ろれつが回らない【危険!】脳梗塞かも知れない!改善策!

ろれつが回らない症状は、様々な原因で起こります。

例えば
緊張している時・急いで喋っている時など精神的緊張状態にある場合などろれつが回らなくなることはあります

その場合は安心ですが、脳梗塞や脳出血などの病気の症状でろれつが回らないことがあります。

この場合は一刻も早く処置をしなければいけません。

脳梗塞などの病気になると命に関わることも多いので、注意が必要になってきます。

では、精神状態からくる「ろれつが回らない状態」・脳梗塞からくる「ろれつの回らない状態」なのかどのように判断するのでしょうか?

私は脳梗塞になった経験があるのですが、その時にもろれてが回りませんでした。

その様な体験を元に、ご紹介していきましょう。

目次

ろれつが回らない症状が出た時にはどうしたら良いのでしょうか?

ろれつが回らない病院に行くべきなのか考えてしまいますよね!

私もそうですが、ろれつが回らない症状が出て、数時間で脳梗塞とわかりました。

ろれつが回らないといった症状が出た場合は早めに病院へ行くべきです。

ろれつが回らなくなる原因のひとつに脳血管疾患である脳梗塞や脳出血があります。

脳血管疾患からくる病気(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)などの病気は死亡率も高い病気です。

そのため、早期発見・早期治療は発症後の後遺症や回復の早さに大きく影響を与えます。

脳血管疾患からくる病気(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)などの病気は、一時的にろれつが回らなくなっても、すぐに症状が改善する傾向にあります。

これは一過性脳虚血発作(TIA)といって、脳への血液の流れが一過性に悪くなり、ろれつが回らないなどの症状が現れますが症状が数分~24時間以内に消消えてしまうのです。

この症状は脳梗塞の前兆あり、死に至る脳梗塞をの危険性があるのです。

ろれつが回らない症状がでたら直ぐに病院に行くことをおススメします。

病院に行くときに何科を受診すればよいのでしょうか?

(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血 )脳血管疾患の疑いがある場合は脳神経外科や神経内科の受診が必要になって来ます。
その場合は、きちんとした設備のある所に行かないと手遅れになってしまう場合もあるので、次にあげる病院情報も参考にして下さいね。

その他に舌や口腔内に異常を感じる場合は、口腔外科や咽喉科への受診でも良いかも知れません。

どちらにしても、ろれつが回らなくなったら要注意です!

ろれつがまわらない症状が出た時に改善方法は?

脳血管障害である、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血が疑われる場合は急いで病院に行って下さい。

病院へ受診しても明らかな異常が見つからなかった場合は、自律神経失調症やストレスや過労が原因であるケースも多いのです。

また、精神状態が不安定であったりする場合は、先ずは休憩を取ってリラックスを保てる環境に変えていく事をおススメしまう。

今はストレスが原因でうつ病になる大人や子供が増えてきていますので、環境を整えることも大切になって来ます。

うつ病の情報は

【うつ病】要注意うつ・10の兆候!芸能人3人が語る辛い症状と改善策!

うつ病ってどんな病気の? 原因ってなに?うつ病を改善する方法!

うつ病の原因・症状や治療方法のまとめ【保存版】

のページで詳しく紹介していますので参考にして下さい。

大きく深呼吸することで脳への酸素供給を促すとリラックス効果もありますので、1日の日課にしても良いと思います。

ろれつが回らない症状が出る病気とは?

ろれつが回らない症状が出る言語障害には脳梗塞以外にも様々な病気があります。

喋る動作は筋肉を使って上手く言葉を発するのですが、その筋肉に障害がある場合もろれつが回らない等の言語障害があります。

ではどの様な原因や病気があるのか説明していきましょう。

原因としては

  • 血管異常
  • 筋肉の低下
  • 神経症状
  • 過度なストレス

これらの原因があればどの様な病気になるのでしょうか?

では、ろれつが回らない症状が出る時の考えられる病気について説明していきましょう。

ろれつが回らない病気その① 脳血管障害

脳血管障害とは、脳卒中である脳梗塞、脳出血、くも膜下出血のことをいいいます。

脳の血管が詰まったり破れたりすることで起こる病気です。

脳梗塞の前兆でも後遺症でもろれつが回らない言語障害になる可能性があります。

ろれつが回らない病気その② 神経筋疾患

筋ジストロフィーや、重症筋無力症などが神経筋疾患に当たります。

言葉を発するには、口唇・舌・咽喉などの筋肉が正常に動く必要があるのですが、筋肉の低下によって上手く喋れなくなります。

舌の筋肉が萎縮する事でろれつが回らなくなることがあります。

ろれつが回らない病気その③ ストレス

過剰なストレスや過労が原因で自律神経失調症を引き起こすことがあります。

自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れることで様々な症状がでます。

その一つがろれつが回らないという状態が起こるのです。

この様にろれつが回らない症状は色々な病気の症状なのですね。

脳梗塞の前兆にもろれつが回らない症状が出ます。

その事に早く気付けたら防げますね。

[ad#kiji]

ろれつが回らない症状が出る原因

ろれつが回らない症状には様々な病気があるのですが、なぜその様な病気になってしまうのでしょうか?

脳梗塞は血管の障害からなる病気ですが、他にもろれつが回らなくなる原因が沢山あります。

ろれつが回らない状態になる原因について説明していきましょう。

ろれつが回らなくなる原因その① 血管

血管障害は血管が詰まってしまったリ、破れてしまったりする病気です。

脳梗塞もこの血管が原因と言えます。

脳の血管が詰まったり、破裂したりすることで、ろれつが回らなくなるのです。

ろれつが回らなくなる原因その② 筋力の低下

喋る時には口の細かい筋力を使います。

それが何らかの原因によって、筋力が低下する場合があるのです。

筋肉の低下が原因でろれつが回らなくなるのです。

ろれつが回らなくなる原因その③ 神経症状

精神や行動が機能的な障害を伴っている状態の事を言います。

神経伝達の障害が起きる為、言葉にも異常が沖てろれつが回らなくなるのです。

この病気は社会生活がしにくく本人も辛い思いをしています。

ろれつが回らなくなる原因その④ 過剰なストレス

私達は日常でストレスを知らない間に感じています。

そのストレスが過剰になって言葉にも影響を起こしてしまいます。

ストレスによって、ろれつが回らなくなるのです。

この様にろれつが回らない病気は沢山あります。

私は脳梗塞になった経験から、二度と脳梗塞にならない為にも予防をしていますので、ご紹介します。

脳梗塞の前兆を少しでも感じたら予防が大事

脳梗塞は血栓によって脳の血管が詰まり、その先に血液が流れることで酸素や栄養が不足します。

長時間この状態が続くと脳細胞が餓死してしまう病気ですよね。

脳塞栓の前兆とは言われている一過性脳虚血発作も、実は脳梗塞と同じことが起こっています。

心臓から脳に通じる血管にコレステロールが詰まると、血栓が出来てしまいます。

その血栓が脳に流れ血管が詰まると脳梗塞になるのですが、血小板には血を固める作用がある反面、溶けやすい性質を持ち合わせています。

もう分かりますよね!うまく血栓が溶ければ一過性脳虚血発作となり、溶けずに固まってしまうと脳梗塞になる訳です。

私の脳梗塞の前兆はいつも数分で治まっていました。

脳梗塞も一過性脳虚血発作も、脳の血管の中では同じことが起こっているのです。

原因は脳の血管に詰まる血栓・・・ということは血栓が出来る原因、脳梗塞の根本を知る必要がありそうですね。

脳梗塞の原因、血栓はこうして作られる

突然死のうち75%は、血栓が原因と言われています。

心臓の血管が詰まると心筋梗塞、脳の血管が詰まると脳梗塞なるわけですね。

先程述べた様に、血小板を固まると血栓になるのですが、ドロドロ血液は血管が詰まり易いと言われています。

例え、血管が細くなっていたとしても、サラサラ血液であれば血管を詰まらせることなく、酸素や栄養をしっかり届けることができます。

血液の状態は生活習慣や食生活の鏡と言っても過言でもありません。

  • 喫煙
  • 運動不足
  • 暴飲暴食をする
  • 野菜不足
  • ストレスが多い

このような生活習慣を続けていると、下記のような脳梗塞に直接影響がある病気になってしまいます。

  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 肥満
私の場合は、高血圧・高脂血症・肥満と最悪の状態でした。

二度と脳梗塞を繰り返すことのないように、食事は出来るだけ野菜中心を心掛けていますが、実際にはなかなか難しく現実的ではありません。

しかし、今ままでの食生活や生活習慣が招いた結果ですから、そのままの生活を続けていると再発のリスクが高くなってしまいます。

病院で処方された高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

高血圧や肥満は生活習慣病です。

食生活や生活習慣を1から見直すことは重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

サプリメントを食事にプラスしたことで、血圧の数値も正常に近づいてきていますし、脳梗塞を発症して3年になりますが再発していません。

もう少し早くサプリメントを飲んでいれば、高血圧にも脳梗塞にもならなかったかも・・・と後悔しています。

参考までに、私が実際に飲んでいるサプリメントをご紹介しますね。

今まで色々なサプリメントを試してみましたが、一番効果を実感したサプリです。

本当は自分で色々と試すのをおすすめしますが、何を選んで良いか分からない方は、ぜひ試して見てください。

ただし、血圧に効果がある薬もサプリも、自分に合うかどうか実際に試すことおすすめします。

血圧を下げてもらえる上に、血液サラサラ効果のある大正製薬のDHA・EPAを飲んでいます。

DHA・EPAの血をキレイにする成分が600mgも入っているのが決め手になりました。

他のサプリはDHA・EPAが少ないか、値段が高くて続けられないと思ったからです。

血をキレイにする成分が600mgも入っていて、金額も安かったです。

それて、DHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

大正製薬のDHA・EPAは1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、1000円で購入することができます。

インタネット限定の大正製薬のDHA・EPA初回限定1000円はこちらから購入すること

サプリは食事管理に自信のない方にはおすすめします。

脳梗塞の危険因子・慢性腎臓病

最近では、脳梗塞の危険因子で慢性腎臓病が注目されています。

慢性の腎臓病には、糖尿病の合併症や高血圧になる腎硬化症などがあります。

慢性腎臓病は将来、脳梗塞になる危険性が高いといわれ、慢性腎臓病は生活習慣が大きく影響しているのです。

何れにしても、毎日の生活を規則正しくして、食生活のも気を付けることが大切になります。

脳梗塞は血液がサラサラであれば、血管に血栓ができたり詰まることも少なくなります。

脳梗塞の「ろれつが回らないばあい」は緊急を要す!

脳梗塞は、ある日、突然発症する病気と思っていませんか?

脳梗塞を発症した人の約3割の人は、脳梗塞の前兆を感じていたとデーターがあります。

しかし、その多くは、脳梗塞の前兆に気付くのです!!

「そう言えば、あの時の、あの症状は・・・」ってやつです。

私もその中の1人です。

一般的には舌や手足のしびれが、力が入らない、言葉がでない等が脳梗塞の前兆と思われがちです。

3年前に脳梗塞を発症し、入院・リハビリ生活を経験しましたが、私のからだは「脳梗塞のサイン」をしっかり伝えてくれていました。

あの時、脳梗塞の前兆にいち早く気付いていれば、脳梗塞を未然に防ぐことが出来たかもしれません。

情報社会の今、テレビ等でも度々「脳梗塞」の特集が組まれインターネットで「脳梗塞の前兆」と検索すれば、沢山の情報を回覧することが出来ます。

これだけ情報が溢れる中、どうして脳梗塞の発症者数が増加傾向にあるのでしょうか?

その答えは、脳梗塞の前兆には特徴があるからです。

そして、あの微妙な感覚、脳梗塞の前兆は、実際に経験したからこそ分かる、見落としがちな脳梗塞の前兆をご紹介します。

ろれつが回らない事が、脳梗塞の前兆である事が分かれば3割だけで無く半数の人が脳梗塞の前兆に気づく事も出来ると思います。

私も脳梗塞を経験していますが、余りに一瞬の出来事なのでそのまま見過ごしてしまうぐらいの症状です。

ろれつが回らないが一過性虚血発作だったんですね。

脳梗塞は命に関わる病気で後遺症にもなり易いです。

私もろれつが回らない事が脳梗塞の前兆だと言う事を知っていれば、脳梗塞にならなくて済んだかも知れません。

脳梗塞は突然なる病気ですが、約3割の人が脳梗塞の前兆を感じてるのです。

脳梗塞の大きな発作の前に小さな発作があることを、一過性虚血発作と言いTIAとも言います。

この一過性虚血発作の中には、ろれつが回らない症状があるのです。

脳梗塞の前兆のろれつが回らない具体的な症状は?

ろれつが回らないとは具体的にどの様な状況になるのでしょうか?

ろれつが回らない事を経験したことはありますか?

特に緊張しているときや焦ったときなどにろれつが回らなくなったりします。

焦るとちゃんと話せなくなったり舌がもつれたりっする現象です。

この様に精神的緊張状態にある場合には、にろれつが回らなくなることはあります。

その他に脳梗塞や脳出血の前兆でろれつが回らなくなることもあります。

脳梗塞の前兆のろれつが回らない特徴は?

急に喋れない・自分の言葉が理解出来ない症状です。

私の場合は脳梗塞の前兆のろれつが回らない症状は数秒で治まるのです。

本当に一瞬過ぎて分かりにくいですが、何度も繰り返されます。

突然、喋られなくなったり、ろれつが回らない症状になったら脳梗塞の疑いが高いと考えられます。

そんな時は一刻も早く脳専門の病院に行って下さい。

脳梗塞になった時、安心な病院はどこ? 【全国の病院情報】のページで紹介しています。

脳梗塞のチェック方法がありますのでご紹介致しましょう。

それはどんな状況になるのでしょうか?

脳梗塞から来る症状 ろれつが回らない

脳梗塞の前兆や後遺症の中でも、ろれつが回らない症状が起こります。

脳梗塞のろれつが回らない症状としては特徴があります。

頭では分かっているのですが、言葉が出てこない等の症状があるのですが、そんなに長い時間、ろれつが回らないと言うわけではありません。

脳梗塞のられつが回らない時の特徴をご紹介しましょう。

ろれつが回らない症状その① 突然ろれつが回らなくなる

私の体験での出来事ですが、仕事をしている時に話をしているのですが、途中で自分が何を言っているのか分からなくなったのです。

数分すると言葉も正常になり上手く話せる様になりました。

緊張も焦りも無いのですが、突然ろれつが回らない状態になります。

少しずつ言葉がおかしくなる訳では無いので、あきらかにおかしいことに気付きます。

ろれつが回らない症状その② 会話がスムーズに出来ない

喋っている時に会話の内容が部分的に理解出来なくなるので、相手が喋っている内容と自分の返事にズレを感じるのです。

会話としたら周りで聞いていたら妙な感じに写ったと思います。

頭では言葉の意味が繋がらず、人の名前も思い出せない状態です。

言いたいことはあるのですが、それを言葉に出来ないのです。

だから、会話も途切れ途切れになるのです。

ろれつが回らない症状その③ 言葉を忘れる

途中まで覚えているのですが、途中で記憶が飛ぶのです。

喋ろうとしている内容は把握出来るのですが、言葉を思い出せないので先の会話が出来なくなります。

ろれつが回らない事は言葉を忘れている事も同時で起こるので上手く喋れなくなる気がします。

そして、今まで喋っていたことを一瞬忘れてしまうのです。

記憶障害になるとこのような感じになるのかも知れません。

ろれつが回らない症状その④ 数秒で治まる

自分がしっかりと喋れていない事が分かっているのですが、言葉に出来ない状態にあります。

でもろれつが回らない症状もほんの数秒で治るのです。

そして暫くすると脳梗塞の前兆のろれつが回らない症状が何度も続きます。

余りに一瞬なので気のせいと思うのです。

ただ、何度も続くとさすがにおかしいと思いますよね。

ろれつが回らない症状その⑤ 相手の言っている事が理解出来なくなる

人の名前や言葉が分からなくなります。

目の前の人物の名前が思い出せない感じです。

言葉を出そうとしても物の呼び方が分からなくなるので、小さい子供が指を指してこれこれと言う様な会話になるのです。

全く言葉が理解出来ない状態です。

ろれつが回らない症状その⑥ 単語だけしか言葉に出来ない

脳梗塞の前兆のろれつが回らない状態になると文章にならないで単語だけの会話になります。

例えば

私は体調が悪いので家に帰る

私 体 家といった様な会話になってしまうのです。

脳梗塞の発作の恐怖は今でも鮮明に覚えています。
ここまで来たらオカシイことは、もう分かりますよね。

ろれつが回らない症状は時間が経つにつれて、だんだんと酷くなります。

この様に脳梗塞の後遺症には様々な前兆が起こります。

脳梗塞の前兆について詳しく説明しましょう。

脳梗塞の前兆や初期症状の危険性は?

体調がすぐれ無いのに、病院になかなかいかない事って良くありますよね。

確かに病院には足が遠ざかります。

でも、脳梗塞の場合は前兆が出た時に直ぐに病院にいけば、薬物治療だけで済む場合も多いのです。

「かくれ脳梗塞」の人が沢山いてるので要注意です。

4時間以内の治療であれば薬物治療で済みます。時間か長くなれば治療も手術が必要になり、後遺症も残ってしまいます。

前兆かも知れないと思ったら直ぐに病院に行って下さい。

脳梗塞の前兆に起こる発作を一過性脳虚血発作(TIA)と言います。

その一過性脳虚血発作について説明していきますね。

TIA(一過性脳虚血発作)は脳梗塞の警告発作

TIA(一過性脳虚血発作)を感じた人は約3割の確率で大きな脳梗塞になっています。

TIAの治療をしないで置いておくと、早ければ2日以内に発症すると言われています。

遅くても3カ月以内に半数の人が脳梗塞になっています。

一過性脳虚血発作が前触れか分からなくても自己判断をしないで病院に行く事が重要になってきます。

TIA(一過性脳虚血発作)になる理由とは?
心臓から脳に通じる血管は内頚動脈と椎骨動脈の2つに分かれています。

その内頚動脈の中にアテロ―ルと言うコレステロールが溜まると血管が狭くなってしまいます。

コレステロールの塊がプラークと言われています。

何らかの原因でプラークが壊れてしまう事があるのです。

その修復の為に血小板が、血を固める為に集まり血栓を作ってしまいます。

その血栓が脳に流れてきてTIA発作になるのです。

でも一時的で直ぐに治るのは不思議ですよね。

なぜ一時的になるのでしょうか?

脳梗塞の後遺症とは?TIA一過性脳虚血発作とリハビリテーションの治療の重要性

TIA(一過性脳虚血発作)が一時的でも脳では大変なことが起こっている

血小板には血を固める作用があるのですが、溶けやすい性質も持っています。

できたばかりの血栓は溶けやすい為、血管が詰まったとしても直ぐに回復するのです。

脳に血栓が詰まった状態は発作が起きて、血栓が溶けたら治るを繰り返しているのです。

だから一時的なんですね。

脳梗塞の前兆で起こる症状は?
片側にしびれがある
眠気やあくびが出る
めまいやふらつきがする
ろれつが回らない
物が二重に見える
手の力が抜ける
肩こりや首の痛みがある
文字が書けない
相手の言う事が理解出来ない
舌や手足のしびれ以外にもこんな前兆があるので気を付けて下さい。

めまいやふらつきがするは、【脳梗塞の前兆】めまいやふらつきのページを参考にして下さい。

《脳梗塞の前兆》肩こり・首の痛み

<脳梗塞の前兆>舌や手足のしびれは脳の警告発作

(脳梗塞の前兆)眠気や「あくび」やいびき

脳梗塞の前兆には様々な症状があります。

少しでも普段と違う症状がある場合は病院に行くことをおススメします。

脳梗塞の前兆に早く気付き、手遅れにならない様にチエックしてみて下さいね。

脳梗塞の前兆で起こる場合は痛みが無いので、ついつい後回しにしてしまいがちです。

脳梗塞は発症から治療までの時間が重要になります。

<脳梗塞>倒れた時の処置の速さが脳梗塞の治療に重要! 【体験談】のページには発症時間と治療の関係や、脳梗塞の後遺症について書いていますので参考にして下さいね。

脳梗塞の前兆のろれつが回らない症状もありますが、様々な脳梗塞には前兆があります。

その脳梗塞の前兆を見つける方法があるのです。

そのチェック方法を説明していきましょう。

脳梗塞の前兆を調べるチェック方法の「FAST」とは?

FAST(ファスト)と言うチェック方法で脳梗塞になっていないかをチェック出来ます。

脳梗塞が発症しても気付かない場合も非常に多いのです。

脳梗塞は発症してから時間がたつごとに悪化し、手遅れになる場合や・ひどい後遺症が残るケースも多々あります。

少しでもオカシイなと思った時にはFASTでチェックしてみましょう。

FASTの具体的なチェック方法はどうするの?

Fとは顔のチェック・・・鏡を見た時に顔が歪んでいる
Aとは腕のチェック・・・手のひらを上に向けて、腕を前に伸ばして片腕が下がる
Sとは言葉のチェック・・・言葉がハッキリ言えない

この3つの中で顔・腕・言葉の一つでもあれば、脳梗塞や脳出血といった脳卒中である疑いが70%といわれています。

Tは時間です。時間が脳梗塞の治療に大きく関わります。
ろれつが回らない症状については、脳梗塞の後遺症でもろれつが回らない症状を伴う事があります。

脳梗塞の後遺症のろれつが回らない症状ついて説明しましょう。

脳梗塞を体験をしたからこそ分かる 前兆 症状 原因 治療 予防の全て☆

脳梗塞の詳しいことが書いています。

脳梗塞の後遺症のろれつが回らない症状とは?

脳梗塞の後遺症のろれつが回らない症状は人によって違いがあります。

人それぞれ違いがあるのですが、後遺症になるのは脳梗塞が原因で長時間続いているのです。

脳梗塞による後遺症のろれつが回らない症状はコミュニケーションが取れないので辛いものがあります。

言葉に障害が残るろれつが回らない症状の事を言語障害と言います。

脳梗塞の後遺症である言語障害について説明していきましょう。

言語障害の種類とは?

脳梗塞の後遺症の言語障害には、次の2種類があります。

  • 構音障害
  • 失語症

この2種類に分けられます。

構音障害と失語症のそれぞれに特徴があります。

その特徴について詳しく説明していきましょう。

脳梗塞の言語障害その① 構音障害

構音障害は、話すときに使われる舌や唇や喉の筋肉が麻痺してしまいます。

その為に、発音が正しく出来なくなり、話す速度や声の大きさも理解出来なくなるのです。

構音障害になると、はっきりとした言葉が出づらくなったり、ロレツがうまく回らないなどといった症状が現れてしまうのです。

でも本人は言葉や文字は理解出来ているのが特徴になります。

思う事があっても上手く喋れなくなるんですね。

脳梗塞のろれつが回らない症状の言語障害の診断方法とは?

言語障害の診断は、医師や看護師、言語聴覚士などの専門家が、患者さんとコミュニケーションを取る事で見極めていきます。

構音障害なのか?

構音障害の場合でもどこに問題があるのか、見極めるには詳細な診断が必要です。

脳梗塞の後遺症はゆっくり時間を掛けて治療をしきます。

ではろれつが回らない後遺症にはどの様なチェック項目があるのでしょうか?

構音障害であるろれつが回らない症状のチェック方法とは?

構音障害のどこに問題があるのかのチェック項目があります。

その項目について説明していきますね。

声の大きさは

声の質は
声の強さは
鼻に響く共鳴の有無は
発音の様子
発する音の誤りは
声の母音と子音は
話し方の調子
発話速度
発話のリズム

後遺症については《脳梗塞》脳梗塞の後遺症 しびれと痛みの改善のページで紹介しています。

私が脳梗塞の後遺症を克服したリハビリ方法の全て!

脳梗塞の後遺症からくる言語障害とは? 【体験談】のページを参考にして下さい。

他にも脳の病気でろれつが回らない症状の病気があるので説明しておきましょう。

芸能人でも河合美智子が脳出血、西城秀樹が脳梗塞になった事は有名です。

脳梗塞の再発で言語障害になった西城秀樹

西城秀樹が脳梗塞に2回もなり後遺症も残りました。

後遺症のリハビリの様子がテレビで取り上げられていました。

脳梗塞が再発した西城秀樹も舌のリハビリをしていた。
ありのままに 「三度目の人生」を生きるリハビリの様子がテレビに映っていました。

舌を出してリハビリをしている姿が印象的でした。

最初の発症は03年。彼は後遺症で言語障害に陥り、「水」という言葉がうまく言えず、これでは自分は、歌を歌うことができないと思い悩んだそうです。

リハビリは、舌を温めたり冷やしたり、口を開いたり閉じたりの訓練が繰り返されたそうです。

リハビリも毎日続けていますが、生活面も改善するために努力しているそうです。

本当に脳梗塞は誰でもなる要素があるのです。

西城秀樹さんの脳梗塞の様子はブログで紹介していますで参考にして下さいね。

《脳梗塞》退院後のこんな症状は危険信号!  西城秀樹さんの再発の理由とは?

ろれつが回らない症状には色々な病気のサインあります。

脳の病気と同じで早期発見が重要になりますね。

では脳梗塞によるろれつが回らない症状以外の病気について簡単に説明していきましょう!

今では日本人の4人に1人は脳の病気に掛かってい要ると言われています。

日本人の中でも症状には出て来ていないけれども沢山の脳梗塞になる予備軍がいると言われています。

では、脳梗塞の予備軍であるかくれ脳梗塞について説明していきますね。

かくれ脳梗塞に注意!

かくれ脳梗塞とは小さな脳梗塞の事で症状も全く無いのです。

症状が無いので偶然にMRI検査などで発見されることが多いのが特徴なんです。

偶然に見つかる感じなんですね

40歳代で3人に1人の割合

50歳代で2人に1人の割合と恐ろしい数字が出ているのです。

症状が出ないなんて怖いですね。

「かくれ脳梗塞」は気が付かれずに放置されることがほとんどです。

かくれ脳梗塞を持っている人は「5年以内の30%の人が大きな発作になる」と言われているのです。

誰でも脳梗塞になる可能性があるので、普段から自分の体の変化に目を向ける事が大切です。

日頃の生活を見直して脳梗塞を予防しよう

脳梗塞の予防は日頃からの生活習慣が最も大切になります。

軽い運動をしたり、食生活の見直しなど日々の習慣にしていきましょう。

血がドロドロになると血栓が出来て脳梗塞や心筋梗塞になるリスクが増えてきます。

日頃から血がサラサラになる食べ物を食べましょう!

血を綺麗に保つ事は脳の病気を予防する一番近道ですね。

しっかりサプリメントで予防することも大切です。

因みに私が高血圧を改善するために飲んでいるサプリは、大正製薬のDHA・EPAですが飲んでからは血圧も落ち着いています。

血圧は脳梗塞予防には欠かせませんので飲むようにしています。

水分補給を忘れると脱水症状が出て血がドロドロになりますから要注意ですよ。

私も普段から水を取る様に心がけています。

特に夏場は脱水状態になるので気を付けて下さいね。

夏の水分不足になる季節も脳梗塞の
危険性がありますよ。

<脳梗塞>夏の脳梗塞が多発!このブログでも紹介しています。

参考にして下さいね。

脳梗塞の予防には血をサラサラにすることも勿論ですが、血管を丈夫にすることも重要になってきます。

丈夫な血管は柔軟性があり柔らかいので詰まったり、破れたりしにくいですよね。

丈夫な血管を作る為に栄養で血管を強くする方法があるのです。

たんぱく質の摂取で脳梗塞の予防になるの?

たんぱく質の少ない人は男性で1、2倍も、女性で2,5倍も心臓病になるリスクがあるのです。

たんぱく質であるお肉や大豆が心臓病に効果があるのですね。

たんぱく質は

・肉類(牛、豚、鶏、ハムなど)

・魚介類(魚、小魚、貝、ねり製品など)

・卵類(鶏卵、うずら卵など)

・大豆および大豆製品(大豆、納豆、豆腐など)

・牛乳および乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)

この様なたんぱく質の豊富な食物を食べれば良いのですね。

血管が色々な事に影響している事は分かりましたがどの様にすれば丈夫になるのでしょうか?

実は身近な食べ物から血管を強くする事が出来るのです。

たんぱく質を取ると血管が強くなる

肉などのたんぱく質を食べていると血管にたんぱく質が巻きついて血管を守ってくれます。

丈夫でしなやかな柔らかい健康な血管が保たれるのです。

たんぱく質を取ると血管が破れにくいのですね。

たんぱく質のお陰で脳梗塞にもなり難くなるのです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

脳梗塞についてさまざまな記事を書いています。

脳梗塞の症状や後遺症など私が経験した全てのこと【保存版】

脳梗塞の情報をまとめた目次のようなページです。

脳梗塞で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です