【脳梗塞の再発予防】命に関わる病気・7つの予防法!徹底ガイド

脳梗塞は命に関わる病気で、後遺症も可なり辛い病気と言われています。

その上、脳梗塞は再発しやすい病気です。

再発率が高いのであれば、本当に油断ができないですよね。

脳梗塞の年間再発率は約5%、1年間で考えると20人に1人の人が脳梗塞の再発するといわれています。

10年間で約半数の人が再発という報告もあります。

脳梗塞は生活習慣が大きく影響をしているので、なかなか日常生活を改めるのは難しいのかも知れません。

何年か経ってくるとまた元に戻るという事もありますよね。

私も脳梗塞になった経験もありますが、生活が入院の時と同じ様にはいかないのが実情です。

脳卒中を一度起こした人は、脳卒中を起こす原因となる生活習慣や病気などをもっているため再度、脳梗塞になるケースが多いのです。

一度脳梗塞になった人が再発すると、最初の時よりも後遺症が重症になったり、後遺症が酷くなったりもします

今まで以上の脳梗塞の後遺症になっては、本当に嫌ですよね。

脳梗塞の予防の知識を良く知っていることが重要だと思います。

再発を防ぐことはとても大切なことです。

今から生活習慣を変えることや日頃から健康管理をしっかりしていく事が脳梗塞の予防になり再発を防ぐことに結びつきます。

脳梗塞の再発の危険性も可なり軽減させることも出来るのです。

では、脳梗塞について紹介します。

脳梗塞とは?どんな病気なのでしょうか?

脳梗塞の病気は、脳の血管が細くなったり、血管に血の塊の血栓が詰まったりしりことで起こる病気を脳梗塞と言います。

脳梗塞が起こってしまうと脳に酸素や栄養が送られなくなるために、脳の細胞が障害を受けてしまいます。

脳の血管が詰まってしまうと、脳梗塞の症状がおこるんです!

脳梗塞は詰まる血管の太さやその詰まり方によって3つのタイプに分けられます。

脳梗塞は症状やその程度は障害は、脳の場所と範囲によって異なります。タイプに分けられます。

では、その脳梗塞のタイプについてご紹介しましょう。

[ad#kiji]

脳梗塞の3つのタイプ・ラクナ梗塞・アテローム血栓性脳梗塞・心原性脳塞栓症がある

脳梗塞には主に3つのタイプがあり、脳梗塞のタイプによって再発しやすかったり重症度や治療の仕方も違うのです。

3つのタイプの中でもっとも再発しやすいのは心原性脳塞栓症と言われています。

その上、重い症状が出やすく、死亡率も高いのが心原性脳塞栓症の特徴です。

その上、重い症状が出やすく、死亡率も高いのが心原性脳塞栓症の特徴です。

重症度と言えば次にアテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞が心原性脳塞栓症の次に重い脳梗塞と言われています。

ではこの3つについてご紹介しましょう。

脳梗塞の種類 ラクナ梗塞

脳の細い血管が詰まって起こる脳梗塞をラクナ梗塞と言います。

脳に入った太い血管は、次第に細い血管へと枝分かれしていきます。

この細かい血管が狭くなり詰まるのがラクナ梗塞です。

このラクナ梗塞は日本人に最も多いタイプの脳梗塞です。

ラクナ梗塞になる原因は高血圧が原因と言われています。

私もラクナ梗塞で1か月入院していました。

今思うと高血圧が原因だったと思います。

あの当時は脳梗塞になるとは思っていなかったので、高血圧になっていたことも気づきませんでした。

もう、5年ほど前のことでしたが、今は脳梗塞の再発もしていません。

私が元気にいるのに気を付けていることがありますので、ご紹介します。

脳梗塞の前兆を少しでも感じたら予防が大事

脳梗塞の前兆を感じたら病院に行く事も大切ですが日頃から生活習慣や脳梗塞の要因を改善する必要があります。

私も一度、脳梗塞になっているので、食事療法が一番大事と病院で指導を受けています。

それでもなかなか食事療法を続けられないのが現実なのです。

薬の副作用の問題

その他に必要なことは、薬の副作用の問題があります。

私の場合は、高血圧・高脂血症・肥満と最悪な状態でした。

病院で処方された高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

二度と脳梗塞を繰り返すことがないように、食事は出来るだけ野菜中心を心掛けていますが、実際にはなかなか難しく現実的ではありません。

しかし、今までの食生活や生活習慣が招いた結果ですから、そのままの生活を続けていると再発のリスクが高くなってしまいます。

私の場合は、病院から”血圧を下げる薬”と”血液をサラサラにする薬”を処方されたのですが、 薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まらず薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まりませんでした。

とにかく高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

高血圧や肥満は生活習慣病です。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

サプリメントを食事にプラスしたことで、血圧の数値も正常に近づいてきていますし、脳梗塞を発症して3年になりますが再発はしていません。

もう少し早くサプリメントを飲んでいれば、高血圧にも脳梗塞にもならなかったのかも・・・と後悔しています。

参考までに、私が実際に飲んでいるサプリメントをご紹介しますね。今まで色々なサプリを試してみましたが、一番効果を実感したサプリです。

本当は自分で色々と試すことをおすすめしますが、何を選んで良いのか分からない方は、ぜひ試してみてください。

血をキレイにしてくれる上に血圧を下げる効果があり、血液サラサラ効果のある 大正製薬のDHA・EPAを飲んでいます。

EPA.DHAは血行が良くなるので、肥満予防にもなるので痩せやすい体作りをしてくれます。

病気ではない方でも血液がキレイである方が良いに決まっているので健康の為にも良いサプリメントですよね。

DHA・EPAの血をキレイにする成分が600mgも入っているのが決め手になりました。

他のサプリはDHA・EPAが少ないか、値段が高くて続けられないと思ったからです。

血をキレイにする成分が600mgも入っていて、金額も安かったです。

それて、DHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

一般に販売されているサプリメントは瓶に入っているものが多く、何度も開けているとその分空気に触れて酸化してしまいます。

ということは古くなると空気にふれる時間が長く成るので、酸化がどんどん進むってことですよね。

瓶に入ったサプリメントだと酸化するので効果が半減するんですね!
大正製薬のDHA・EPA1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、1000円で購入することができます。

大正製薬のDHA・EPAの公式ページ初回お試し1000円はこちらのページかた購入できます。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

金額も手頃で初回1000円なら試しやすいですよね。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

 脳梗塞は再発する病気なので生活習慣を見直す必要がある

脳梗塞の再発予防は、病院の薬や診察も勿論のこと、生活習慣の改善も同時に行う必要があります。

この2つのことをきちんと守ることで脳梗塞の再発も防がれるのです。

脳梗塞は生活習慣を見直すことが一番大切です。

特に原因となったは、高血圧、糖尿病、脂質異常症など危険因子があると言われています。

今のうちに気を付自分を管理することが大切です。

原因となったは、高血圧、糖尿病、脂質異常症を放置すると、さらに脳の血管を傷めてしまったり血管が詰まったりするのです。

脳卒中の再発を予防するためには、まずこれらの危険因子をしっかり治療することが大切です。

では具体的な生活習慣や病気の予防方法を説明していきます。

脳梗塞を再発しやすい病気① 高血圧

なぜ血圧が高いと脳梗塞になりやすいのでしょうか?

血圧は自覚症状が無いまま進んでしまいます。

知らない間に高血圧が原因で動脈硬化や脳卒中の脳の血管疾患を招いたりします

血管に大きなダメージを与えてしまうんですね。

動脈硬化になると脳梗塞の危険が増すのですね。

その動脈硬化とはどの様なものなのでしょうか?

脳梗塞に関係の深い動脈硬化とは?

動脈硬化症とは動脈がかたくなることです。
動脈がかたくなると、血管に支障が出来て血液をうまく送り出せず、心臓に負担をかけてしまいます。

動脈がかたくなると血管の内側がもろくなって粥腫ができ、血管の中がせまくなったり、詰まったり、粥腫がはがれて細い血管を詰まらせたりします。

動脈硬化が起こると体の至る所に支障がきます

動脈硬化の症状・原因・予防について?ページで動脈硬化については説明しています。

血圧が高くなると脳梗塞になり易くなります。

高血圧は血管も傷つけてしまうので、破けてしまったり固くなってしまうので血栓も出来てしまうのです。

脳梗塞の再発予防には絶対に血圧を下げる必要があるのです。

血をサラサラにすることと血圧を安定させるもの 大正製薬のDHA・EPAが必需品ですよね。

血をキレイにすることは、血圧を下げるだけでなく様々な病気の予防にもなりますので誰でも必要と思います。

高血圧の情報は

【脳梗塞の予防】生活習慣を考える 高血圧・高脂血症・糖尿病の予防が大切

脳梗塞の危険要因は高血圧が第一位 脳梗塞を予防しましょう!【体験談】

高血圧と脳梗塞の関係! 血圧が高くなる原因を徹底解明!

脳梗塞を再発しやすい病気② 糖尿病

糖尿病は脳梗塞のリスクが高いことが分かっています。

血糖値が正常な人の脳梗塞の発症リスクを1とした場合、糖尿病の人のリスクは男性で2.22、さらに女性では3.63にもなると言われています。

糖尿病も生活習慣が原因であるとも言われています。

糖尿病の予防が脳梗塞の予防にもなるのはお分かりですよね。

脳梗塞を再発しやすい病気③ 脂質異常症

脂質異常症によって、コレステロールや中性脂肪が高くなると動脈硬化が進み、脳梗塞の危険性が高くなります。

コレステロールや中性脂肪を下げる方法として食事療法と運動療法が大切と言われています。

毎日のことなので真剣にすれば可なりの効果も期待出来ますよね。

それでももし、食事療法や運動療法で効果が出ない場合に初めて薬物療法を行います。

脂質異常症の治療は、脳梗塞の再発予防になりことも分って来ています。

この様に脳梗塞になり易い病気があるので、脳梗塞にならない為にも高血圧・糖尿病・高脂血症にならない体作りが必要です。

糖尿病についての詳しいことは

脳梗塞と糖尿病の関係は?脳梗塞の危険因子が糖尿病になると通常の3倍あった!

高脂血症についての詳しいことは

肥満を予防するなら?肥満と血糖値の関係 肥満防止の食べ物とは?

脳梗塞の再発予防の7つの事とは?

脳梗塞の再発は日常生活の心がけで低減できるものです。

脳梗塞の再発予防には生活習慣の見直しや食事療法・適度な運動で再発率も大幅に下げる事も出来るのです。

脳梗塞の改善方法は脳梗塞の改善だけでなく、他の病気の改善にもなるのです。

では脳梗塞の改善の7つの事を説明していきましょう。

脳梗塞の再発予防その① 水分補給

脳梗塞の水分補給は血を綺麗に保つ為にも必要になってきます。

夏の暑い日に大量の汗をかく事で、脳梗塞になるケースが多いのです。

水分補給をしっかりとして、血がドロドロになるのを防ぎましょう。

<脳梗塞>夏の脳梗塞が多発!それは熱中症に似た脳梗塞の前兆かも?!

のページにも夏に脳梗塞になる内容が書かれています。

脳梗塞の再発予防その② 適度な運動

規則正しい生活や適度な運動をする様に心がけて下さい。

生活習慣が乱れると様々な病気を引き起こしてしまいます。

生活習慣の中に適度な運動を取り入れることが必要です。

運動しやすい専用のシューズがあるので必ず専用のシューズを使って下さい。

【公式】世界初!ひざのトラブルを予防する靴。アサヒメディカルウォーク【アサヒシューズ】

このシューズは自分に合わせて、しっかりとケアしてくれますし、ひざや足に負担が掛からない構造になっています。

足に負担をかけないことで少しでもリハビリの効果も上がり、何よりも本人が楽になります。

脳梗塞にならない為にも運動は大切です。

ひょいな事から、躓いたりケガの原因にもなりますので、リハビリシューズを準備して下さいね。

脳梗塞の予防にリハビリ用の靴があれば、安全に運動もできますよね。

【公式】世界初!ひざのトラブルを予防する靴【アサヒシューズ】公式ページはこちら

脳梗塞の再発予防その③ 薬物治療

脳梗塞の再発を防ぐ為に薬物治療が必要とされています。

薬物治療には副作用もあり心配されるところですが、処方された薬をきちんと継続して服用することが再発予防には重要です。

脳梗塞の再発予防その④ 健康食品(サプリメント)

栄養を取る事は脳梗塞の再発防止には欠かせない事ですが、食物だけでは補

栄養を取る事は脳梗塞の再発防止には欠かせない事ですが、食物だけでは補いきれないのが現状です。

そこで上手に栄養を補う為にサプリメントの服用をおススメします。

副作用に悩まされていた私のとっては重要なことだと思います。

脳梗塞の再発予防その⑤ 過食

過食をすると勿論肥満になってしまいますが、高血圧、糖尿病、脂質異常症になりやすくなって動脈硬化の危険性も出てきます。

食の欧米化によってのカロリーの摂り過ぎや、おやつの食べ過ぎなども原因に一つです。

食事は色々なことを気を付けなければいけません。

例えば高カロリーの炒め物、揚げ物を摂りすぎなマヨネーズ、ドレッシングも高カロリーになります。

食事の時間の調節だけでも随分、肥満予防になりますので調節してみることをおススメします。

脳梗塞の再発予防その⑥ お酒の飲みすぎ

大量の飲酒は、血圧を上昇させ、脳内出血や、くも膜下出血など出血性の脳卒中の発症の危険が出てきます。

なぜならば、アルコールを分解するときに体内の水分が失われるため、脱水になりやすく脳梗塞の誘因となります。

脱水症状がおきると脳梗塞になり易くなってしまいます。

脳梗塞の再発予防その⑦ 喫煙

たばこが体に良くないことは誰でも知っていますよね。

たばこ吸うと血液がドロドロになって血管に血栓を作ってしまいます。

血栓ができると血管が詰まってしまって脳梗塞になってしまうのです。

例えたばこを吸っていても、禁煙をすれば数年でタバコを吸っていない人と同じ様に、脳梗塞のリスクが少なくなると言われています。

タバコは脳梗塞のリスクが増えるだけでなく、様々な病気になるリスクがあります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

脳梗塞についてさまざまな記事を書いています。

脳梗塞の症状や後遺症など私が経験した全てのこと【保存版】

脳梗塞の情報をまとめた目次のようなページです。

脳梗塞で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です