《乳ガン》ひるおび小林麻央さんが掛かった乳がんとは?女性特有の病気  

小林麻央さんが乳がんになった事はテレビで話題になっていますね。

乳がんの初期症状は知っている様で知らない人も多いとおもいます。

 

小林麻央さんが今までの病気の経緯は騒然なものがあったでしょう。

乳がんと言う病気であり母である小林麻央さんの生き方が世界の人に感動を与えました。

 

小林麻央さんが「世界の女性100人」に選ばれました。世間に公開せずに頑張っていた事が女性の中で影響を与えたようです。

 

最近は若い女性の中でも乳がん検診を受ける女性が増えてきたのも小林麻央さんの影響と言われています。

 

「世界の女性100人」に選ばれるのは、日本で初めての受賞となります。

 

小林麻央さんがBBCに寄稿した文章の内容とは?

 

自分の時間は家族に愛され愛した色取り豊かな人生だから

 

与えられた時間を病気の色取りだけに支配されることはやめました

 

なりたい自分になる

 

人生を色どろ豊かなものにするために

 

だって人生は一度きりだから

 

本当に素敵な考え方ですよね。

人は命に関わる事がある時に自分の大切な事に気付くのかも知れません。

 

検査もしないで気になっている健康の不調があってはいけません。

 

乳がんの知識をしっかりと学びたいですね。

 

乳がんとは、乳腺に出来る悪性腫瘍の事で女性のがんでは第一位になっています。40代の若い女性を中心に増加傾向にあると言われています。

 

日本では女性の20人に1人は乳がんと言われています。20代から発症して40代~50代が一番多いと言われています。

乳がんになる原因は食生活とも大きく関係しています。

 

生活習慣が乱れるとガンになると良く耳にしますが、基本的な毎日の食事や運動が怖いガンを予防する重要な役割を持っているそうです。

 

私達人間の体は食べた物で出来ているので、その食事が体に悪いものだったら、知らない間に体に悪影響を与え怖い病気の乳がん、様々なガンになってしまいます。

 

最近若い女性でも乳がんになる人が多数います。

 

乳がんは女性特有のガンですが、食習慣や生活習慣がどちらも深く影響していると言われています。

 

バランスの取れた食事を取ろうと思っているのですが、なかなか難しいのが本音です。

 

でも体を作っているのは食事なので真剣に見直しが必要ですね。

 

生活習慣が乱れると女性が掛かる乳がんや子宮癌になり易いのか説明していきます。

 

[ad#kiji]

 

生活習慣の関係で乳がんが若い人まで増えた理由とは?

 

女性の40歳代では乳がん、子宮癌、卵巣ガンの死亡率が多く締めています。女性ホルモンと大きな関係があります。

栄養のバランスを取る様にして体内環境を整える事が大切になってきます。

 

最近の日本の食事が欧米化してるので肥満が増えて益々乳がんのリスクが増えてしまいました。

特に若い人の時代から欧米食になっていた事が若い人の乳がんの割合を増やしたと言えるでしょう。

これも生活習慣が問題になっています。

 

生活習慣病の原因である食事が理由で乳がんのリスクが増えた理由は?

  • 食生活の欧米化・・・・コレステロールの多い食事になってしまった為に栄養状態が良くなり生理が早くきて女性ホルモンが活躍する期間が増えたために乳がんになるリスクが増えてしまったと考えられている

 

  • ストレスが溜まる・・・ストレスによりホルモンのバランスが大きく崩れストレスを感じた後の体の変化が見られると言われています。

 

  • アルコールの摂取・・・アルコールはホルモン代謝に影響してエストロゲンを上げてしまう為に乳がんのリスクを高めてしまっている

 

[ad#kiji]

乳がんになりやすい人の傾向とは?

 

最も大きな原因は遺伝的な事です。とくに母親や姉妹に乳がんにかかった人がいれば2倍の確率で乳がんになると言われています。

それ以外には

 

1、産経験

2、授乳をした事がない

3、初潮が早い人

4、閉経が遅い人

 

乳がんはエストロゲンというホルモンを増殖を促すので妊娠したり授乳をする事でエストロゲンが減少するのです。そのために出産していない人やホルモン剤を服用している人は乳がんにかかりやすいと言われています。初潮や閉経もエストロゲンとホルモンの影響です。

・喫煙習慣・・・・非喫煙者の乳がんに掛かる割合が3,9倍にもなると言われています。

・高脂肪の食べ物・・・日本人の食の欧米化により乳がんの人口も比例している。

 

 

 

乳がんのリスクが高くなる食事は?

 

エストロゲンが増える食べ物は要注意です!

  • パン
  • 甘い物
  • 油っぽいもの
  • 冷たい食べ物

これらの食べ物はエストロゲンが増えてしまいます。

 

 

生活習慣を変える事で乳がんになり難い体質作りが出来る

 

1、日本食中心に変える・・・・ご飯、味噌汁、漬物等の様な日本食が免疫効果を上げている。

 

2、日頃から運動をしている人は乳がんにかかりにくい発表されています。

日頃の家事程度の運動が予防に繋がるとされています。特別な運動は必要ないと言われています。

 

毎日の家事が予防になるって嬉しい事ですね。

 

 

 

乳がんがかかりにくい食事は?

・コーヒー

・レバー

・大豆

・卵

乳がんの発生を抑える作用のある物質がコリンがあります。そのコリンが沢山含まれているのです。

 

 

毎日の食事と適度な運動で乳がんが予防出来るのです。

 

乳がんの初期症状はどんな感じ?

 

乳房に変なくぼみが出来る・・・・7割の人が自己診断によって見つけています。

脇の下にしこりが出来る

乳房のちくちくした痛み

乳房や周辺の熱をもった痛み

 

乳がんの検査方法は?

 

マンモグラフィ

X線を利用して乳がんを投影する検査です。

 

マンモグラフィーは痛いと聞きますが本当?
マンモグラフィーは乳房を板状のもので圧迫して平たくして撮影しますが、痛みは乳腺が圧迫されるので痛みを感じるのです。

圧迫されて痛みを強く感じる人は他の人より乳腺の量が多いか、乳腺症があることが多いようです周りに付いた脂肪が痛い訳ではありません。

20歳代、30歳代の若い方は乳腺の量が多いので、痛みを感じやすい事があるのかも知れません。

 

超音波検診

超音波を利用して乳がんを判別する方法です。

 

視蝕診

乳房の視診によって乳がんを判別する検診です。

 

乳がんも初期段階ですと十分に完治できますので少しでもオカシイと感じたら病院で検査をうけましょう!

 

乳がんってどんな治療をするの?

 

乳がんの薬物治療は

  • 常の抗がん剤
  • 女性ホルモンの影響を抑えるホルモン療法
  • がん細胞の増殖を促す分子(たんぱく)を狙い撃ちする分子標的薬

の3種類からなります。

 

基本的には病期(ステージ)によって効果のある治療を組み合わせて行なっていきます。
手術可能な病期(ステージ)の場合、基本的に外科療法を行い、再発の危険性がある時には、ホルモン療法や化学療法を行なう事もあります。

 

その他にがんの拡がりなどによって術後に放射線療法を行なう場合もあります。
乳がんのしこりが大きい場合には先に化学療法を行い、その後に手術をする事もあります。
手術ができない病期(ステージ)の場合はホルモン療法、化学療法、放射線療法をおこなって乳がんのしこりを化学療法などで小さくしてから、手術が可能になれば手術を行う場合もあります

 

早期発見であれば、高い確率で完治出来ますので年に1度は検査をおススメします。

 

ついつい忘れがちですがしっかり検査を受けないと行けませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です