主治医が見つかる診療所 家庭血圧【真冬の突然死を防ぐ 血圧の新常識】

2017年1月14日(土) 16:00〜17:00に放送される血圧ついての番組です。高血圧は、潜在的な数値を入れて、日本人では4300万人いるといわれています。

【司会】草野仁、東野幸治
【アシスタント】森本智子(テレビ東京アナウンサー)
【ゲスト】石田純一、柴田理恵、藤田朋子、桑山哲也
【番組主治医】秋津壽男(内科)、上山博康(脳神経外科)、丁宗鐵(漢方)、
中山久徳(内科)南雲吉則(乳腺外科・形成外科)、
姫野友美(心療内科)、今井潤(循環器内科)、小林英雄(内科)の皆さんで番組を進行されます。

日本人の3人に1人が高血圧に患っていると言われています。

高血圧から生死に関わる病気になる可能性が高いです。その病気について説明していきますね。

 

[ad#kiji]

高血圧ってなに?

 

血液を血管へ送り出すのに心臓は、毎分60~70回程度も血液を全身に送り続けているのです。

血管にいちばん圧力がかかることである収縮期血圧の事を最高血圧と言います。

その逆で圧力がいちばん低くなることである拡張期血圧の事を最低血圧と言うのです。

高血圧を数字で言い表すと

収縮期血圧が140mmHg以上
拡張期血圧が90mmHg以上です。
この数字を超えると高血圧と言われます。

高血圧になるとどんな病気になるの?

高血圧そのものが怖いと言うよりも、本当に恐ろしいのは高血圧が引き起こす合併症なのです。

高血圧から来る合併症が怖いのです。合併症が命に関わるのです。

高血圧からくる心疾患や高血圧の状態が続くと血管に負担がかかり、血管が硬くなり、硬くなった血管に血液を送り込む心臓にも負担がかかって来ます。

 

高血圧が心臓に悪影響

心臓の筋肉は厚くなり肥大化していくのです。その状態を心肥大と言います。

心肥大になったら怖い病気になる可能性が高まります。

その病気とは?

  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 心室性不整脈

命に関わる場合も多くなり深刻になります。

 

脳血管障害である脳梗塞の危険も

脳の動脈硬化により、脳の血流が悪くなり血管が詰まる病気が脳梗塞です。急に発症する事が少なく脳梗塞は徐々に進行していきますので予防が可能になります。

日本でも多い脳卒中の中の脳の病気です。脳梗塞になる理由は高血圧が関係しているのです。

高血圧から脳卒中や心臓病になるなんて

高血圧の予防はしたいですね。今から高血圧の予防の話をしますね。血圧を常に管理しておく必要がありますね。

 

高血圧の予防

高血圧の予防は適度な運動と食事療法になります。

運動は週に2~3回程度を無理なく始める様にします。一回に30分ぐらいが理想と言われています。

運動は肥満予防にもなり高血圧に効果があります。

高血圧の食事療法

食事療法で最も必要な事は塩分を控える事です。佃煮や漬物も可なりの塩分が含まれているので注意が必要です。

 

加工食品に含まれる食塩も合わせて一日に6g未満が一般的な量です。

意外な物に塩分が含まれている事も多いので気を付ける様にして下さいね。

生活習慣から来る高血圧は、習慣を見直していけば十分改善しますので家族の人の協力も得て健康な生活習慣に変えていきましょう。

そして日頃から血圧を測る習慣を付けて下さい。

血圧の測る際に気を付けないといけないこともあります。それを説明しましょう。

仮面高血圧の存在

知らない間に忍び寄る殺し屋“サイレント・キラー”と呼ばれている高血圧。その高血圧でも、「仮面高血圧」が注目を集めています。

仮面高血圧とは、正常血圧という仮面をつけた高血圧ということから仮面高血圧といわれています。

病院では血圧が正常なら分からないですよね。
診察室や健診で測ると正常なのに、家庭で測ると高血圧という人の事をいいます。

仮面高血圧の人のほうが脳心血管疾患が持続性高血圧が知らない間に高血圧の自覚のある人の比べて早く進行するからです。

普段から血圧を意識して測定する様にして下さい。

家庭血圧の数値の基準の説明

血圧が正常値から高血圧と判断されるには血圧計による測定値を出します。

血圧計が示す数値で、グレート1高血圧、グレート2高血圧、グレート3高血圧に分けられます

それぞれの数値の基準があるので説明していきますね。
●グレート1高血圧(軽症)の数値

最高血圧(mmHg):140~159

最低血圧(mmHg):90~99

●グレート2高血圧(中等度)の数値

最高血圧(mmHg):160~179

最低血圧(mmHg):100~109

●グレート3高血圧(重症)の数値

最高血圧(mmHg):180以上

最低血圧(mmHg):110以上
注意事項

例え今は正常高値血圧に近い数字の人でも、放っておけば高血圧になる可能性があります。

年齢にも影響していて50代あたりから高血圧になる人もいます。

高血圧は合併症になることもあるので、軽い気持ちで捉えると怖いですよ。

高血圧の病気についてはブログで紹介していますので参考にして下さいね。

《高血圧》体験したからこそ分かる 原因 症状 治療のすべて☆2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です