<脳梗塞>倒れた時の処置の速さが脳梗塞の治療に重要! 【体験談】

脳梗塞は発症したら、どれだけ早く治療をするかが一番重要になります。

発見されて治療時間もでの間がどれぐらいの時間が掛かっているかで治療方法が全く変わって来ます。

脳梗塞には後遺症に繋がる事も多く、治療のスピードが大きく左右しているのです。

脳梗塞で倒れた自分を誰かが見つけてくれれば良いですが周りに人が居てない事も考えられますよね。

ある程度の年齢になってきたら自分の体の事を考えてなるべく側に家族が一緒にいる方が賢明です。

私の場合は仕事場で倒れましたので直ぐに病院に行くことが出来ました。

今思うと違う場所で脳梗塞になっていたら重度な障害や命も危なかったかも知れません。

脳梗塞になる原因はいくつもあります。

脳梗塞は前兆がある事が多く、それを気付けば随分防ぐ事も出来るのです。

脳梗塞とはどんな病気なのか、どんな前兆があるのか説明していきましょう。

脳梗塞の病気とは?

日本では今、脳卒中の約4分の3が脳梗塞です

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下した状態になります。

酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死してしまった事を脳梗塞と言います。

脳梗塞の詳しい説明は脳梗塞ってどんな病気? 簡単解説!ページで紹介しています。

脳梗塞発症のリスク因子である「かくれ脳梗塞」があると約10.5倍も脳卒中を起こす頻度が高くなることがわかっています。

脳梗塞は3つの種類に分けられます。

[ad#kiji]

脳梗塞には3つの種類がある

脳梗塞の発症の原因によって3種類に分けられます。

アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞、心原性脳梗塞に分けられます。

其々に特徴があるので説明していきましょう。

脳梗塞の種類その① アテローム血栓性脳梗塞

脳の太い血管にコレステロールの塊ができて、コレステロールが血管を傷つけます。

それを治す為に血小板が集まり血栓ができ脳梗塞が出来る症状です。

コレステロールが増えると血管に障害がでてしまうのですね。

アテローム血栓性脳梗塞の治療方法については【脳梗塞】アテローム血栓性脳梗塞 食生活が原因!?のページを参考にして下さい。

脳梗塞の種類その② ラクナ梗塞

高血圧が原因で脳の細い血管が詰まって動脈硬化が起こります。

動脈硬化が起こって出来た脳梗塞をラクナ梗塞と言います。

動脈硬化になると色々と身体に障害が起こります。

動脈硬化の症状・原因・予防について?のページで動脈硬化の説明をしていますので参考にして下さい。

脳梗塞の種類その③ 心原性脳梗塞

心臓にできた血栓が流れてきて血管をふさぐ事が原因で起こる脳梗塞です。

日本も欧米化によって食生活が乱れています。

その為にアテローム血栓性脳梗塞や心原性脳塞栓症が増えてきています。

では、どうして脳梗塞の治療には時間が重要なのでしょうか?

その理由を説明していきましょう。

脳梗塞の治療は時間が重要な理由?

脳梗塞の治療は発症してから4時間以内が血栓を溶かす薬が使えます

それに4時間以内であれば後遺症の残らないレベルの回復も期待出来ます。

4時間以上経っている場合でもリハビリを続けていれば、徐々に回復できる事もあります。

具体的に時間と脳梗塞の治療方法について説明していきましょう。

 

脳梗塞の発症時間と治療方法

4時間以内・・・・・TPAと言う脳の血栓である血の塊を溶かす薬の投与による治療方法

8時間以内・・・・・脳の血管カテーテルによる治療方法

それ以上・・・・・・重度な障害を受ける事がある

後遺症は発症時間に関わらず多かれ少なかれ必ず見られる症状です。

この様に脳梗塞のチェックはFASTが早期発見の大切なポイントになります。

FASTチェック以外に自分で出来るチェック方法がありますのでご紹介しておきますね。

一般的なチェック方法

チェックその① 手のひらチェック

両手を前に出して手のひらを上に向けて目を閉じます。手の高さを肩の高さで30秒間維持できなければ脳梗塞の疑いがあります。

チェックその② 足ふみチェック

目をつぶって50回足踏みを行います。50回目で目を開き、立ってる位置が最初と随分違えば脳梗塞の疑いがあります。

チェックその③ 一指し指チェック

目を閉じて両手を左右に、肩の高さまで上げます。手はグーにして一差し指だけをまっすぐに伸ばします。そのまま前まで左右の一指し指をつけます。5センチ以上離れていたら脳梗塞の疑いがあります。

チェックその④ 渦巻チェック

紙にペンで5ミリ間隔ほどの渦巻きを5周ぐらい書きます。その渦巻きの線と線の間をなぞって渦巻きを描いていきます。その線がぶつかれば脳梗塞の疑いがあります。

チェックその⑤ 水移しチェック

コップを2つ用意し、一方に水を表面まで入れて両手に持ちます。その水を5~6回移し替えます。

たくさん水をこぼしてしまった人は隠れ脳梗塞の疑いがあります。

この様にチェックをする事は脳梗塞の早期発見に繋がりますので気になる時にはチェックをしてみて下さい。

では脳梗塞には前兆があると言いましたが、どんな前兆があるのでしょうか?

脳梗塞には前兆がある?

梗塞は突然なる病気ですが、約3割の人が脳梗塞の前兆を感じてるのです。

脳梗塞の大きな発作の前に小さな発作があることを、一過性虚血発作と言いTIAとも言います。

この一過性虚血発作の中には、様々な症状があるのです。

一般的にはろれつが回らない、力が入らない、言葉がでない等が脳梗塞の前兆と思われがちです。

脳梗塞の前兆である事が分かれば3割だけで無く半数の人が脳梗塞の前兆に気づく事も出来ると思います。

私もしびれが脳梗塞の前兆だと言う事を知っていれば、脳梗塞にならなくて済んだかも知れません。

私も脳梗塞を経験していますが、余りに一瞬の出来事なのでそのまま見過ごしてしまうぐらいの症状です。

では、具体的に脳梗塞の前兆の症状について説明していきましょう。

脳梗塞の前兆で起こる症状は?

  • 片側にしびれがある
  • 眠気やあくびが出る
  • めまいやふらつきがする
  • ろれつが回らない
  • 物が二重に見える
  • 手の力が抜ける
  • 肩こりや首の痛みがある
  • 文字が書けない
  • 相手の言う事が理解出来ない

こんな様々な症状があるのです。

舌や手足のしびれは<脳梗塞の前兆>舌や手足のしびれは脳の警告発作!脳梗塞のしびれの見分け方ページを参考にして下さい。

めまいやふらつきがするは、めまいやふらつきは脳梗塞のサインかものページを参考にして下さい。

肩こりや首が痛い記事は肩こり・首の痛みは脳の危険なサイン!のページを参考にして下さい。

眠気やあくびが出るは眠気や「あくび」は脳梗塞のサインかも!のページを参考にして下さい。

脳梗塞を治す最新医療の開発

今や脳卒中の患者は増える一方です。

最近では血栓回収療法という治療が開発されています。

血栓回収療法とは?

4時間以上経過した患者に使う治療法です。

発症から8時間以内の脳梗塞患者に使用することができます。

先端がらせん状になった柔らかいワイアー(メルシー)を使います。
これを脳の血管の詰まったところまで、挿入して血栓を絡めて取ってくるものです。

血栓回収療法は2010年から認可されました。

色々な治療薬が開発するしていきますが、自分が出来る予防もあります。

脳梗塞の予防には血圧を安定させないと行けないです。

血圧を安定させるのは、先ずは血をキレイにすることが先決です。

血をキレイにすると血液がスムーズに流れ血管に負担が掛からず高血圧にならなくて済むのです。

脳梗塞の前兆を少しでも感じたら予防が大事

脳梗塞の前兆を感じたら病院に行く事も大切ですが日頃から生活習慣や脳梗塞の要因を改善する必要があります。

私も一度、脳梗塞になっているので、食事療法が一番大事と病院で指導を受けています。

それでもなかなか食事療法を続けられないのが現実なのです。

薬の副作用の問題

その他に必要なことは、薬の副作用の問題があります。

私の場合は、高血圧・高脂血症・肥満と最悪な状態でした。

病院で処方された高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

二度と脳梗塞を繰り返すことがないように、食事は出来るだけ野菜中心を心掛けていますが、実際にはなかなか難しく現実的ではありません。

しかし、今までの食生活や生活習慣が招いた結果ですから、そのままの生活を続けていると再発のリスクが高くなってしまいます。

私の場合は、病院から”血圧を下げる薬”と”血液をサラサラにする薬”を処方されたのですが、 薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まらず薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まりませんでした。

とにかく高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

高血圧や肥満は生活習慣病です。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

サプリメントを食事にプラスしたことで、血圧の数値も正常に近づいてきていますし、脳梗塞を発症して3年になりますが再発はしていません。

もう少し早くサプリメントを飲んでいれば、高血圧にも脳梗塞にもならなかったのかも・・・と後悔しています。

参考までに、私が実際に飲んでいるサプリメントをご紹介しますね。今まで色々なサプリを試してみましたが、一番効果を実感したサプリです。

本当は自分で色々と試すことをおすすめしますが、何を選んで良いのか分からない方は、ぜひ試してみてください。

血をキレイにしてくれる上に血圧を下げる効果があり、血液サラサラ効果のある 大正製薬のDHA・EPAを飲んでいます。

EPA.DHAは血行が良くなるので、肥満予防にもなるので痩せやすい体作りをしてくれます。

病気ではない方でも血液がキレイである方が良いに決まっているので健康の為にも良いサプリメントですよね。

DHA・EPAの血をキレイにする成分が600mgも入っているのが決め手になりました。

他のサプリはDHA・EPAが少ないか、値段が高くて続けられないと思ったからです。

血をキレイにする成分が600mgも入っていて、金額も安かったです。

それて、DHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

一般に販売されているサプリメントは瓶に入っているものが多く、何度も開けているとその分空気に触れて酸化してしまいます。

ということは古くなると空気にふれる時間が長く成るので、酸化がどんどん進むってことですよね。

瓶に入ったサプリメントだと酸化するので効果が半減するんですね!
大正製薬のDHA・EPA1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、1000円で購入することができます。

大正製薬のDHA・EPAの公式ページ初回お試し1000円はこちらのページかた購入できます。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

金額も手頃で初回1000円なら試しやすいですよね。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

薬を飲まないで食事やサプリなどで高血圧を改善したい!そんな人は、ぜひ参考にしてくださいね。

自分に合ったサプリを見つけることで、高血圧の予防・改善ができるようになりますよ。

脳梗塞になったら後遺症が出て大変です。

日頃の予防が大切ですね。

 

脳梗塞の最大の原因は!

 

脳梗塞の原因です

  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 多血症
  • 心臓病

これらは生活習慣病の原因とされる日常の食事改善や適度な運動を心がけるだけでも改善さりてきます。

原因の中でも一番脳梗塞に関係するのが高血圧です。

血圧は普段から気にしていなかったら特に症状として現れにくいので見逃されがちになります。

高血圧は血管に負担をかけてしまいます。血管がもろくなると血流に負担が掛かり血管も傷だらけになって血の塊の血栓が出来てしまいます。

その血栓が原因で血流が流れなくなって脳梗塞になるのです。

知らない間に血管がボロボロになっている事もあるので注意が必要です。

常に血圧が高い人は日頃から血圧計を外出時も持参する事がおススメです。

私の場合は体調が悪い時は必ず血圧も高くなっています。 ストレスが掛かった時は特に急激に上がるんです。だから、ストレスは厳禁ですね。

 

 脳梗塞の原因である血圧が上がって来るとどんな症状になるの?

 

  • 心臓がドキドキする
  • 手足がジンジンする
  • 頭が痛くなる
  • 気分が悪くなる

こんな症状がでたら要注意です。

血圧が高くなっているって焦れば焦るほどドンドン上がってくるんです。

先ずは落ち着く事、自分の体の様子を見て下さい。

大きく深呼吸をすると血圧はゆっくり下がってきます。

自分がどんな時に血圧が上がるのかを観察する事も必要です。

上がる要因を少しでも避ける事が大切ですね。あまり怖がっていてもストレスになって良く無いので落ち着いて対応して出来れば横になりましょう。

私も退院当初は血圧計を持ち歩いていました。

日頃から注意を向ける事が一番大切ですね。

脳梗塞になったら急いで病院に行くことが必要ですが、何よりも病気にならない体作りに心掛けましょう。

この様に倒れた時から病院に着くまでが最も重要になるのですね。

少しでもおかしいと思ったら即病院に行くようにして下さい。

脳外科の有名な病院の表がありますのでs参考にして下さい。

脳外科の有名な病院

東京女子医科大学病院 東京都新宿区河田町8-1℡03-3353-8111

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 433件・水頭症、脳血管内手術 56件

慶應義塾大学病院 東京都新宿区信濃町35tel03-3353-1211

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 289件・水頭症、脳血管内手術 64件

虎の門病院 東京都港区虎の門2-2-2℡03-3588-1111
脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 276件・水頭症、脳血管内手術 82件
日本大学医学部付属
板橋病院
東京都板橋区大谷口上町30-1℡03-3972-8111
脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 251件・水頭症、脳血管内手術 44件
日本医科大学付属病院 東京都文京区千駄木1-1-5℡03-3822-2131
脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 225件・水頭症、脳血管内手術 35件
NTT東日本関東病院 東京都品川区東五反田5-9-22℡03-3448-6111
脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 207件・水頭症、脳血管内手術 93件
東京大学医学部付属病院 東京都文京区本郷7-3-1℡03-3815-5411

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 187件・水頭症、脳血管内手術 43件

中村記念病院 北海道札幌市中央区南1条西14丁目℡011-231-8555

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 236件。水頭症、脳血管内手術 70件

旭川赤十字病院 北海道旭川市曙一条1-1-1℡0166-22-8111

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 233件、水頭症、脳血管内手術 57件

聖麗メモリアル病院 茨城県日立市茂宮町841℡0294-52-8500

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 230件、水頭症、脳血管内手術 230件

熊本大学医学部付属病院  熊本県熊本市本荘1-1-1℡096-344-2111

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 225件、水頭症、脳血管内手術 42件

市立四日市病院 三重県四日市市芝田2-2-37 ℡0593-54-1111

三重県、北勢地区の脳神経外科の中で最も手術件数の多い病院です。

滋賀県立成人病センター 滋賀県守山市守山5-4-30 ℡077-582-5031

年間脳神経外科手術100例以上、脳腫瘍・脳動脈瘤・脳動静脈奇形等

の直達手術が年間30例以上 24時間体制で治療をおこなう

国立病院機構京都医療センター 京都府京都市伏見区深草向畑町1-1 ℡075-641-9161

関西では脳卒中の実力病院として知られている

りんくう総合医療センター市立泉佐野病院 大阪府泉佐野市りんくう往来北2-23 ℡0724-69-3111

脳卒中に対する急性期診療には力を入れており、くも膜下出血、脳出血、

脳梗塞に対する緊急手術、血管内治療が24時間体制で施行可能。

大阪警察病院 大阪府大阪市天王寺区北山町10-31 ℡06-6771-6051

脳卒中の実力病院として全国でもトップクラスの評価を受けている

富永病院 大阪府大阪市浪速区湊町1-4-48  ℡06-6568-1601

国内のみならず海外からも患者が来院することもあり、治療の難しいケースもそのほとんどを後遺症なく全治させると言われている。

大阪脳神経外科病院 大阪府豊中市庄内宝町2-6-23 ℡06-6333-0080
一般外来はもとより24時間体制で脳卒中や脳腫瘍、神経外傷救急患者の診療にあたっている。
国立循環器病センター 大阪府吹田市藤白台5-7-1 ℡06-6833-5012

脳血管疾患に対する治療、原因究明、および発症予防に精力的に当たり、国立の特定の機能病院としてわが国の脳血管障害に対する医療をリードしている

北野病院 大阪府大阪市北区扇町2-4-20℡06-6312-1221

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病

などの脳手術数 224件兵庫県

大西脳神経外科病院 兵庫県明石市大久保町江井島1661-1 ℡078-938-1238

脳卒中の治療・ケアに関する「治療力」で全国6位、「総合力」で11位にランクされた。

兵庫県立姫路循環器病センター 兵庫県姫路市西庄甲520 ℡0792-93-3131

脳卒中実力病院。手術総件数は5700件以上。各種疾患において手術法の開発をしています。

関西労災病院  兵庫県尼崎市稲葉荘3-1-69 ℡06-6416-1221

脳動脈瘤クリッピング術と脳腫瘍摘出術が、厚労省の定める年間50例以上施行の有数の病院です。

奈良県立医科大学 奈良県橿原市四条町840 ℡0744-22-3051

全国の国公立大学病院の中でも年間500件屈指の手術件数を誇っている。

和歌山県立医科大学病院 和歌山県和歌山市紀三井寺811-1 ℡073-447-2300

大学病院の脳神経外科としては有数の件数を誇っており、脳神経外科疾患に対する最先端の治療を行っている。

済生会熊本病院  熊本県熊本市近見5-3-1℡096-351-8000

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 297件、水頭症、脳血管内手術 28件

 

済生会八幡総合病院  福岡県北九州市八幡東区春の町5-9-27℡093-662-5211

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 200件・水頭症、脳血管内手術 68件

沢山の有名な脳外科の病院があります。

自分にあった病院を探しのは大切です。

体調に合わせての複数の病院選びも良いかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です