【生活習慣病】炭水化物制限をして肥満予防をしよう?!

生活習慣病の中に高血圧や糖尿病などがありますが、生活習慣が及ぼす食事や運動が大きく影響しています。そこで、炭水化物を抑える事が出来たら肥満の問題も解消します。

ダイエットと言えばカロリーを減らす事ばかり思いがちですが炭水化物も効果があるのです。

美容だけではなくて健康の為にも痩せたいと考えている方は次のブログを読んで頂けたら幸いです、血糖値が影響して糖尿病や高血圧になる怖い話の中で合併症のお話をしています。

生活習慣病の代表な病気は肥満です。

肥満から病気になることが沢山あるので、生活習慣病の予防には肥満を正常にすることが一番だと思います。

では、ここで生活習慣病とは、どういった病気なのか説明していきましょう。

生活習慣病とは?

「生活習慣病」が元で起こる病気は糖尿病、高血圧症、脂質異常症などがあります。

その他に命に関わる病気では、脳梗塞、脳出血などの脳血管障害。

また、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患等があげられます。

これらの病気は

  • 食生活
  • 運動
  • 休養
  • 喫煙
  • 飲酒

などの生活習慣が深く関わっていることから「生活習慣病」という呼び名になったのです。

生活習慣病は色々な合併症を引き起こす危険もあるので生活習慣の見直しが必要ですね。

私も生活習慣病で高血圧や肥満が原因で脳梗塞になりました。

それ以来、高血圧については自分で予防をしています。

理研ビタミンの「わかめペプチド粒タイプ」は血圧が高めの方に適した機能性表示食品です。

わかめに含まれるタンパク質を酵素で、分解してできた商品で、気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプ

で飲みやすい血圧を安定させてくれるサプリメントです。

・血圧を上げる物質の生産を低下させ、

・血圧を下げる物質の分解を減少!

ダブルの作用で血圧を安定させてくれ、何よりも副作用がないのが気に入っています。

気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプの公式ページはこちらです。

サプリメントは副作用に悩んでいた私にとっては嬉しいものです。

副作用に悩んでいる人には値段もお手頃で特におススメのサプリメントです。

高血圧は生活習慣病の中でも、大きな病気に発展するかもしれない病気です。

ひどくならない間に自己管理をしっかりしましょう。

では生活習慣病である肥満の予防についてご紹介します。

炭水化物制限で痩せる方法

炭水化物制限が出来たら急激な血糖値の上昇も抑えられます。

その事で脂肪の蓄積を抑える事が出来るので太りにくい体作りが出来るのです。

以前に炭水化物制限がブームになりましたが、野菜や肉、魚などを上手に取りながら炭水化物制限をしていきましょう。

炭水化物制限をして2週間ほど経ったら、私の場合は3キロほど体重が落ちていました。

不思議と食事をした後が体が楽になっていました。

以前は食事をした後は体が重く、歩くのもしんどい状態でした。

今になって思うのですが、食事をしたことで血糖値が高くなって体がしんどくなっていたのかも知れません。

炭水化物制限をしたことで、血糖値が上がらなくなったので体が楽になったように思います。

では、肥満防止に繋がる炭水化物とはどういった物なのか詳しく紹介していきます。

炭水化物とは何でしょうか?

炭水化物は

  • 糖質
  • 食物繊維

この2つに分けることができます。

糖質中に、ご飯・麺類・パン類などが含まれているのです。

主食は炭水化物なので痩せたい時には控えなければなりません。

食物繊維は、グルコマンナン、ペクチンなどの水溶性食物繊維と、セルロースやキトサンなどの不溶性食物繊維に分けられます。

食物繊維は「肥満の原因」となるほどではないので、摂取カロリーはそれほど気にしなくてても大丈夫です。

野菜の中ではもやしでビタミンの豊富なほうれん草も炭水化物制限には最適な野菜です。

甘い野菜の芋類は殆どが糖質が沢山含まれているので炭水化物制限で痩せようとしている時にはおススメできません。

炭水化物制限の時にはたんぱく質を摂る

たんぱく質は

  • 筋肉
  • 血液
  • 皮膚

など、体の多くの組織は、たんぱく質から作られています。

たんぱく質はとても重要な栄養素なのです。

炭水化物制限をするときにも、しっかりたんぱく質を摂って筋肉を付けなければなりません。

たんぱく質を多く含む食品には、肉類、魚類、卵、大豆製品、乳製品があります。

牛肉には鉄分が多く、豚肉にはビタミンB1が多いので減量をしている時には最適な食べ物と言えるのです。

減量中でも脂質の少ない赤身を食べても大丈夫です。

通常は痩せる時にはカロリーを抑える事ばかりを意識していくので、量もあまり食べる事が出来ないで体力も落ちてしまいます。

その点、炭水化物制限で痩せる方法は、カロリーは気にしないでダイエットをしていくので、糖質の少ない肉や魚をしっかり取る事が出来るのです。

減量にカロリー計算が不要なんて信じられないですよね!

とは言っても肉ばかりの取り過ぎはコレステロール値や中性脂肪を増やしてしまう可能性がありますのでそんな時には

食事療法と一緒に「糖質スリム」を活用して余分な糖を減らしてくれる「糖質スリム」がおススメです。

食事制限だけで自身の無い人には、特に糖質をカットしてくれるサプリメントが良いと思います。

「糖質スリム」の公式ページはこちらから入れます。

痩せようと思って始めるとどうしてもストレスが掛かりおやつを食べたくなりますよね。

私は無性に甘いものが食べたくなるんです。でも大丈夫なんです。食べても良いおやつがあったんです。

痩せたい時でもおやつを食べても大丈夫!?

ダイエット時は空腹の時間が多くなってしまいます。

おやつを適量食べる事によって栄養の吸収を防ぐ事が出来ます。勿論、ストレスを軽減してくれるのも「おやつ」の大切な役割です。

最近のおやつには糖質やカロリーコントロールをしてくれるスイーツも沢山出回っています。

カロリーゼロのゼリーやカロリーカットをしているアイスクリーム・ソイジョイのクッキーなら沢山の種類があるので好きなおやつを食べられます。

ヨーグルトもダイエット時には最適なおやつです。

沢山糖質やカロリーを調節してくれる「おやつ」があるのです。

ストレスを溜めないで上手に減量に励みましょう。

減量をすることで肥満防止にも繋がって健康的な体になってきます。

食事は普段の生活で毎日繰り返されている出来事です。

その出来事が体に何らかの支障が出ることが生活習慣病なのです。

このように生活習慣が深く関わっていることから「生活習慣病」という呼び名になったのです。

生活習慣病は色々な合併症を引き起こす危険もあるので生活習慣の見直しが必要ですね。

では、生活習慣病がどんな病気なのか詳しく説明していきますね。

生活習慣病の主な病気とは?

日常の生活習慣から様々な病気を引き起こします。

その中でも深刻な状態にすることも多いのです。

肥満は生活習慣病の一種で様々な病気を引き起こすことが分かっています。

肥満だけでなく、糖尿病も生活習慣からくる病気と言われています。

生活習慣病が酷くならない様に早めに改善しておきましょう。

では、生活習慣病の主な病気を説明していきましょうね。

[ad#kiji]

生活習慣病① 糖尿病

糖尿病は血液中の血糖値が高くなる病気です。

ブドウ糖は、食べ物や飲み物を消化して作られ体を動かすエネルギーとなります。

血液中にブドウ糖がどれくらいあるかを示すのが血糖値といいます。

糖尿病になると、ブドウ糖が細胞にうまく運ばない為、血糖値が高くなります。

その為に全身がエネルギー不足となって身体に問題が起こってきます。

糖尿病の症状としては?

口が渇わく
水を多く飲む
尿が極端に増える
体重が減る
初めのうちは自覚症状がないのが特徴です。

糖尿病も肥満が影響する病気で肥満予防が必要になってきます。

糖尿病の詳しい説明は

脳梗塞と糖尿病の関係は?脳梗塞の危険因子が通常の3倍あった!

(糖尿病の原因) 体験したからこそ分かる 理由は生活習慣が95%だった☆

のページで紹介していますので参考にしてくださいね。

生活習慣病② 高血圧

高血圧は、血管にかかる圧力が常に高い状態が高血圧といいます。

血管にかかる過剰な圧力が続くと、血管はだんだん硬くなって中性脂肪やコレステロールが溜ってしまいます。

高血圧が続くと血圧が上昇し血流が悪くなり血管もボロボロになってきます。

高血圧が原因で様々な病気になる事があります。

理研ビタミンの「わかめペプチド粒タイプ」は血圧が高めの方に適した機能性表示食品です。

わかめに含まれるタンパク質を酵素で、分解してできた商品で、気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプ

で飲みやすい血圧を安定させてくれるサプリメントです。

・血圧を上げる物質の生産を低下させ、

・血圧を下げる物質の分解を減少!

ダブルの作用で血圧を安定させてくれ、何よりも副作用がないのが気に入っています。

気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプの公式ページはこちらです。

高血圧は生活習慣病の中でも、大きな病気に発展するかもしれない病気です。

高血圧の詳しい説明はブログで紹介しています。

高血圧は脳梗塞の危険要因!血圧が高くなる原因を徹底解明!!

脳出血の原因と注意点とは?血管をボロボロにする高血圧は要注意!

高血圧が引き金になる事は沢山あるので避けたいですね。

高血圧が原因となって発症する血管に関する病気で怖いのは脳梗塞です。

日本でも沢山の人が脳梗塞になっています。

私も高血圧も原因となり脳梗塞になりました

それ以来、高血圧については自分で予防をしています。

生活習慣病③ 脂質異常症

脂質異常症は血液中のコレステロールや中性脂肪が溜まる病気です。

自覚症状がなく気が付かない為きちんと治療しない人が多いのが特徴です。

そのまま放っておくと増えた脂質が血管の内側に溜まって動脈硬化になってしまうのです。

血液中に余分な脂質が多くなると、動脈硬化を起こしやすくなりるのです。

その為に心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高くなるんですね。

高血圧の人が脂質異常症をともなうと、血管壁が傷つきやすいため動脈硬化がさらに進行するリスクが更に上がってしまいます。

その為、動脈硬化になれば、心筋梗塞や脳梗塞に発展していくのです。

テレビでコレステロールや中性脂肪を減らそう!と良く聞きますが命に関わる病気に発展するかたなんですね。

脂質異常症そのものが、後の命に関わる病気になる可能性が出てくるからなのです。

きょうの健康▽脂質異常症 隠れたリスクを見逃すな油断すれば動脈硬化

《生活習慣病》死の四重奏 脂質異常症ってどんな病気? 糖尿病、肥満、高血圧について

のページで紹介していますので参考にして下さいね。

生活習慣病④ 肥満

肥満は身体の脂肪組織が標準より多い場合を言います。

例え体重が軽くても、筋肉が少なく脂肪分の多い人や内臓脂肪が多い人もいます

見た目の体型や体重だけで判断出来ない場合もあるんです。

肥満が進行すると糖尿病になる危険性や高血圧にも発展しますので要注意です。

年齢がいったらスタイルをきにして痩せたい気持ちから健康になる為の痩せたくなるのでね。

年齢を重ねるとますます痩せにくい体になってしまいます。

無理がなく続けられる減量方法でなくてはなりません。

炭水化物制限で痩せることは、それほど過酷な痩せる方法でもありません。

痩せるのにカロリー計算をしなくて良いのは嬉しいですよね!

色々な減量をしてきた人は一度炭水化物制限を試してみて下さい。

食事療法と一緒に「糖質スリム」を活用して余分な糖を減らしてくれる「糖質スリム」がおススメです。

食事制限だけで自身の無い人には、特に糖質をカットしてくれるサプリメントが良いと思います。

「糖質スリム」の公式ページはこちらから入れます。

肥満と病気についてはブログで詳しく紹介しています。

 肥満が治れば全てが変わる!病気と肥満の関係とは?

バランスの取れた食事 炭水化物制限で痩せた! 【私の体験談】のページで紹介していますので参考にして下さいね。

生活習慣病⑤ 喫煙

たばこの煙は、ニコチン、タール、一酸化炭素の有害物質です。

たばこの煙の中には有害物質の数は200種類を超えると言われています。

たばこは身体に害を及ぼし、癌、心筋梗塞、狭心症などを引き起こす要因とされています。

たばこを1本吸うごとに、寿命が5分30秒も縮むと言われています。

たばこを吸う本人だけでなく、周囲の人が煙を吸い込むことで間接的にたばこを吸ったことになるのです。

このような病気が生活習慣病であることは分かって頂けたと思います。

タバコについての記事は

《脳梗塞》予防と再発防止について 徹底検証 私の体験した事☆ページにタバコの有害な内容が書かれていますので参考にして下さい。

生活習慣病にも含まれる本題の肥満予防について紹介してきましたが、生活習慣病は多くの病気を引き寄せてしまいます。

生活習慣を改善して健康な体を作りましょうね。

このように肥満を始め生活習慣病には重度の病気を引き起こす要因があります。

生活習慣は毎日の生活の中で気を付けるだけで改善することもあります。

日常生活で食事以外のも肥満を改善していく方法もご紹介しましょう。

肥満解消の生活

肥満やメタボを防ぐ生活のコツとは言えば

毎日体重を測って体重コントロールをすること! これにつきます!

体重が少し増えてきっていることを気づいていても体重計の乗らないことってありませんか?

誰でも前の日に食べ過ぎて太ってしまうこともありますが、その後がとても大切になります。

肥満やメタボリック解消や予防のためには、生活習慣に毎日体重計に乗ることを入れて下さい。

そのことで食習慣と運動習慣を見直しやすい環境が作れるのです。

肥満解消① 食習慣

食習慣は、肥満やメタボリックの原因になる代表的な要因ですが、少しの工夫で随分減量が出来るのです。

きちんとしたカロリー計算が苦手な人でも続けられる方法をご紹介しましょう。

腹8分目でよく噛んで食べる

摂取エネルギーを控えることが一番早道ですが、お腹が空いているのに食事を止めるのはつらいことですよね。

でも最初に8分目の量をお皿に入れて良く噛んで食べるようにしていくと、満腹中枢が刺激されて満腹感が得られてきます。

簡単に食べられるラーメンや丼物などは、炭水化物なので極力避けて下さいね。

どうしても炭水化物が食べたい時には

食事療法と一緒に「糖質スリム」を活用して余分な糖を減らしてくれる「糖質スリム」がおススメです。

食事制限だけで自身の無い人には、特に糖質をカットしてくれるサプリメントが良いと思います。

「糖質スリム」の公式ページはこちらから入れます。

お酒は控えめに

適度の飲酒は体や代謝にも良いといわれますが、それはあくまで適度な量に関してです。

週2回は休肝日を摂るように注意が必要です。

お酒を飲むときは、おつまみが高脂肪・高エネルギーになりがちなので、その点も注意が必要になってきます。

痩せたい時に比較的飲んでも大丈夫なお酒を紹介しますね。

  • ウイスキー
  • ウオッカ
  • 焼酎

などのお酒は比較的太りにくいお酒になります。

お酒の好きな人は、工夫をして飲むようにして下さいね。

肥満解消② 運動習慣

食習慣の改善と一緒に運動をすることで痩せやすい体作りが出来ます。

とは言ってもなかなか運動が出来ないことも多いのが現実です。

もっと簡単に運動になることをするのが続けられるコツでもあります。

歩くようにする

短い距離でも乗り物を使ったり、エレベーターを使ったりすることは避けましょう。

少しでも歩く習慣をつけると知らない間に体の代謝も上がってきます。

歩くことは、日常のことなのでわざわざ時間を取らなくても済むことも多いのです。

歩くことは脂肪を燃やしやすい有酸素運動でもあります。

 

筋力トレーニング

歩くことは有酸素運動ですが、筋力トレーニングを加えるとさらに効果的に痩せることが出来ます。

筋肉トレーニングは

  • スクワット
  • 腹筋

このような自宅で手軽に出来る筋肉トレーニングが効果があります。

筋肉トレーニングは短時間で出来るので時間を取ることもないので続けられる運動だと思います。

時間にして10分程度の筋肉トレーニングでも可なりの効果があります。

肥満は生活習慣病に影響があることが分かっています。

自分の合った方法で肥満予防をして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です