《生活習慣病》高血圧と脳梗塞の関係  腎臓の負担が高血圧を更に悪化

 

食習慣や日頃の運動の時間等の生活習慣が大きな病気に影響しています。例えば、糖尿病、高血圧、脳卒中、心臓病やガンに至るまで影響しています。

 

生活を見直すだけでも大きく改善しるのが生活習慣病です。特に若者ではなく中高年に多く見られています。

中高年の年齢的な免疫力の低下や生活習慣の乱れなどの結果病気になるのです。
生活習慣病の中でも様々な病気を引き起こす高血圧について紹介していきましょう。

 

[ad#kiji]

生活習慣病である高血圧は大病を引き起こす 脳梗塞も高血圧が影響

 

高血圧は安静状態で血圧が高い状態の事を言います。血管の中の血流の流れている時の血管の壁にかかる圧の事です。
圧が強い状態が高血圧と言いますが、血管を知らない間に傷つけているのです。その状態が体中に出来てしまい。
血管に血栓が出来る脳梗塞や血管が切れてしまう脳出血になってしまうのです。

 

ではどんな時に高血圧になるのでしょうか?

 

  • 塩分の取り過ぎ
  • 血管の老化
  • ストレス
  • 運動不足
  • 肥満

 

これらの生活が続くと高血圧になってしまいます。勿論、普段の運動や寒さを感じる瞬間などに血圧が上がりますが、それは高血圧とは言いません。

 

高血圧をそのままにして置くと動脈硬化を促進して大きな病気である脳梗塞などの病気になります。
特に脳梗塞のリスクが高いのは脳卒中や脳梗塞と言われています。他には腎臓への負担も大きいと言われています。

 

普段から血圧を測る癖をつける事が重要となります。今は簡単な血圧計があるので持ち歩く事をおススメします。

私は普段はこの血圧計を使っています。

 

 

生活習慣病である高血圧と腎臓の関係!

 

腎臓の役目は血液を浄化して老廃物や塩分を尿で出してくれる作用があります。塩分と体内の水分を調節する働きのバランスを取るのが腎臓なのです。
高血圧は塩分の取り過ぎと言われますが、腎臓に取っては体内の塩分が多すぎると水分バランスが上手く行かなくなるのです。

 

当然バランスを整える為の活動が過重になるので上手くバランスが取れなくなるのです。
体の中の塩分が残り高血圧になってしまうのです。

高血圧になるから腎臓に負担になる。腎臓が悪いから塩分や老廃物を排除出来ないから高血圧になると言う悪循環になってしまうのです。

 

高血圧や腎臓が良くなる生活習慣病の改善

 

高血圧は運動を活発に行うと下がると言われています。

 

高血圧が運動に作用によって改善される理由は?

 

1.運動をすると交感神経の働きが低下する為に血管が拡張し血圧が下がる。

2.運動するとインシュリンの働きが良くなり血圧上昇が弱くなる。

3・運動すると利尿作用が活発になって体の中の体液が少なくなる為に血圧が下がる。

このように運動することで血圧の上昇を抑える事が出来るのです。

 

では血圧を下げる為の適した運動とはどの程度の運動なの?

運動の種類としては、

・歩く

・水中運動

・サイクリング

これらの有酸素運動です。時間的には20分以上が良いとされています。よっくりとした運動をする時には酸素を沢山必要とするので有酸素運動となるのです。

適度な運動と塩分の取り過ぎに気を付ける食事が生活習慣病にならない為の予防なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です