気温5度の差が体に起こすヒートショック! 風呂場が危ない場所!!

温度変化は体にどのようなダメージを与えるのでしょうか?

日に気温の差があると体には良くありませんし、体が緊張しているのが良く分かります。

no name
気温差が大きい時に発症する恐れがある脳や心臓へのダメージは可なり大きいのはご存知ですか? 

脳の血流が悪くなると脳卒中に、心臓の血流が悪くなると心筋梗塞になる可能性も出てきますよね。

季節の変り目になると、最高気温や最低気温の差が大きくなって体がその気温に対応出来なくなります。

5度の差というのは、肌で明確に感じるほどの温度差でもあるので実際に体にも負担がかかります。

人の体は気温の変化から自分の体温を守ろうとして、体内の活動が活発なります。

少しの気温の差なら特に問題もなく対応出来るのですが、気温が5度も変わると無理がきてしまいます。

ちょうど気温の差が5度以上になると、人の体に影響が及んでくるのです。

体の中は5度の差で急激に負荷がかかってしまうのですね。

気温の変化が体に影響を及ぼして病気になる原因にもなります。

急激に変化に体が対応出来なくなることや、血流の流れが悪くなること名で様々です。

血流の流れが悪くなると様々な病気を引き起こします。

テレビでも良く取り上げられる病気の原因になります。

気温の急激な変化によって、どのように体が影響するのでしょうか?

気温の差が5度以上になると危険な病気についてご紹介しますね。

 

気温5度の差が体に起こす危険性!

暑さ寒さに馴れきらないうちに5度ほどの急激な気温の上下が頻発すると、脳卒中や心臓発作が発症しやすくなるんです。

最高気温が前日に比べて5度以上の低かったり高かったりした時には注意が必要になってきます。

温度変化は身体に思う以上の大きな負担を招きます。

昨日は暑かったのに、今日は突然寒くなってしまうなどといった、前日との気温差が大きい場合は、特に体に影響がでます。

温度差は、一日の中でも大きく異なる場合があり、夜になると急激に気温が下がるケースもあります。

気温の変化は脳や心臓に大きな負担をかけてしまいます。

体が気温の変化に対応できなくなってダメージが大きくなるのです。

クーラーの効いた場所から急に暑い場所に移ることも十分考えられますよね。

では気温の変化がどのような病気の原因になるのかご紹介しましょう。

[ad#kiji]

気温5度の差が体に起こす危険性① 脳卒中

脳の病気の脳卒中がありますが、その種類は脳梗塞、くも膜下出血、脳出血に分かれています。

日本では今、脳卒中の約4分の3が脳梗塞です。

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下した状態になります。

酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死してしまった事を脳梗塞と言います。

日本の死因が第4位、寝たきりの病気の1位は脳梗塞なのです。

脳の血管が気温の変化により、血流が流れなかったり詰まったりすると脳卒中になる可能性が高くなるのです。

気温の差が5度以上になった時に血管に支障が出てきて脳卒中になるリスクが上がってきます。

 

脳梗塞とはどのような病気なのでしょうか?

脳梗塞とは脳の一部が動脈硬化によって妨げられている状態を脳血栓と言い、脳の一部に血栓が出来て血流が妨げられている状態を脳梗塞と言います

動脈硬化が脳梗塞の原因になるのですね。

日本では今、脳卒中の約4分の3が脳梗塞で人の脳の血管に血栓ができやすいのです。

気温の変化から脳の血管に支障が出て血管が詰まりやすくなってしまうのです。

脳梗塞とは、脳の血管が正常の5分の1から10分の1くらいに低下した状態ですが、気温の変化によって事態を起こしてしまう原因になるのです。

気温の差で血管が障害が起こり、そのことで酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死してしまい脳梗塞になることもあります。

脳梗塞発症のリスク因子である「かくれ脳梗塞」があると約10.5倍も脳卒中を起こす頻度が高くなることがわかっています。

 脳梗塞の原因には、実はかくれ脳梗塞になっている人も多いのですね。

症状が出たら直ぐにでも処置をしないと治ったとしても大きな後遺症になる程恐ろしい病気です。

それに再発し易い病気でもあります。

脳梗塞にはなりたくないですよね。

脳梗塞は命に関わる病気です。しっかりと予防が出来ることが大事ですね。

例え気温の差で血管が詰まる可能性があったとしても、最初から血液がキレイだとそんな心配もありませんよね、

私は、自分の経験から血液をキレイにするサプリメントは欠かさないで飲んでいます。

血をキレイにする管理には、血液サラサラ効果のある大正製薬さんのDHA・EPAを飲んでいます。

DHA・EPAの血をキレイにする成分が600mgも入っているのが決め手になりました。

他のサプリはDHA・EPAが少ないか、値段が高くて続けられないと思ったからです。

血をキレイにする成分が600mgも入っていて、金額も安かったです。

それて、DHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

大正製薬のDHA・EPAは1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、1000円で購入することができます。

大正製薬のDHA・EPA初回限定1000円はこちらから購入することができます。

1000円なら試しやすいですよね。

気温の差を気を付けながら、健康管理をすることが必要になってきます。

脳卒中である脳梗塞の前兆とは?TIA一過性脳虚血発作とリハビリテーションの重要性

もしかして脳梗塞?症状から分かる脳梗塞のチェック方法FASTとは?のページで詳しく紹介しています。

気温5度の差が体に起こす危険性② 心筋梗塞

冬は動脈硬化によって起こる心筋梗塞の危険性が高まるのです。

それは気温の温度差が原因になることが多いからです。

突然に襲ってくる心筋梗塞にはなりたくないですよね。

時に心筋梗塞は寒い冬場が多いと言われています。

なぜ冬場に心筋梗塞が起こりやすくなるのでしょうか?

高血圧を引き起こす心筋梗塞

冬に心筋梗塞が増えると言うことは、寒さが何らかの影響を及ぼしているということですが、どのように影響をしているのでしょうか?

それは寒さが影響していることよりも、温度差が体に影響しているのです。

住んでいる場所もそうですが、室内と外の温度も随分違いがあります。

気温が低下すると、身体は血管を収縮させて体温を維持しようとして、収縮した血管は狭窄しやすい細さになります。

その為に、血行不全を起こして、血流を維持する為に血圧が上昇してしまう為、冬場は高血圧になってしまい心筋梗塞を発症してしまうのです。

12月・1月・3月の寒い時期に心筋梗塞の人が増えるという報告が出ているのです。

心筋梗塞は気温の温度差が原因になるので、冬場に多発する病気なんですね。

ここでは特に5度の温度差がある場合は特に気を付けて下さい。

気温の差がある場所での注意と朝晩の気温の差も気を付けないといけません。

ついつい暑いと急激に温度を下げてしまうけど怖いんですね。

体のケアの簡単な物でも取り入れるのも良いですね。

このように気温の温度差によって血流が悪くなって脳梗塞や心筋梗塞になってしまうのです。

血流の流れが悪くなると様々な病気になってしまいますので、注意が必要です。

次に気温の温度差による死亡率やどんな場所で発症しているかのご紹介をします。

 

ヒートショックとは?

ヒートショックとは、急激な温度変化により身体がダメージを受ける状態を言います。

寒暖の差により上下に大きな血圧変動が起こり、血管や心臓に負担が急激にかかってしまいます。

心筋梗塞や脳梗塞、不整脈を起こす要因になっているのがヒートショックです。

冬になるとヒートショックが多発し失神して浴槽内で溺れてしまい亡くなる入浴中の急死の原因にもなります。

東京都健康長寿医療センターの研究によると、2011年の1年間で、「ヒートショックに関連した入浴中の急死」と推計されるのは約17,000人であると言われています。

ヒートショックに関連した入浴中の急死うち高齢者の方が約14,000人とも言われています。

この数字を聞いたら高齢者のいる家庭は切実ですよね。

特にトイレや風呂といった室内の温度差が出るところが最も多いのが特徴です。

寒い冬は室内ごとの寒暖差が大きく、同じ家の中でも20度近くもの温度差になることがあります。

この室温の差が身体に影響するため、身体は体内の熱を奪われないように血管が縮み、その結果血圧が上昇し高血圧になってしまうのです。

風呂場では特にヒートショックが起こりやすく環境といえるのです。

毎年沢山の方がヒートショックが原因で亡くなっています。

自分は大丈夫と思っていてもいつ何時ヒートショックになるかわかりません。

出来る限りの工夫をして備えてましょう。

ヒートショックなりやすい人は

ヒートショックの影響を受けやすいのは高齢者が最も多いのです。

このヒートショックは、 高齢者の突然死の原因として頻度で起こっているのです。

高齢者だけではなく病気を持った方も要注意なのです。

誰もが気を付けなければいけないのがヒートショックなんですね。

ヒートショックなりやすい人① 高齢者

65歳以上の高齢者は老化により血管がもろくなっていることが大きな要因になっています。

血圧の上幅が大き昇くなることは、脳卒中などの脳出血やくも膜下出血などの原因になります。

一般にはお風呂に入る順番は高齢者の人には良く温まった状態で入ってもらうのもヒートショックを避けるためです。

入浴中に起こる事故の件数は男性・女性共に多く、死亡に至ってしまうのは女性の方が多くなっています。

これは、皮下脂肪な どの脂肪量が多い女性の方が多いために、体温調節がうまくいかなくなってしまってるのが原因ではないかと言われています。

いずれにしても浴槽との温度差が大きくなっている風呂場は高齢者に取って最も危険な場所と言えますよね。

ヒートショックは、高齢者の人が家で死亡する原因の4分の1も占めているのです。

高齢者の方で

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 動脈硬化

の持病がある方は、さらにヒートショックのリスクがもっと高まるので十分な注意が必要です。

ヒートショックなりやすい人② 高血圧

血圧は急激な温度差に影響されます。

例えば、暖房のきいた部屋から寒い戸外や風呂場の脱衣場などに移動する時などは、血圧が急に上がってしまいます。

そのことが原因で脳卒中や心筋梗塞を起こす危可能性が高くなってしまうのです。

また、温度差によって血管に負担がきてしまい、血管がもろくなって脳卒中や心筋梗塞になってしまう可能性も出てきます。

高血圧にならない為にも急激な温度差には気を付けて下さいね。

高血圧は普段から予防が必要になってきます。

高血圧から病気になるケースも沢山あるのです。

自分が高血圧かどうかも知らない人におススメな血圧計は

私も病気になってから、この血圧計で健康管理をしています。

もっと値段の高い物もありますが、この血圧計で十分ですよ。

健康管理の為に家に一台欲しいですよね。

高血圧の予防

血圧を下げる成分を調べてみました。

血圧を下げる効果が期待できる成分

  • ミネラル
  • アリシン
  • オレウロペイン
  • タウリン
  • リグニン
  • 酢酸
  • DHA・EPA
  • ペプチド

この8つの成分が、血圧を下げる成分のようですね。

因みに私が高血圧を改善するために飲んでいるサプリは、エイザイ製薬さんのヘルケアですが、飲んでからは血圧も落ち着いています。

自分に合ったサプリを見つけることで、高血圧の予防・改善ができるようになりますよ。

エイザイ製薬さんのヘルアケの公式ページはこちらから購入できます。

高血圧の詳しい説明は

高血圧は脳梗塞の危険要因!血圧が高くなる原因を徹底解明!!

《高血圧》治療の方法 血圧を改善させる基本の3つのことは? のページで詳しく紹介していますので参考にして下さいね。

ヒートショックなりやすい人③ 肥満

肥満の人は高血圧の人が大半です。

高血圧がヒートショックになりやすいことは説明しましたが、肥満を予防するだけでも高血圧が予防できるのです。

肥満は運動だけでなく、食事療法も一緒に行うことが効果的な肥満予防と言えます。

肥満の予防

肥満の人に共通しているのが糖質の摂りすぎです。

糖質を制限するだけでも可なり肥満予防になります。

食事制限が基本になりますが、なかなか食事療法が難しい方には

食事療法と一緒に「糖質スリム」を活用して余分な糖を減らしてくれる「糖質スリム」がおススメです。

食事制限だけで自身の無い人には、特に糖質をカットしてくれるサプリメントが良いと思います。

「糖質スリム」の公式ページはこちらから入れます。

肥満の詳しい説明は

 肥満が治れば全てが変わる!病気と肥満の関係とは?

バランスの取れた食事 糖質制限で痩せた! 【私の体験談】のページで詳しく紹介していますので参考にして下さいね。

ヒートショックなりやすい人④ 糖尿病

糖尿病になる原因としては、食事や運動などの生活習慣が関係していて、日本の糖尿病者の95%がこのタイプの糖尿病に当てはまります。

糖尿病の症状は痛みが無いので本人の自覚症状が無いのでついつい治療が必要といわれていても治療を受けない人が多いそううです。

確かに痛みが無かったり体に特別な事が起こらなければ病院から遠ざかってしまいますよね。

糖尿病には種類がありますが、糖尿病患者の約95%が生活習慣や食生活、運動不足が関係しているのです。

糖尿病の予防

健康的な生活をする事が糖尿病の予防に繋がるのです。

糖尿病の治療方法の順番は、生活習慣の改善である食事療法と運動療法からはじめていきます。

食事と運動で可なりの改善がみられますので、糖尿病の予防はしやすいですよね。

糖尿病も糖を摂りすぎるといけないので、肥満防止にお伝えしたように

食事療法と一緒に「糖質スリム」を活用して余分な糖を減らしてくれる「糖質スリム」がおススメです。

食事制限だけで自身の無い人には、特に糖質をカットしてくれるサプリメントが良いと思います。

「糖質スリム」の公式ページはこちらから入れます。

良く飲み方を守って低糖質にならないように注意しましょう。

病気や年齢でヒートショックが起こりやすい人は分かりましたが、病気でなくても日常のチョットしたことでヒートショックになる場合があるのです。

肥満の詳しい説明は

(糖尿病の原因) 体験したからこそ分かる 理由は生活習慣が95%だった☆

脳梗塞と糖尿病の関係は?脳梗塞の危険因子が通常の3倍あった!のページで詳しく紹介していますので参考にして下さいね。

ヒートショックなりやすい人⑤ 熱いお風呂が好き

一般的にお風呂の適温は40℃と言われています。

熱いお湯につかると、血圧は急激に上昇し、しばらくすると上昇した血圧は急降下を始めるのです。

わずか数分間の間に血圧が上昇し急降下をするのことがヒートショックを起こす原因になります。

急降下した血圧は下がりすぎて意識障害を起こす可能性があるのです。

 

特に寒い時期のお風呂では、寒い状態から湯船につかることで体は温熱刺激で血圧が上昇するので注意が必要です

 ヒートショックなりやすい人⑥ お酒の飲みすぎ

お酒を飲むと眠たくなることがありますよね。

お風呂で眠たくなって意識障害を起こしてしまいヒートショックになる人も多いのです。

血圧が急降下するスピードが秒単位でも、このような意識障害を起こす恐れがあります。

お酒を飲んでお風呂に入ることは非常に危ないことと言えるのです。

家の中で出来る温度5度差にならない工夫は?

家の中で温度差がある場所はどこでしょう?

それは、トイレ・風呂といったところでしょうか?

トイレと風呂は誰しも使う場所なので温度差が出ない工夫が櫃世になってきます。

トイレに温度差が出ない工夫は?

トイレに小型のストーブを置くようにしてはいかがでしょうか

各部屋に暖房があっても、脱衣所やトイレにはない家は多いと思います。

トイレにミニのストーブがあれば随分温度差も軽減できると思います。

このようなストーブでヒートショックを軽減してください。

私も冬のヒートショックが怖かったのですが、部屋を暖める工夫が出来て安心ですよ。

持ち運びやすいミニサイズのストーブや温風器を置いておくと良いと思います。

脱衣室に温度差が出ない工夫は?

脱衣室に関しては、トイレと同様にストーブを置くのが良いと思います。

などの人が居ないときには消えるストーブも出ていますので経済的ですよね。

浴室に温度差が出ない工夫は?

事前に浴室をシャワーで温めておくのはいかがでしょうか?

シャワーの温度で浴室全体の温度が上がってきます。

そうすることで随分と温度差が軽減できます。
asako01.png” name=””] 私の家では特にお風呂が一番温度差がありますね。 お風呂で倒れる人が良くいると聞くので怖いです。[/speech_bubble]

お風呂場を温めておくもの見つけました。色々と工夫して自分の体を守って下さい。

ためしてガッテン流の安全入浴法

以前NHKのためしてガッテンで安全な入浴方法が紹介されました。

  • 浴槽に40℃でお湯を溜める
  • その後に43℃に設定したシャワーで3分間お湯を入れる。

やることはこれだけです。

シャワーでお湯を入れることによって、浴室内が温まります。

湿度も増すのでお風呂に入るときに浴室内がひんやりとしないので、お湯の温度が高くなくても満足できるということです。

このような工夫でお風呂が安全な空間になるのですね。

冷房が効いている部屋が効いている部屋の温度差は10度以上も温度が違うという場合も結構あったりもします。

温度差が10度近くになる場合は、特に季節の変わり目には頻繁に起きます。

これらの急激な温度変化が、発作爆発の引き金になったりもします。

ちょっとした工夫でヒートショックを予防できますので参考にして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です