでもうつ病になるのです。

普段から起こりうる症状ですが、一時的ではなく持続して起こってくる症状がうつ病の現れ方になります。

気分転換したつもりでも、直ぐに気分が落ち込んでしまいます。

実際にどの様に症状として現れるかをご紹介しましょう。

うつ病の症状① 食欲異常

うつ病になると食欲不振になるケースもうつ病の症状となります。

気分が落ち込んで食べる楽しみが感じられず食欲が低下してきます。

好きだったはずのものまで食べたくなくなって、短期間で目に見えて痩せてしまう人も少なくありません。

体重の極端な現象があればうつ病の可能性も高くなってきます。

また、現象だけでなく、極端な増加も同じようにうつ病の症状ということもあります。

うつ病の症状② 睡眠異常

睡眠異常とうつ病は深い関係にあります。

不眠が続くと健康な人でも病気になってしまいますよね。

いつまでも眠れない症状が続くとうつ病の可能性があります。

うつ病の場合、睡眠障害のある人は80%以上と言われています。

うつ病でみられる睡眠障害は、不眠と過眠の2つに大きく分けられます。

【不眠症】眠れないのは、病気やうつ病・5人に1人が睡眠障害その原因を解明!

不眠症とうつ病の関係とは? 改善方法がわかる!

このページで不眠とうつ病の詳しい情報をご紹介していますので参考にして下さい。

うつ病と早朝覚醒の関係

うつ病の心の病気は、早朝覚醒の症状としてあらわれることがあります。

とくにうつ病の症状である

  • 眠っても疲れがとれない
  • 気持ちにはりが出ない
  • 物事への関心が薄れる

などの症状が出ている場合はうつ病の可能性があります。

うつ病と不眠症は深い関係があり9割以上が不眠症で悩んでいると言われています。

うつ病や不眠になる原因の共通点

うつ病は、モノアミンという脳内の物質の不足が原因と考えられています。

睡眠と覚醒の制御にも、このモノアミンという物質が重要な働きをしているのです。

うつ病と不眠にはモノアミンという物質が重要な働きをしているので、病気になる共通点として挙げられています。

うつ病と不眠症には大きな関係があるので、軽いうつ病の症状の間に治しておきたいですよね。

うつ病の症状③ そわそわする

そわそわして落ち着かない症状もうつ病の典型的な症状と言われます。

不安が付きまといそわそわしてしまいます。

この症状は芸能人の岡村隆司さんも心の病気になった時に症状として現れたと言っていました。

岡村隆司さんの心の病についてのブログはこちらに詳しくご紹介していますので参考にして下さい。

【うつ病】芸能人・お笑いタレント岡村隆史「心の病気」7つの症状とは?パニックの症状も!

うつ病の症状④ 体が重い

うつ症状の中でも体が異常に重たく感じる症状は動くことも負担になってきます。

体に鉛でも入っている感覚になるのです。

この症状は脳内の何らかの異常でうつ病を発症すると、この脳の補正機能がうまく働かなくなることから起こります

それが理由で体の重たさをそのまま感じてしまうのです。

体が異常に重たいという症状が出た場合はうつ病の可能性もあるのです。

体が重く感じたら、やる気も無くなってしまいますよね。

うつ病の症状⑤ 疲れやすい

うつ病の症状で、ほとんど身体を動かしていないの にひどく疲れたり、身体が重く感じられたりすることがあります。

これもうつ病の症状と言えます。

疲れやすさは症状は

  • なにをしてもすぐ疲れてしまう
  • 休んでも全然疲れがとれない
  • いつも疲れている感じがする

一般には、疲れは何かをした時に疲労を感じて疲れることがありますが、うつ病の疲れは、はじめから疲れている状態です。

うつ病の症状⑥ 自分を責める

うつ病になると、考え方にゆがみが生じてきます。

その為に全ての事を自分のせいだと感じてしまうのです。

いつもならできたことが思うようにできなくなってしまう症状も現れてきます。

酷くなると自分なんか生きていてもしかたがない人間だ!と思ってしまうことすら思うようになってきます。

自分を責め過剰に責任を感じてしまうことがあるのです。

うつ病になると頭が正常に働かない状態になり、考え方や物事のとらえ方にゆがみが生じ過剰に責任を感じる症状がでます。

うつ病の症状⑦ 思考力低下

うつ病になると思考力が低下してきます。

  • 新聞がよめなくなった
  • 相手のはなしが理解できなくなった
  • 何をすればいいかわからなくなる
  • 日常でかんたんにできていたことができなくなる

この様な症状がでてきます。

自分のしようとしていたことを忘れてしまうと日常生活にも支障が起こってきます。

うつ病の症状⑧ 死にたいと思う

この症状が一番重症な症状と言えます。

うつ病で命に関わることは無かったとしても、二次的な症状で命に関わってしまうのです。

自殺者のうち、うつ病の人は何と42%以上に達すると言われています。

その事からうつ病は命に関わる病気といえるのです。

子供の自殺者も多いですが、その原因はうつ病の可能性も十分考えられますよね。

うつ病の診断を出すための基準がありますので紹介していますので参考にして下さい。

うつ病の医療機関の診断基準がありますので、詳しくご紹介しますね。

[ad#kiji]

医療機関のうつ病の診断基準は

  • 食欲異常
  • 睡眠異常
  • そわそわする
  • 体が重い
  • 疲れやすい
  • 自分を責める
  • 思考力低下
  • 死にたいと思う

うつ病の診断基準はこれらの事が5つ以上あり、ほとんど1日中か2週間以上続く場合です。

仕事・学校・家庭なので何らかの問題がある場合をうつ病と診断します。

やはり、うつ病になるのは何かのきっかけがあるのです。

軽度にうつ病は生活に支障があるけれども、どうにか仕事に行けたり学校に行ける状態です。

それが症状が重くなると、仕事にも学校にも行けなくなってしまいます。

何かのストレスが掛かってしまうとうつ病になり易い状態と言えるのです。

過度なストレスがうつ病を招くことも

やる気がない・学校や仕事に行きたくない症状は過度なストレスが引き金になっていることは少なくありません。

仕事場や学校で人間関係や家庭内での過度のストレスは、うつ病の人にとっては深刻な問題です。

元気な人にとってはストレスがやる気に繋がったり心のバネになることはあります。

ただ、心が弱っている時にストレスが掛かってしまうと、心と体に悪影響をあたえるだけのものになってしまうのです。

ストレスがバネになるかならないかは、その時の心と体の状態がどうあるのかによって変わってきます。

大きなストレスがあると、跳ね返す力がなく、そのストレスに潰されてしまいうつ病になるのです。

うつ病は気持ちの障害だけで無く体にも症状として表れるのです

うつ病の人に言ってはいけない言葉や声かけがあるので参考にして下さい。

うつ病は食事の偏りから起こることも分っています。

食事療法は当然良いのは分かっていますが、なかなか続けることが難しいのが現状です。

うつ病の予防に安心なサプリメントが有効

うつ病になるのは、食事の偏りも原因と言われています。

セロトニンの不足から心の病気になることもあるのです。

うつ病は脳のセロトニンが欠乏することが一因だと考えられていて、実際にセロトニンを増やす作用を持つ抗うつ剤がうつ病に効果が出ると言われています。

パニック障害・社会不安障害・不安障害圏・不眠症の疾患や強迫性障害もセロトニンの不足が一因だと考えられてています。

この様な症状は、うつ病と同じくセロトニンを増やす抗うつ剤が効果を示します。

本来なら食事療法が出来れば良いのですが、精神的にも体もつらい状態で徹底した食事療法は難しいかも知れません。

かと言って病院の薬は副作用が強いと聞きます。

病院の薬の副作用の問題

うつ病の副作用がキツイことは、テレビや情報雑誌で聞いていると思います。

また、飲みだしたらどんどん強い薬に変えていかないと効き目が薄れてきます。

気が付いたらキツイ薬を飲み続けている状態も考えられます。

そこで安心なサプリメントでのケアをおススメ致します。

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】です。

このメンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】は続けやすい値段でしかも評価の高いサプリメントです。

  • 楽天1位
  • ヤフー1位
  • ハーブ部門1位

になっているサプリメントです。創業者がうつ病で苦しんが経験を持ち安全で効果のあるサプリメントの開発をしています。

ラマスエキス・キャバ・クワンソウと5種類のビタミンBを配合したバランスのとれた安全なサプリメントです。

  • 朝すっきり起きれない
  • 気分が落ち込む
  • 体が重い
  • イライラする
  • 心が落ち着かない

などの症状の方にはとても有効です。

病院の薬は副作用もあるので、安心で安全なサプリメントをおススメします。

うつ病のサプリメントの中でも効果があるとされているランキング1位のサプリメントです。

インターネット限定で割引もきくのが嬉しいです。

割引の情報も公式ページで詳しく紹介していますので参考にして下さい。

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】の公式ページはこちらです。

うつ病の症状は体にも影響する

うつ病は憂うつの様な心の状態だけでは無くて、食欲や体が重い体の面にも症状が現れるのです。

うつ病は心の病気なので精神的な症状しか出ないと思いますよね。

ストレスでエネルギーが無くなった事で、脳内が変化をしてしまうのです。

その理由で体にも症状がでてしまうのです。

心の病気を楽にする為にカウンセリングをしていますので、良かったら参考にして下さいね。

まだ、病院に通うほどでも無いという方に良いと思います。

詳しい事は《幸せ女子》心が苦しい時に占いカウンセリングを受けると悩みが解消していきますページを参考にして下さいね。

この様にうつには症状があるのです。

ただ、うつ病の症状でも違う病気の可能性もあります。

同じような症状で他の病気について紹介しましょう。

抑うつ症状が出るほかの病気?

うつ病の症状が出たといっても違う病気の場合もあります。

例えば

  • アルコール依存症
  • 認知症
  • 甲状腺の病気
  • がん

等の病気からくる症状の場合もあります。

認知症の詳しい説明は認知症 アルツハイマー病は4人に1人の患者数のページを参考にして下さいね。

体の病気の可能性や脳の病気の可能性も考えてうつ病の診断をしていく事が大切なのです。

ではどうしてうつ病になるのでしょうか?

うつ病の原因は2つある

うつ病の原因は主に2つの要因が関係すると言われています。

うつ病は性格的な要因と環境的な要因・遺伝的な要因があると言われています。

うつ病の原因には、この環境的要因・性格的要因などの複数の要素が互いに絡み合って発症すると考えられています。

当然、うつ病の原因は一人一人違ってくるのですが、うつ病の治療は環境にあわせて行わなければなりません。

うつ病の原因となっていることを、慎重に観察して少しずつ取り除いていき必要があるのです。

うつ病の原因① 性格的な要因

うつ病になりやすい性格があると言われています。

つ病に掛かった人の多くは、病院に行かないで自分の性格のせいだと諦めている人も実は多いのです。

性格なのか?うつ病なのか?本当に分かりにくいのが実際のところです。

ストレスを溜めない為にも、自分の性格を自覚して少しずつでもストレスを軽減していきましょう。

うつ病になりやすい性格は

几帳面 真面目 自己犠牲を払う 完璧主義などの性格の人はうつ病になりやすいと言われています。

悲しい別れがあった場合や挫折や離婚などの悲しみがあった場合もうつ病になりやすく、また喜び事でもうつ病になると言われています。

結婚前や昇進へのプレッシャーの喜び事もうつ病になる要因になります。

人から見たら大きな喜び事でも、本人にしたらストレスなんですね。

環境の変化で言うと引っ越し事もうつ病の要因になります。

慣れない環境での生活がストレスとなりうつ病の要因になるのです。

環境の変化は自分では大丈夫と思っていっても、もしかしたら知らない間にうつ病になっている事もあるのです。

《うつ病》うつ病になる人の特徴ってあるの? 5つの性格と解消法を教えます!

このページでうつ病と正確について詳しくご紹介していますので参考にして下さい。

うつ病の原因② 環境的な要因

うつ病は仕事や学業のストレスや人間関係のストレスなど、社会環境的な的な要因が引き金となって発症することが多いのです。

学業のストレスというのは、結果が出せなかったり、成績が悪かったり理想と現実のギャップがストレスになる場合です。

そのことで自分が追い詰められていき極度なストレスを感じてしまいます。

人間関係のストレスといえば学校の友人や先生とも問題などうつ病を発症しやすい環境にあると言えるのです。

うつ病のガイドラインが改正

うつ病のガイドラインが2016年に改正されました。

軽症のうつ病患者に関してはどの様な所が改正されたのでしょうか?

うつ病のガイドラインの改正は休養についての改正がありました。

休養を取る方が良い場合と社会復帰した方が良い場合がありますが、それもどちらが良いかは、個人の状況によって違います。

色々な状況によって休養をどう考えるか重要になってきます。

増えたガイドラインの改正のポイントは

休養に関する内容を追加

患者の状態にあわせて休み

場合によっては社会的役割を回復する必要があるのです!

現代社会はうつ病に掛かりやすい社会とも言えます。

家族の人数も少なくなり、人とのコミュニケーションも少なくなってきています。

コミュニケーションが減ると悩みも打ち明ける人もいなくなると悪循環に陥ります。

なるべく人とのコミュニケーションを積極的にとるようにしたら、ひどいうつ病は防げるのでないでしょうか?

うつ病の予防 気分転換をする

うつ病になったら気分が沈みがちになります。

人ごみの中には到底行けそうにもありません。

誰だって精神的に辛いことがあったら外に出たくもないですよね。

でも、一人で籠っていても気が滅入るだけです。

思い切って外に出かけていきましょう。

普段よりオシャレにしていくことも気分が良くなだろうし、爽快な気分になるかも知れません。

うつ病の為に自分に自信がなくなっているからこそ、自分に自信を持てるようにしていくのも大事です。

普段より、メイクを念入りにしていくことや、お肌の状態を整えることも自分に自信がもてる一つです。

やる気がなかなか出ない時でも、簡単にお肌の調子を整えてくれるエイジングケアもあります。

私が不眠症で肌の調子が悪かった時に使っていたトリートメントパックを紹介しますね。

たった10秒だけパックすればよいエレクトーレ初回半額2980円のパックです。

芸能人も多数愛用していて、その口コミの多さがきっかけで選びました。
しっとりとして肌がつやつやになってきます。
それもたったの10秒パックしただけなのでびっくりです。

うつ病の時は何もしたくないけど、人にやつれた肌は見られたくないし、何よりも自分に自信が無くなってきますよね。

肌だけはキレイな状態を保ちたい方には是非おススメします。

インターネット購入の特別価格です。

エレクトーレ初回半額2980円公式ページはこちら

気に入らない場合は、14日間全額返金保証がついているので、試しやすいです。

気分が晴れないからこそ、素肌をキレイに保つことは大切なことですね。

オシャレをして外に出かけてみることも大事

オシャレをすると気分転換になり易いと思います。

特に誰に見てもらう訳でもなくても、自分自身が爽快になる気がしますよね。

オシャレはあくまでもきっかけ作りです。

外に出かけたくない思いを、少しでも変えられたらそれがうつ病から逃れられるきっかけになるかも知れません。

無理に出ていくのではなく、お肌を磨いてオシャレをすることで自然に外に向くようにしていくのです。

もし、家族の人にうつ病の人がいたら、自分をキレイにすることをススメても良いと思います。

しんどい時こそ簡単に出来るエレクトーレ初回半額2980円は重宝しますよ。

心から自分は大丈夫だと思える心が大切になってくるのです。

ほんの些細なことがきっかけで自分に自信が持てるようにもなるのです。

レジリエンス(心の回復力)

レジリエンスは聞きなれない言葉だと思うのですが、レジリエンスは物理学用語で、反発しようとする力の事なのです。

この誰しもが持っているレジリエンスを心の回復力と言うのです。

諦めない、頑張ろう、前向きになる気持ち、良くなりたい等を思う気持ちはうつ病を治すのに、とても大切なことです。

休養を取る事でレジリエンスを伸ばす為に休養を取る事が良いのかを重要になってきます。

レジリエンスがうつ病の治療に生かせれているのですね。

レジリエンスを使った治療方法は?

うつ病の治療には心理教育・支持的精神療法の2つの方法で治療していきます。

この2つの治療方法で良くなることもありますが、患者が更なる治療を希望する場合は薬物療法や認知行動療法を行います。

心理教育は具体的にはどの様な教育をするのでしょうか?

心理教育とは?

うつ病について説明をする

うつ病の人は自分は怠けている、サボっているだけでうつ病では無いと思っている人が多いのです。

その症状がうつ病であると説明していきます。

うつ病である事を自覚して貰って、どの様な治療が必要かを説明していきます。

うつ病は最初の内は症状に波がありますが、良くなっていくと症状は安定して回復に向かうと言われています。

この様な治療の仕方を理解させるのも心理教育の1つとなります。

回復の期間はどれぐらい?

しっかりとした心理教育お行うと、早い人で3が月程度、薬や治療法を変える状態があると半年~一年と伸びる場合もあります。

その後に状態が完全に回復するまでに半年かかると言われています。

完全に元の良い状態になるのに1年かかるんですね。

自分の判断で治療を止めてしまうと、また元に戻ってしまうので治療を始めたら主治医の指示に従って下さいね。

支持的精神療法とは?

うつ病の人は悩みを持って居る人が多いのです。

これまでの辛い経験や体験を詳しく話を聞くことで、改善していきます。

家族や周りの人になかなか言えない人が多いのです。

内容を聞いてもらう事でうつ病の改善には有効になってきます。

薬物療法や認知行動療法などを行う場合もあります。

薬物療法や認知行動療法はどの様な時に治療として行うのでしょうか?

薬物療法 認知行動療法
推奨される人 睡眠障害・食欲・落ち着かない ストレス・妊娠・授乳中
デメリット 副作用 効果がでるまで時間が掛かる・

薬物療法や認知行動療法には、この様な特徴があります。

ストレス社会なので、うつ病になりやすい時代です。

自分の健康は自分で守らなければなりません。

自分の思いをしっかりと見つめて生きていくことが大切だと思います。

うつ病は心の悩みからくることも多いのですが、物の捉え方が狭くなっているのかも知れません。

教育の在り方の見直しも大切と言われています

人の付き合いを上手く出来ない人も多いと思います。自分の限界を教えられていないので、
つい無理をしてしまっているのです。

挫折や限界を教える様にすることで、強い自分を作ることが生きている上で重要ですね。

子供の頃には無限の可能性があるのは、分かっているのですが社会に出たら色々な才能を持った人もいて

、どうしても自分と比べてしまうので自分を責めてしまったりします。

そのことで孤立してしまいうつ病になり易いとおも言えるのです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

うつ病についてさまざまな記事を書いています。

うつ病の原因・症状や治療方法のまとめ【保存版】

うつ病の情報をまとめた目次のようなページです。

うつ病で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です