脳の病気 体験したからこそ分かる それは怖い病気のサインかも?

 

私たちの脳は体の中でも最も大切な役割をしています。

 

心臓は、活動に必要な栄養分を血液に送る役目を持っているのに対して、脳は全身の運動や代謝のコントロールをしてくれているのです。

 

無意識に活動するのが脳なのです。

 

脳が色々な判断をして私達の体を守っているのですね。

だから大事な脳が病気になってしまったら大変です。

 

私の経験も入れながら、今から脳の病気について詳しく説明していきますね。

 

[ad#kiji]

 

脳の特徴ってなに?

 

脳はどんな優勝なコンピューターでも勝つことが出来ないと言われています。

 

計算や記憶を直ぐに取り出せるのはコンピューターにはかないません。

知性の部分は脳が支配している

脳は人が考えると言う知性の部分や生命を維持する為に、コントロールする力はコンピューター絶対に負けない。

 

病気は体が故障を来していると脳が信号を送っているのかも知れませんね。

 

脳の病気の種類

 

頭痛は誰でもが一度は経験した事があると思います。
風邪引きの時や二日酔いの時なども頭痛を起こします事があります。
その中に何気ない頭痛の中に脳の重大な病気が影に潜んでいる事があるんです。

 

私も頭痛から脳の病気になってしまいました。

 

例えば,脳腫瘍,脳内出血,クモ膜下出血,脳梗塞、髄膜炎もその中の1つです。

いつもの頭痛の症状と思っていても怖い命に関わる病気になる事もあるのです。

 

私の頭痛も怖い病気に関わっていました。ブログで紹介していますので読んでみて下さいね。

《脳梗塞の前兆》脳梗塞と頭痛の関係についての私の体験談!

 

頭痛は一体どこからくるのでしょうか?

脳自体には,全く痛みを感じる感覚はないのですが、脳の外側には,痛みに敏感に感じる部分があります。

 

その部分から受けた痛みが刺激となって大脳皮質に伝えられて初めて頭痛を感じているのです。

 

脳そのものは痛みは感じないのに、脳腫瘍や脳内出血には脳の中に起こる病気なのに痛みを感じます。

 

その理由は腫瘍や出血によって脳の外側に痛みを感じる部分を加圧されて痛みを感じてしまうのです。

 

頭痛の中にも重大な病気が隠れている場合もある

 

良くある頭痛

私たちにとって頭痛ほど身近な症状はないのではないでしょうか?

色々なシーンで頭痛を感じていると思います。

 

風邪を引いて熱が出ると頭痛がしますが、これは風邪による炎症部位から発熱物質が放出されて、頭蓋内血管が拡張しズキンズキンとした痛みを感じます。

 

二日酔いでひどい頭痛になる事がありますよね。

 

これはエチルアルコールが体内で分解される過程でアセトアルデヒドが大量にできるために起こる為に頭痛が起こるのです。

 

片頭痛

 

片頭痛とは脳の血管が過度に拡張したら、血管のまわりの神経が刺激されて起こります。
片頭痛の特徴は?

頭の片方のこめかみの辺りがズキンズキンと痛みます。この痛みは数日程続き、吐き気を伴います。
一旦治まると何事もなかったように日常生活に戻れるのが特徴です。

 

 

脳の病気を大きくわけると3つある

 

神経細胞が変性してしまう病気・・・・・・アルツハイマー病・パーキンソン病・脳腫瘍

血管にダメージを与える病気・・・・・・・脳血管障害である脳梗塞、くも膜下出血、脳内出血

自律神経の調節が上手くいかない病気・・・自律神経失調症

脳の病気は大きくわけてこの3つに分けられています。

大きな脳の病気を簡単に説明しますね。

アルツハイマー病とは?

 

老年期になって脳が変形したり萎縮し、判断力・理解力・記憶力などの低下が起こるようになります。
その事で社会生活や家庭生活が困難になる病気です。

 

パーキンソン病とは?

 

体の運動を正常に行うための神経伝達物質である「ドーパミン」が減少する病気です。

 

パーキンソン病は、震えや無動などの症状がおこる原因不明の病気です。

 

脳腫瘍とは?

 

脳腫瘍とは頭蓋内に発生する腫瘍の事で、たとえ良性であっても命の危険を伴います。

症状は視力低下、半身マヒ、難聴となって日増しにひどくなっていきます。

 

脳梗塞とは?

 

脳梗塞とは様々な原因により脳の血管が詰まり血流が止まってしまう病気です。

日本でも5人に1人の割合で脳梗塞になると言われています。

 

脳梗塞の詳しい事はブログで紹介しています。命に関わる怖い病気です。

《脳梗塞》 体験をしたからこそ分かる 前兆 症状 原因 治療 予防の全て☆

 

高血圧が原因と言われています。高血圧の記事はこちらで《高血圧》体験したからこそ分かる 原因 症状 治療のすべて☆

 

くも膜下出血とは?

 

くも膜下出血とは脳を取り囲んでいるくも膜と脳の間で破裂する事で出血を起こす病気です。

50代から多くなる病気です。 痛みは激しくでます。

 

脳内出血とは?

 

脳内出血は、文字通り脳内の細い動脈が破れて血液が脳の中に流れ、やわらかい脳はその勢いに組織を破壊
されてしまうという病気です。

自発呼吸が出来なくなったり血圧が急に下がる事があります。

 

自律神経失調症とは?

 

自律神経障害は、末梢神経の病気の一種です。

 

体内のプロセスを制御している末梢神経系の神経に損傷が起きる病気です。

 

脳にも様々な病気があるので注意が必要ですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です