【脳梗塞】死因の第4位・寝たきりの病気第1位・脳梗塞の予防と再発防止!

脳梗塞の事をしっかり知識をもって生活すると脳梗塞の予防になり、脳梗塞の再発防止にもなりますね。

大きな後遺症が残る脳梗塞にはなりたくないものです。

日本の死因が第4位、寝たきりの病気の1位は脳梗塞なのです。

脳梗塞も再発すると後遺症も大きくなると言われています。

私も数年前に脳梗塞になりました。

今思えばもっと注意をしておけば脳梗塞にならなかった思います。

脳梗塞には前兆があります。

私も脳梗塞になり、色々な前兆があり、その時に色々と身体の異変を感じていました。

目眩・しびれ・眠気なども最初は酷くなかったので、こんな事での脳梗塞になるなんて思いもしませんでした。

普段全く目眩の経験がなかったので目眩・しびれ・眠気が怖い脳梗塞の前兆とは分からなかったのです。

脳梗塞は、ある日、突然発症する病気を思っていませんか?

脳梗塞を経験した人の約3割の人は、脳梗塞の前兆を感じていたというデータがあります。

しかし!その多くは、脳梗塞を発症した後に、脳梗塞の前兆に気付くのです。そうです!!「そう言えば、あの時の、あの症状は・・・」ってやつです。

 私もその中の1人です。

3年前に脳梗塞を発症し、入院・リハビリ生活を経験しましたが、私のからだは「脳梗塞のサイン」をしっかり伝えてくれていました。

あの時、脳梗塞の前兆にいち早く気付いていれば、脳梗塞を未然に防ぐことが出来たかもしれません。

情報社会の今、テレビなどでも度々「脳梗塞」の特集が組まれ、インターネットで「脳梗塞 前兆」と検索すれば、沢山の情報を閲覧することができます。

これだけ情報があふれる中、脳梗塞の患者数が増加傾向にあるのはどうしてでしょうか?

知識もあるはずの人が脳梗塞にの前兆を感じながら、その答えは、脳梗塞の前兆には特徴があるからです。

その時の経験をもとにお伝えしたいと思います。

では脳梗塞の病気や症状について簡単に説明していきましょう。

脳梗塞ってどんな病気?

脳の病気の脳卒中がありますが、その種類は脳梗塞、くも膜下出血、脳出血に分かれています。

日本では今、脳卒中の約4分の3が脳梗塞です。

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下した状態になります。

酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死してしまった事を脳梗塞と言います。

日本の死因が第4位、寝たきりの病気の1位は脳梗塞なのです。

脳梗塞ってそんなに怖い病気なんですね。

高齢化に伴って今後の脳卒中の患者数は2020年には、300万人に達すると言われています。

脳梗塞の知識を知る事が必要ですね。

脳梗塞になる前兆が分かれが、脳梗塞の予防にもなりますね。

では脳梗塞の前兆について説明していきましょう。

[ad#kiji]

脳梗塞の前兆って?

脳梗塞の前兆は沢山あります。

それがまさか脳梗塞の前兆だとは思わないでしょう。

脳梗塞は突然なる病気ですが、約3割の人が脳梗塞の前兆を感じてるのです。

脳梗塞の大きな発作の前にに小さな発作があることを、一過性虚血発作と言いTIAとも言います。

この一過性虚血発作の中に肩こりや首の痛みがあるのです。

色々な症状が一過性虚血発作だったんですね。

一過性脳虚血発作にはどんな症状があるのか?

脳梗塞の一過性虚血発作の症状はほんの少しの症状の場合もあるので気を付ける事が大事です。

脳梗塞の前兆が分かれば脳梗塞の予防に繋がります。

脳梗塞になる前に前兆があるので、微かな前兆も見逃したくないですよね。

脳梗塞の一過性虚血発作には特徴があるので説明して行きますね。

脳梗塞の前兆その①  片側に舌や手足のしびれがある。

脳梗塞のしびれの特徴は、羽で触れられる様な感覚があり、一緒で消えていきます。

脳の特有の痺れ方は片方だけが痺れて来ます。左の血管が詰まれば右にしびれが出てきます。

その逆に右の血管が詰まれば左にしびれが出てきます。

それが一つの目安となります。まれに両方しびれる人もいるので注意です。

こんな症状がでたら<脳梗塞の前兆>舌や手足のしびれは脳の警告発作!脳梗塞のしびれの見分け方のページを参考にして下さいね。

脳梗塞の前兆その② 肩こり

脳梗塞の前兆の事を「一過性脳虚血発作」と呼ばれ、肩こりや首の痛みを訴える人は全体の30%もいてるのです。

脳梗塞の前兆で肩こりがあるんですね。

一過性脳虚血発作とはほんの数分だけの間に症状が現れる事が多いのです。

脳梗塞になると脳に栄養と酸素が足りないため、他から脳に栄養と酸素を取り入れようとします。

その結果、肩こりや首の痛みなどが脳梗塞の前兆として現れるんです。

筋肉の緊張で肩こりが起こるのは、普通の肩こりで脳に栄養と酸素を送る為に肩こりや首の痛みがあるのが脳梗塞の前兆の肩こりの特徴です。

こんな症状がでたら《脳梗塞の前兆》肩こり・首の痛みは脳の危険なサイン!【体験談】のページを参考にして下さい。

脳梗塞の前兆その③ 眠気やあくび

最近良く寝てるのに何故かまだ眠たいと言う事はありませんか?それは、脳梗塞の前兆によって症状が出ている可能性があります。

脳梗塞が原因で眠気が襲う場合は、いびきの音が異常に大きいという特徴あります。

大きなイビキが脳梗塞の前兆って事もあるんですね。

最近眠くて仕方ないなっと思っている人は要注意ですね。

脳梗塞とい病気は脳に十分な栄養や酸素が補給出来てなくなります。脳に十分な栄養や酸素が補給出来ない事で
健康な人に比べて血液の巡りが5~10倍悪くなり、それが原因で眠気が出ると言われています。

眠気が最近酷い時って脳梗塞の疑いがあるんですね。

こんな症状がでたら【脳梗塞の前兆】めまいやふらつきは脳梗塞のサインかも!【体験談】のページを参考にして下さい。

脳梗塞の前兆その④ めまいやふらつき

めまいやふらつきも脳梗塞の前兆です。

脳からのめまいやふらつきの場合は「浮遊性」が大半です。

フラフラして真直ぐに歩けない症状になり、まるで雲の上を歩いている様になります。

脳梗塞のめまいやふらつきは、宙を浮いてる様な感じです。

病院に行くほどでも無いので、ついつい見過ごしてしまう事もあると思います。

脳の病気に繋がるめまいやふらつきの可能性もあるので、気になる症状があれば病院に行って下さいね。

こんな症状がでたら脳梗塞の前兆】めまいやふらつきは脳梗塞のサインかも!【体験談】のページを参考にして下さい

この様に様々な症状が出て来ます。

一過性脳虚血発作の時間は数分から数分程度で治まるので、あまり重要視されないのが現状です。

しかし一過性脳虚血発作の治療をしないで置いておくと3カ月以内に10~15%の人が脳梗塞になると言われています。

一過性の症状が出ても、脳梗塞の前兆か判断出来ない事も実際に多いのが現状です。

少しでも脳梗塞の疑いがある時には病院に行って下さい。

その際には脳外科のある病院に行って下さい。

病院に関しては脳梗塞になった時、脳梗塞になった時、安心な病院はどこ? 【全国の病院情報】のページを参考にして下さいね。

脳梗塞の前兆がわかれば予防に繋がりますね。

では脳梗塞の前兆にならない様に普段から脳梗塞の予防が必要になってきます。

脳梗塞の予防はどのような事があるのでしょうか?

脳梗塞の予防とは?

脳梗塞は命に関わる病気です。

日本の死因4位にまで増えて行っているのです。

脳梗塞になる原因はいくつかあるのですが、主に生活習慣の乱れが主な原因と言われています。

生活習慣病は脳梗塞以外のも沢山の病気を引き起こします。

生活習慣病は《生活習慣病》どんな病気? 三大生活習慣病が危険 のページを参考にして下さい

では脳梗塞を予防や再発防止に役立つ方法を説明していきましょう。

脳梗塞の予防と再発防止その① 血液をサラサラにする

血液がドロドロになると動脈硬化になります。

動脈硬化とは脳の血管そのものに起こるのが動脈硬化です。また脳血栓症とも呼ばれます。

脳の血液の流れが悪い部分ができて来ると、血圧の変化などをきっかけに、その部分に血栓(血の塊)ができて、血液

の流れを完全に塞いでしまいます。

この地をサラサラにすることは一番で維持だと脳恋即位なって特に思います。

脳梗塞は高血圧が原因でなることが多いので、高血圧になる原因である血がドロドロになっている症状を改善しなければなりません。

血をサラサラにする予防が大事

脳梗塞の前兆を感じたら病院に行く事も大切ですが日頃から生活習慣や脳梗塞の要因を改善する必要があります。

私も一度、脳梗塞になっているので、食事療法が一番大事と病院で指導を受けています。

それでもなかなか食事療法を続けられないのが現実なのです。

薬の副作用の問題

その他に必要なことは、薬の副作用の問題があります。

私の場合は、高血圧・高脂血症・肥満と最悪な状態でした。

病院で処方された高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

二度と脳梗塞を繰り返すことがないように、食事は出来るだけ野菜中心を心掛けていますが、実際にはなかなか難しく現実的ではありません。

しかし、今までの食生活や生活習慣が招いた結果ですから、そのままの生活を続けていると再発のリスクが高くなってしまいます。

私の場合は、病院から”血圧を下げる薬”と”血液をサラサラにする薬”を処方されたのですが、 薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まらず薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まりませんでした。

とにかく高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

高血圧や肥満は生活習慣病です。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

サプリメントを食事にプラスしたことで、血圧の数値も正常に近づいてきていますし、脳梗塞を発症して3年になりますが再発はしていません。

もう少し早くサプリメントを飲んでいれば、高血圧にも脳梗塞にもならなかったのかも・・・と後悔しています。

参考までに、私が実際に飲んでいるサプリメントをご紹介しますね。今まで色々なサプリを試してみましたが、一番効果を実感したサプリです。

本当は自分で色々と試すことをおすすめしますが、何を選んで良いのか分からない方は、ぜひ試してみてください。

血をキレイにしてくれる上に血圧を下げる効果があり、血液サラサラ効果のある 大正製薬のDHA・EPAを飲んでいます。

EPA.DHAは血行が良くなるので、肥満予防にもなるので痩せやすい体作りをしてくれます。

病気ではない方でも血液がキレイである方が良いに決まっているので健康の為にも良いサプリメントですよね。

DHA・EPAの血をキレイにする成分が600mgも入っているのが決め手になりました。

他のサプリはDHA・EPAが少ないか、値段が高くて続けられないと思ったからです。

血をキレイにする成分が600mgも入っていて、金額も安かったです。

それて、DHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

一般に販売されているサプリメントは瓶に入っているものが多く、何度も開けているとその分空気に触れて酸化してしまいます。

ということは古くなると空気にふれる時間が長く成るので、酸化がどんどん進むってことですよね。

瓶に入ったサプリメントだと酸化するので効果が半減するんですね!
大正製薬のDHA・EPA1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、1000円で購入することができます。

大正製薬のDHA・EPAの公式ページ初回お試し1000円はこちらのページかた購入できます。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

金額も手頃で初回1000円なら試しやすいですよね。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

動脈硬化の詳しい説明は動脈硬化の症状・原因・予防について?で紹介しています。

脳梗塞の予防と再発防止その② 高血圧

普段の食生活から来る高血圧も脳梗塞の原因となります。

脳梗塞ですが、高血圧に気を付ければ、かなり防げる病気だといわれています。

生活習慣病のなかでも、脳梗塞の最大の危険因子となるのが高血圧だと言われています。

特に中年からが脳梗塞や高血圧になる人が多いと言われています。

高血圧の改善には大正製薬のDHA・EPAを使って血をサラサラにすることで改善されていくのでず日試して下さい。

高血圧については《高血圧》体験したからこそ分かる 原因 症状 合併症 治療や予防のすべて!

《高血圧》体験したからこそ分かる 原因 症状 治療のすべて☆

脳梗塞の予防と再発防止その③ 食事

食生活の乱れが大きく脳梗塞や他の病気に影響しています。

血液がドロドロになって血栓ができ、やがて脳梗塞を引き起こします。

塩分の取り過ぎや肥満に繋がる食事の見直しが大切です。

ファストフードや添加物の多く入っている食事は避ける様にして下さい。

食事の内容は高血圧の食事療法で説明しています。

《高血圧》体験したからこそ分かる 食事のメニューとは?

食事療法が難しい方は

高血圧予防・改善効果のあるサプリメントをご紹介!のページを参考にして下さい。

病気に成るのには必ず原因があります。

その原因が分かれば病気は防げるし健康にもなれますね。

脳梗塞の予防には血をサラサラにすることも勿論ですが、血管を丈夫にすることも重要になってきます。

丈夫な血管は柔軟性があり柔らかいので詰まったり、破れたりしにくいですよね。

丈夫な血管を作る為に栄養で血管を強くする方法があるのです。

たんぱく質の摂取で脳梗塞の予防になるの?

たんぱく質の少ない人は男性で1、2倍も、女性で2,5倍も心臓病になるリスクがあるのです。

たんぱく質であるお肉や大豆が心臓病に効果があるのですね。

たんぱく質は

・肉類(牛、豚、鶏、ハムなど)

・魚介類(魚、小魚、貝、ねり製品など)

・卵類(鶏卵、うずら卵など)

・大豆および大豆製品(大豆、納豆、豆腐など)

・牛乳および乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)

この様なたんぱく質の豊富な食物を食べれば良いのですね。

血管が色々な事に影響している事は分かりましたがどの様にすれば丈夫になるのでしょうか?

実は身近な食べ物から血管を強くする事が出来るのです。

たんぱく質を取ると血管が強くなる

肉などのたんぱく質を食べていると血管にたんぱく質が巻きついて血管を守ってくれます。

丈夫でしなやかな柔らかい健康な血管が保たれるのです。

たんぱく質を取ると血管が破れにくいのですね。

たんぱく質のお陰で脳梗塞にもなり難くなるのです。

食事での予防やサプリメントの力で脳梗塞にならない体作りをしていきましょう!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

脳梗塞についてさまざまな記事を書いています。

脳梗塞の症状や後遺症など私が経験した全てのこと【保存版】

脳梗塞の情報をまとめた目次のようなページです。

脳梗塞で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です