《糖尿病》治療と薬の全て

 

糖尿病の改善方法は食事と運動、症状にあった薬の服用とされています。

 

糖尿病の治療方法の順番は、生活習慣の改善である食事療法と運動療法からはじめていきます。
食事と運動で可なりの改善がみられますので治療法をご紹介しましょう!

 

日頃の生活習慣の見直しが糖尿病の改善に繋がるのですね。

 

糖尿病は自分でコントロールすることが可能になるのです。

 

では今から食事や治療方法について説明していきますね。

 

[ad#kiji]

糖尿病の治療の方法は?

 

糖尿病の治療の流れは?
糖尿病の治療方法は大きく分けると3つの事を行います。その療法とは

 

  • 食事療法
  • 運動療法
  • 薬物療法

 

3本柱で糖尿病の治療は進められます。

 

糖尿病の治療法の段階的な考え方

 

運動療法と食事療法の2つの治療で改善できない場合は、薬物療法をします。

 

運動療法と食事療法と薬物療法で改善できない場合は、インスリン療法をします。

 

糖尿病の治療は運動と食事のバランスを一番に考えて、改善しない場合は薬物療法を加えていく考えています。

 

食事療法

糖尿病の治療で1番大切のなるのが食事療法です

 

糖尿病は食事によって体内に取り込んだブドウ糖をうまく代謝できなくなる病気です。
その上、すい臓が疲弊し、危険な合併症を引き起こす病気なのです。

 
食事で体内に取り入れるブドウ糖の量を制限することで、すい臓の負担を和らげ、血糖値の上昇を防ぎます。

特に炭水化物を減らすと良いです。

 

ご飯や麺類が炭水化物です。炭水化物はとても手軽に取れるので食べ過ぎてしまいます。

 

食事のバランスを考えた料理をたべましょうね。
そして栄養バランスを考えて食事をする事が、血糖値の上昇を緩やかにして怖い合併症の予防にもなりま

 

糖尿病の食事療法

 

糖尿病の食事療法は、食べる量と食べ方を見直すことが一番大切で血糖値をコントロールしていく治療になります。

食事の栄養と量についてはバランスの取る様にようにして下さいね。

 

糖尿病になったからと言って極端な食事のコントロールをすると栄養失調になってしまいます。

 

低血糖になっても怖いですからね。

 

具体的な食事の取り方は?

 

  • 野菜を多めに食べる
  • 食べ方をおかずを食べてからご飯を食べる
  • いも類を制限する
  • 油も摂る(オリーブオイルなど)
  • 夕食を控える
  • 一日三食を規則正しく食べる
  • お菓子はなるべく食べない
  • お酒を控える
  • 麺類は控える
  • よく噛んで時間をかけて食べる
  • 調味料も付け過ぎない

少し気にする事で糖質を抑える事が出来ます。

 

ごはんや麺類などの主食は炭水化物です。

この炭水化物はブドウ糖の元になり血糖値を急激に上昇させてしまいます。

 

食べる順番を変えるだけで、血糖値の急上昇を防いでくれます。

 

食べる順番や食べる物で症状改善に効果的な食事が出来れば良いですね。

 

どのような食事の仕方をすれば糖尿病を改善するかを説明しますね。

 

一日三食を規則正しく食べる

 

規則正しく朝、昼、夜の3回で食事をすると、血糖値の上昇や下降の波がとてもいい状態になります。

バランス良く食事の基本は、できるだけ決まった時間に食事する事も大切になってきます。

 

カロリーを計算をする

糖尿病はカロリーコントロールがとても重要です。

一日に三回の食事で、できるだけ均一なカロリーを摂るのが良いです。

 

きちんと3食同じようなカロリーを取る事が大切ですね。

 

食べ方を気を付ける

糖尿病の人は早食いは絶対いけません。

早食いをすると血糖値が早く上昇するため脳の満腹中枢が働くのが遅くなってしまうのです。

 

一口最低でも30回は噛むようにしましょう!

 

バランスを考えて食事をとる

 

食事療法を始める時には6つの分類をバランス良く取る様にしなければなりません。

具体的な6つの分類は
第1群 肉・魚・大豆・大豆製品・・・たんぱく質が多く、筋肉や血液をつくる。

 

第2群 牛乳・乳製品・海藻・小魚・・・カルシウムが多く、骨や歯をつくる。

 

第3群 緑黄色野菜・・・ビタミン・ミネラルが豊富で皮膚や粘膜の保護体の各機能を調節。

 

第4群 淡色野菜・果物・・・ビタミンCや食物繊維が多く、カラダの各機能を調節、免疫力アップ。

 

第5群 穀類・イモ類・・・炭水化物が多く、体内ですばやくエネルギーに変わる。

 

第6群 油脂類・・・脂肪が多く、エネルギー源になる。

 

この6つの食事の取り方をすればバランスも整います。

 

糖尿病の食事療法のポイントは、その「食べ方」と「食べる量」にあります。

たとえ糖尿病の薬を服用している人でも、食事療法は必要になります。

 

規則正しい食事とバランスに心掛けていきましょうね。

 

 

 

糖尿病の薬には、どのような種類があるの?

 

血糖値を下げる飲み薬のことを『経口血糖降下薬』と言います。
経口血糖降下薬は、糖尿病に合わせて色々な種類が用意されています。

 

スルフォニル尿素薬(SU薬)

すい臓のβ細胞に働きかけて、数時間にわたりインスリン分泌をうながし、血糖値を下げます。
空腹時の血糖値をよく下げるという特徴があり、経口血糖降下薬で、最も多く使われているお薬です。

 

ビグアナイド薬

肝臓で糖をつくる働きを抑え、筋肉などでのブドウ糖の利用をうながし、血糖値を下げます。
ビグアナイド薬のみの治療では、低血糖を起こす可能性は少ないといわれています。

 

α- グルコシダーゼ阻害薬

 

小腸でのブドウ糖の分解・吸収を遅らせて、食後の急激な血糖値の上昇を抑えます。

食前の血糖値はそれほど高くないけれども、食後の血糖値があがりやすい患者さんに適しています。

 

速効型インスリン分泌促進薬

 

SU薬と同じように、すい臓のβ細胞に働きかけ、インスリン分泌をうながします。
飲んだあと短時間だけ作用します。
食後の血糖値が高い患者さんに適しています。服用後30分以内に効果があらわれるので、食事をとらないと低血糖を起こす可能性があります

 

チアゾリジン薬

脂肪や筋肉などでインスリンの効きをよくして、血液中のブドウ糖の利用を高めて血糖値を下げます。

インスリン抵抗性改善薬ともいいます。低血糖を起こす可能性が低いお薬です。

 

DPP-4阻害薬

 

インスリンの分泌をうながすホルモンであるGLP-1の働きを高めます。GLP-1は、食事をとると小腸から分泌されます。

小腸から分泌されるインクレチンというホルモンに作用する薬です。

 

食事療法と運動、糖尿病の症状にあった薬を服用する事で改善していくのです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です