【脳梗塞】突然やってくる脳梗塞!予防の3つの事とは!

脳梗塞は怖い病気と言うのは誰でも知っていることと思います。

でも、まさか自分が脳梗塞になるなんて思っても見ていないと思いますが、脳梗塞は突然やってきます。

脳梗塞になる原因を知ることで、脳梗塞の予防にも繋がってきますが、突然脳梗塞になったような気がするのです。

現実に私も脳梗塞になる経験をするとは思っていませんでした。

私が脳梗塞になったのは49歳の時でしたが、当時の私は脳梗塞になるとは思いませんでした。

MRIや点滴治療、脳梗塞が発症してからの時間の経過の重要さなど経験したから分かる事が一杯でした。

脳梗塞は高齢になってから発症する人が多いと思っていましたが、自分が脳梗塞になってから、若い人でも脳梗塞になる人は少なくない事を知りました。

寝たきりの病気にもなる脳梗塞とは

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下した状態になります。酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死してしまった事を脳梗塞と言います。

 日本の死因が第4位、寝たきりの病気の1位は脳梗塞なのです。

脳梗塞になって始めてインターネットで調べて自分がどの様な状態だったかを知りました。実際に経験しないと分からない事が沢山ありました。

私は脳梗塞の前兆と思われる症状がありました。

<脳梗塞の前兆>舌や手足のしびれ<脳梗塞の前兆>ろれつが回らない

《脳梗塞の前兆》肩こり・首の痛みは脳の警告発作!脳梗塞の前兆の肩こりの見分け方【体験談】

【脳梗塞の前兆】めまいやふらつきは脳梗塞のサインかも!【体験談】

【脳梗塞の前兆】危険!3人に1人が体験している初期症状!眠気・あくび・いびき! 

ここで、脳梗塞の前兆について詳しく説明しています。

経験したからこそ分かる脳梗塞の症状を詳しく紹介していきますね。

[ad#kiji]

脳梗塞が原因を知って脳梗塞を予防する

脳梗塞の大きな発作の前に小さな発作があることを、一過性虚血発作と言いTIAとも言います。この一過性虚血発作の中には、様々な症状があるのです。

一般的にはろれつが回らない、力が入らない、言葉がでない等が脳梗塞の前兆と思われがちですが普段感じる症状も脳梗塞の前兆があるのです。

脳梗塞には発症する前兆の症状があります。

約3割の人が脳梗塞の前兆の症状を感じているのです。

脳梗塞になる前に、予防が出来たら一番良いですよね。

脳梗塞は自覚症状がない場合も多く、かくれ脳梗塞の場合もあり気付かない人も沢山いると言われています。

また、人間ドックや健康診断など偶然に発見される場合もあるのです。

脳梗塞は痛みなどの自覚症状が無いのですが、脳梗塞になる前の前兆である些細な症状があるのです。

最初は時々起こる症状が段々頻繁に起こりだし、いよいよオカシイ事に気づきだすのです。

どんな病気でも同じですが早期発見が一番重要で治療後の後遺症も最小限に抑えることができます。

脳梗塞は、命に関わる病気なので脳梗塞の前兆に気づく事で治療の負担も軽くできますし、治療後の後遺症も少なくて済みます。

脳梗塞の予防はやはり食事療法になります。

 私の場合は仕事をしているので、細かい食事療法を実行する事が難しいので、サプリメントに頼っています。

私も脳梗塞になってしまいましたがサプリメントを飲み始めて再発をする事もなく体の調子も良いです。

病院の薬の副作用で悩んでいた私は、本当にサプリメントを飲んでケアすることが大切だと思っています。

脳梗塞の前兆を少しでも感じたら予防が大事

脳梗塞の前兆を感じたら病院に行く事も大切ですが日頃から生活習慣や脳梗塞の要因を改善する必要があります。

私も一度、脳梗塞になっているので、食事療法が一番大事と病院で指導を受けています。

それでもなかなか食事療法を続けられないのが現実なのです。

薬の副作用の問題

その他に必要なことは、薬の副作用の問題があります。

私の場合は、高血圧・高脂血症・肥満と最悪な状態でした。

病院で処方された高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

二度と脳梗塞を繰り返すことがないように、食事は出来るだけ野菜中心を心掛けていますが、実際にはなかなか難しく現実的ではありません。

しかし、今までの食生活や生活習慣が招いた結果ですから、そのままの生活を続けていると再発のリスクが高くなってしまいます。

私の場合は、病院から”血圧を下げる薬”と”血液をサラサラにする薬”を処方されたのですが、 薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まらず薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まりませんでした。

とにかく高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

高血圧や肥満は生活習慣病です。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

サプリメントを食事にプラスしたことで、血圧の数値も正常に近づいてきていますし、脳梗塞を発症して3年になりますが再発はしていません。

もう少し早くサプリメントを飲んでいれば、高血圧にも脳梗塞にもならなかったのかも・・・と後悔しています。

参考までに、私が実際に飲んでいるサプリメントをご紹介しますね。今まで色々なサプリを試してみましたが、一番効果を実感したサプリです。

本当は自分で色々と試すことをおすすめしますが、何を選んで良いのか分からない方は、ぜひ試してみてください。

血をキレイにしてくれる上に血圧を下げる効果があり、血液サラサラ効果のある 大正製薬のDHA・EPAを飲んでいます。

EPA.DHAは血行が良くなるので、肥満予防にもなるので痩せやすい体作りをしてくれます。

病気ではない方でも血液がキレイである方が良いに決まっているので健康の為にも良いサプリメントですよね。

DHA・EPAの血をキレイにする成分が600mgも入っているのが決め手になりました。

他のサプリはDHA・EPAが少ないか、値段が高くて続けられないと思ったからです。

血をキレイにする成分が600mgも入っていて、金額も安かったです。

それて、DHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

一般に販売されているサプリメントは瓶に入っているものが多く、何度も開けているとその分空気に触れて酸化してしまいます。

ということは古くなると空気にふれる時間が長く成るので、酸化がどんどん進むってことですよね。

瓶に入ったサプリメントだと酸化するので効果が半減するんですね!
大正製薬のDHA・EPA1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、キャンペーン価格の980円で購入することができます。

大正製薬のDHA・EPAの公式ページ初回お試しキャンペーン980円はこちらのページかた購入できます。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

金額も手頃で初回980円なら試しやすいですよね。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

血をサラサラにする事は絶対に大切な事ですので、他の病気に掛からない為にもしっかり予防しましょう。

私は49歳の時には脳梗塞の前兆に気付かないで、脳梗塞を発症してしまいました。

最近おかしいなと思う症状がある人は、直ぐに病院に行って検査は受けておくことをおススメします。

この様に脳梗塞にならない様に予防をしていきますが、脳梗塞は色々な原因があります。

今から脳構想にならない為にも、脳梗塞になる原因について分かりやすくご紹介します。

脳梗塞になる原因を知ることで、脳梗塞の予防にも繋がってきます。

脳梗塞の3つの予防とは?

今まで説明してきた様に生活習慣を正して脳梗塞の予防が出来るような気がしますよね。

生活習慣はご存知の通り、自分のライフスタイルになっているので、なかなか改善することが難しいのが現状です。

それでも、少しの努力で脳梗塞の予防が出来るなら嬉しいですね。

脳梗塞の予防① 食事を見直す

食生活の乱れが、身体の様々な不調に繋がってきます。

食べ物の偏りによる、栄養過多もその一つです。

外食一つでも頼むものの工夫が必要になってきます。

食事療法の自信のない方は大正製薬のDHA・EPAを飲むなどして身体を整えて下さい。

また、大量の飲酒をする人も要注意です。

お酒も嗜む程度なら害はないと思いますが、過ぎると身体には良くありません。

脳梗塞の予防② 運動をする

運動不足によって食事で摂ったエネルギーを消費しきれないので肥満にもつながります。

さらに肥満は糖尿病や脂質異常症を引き起こしたりする。

肥満は何よりも圧や糖尿病の原因になり得るので脳梗塞にもなりやすくなります。

肥満の人は高血圧の人が多いので、最も脳梗塞になりやすいのが現状です。

脳梗塞の予防③ タバコを吸わない

喫煙習慣のある人はタバコを吸う人は吸わない人に比べ、脳梗塞で死亡する人が多いという報告があります。

タバコを吸う事で血液も汚くなり、ますます血液中に血栓が出来やすくなります、

タバコは精神的なストレスの緩和になると言う人もいるのですが、身体にとっては悪い事だらけです。

過度のストレスも血圧が上げると言われています。

ゆったりとした休日を送る事も脳梗塞の予防にも繋がります。

生活習慣病から繋がる脳梗塞

脳梗塞の予防の話をしてきましたが、普段から気を付ければ脳梗塞にならなくて済む内容です。

一度、脳梗塞になってしまったら、殆どに人が脳梗塞の後遺症に悩まされます。

数か月で良くなる人もいますが、何年経っても脳梗塞の後遺症が改善されない人もいます。

それほど大きな病気なので生活習慣には気をつけたいですね。

生活習慣病とは?

「生活習慣病」が元で起こる病気は糖尿病、高血圧症、脂質異常症などがあります。
その他に命に関わる病気では、脳梗塞、脳出血などの脳血管障害。

また、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患等があげられます。

これらの病気は食生活・運動・休養・喫煙・飲酒などの生活習慣が深く関わっていることから「生活習慣病」という呼び名になったのです。

生活習慣病は色々な合併症を引き起こす危険もあるので生活習慣の見直しが必要ですね。

では、生活習慣病がどんな病気なのか詳しく説明していきますね。

生活習慣病の主な病気とは?

日常の生活習慣から様々な病気を引き起こします。

その中でも深刻な状態になることも多いのです。

生活習慣病が酷くならない様に早めに改善しておきましょう。

では、生活習慣病の主な病気を説明していきましょうね。

生活習慣病の主な病気① 糖尿病

糖尿病は、血液中の血糖値が高くなる病気。

ブドウ糖は、食べ物や飲み物を消化して作られ体を動かすエネルギーとなります。

血液中にブドウ糖がどれくらいあるかを示すのが血糖値といいます。

糖尿病になると、ブドウ糖が細胞にうまく運ばない為、血糖値が高くなります。

その為に全身がエネルギー不足となって身体に問題が起こってきます。

糖尿病の症状としては?

  • 口が渇わく
  • 水を多く飲む
  • 尿が極端に増える
  • 体重が減る

初めのうちは自覚症状がないのが特徴です。

糖尿病の詳しい説明は《糖尿病》原因 症状 治療 の全て☆

脳梗塞と糖尿病の関係は?脳梗塞の危険因子が通常の3倍あった!こちらを参考にして下さい

生活習慣病の主な病気② 高血圧

高血圧は、血管にかかる圧力が常に高い状態が高血圧といいます。

血管にかかる過剰な圧力が続くと、血管はだんだん硬くなって中性脂肪やコレステロールが溜ってしまいます。

高血圧が続くと血圧が上昇し血流が悪くなり血管もボロボロになってきます。

高血圧が原因で様々な病気になる事があります。

高血圧の詳しい説明はブログで紹介しています。

《高血圧》体験したからこそ分かる 原因 症状 合併症 治療や予防のすべて!

高血圧が引き金になる事は沢山あるので避けたいですね。

高血圧が原因となって発症する血管に関する病気で怖いのは脳梗塞です。

日本でも沢山の人が脳梗塞になっています。

私も高血圧も原因となり脳梗塞になりました

生活習慣については

生活習慣病が脳梗塞を引き起こす2つ原因! 高血圧と肥満が危険

【生活習慣病】炭水化物制限をして肥満予防をしよう?!

《生活習慣病》死の四重奏 脂質異常症ってどんな病気? 糖尿病、肥満、高血圧について

ブログでも詳しく紹介していますので参考にして下さいね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

脳梗塞についてさまざまな記事を書いています。

脳梗塞の症状や後遺症など私が経験した全てのこと【保存版】

脳梗塞の情報をまとめた目次のようなページです。

脳梗塞で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です