脳梗塞と糖尿病の関係は?脳梗塞の危険因子が糖尿病になると通常の3倍あった!

日本では今、脳卒中の約4分の3が脳梗塞です。糖尿病の人は2~3倍も脳梗塞になりやすいと言われています。

脳梗塞とはどんな病気なのでしょうか?

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下した状態になります。

酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死してしまった事を脳梗塞と言います。

脳梗塞発症のリスク因子である「かくれ脳梗塞」があると約10.5倍も脳卒中を起こす頻度が高くなることがわかっています。

糖尿病の人も、かくれ縫梗塞になっている事も多いと思います。

脳梗塞の詳しい説明は脳梗塞を体験をしたからこそ分かる 前兆 症状 原因 治療 予防の全て☆

で説明していますので参考にして下さいね。

脳梗塞はどんな病気?

脳梗塞とは梗塞になると血液の流れが止まってしまって脳に必要な血液が流れないので脳のその箇所の細胞が死んでしまうことです。

脳の細胞は一度止まってしまうと二度と細胞は蘇えらないので、勿論脳の機能も失われたままになります。

血管が狭くなったり詰まったりすることで脳へ酸素や栄誉がいかなくなって脳の神経細胞が死んでしまう病気です。

一度死んでしまった細胞は2度と生き返ることは無いと言われています。

それだけの脳梗塞の予防は大事になってきます。

再発率に関しては

脳梗塞の再発防止の5つの事とは?  食事療法と生活改善が重要!

脳の障害で起こる障害を虚血性脳血管障害と言われます。

虚血性脳血管障害は2種類に分けられる

虚血性脳血管障害の中には2種類あります。その2種類とは次の2つになります。

脳梗塞・・・脳梗塞はMRIという検査で脳梗塞と分かる。

一過性脳虚血発作(TIA)・・・脳梗塞になる前の前兆で48時間以内に脳梗塞になる事が多いと言われています。

脳梗塞に前兆で直ぐに病院に行けたら後遺症も軽く済みます。

脳梗塞の発症からいかに早く治療ができるかが今後の脳梗塞の後遺症の重さにも関わるのです。

脳梗塞にも種類がある

脳梗塞は、血管が詰まって起こる病気ですが脳梗塞になる原因によって分類されています。

1.血栓性・・・主な原因は動脈硬化によって脳の血管の動脈が狭くなって結果、血栓ができて
脳梗塞になることを血栓性と言います。

2.塞栓性・・・血液が全身を流れていますが脳に流れてくる前に血管に血栓が出来てしまった場合
その塞栓源が血流にのって脳まで流れてきて血管が詰まって起こるものを塞栓性脳梗塞と言います。

3.血行力学性・・・血圧低下や脱水が原因で、脳の血液の量がが低下する事によって起こる脳梗塞が血行力学性です。

脳梗塞の主な原因とは

脳梗塞の原因は

脳の血管に発生する・・・「動脈硬化」という

心臓で血栓が出来る・・・血流にのって脳の血管に血栓が詰まる場合があります。

その中でも、脳梗塞の原因のほとんどは「動脈硬化」によるものです。

動脈硬化とは?

動脈の血管が厚く硬く、血管がもろくなり内側の壁にコレステロールなどの脂質や細胞などがくっついて血液が流れる空間が狭くなってしまう症状のことです。

さらに動脈硬化が悪化すると血液の流れる空間がふさがってしまい、血流が止まってしまいます。

動脈硬化は血がドロドロになる状態のことですが、血をキレイにする努力をしていますか?

血をキレイにするのは、食事療法が最も大切と言われています。

ただ、食事療法はとても難しく栄養価が下がっているので、サプリメントの代用をしている方が増えています。

サプリメントなら副作用も少ないので安心して飲むことができ、栄養価も安定しているのが特徴です。

今まで試して良かったと思うサプリメントを紹介しますね。

効果のあるDHA・EPA

血をサラサラにしてくれる成分は何といってもEPA.DHAです。

本当は自分で色々と試すことをおすすめしますが、何を選んで良いのか分からない方は、ぜひ試してみてください。

血をサラサラにしてくれるし、血圧も下がる効果のある大正製薬のDHA・EPAです。

EPA.DHAは血行が良くなるので、肥満予防にもなるので痩せやすい体作りをしてくれます。

血液サラサラ効果のある大正製薬のDHA・EPAはバランスが良くて酸化しない特徴がありました。

DHA・EPAの血をキレイにする成分が600mgも入っているのが決め手になりました。

他のサプリはDHA・EPAが少ないか、値段が高くて続けられないと思ったからです。

血をキレイにする成分が600mgも入っていて、金額も安かったです。

それて、DHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

大正製薬のDHA・EPAは1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、1000円で購入することができます。

大正製薬のDHA・EPA初回限定1000円はこちらから購入することが出来ます。

動脈硬化を悪化させる原因は

  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 肥満

これらの病気が原因で動脈硬化になってしまうのです。

高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満は生活習慣病とも呼ばれていて、私たちの生活に大きく関わっているものです。

この4つの生活習慣病は、「死の四重奏」とも呼ばれています。

では脳梗塞と糖尿病の関係を説明していきましょう。

糖尿病とはどんな病気?

糖尿病には種類がありますが、糖尿病患者の約95%が生活習慣や食生活、運動不足が関係しているのです。

健康的な生活をする事が糖尿病の予防に繋がるのです。

今の日本は大人だけでなく、15歳以上の子供にも糖尿病が増えていってるのです。

糖尿病は4つの種類に分けられている。

1、遺伝因子(1型糖尿病)・・・・両親や兄弟が糖尿病の遺伝体質を持つ事

2、環境因子(2型糖尿病)・・・・肥満、過食、高脂肪食、運動不足、ストレス、喫煙が原因になる

3、すい臓摘出による2次的糖尿病

4、妊娠糖尿病・・・・・・・・・・妊娠によるホルモン変化や、遺伝、肥満が有力な原因です

糖尿病について説明しましたが、どうして糖尿病の人は脳梗塞になりやすいのか説明していきますね。

糖尿病は現代の病気ともいえるのです。

糖尿病向けのサプリメントもさかんに販売されています。

糖尿病に、世界が認めた白井田七が糖尿病の人気のサプリメントです。

脳梗塞にならない為にも糖尿病の予防も同時に始めましょう。

脳梗塞と糖尿病の関係とは?

糖尿病の人は一般の人に比べると脳梗塞になる可能性が高いと言われています。

糖尿病が悪化すると身体のさまざまな合併症が現れてきます。

脳梗塞は、血管に血栓(血の塊)が詰まったことで起こる危険な病気でが、糖尿病の合併症でも起こる可能性が高くなります。

脳梗塞の多くは、何の前触れもなく突然発症して、発症したことで重大な後遺症が体に残ってしまうこともあります。

時には死に至ることのある怖い病気です!

今では脳梗塞になる割合が増えて来ています。

それは食の欧米化に従ってバランスの良い食べ物が摂れなくなり、病気を引き寄せているとも言われています。

なぜ脳梗塞になり易いのでしょうか?

それは糖尿病の合併症に問題があるのです。

糖尿病の合併症とは?

糖尿病の合併症について説明しましょう!

糖尿病の三大疾病

糖尿病でコントロールが出来なくなると

  • 目が失明
  • 腎臓透析
  • 末端神経の病気

糖尿病と言えば、目が見えなくなると良く言われますが実際に失明や腎臓透析を受けている人は糖尿病の患者が最も多いのです。

このような糖尿病による目の病気(糖尿病性網膜症)や腎臓の病気(糖尿病性腎症)や末梢神経の病気(糖尿病性神経障害)を糖尿病の三大合併症と言われるのです。

糖尿病のコントロールが悪いと、細菌などに対する抵抗力が弱まって感染を起こす危険が増すリスクも高くなります。

[ad#kiji]

糖尿病の合併症の一番多いのが血管の病気

糖尿病の合併症の多くが血管の病気が多いため、 糖尿病は血管の病気を意識しなければなりません。

血管の病気と言えば脳梗塞になりますよね!

糖尿病の人に多い高脂血症などの影響で、動脈硬化となり 脳への血管が障害を受けると脳卒中がおこります。

また、心臓に血液を送る血管が障害をうけると狭心症や心筋梗塞がおこります。

糖尿病性の血管合併症による問題は、本当に食事療法とサプリメントが必要になってきます。

大正製薬のDHA・EPA初回限定1000円はこちらで購入できますので試してみて下さい。

糖尿病は血液がドロドロになっていく病気なので、血がサラサラにする必要があると思います。

糖尿病は小さな細動脈や毛細血管などの血管でもおこる病気で

  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性網膜症

糖尿病に特徴的な病変であると考えられています。

糖尿病の合併症の中に動脈硬化があるのです。

動脈硬化になると脳梗塞のリスクが高くなります。

動脈硬化の合併症は

  • 脳梗塞・脳卒中の脳血管障害
  • 心筋梗塞を中心とした心血管系疾患

これらが合併症として現れます。

糖尿病から動脈硬化になり、やがて脳血管障害の脳梗塞になるのですね。

脳卒中は突然起こる病気でしかも直ぐの対応が必要になる病気です。

一人暮らしや家族が外出をしているなどの様々な環境の中、なかなか直ぐの対応は難しいのが現状です。

そこで私が見つけた嬉しいサービスがあります。

もし突然倒れることがあった時に体制を整えることが必要

私が脳梗塞で退院してから一番心配だったのは、家族が外出をしてしまっている時に脳梗塞の再発があることです。

その時に対策にセコムを使いました。

誰かいるときには助けを呼べますが、誰もいない時の対応に絶対に必要だと思います。

セコムは盗難用のサービスしかしていないと思っていましたが、病気で寝たきりの人の為のサービスもしています。

突然倒れてしまっても、セコムが駆けつける!(セコム・マイドクターウォッチ)です。

セコム・マイドクターウォッチの資料請求はこちら

セコムの資料の中に詳しく紹介せれていますので参考にしてみて下さい!

突然倒れてしまったときには、セコムに自動通報されます。

ボタンを押すだけでセコムに救急通報できます.

突然意識を失って倒れた場合や、身体の動きを一定時間検出できない場合、セコムに自動で救急通報されます。

いつでも一緒にいてるとは限らないので、そんなシステムがあれば絶対にいいですよ!

私も活用しましたが、ぜひ資料を取り寄せて参考にすることをおススメします。

家族も本人も安心できますのでね。

脳梗塞や急を要する病気になった時の対応はスピードが命を分けると言っても過言ではありません。

特に後遺症の残る病気は1分1秒が後の後遺症が重度になるケースが多いです。

ほんの少しの環境を変えることで防げるならぜひ使ってみたいですよね!

大切な家族を守る24時間365日見守るセコム・ホームセキュリティ公式ページの資料請求はこちら

資料だけでも取り寄せるといざという時でも慌てなくて済みます。

本当に本人の立場になったら不安で仕方ないはずです。

私も使用していますが、セコムのセコム・マイドクターウォッチで不安が随分解消されますよ!

糖尿病や脳梗塞は高齢の人に起こりやすい病気です。

それぞれの環境に合わせての対策が必要になってきます。

糖尿病を患うと動脈硬化になりやすくなり、さらに緊急性が必要になってきます。

糖尿病から動脈硬化に発展する可能性が高いとうことですが、なぜ高くなるのか紹介します。

糖尿病が動脈硬化になりやすい理由は?

糖尿病になると血液中のブドウ糖(血糖)が高くなります。

高血糖になるとコレステロールが血管に付着しやすくなります。

血糖値が高いことで、タンパク質の糖化やHDLの減少などを起こし、血管の壁を傷つけて動脈硬化になりやすい状態が出来ます。

血管が益々柔軟性を失い動脈硬化になるのです。

動脈硬化になると脳梗塞になるの?

コレステロールが増えて、動脈硬化になった血管は血液の流れが悪くなります。

脳梗塞は、脳の血管が詰まる事で酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死して起こる病気です。

その事から動脈硬化は、血栓が出来て血管に詰まりやすいので脳梗塞になるのです。

糖尿病は最も脳梗塞の危険因子を持っていると言えますね。

糖尿病の詳しい説明は《糖尿病》原因 症状 治療 の全てで説明していますので参考にして下さいね

糖尿病は、高血圧や脂質異常症との相互関係の中で動脈硬化を進行させる事も分かっています。

高血圧や脂質異常症にも気を付けたいですね。

高血圧の詳しい内容は《高血圧》治療の方法 血圧を改善させる基本の3つのことは? で紹介しています。

脂質異常症については、脂質異常症の詳しい内容で説明していますので参考にして下さいね。

糖尿病は食事療法が一番大事と言いますが、なかなか栄養学の勉強もしにくいと思います。

食事療法もしながらサプリメントも飲むのが良いかも知れないですね。

糖尿病に、世界が認めた白井田七が糖尿病の人気のサプリメントです。

脳梗塞にならない為にも糖尿病の予防も同時に始めましょう。

糖尿病の食事療法について

糖尿病の食事療法は、食べる量と食べ方を見直すことが一番大切で血糖値をコントロールしていく治療になります。

食事の栄養と量についてはバランスの取る様にようにして下さいね。

具体的な食事の取り方は?

  • 野菜を多めに食べる
  • 食べ方をおかずを食べてからご飯を食べる
  • いも類を制限する
  • 油も摂る(オリーブオイルなど)
  • 夕食を控える
  • 一日三食を規則正しく食べる
  • お菓子はなるべく食べない
  • お酒を控える
  • 麺は控える
  • よく噛んで時間をかけて食べる
  • 調味料も付け過ぎない

少し気にする事で糖質を抑える事が出来ます。

毎日の生活習慣を見直す事が糖尿病の治療に一番効果的になります。

糖尿病になる人の代表的なのが、肥満、運動不足、お酒の飲みすぎ、不規則な生活、ストレスなどです。

正しく生活習慣が糖尿病予防になるのですね。

食事療法で改善することが一番良いのですが、どうしても甘いものを食べたくなることってありますよね。

そんな時には糖質をカットしてくれるものもあります。

あなたを糖質の悩みから解き放つ「糖質スリム」がお手軽ですよ。

あなたを糖質の悩みから解き放つ「糖質スリム」はインターネットでしか購入出来ませんのでここから入って下さい。

全てがカットされる訳ではないのですが、糖質のほとんどをカットしてくれるので、甘党には嬉しいですよね。

糖尿病や脳梗塞は生活習慣が原因でなる病気です。

糖尿病など、合併症が原因になり失明したり脳梗塞になったりと命に関わる病気が殆どです。

生活習慣の見直しが一番の予防になります。

糖尿病以外にも脳梗塞が起こりやすい人の特徴

脳梗塞は生活習慣病が引き金に脳梗塞になるケースが多いのですが、他にも病気になっている人の合併症で脳梗塞になってしまう場合もあります。

どのような人が脳梗塞を発症しやすいかしていきましょう!

脳梗塞が起こりやすい人の特徴① 心臓疾患

心臓疾患を持っている人は、心房細動や弁膜症などの症状が起こると、心臓付近で血栓が発生しやすくなります。

発生した血栓は脳の血管まで流れていきやすく、細くなった部分で止まってしまうことが多いといわれています。

脳に血栓ができてしまうと、脳梗塞になってしまうのです。

脳梗塞が起こりやすい人の特徴② 高血圧

脳梗塞の中でも最も危険と言われている要因は高血圧です。

血圧が高いと血管が痛みやすい状態になります。

血管が痛みやすい状態は、動脈硬化を進行させてしまったり、血栓ができ脳梗塞になる可能性が高くなります。

高血圧の詳しい説明は

高血圧は脳梗塞の危険要因!血圧が高くなる原因を徹底解明!!

脳梗塞の危険要因は高血圧が第一位 脳梗塞を予防しましょう!【体験談】

のページで詳しく紹介していますので参考にして下さい。

脳梗塞が起こりやすい人の特徴③ 高脂血症

高脂血症動脈硬化が進行しやすく、脳梗塞に発展する可能性があります。

動脈硬化になると当然、脳梗塞になるリスクが高くなります。

高脂血症になるとコレステロールがたまり血液がドロドロになるので、血栓ができて脳梗塞になってしまうのです。

脳梗塞が起こりやすい人の特徴④ 肥満

肥満は万病の元で、心臓疾患・糖尿病・高血圧・高脂血症などを引き起こしてしまいます。

当然、肥満になる人は糖質を沢山摂っていることでしょう。

その糖質がさらに血液がドロドロにしてしまい脳梗塞になるリスクを上げてしまうのです。

肥満の詳しい説明は

肥満が治れば全てが変わる!病気と肥満の関係とは?

《生活習慣病》死の四重奏 脂質異常症ってどんな病気? 糖尿病、肥満、高血圧について

脳梗塞が起こりやすい人の特徴⑤ タバコ

タバコを吸うと脳梗塞になるリスクが上がってしまいます。

タバコは多くの病気を発症する主な原因になっており、心臓疾患や動脈硬化になり易い体質を作ってしまいます。

ドロドロの血液になり脳梗塞を起こすきっかけを作りやすくなります。

脳梗塞が起こりやすい人の特徴⑥ ストレス

ストレスは、心臓疾患・高血圧・糖尿病・高脂血症など病気になる要因です。

特に、大きなストレスを感じると血管が収縮してしまい高血圧になってしまいます。

ストレスと高血圧は関係が深いのでストレスが掛かってしまうと直ぐに高血圧になってしまいます。

高血圧は脳梗塞に一番の危険因子なのでストレスがかかると脳梗塞になるリスクが上がるのです。

脳梗塞が起こりやすい人の特徴⑦ 脱水症状

脱水症状が体に起こってしまうと、血液が濃くなって固まりやすくなり血栓が発生しやすくなります。

運動している最中や睡眠中など脱水症状になり易く夏場には脳梗塞になるリスクが上がるのです。

脳梗塞の予防には水分補給することが大切です。

脱水症状の詳しい説明は

<脳梗塞>夏の脳梗塞が多発!それは熱中症に似た脳梗塞の前兆かも?!

子供が危険!夏の脳梗塞は熱中症と誤診断で後遺症の危険が!!

脳梗塞が起こりやすい人の特徴⑧ 高齢

高齢になると血管が弱くなって動脈硬化が進行しやすくなります。

血管が細くなると血液がドロドロだと血栓が出来やすくつまりやすくなります。

高齢になるとどうしても血管が細くなりますので、柔軟な血管でなくてはなりません。

食事療法など工夫をしながら生活をすることが大切ですね。

脳梗塞が悪化すると、脳の血管に血栓が詰まって脳細胞が死んでしまい、すべての神経や機能が働くことができなくなります。

その為、脳の細胞が死滅し、後遺症が残りやすいという特徴としてあれます。

後遺症の症状も様々で、 運動障害・感覚障害・言語障害などの後遺症として現れます。

脳梗塞の後遺症は生活に大きな影響を与えてしまいます。

後遺症が残らないようにするには、脳梗塞を予防が必要になります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

脳梗塞についてさまざまな記事を書いています。

脳梗塞の症状や後遺症など私が経験した全てのこと【保存版】

脳梗塞の情報をまとめた目次のようなページです。

脳梗塞で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です