【脳梗塞の後遺症】介護保険を利用して費用を安くする 知って得する情報!

家族が脳梗塞になって介護が必要になった時に考えるのは金銭的な事が心配ですね。

後遺症の治療は時間を掛けて進めて行くので、どれだけの時間がかかるか分かりません。

上手に国の補助金を使って少しでも金銭的な負担を減らしたいですね。

介護をするのに、介護保険の制度があります。

今から介護保険について説明していきますね。

目次

介護保険ってなに?

介護保険は私達が40歳を超えると義務的に介護保険料という保険に入り保険料を支払っています。

その保険料を使って介護や支援サービスを受ける事が出来ます

介護保険は介護が必要な人が、介護サービスを受けられるようにするのが目的です。

介護が必要な要介護者が、サービスを受けることで、本人もその家族の負担を軽減させるものでもあります。
この様なサービスを知らずに苦労している家族もいるのではないでしょうか。

介護サービスを受けることになった場合の申し込み方法や利用料はとても複雑になっています。

介護保険の基礎知識を知っておけば、より具体的に介護保険制度を利用出来ますよね。

では、どんな人が介護保険を利用出来るのでしょか?

支援サービスを利用出来る人とは?

介護が必要な人は「要介護認定」を受けなければなりません。

要介護認定とは、介護が必要な人に対して、どのくらい介護サービスを行う必要があるか判断するものです。

障害に応じて要介護にランクが付きます。

要介護認定では7段階のランクづけを行います。

その7段階のランクとはどんな基準はあるのでしょうか?

要介護の7つのランク付けとは?

要介護の7段階とは、

  • 要支援1
  • 要支援2
  • 要介護1
  • 要介護2
  • 要介護3
  • 要介護4
  • 要介護5

という7つランク付けになっています。

要支援1、2・・・生活機能が低下して、その改善の可能性が高いと見込まれる状態。
要介護1~5・・・現在、介護サービスが必要であるという状態です。

こんなふうにランク分けするんですね。

では具体的な補助の金額は、どのぐらいでしょうか?

介護保険の支給される金額は?

介護のは沢山のサービスがあります。

  • 訪問介護訪問
  • 入浴介護
  • 訪問看護
  • 訪問リハビリテーション
  • 居宅療養管理指導
  • デイサービス
  • 通所リハビリテーション
  • 短期入所生活介護
  • 福祉用具貸与
  • 特定施設入所者生活介護

この様にさまざまなサービスが受けられます。

こんなにサービスを受けれるんですね。

介護保険を受けられるのは、本人の介護の状態によって限度基準額があります。

その限度基準額はどんな決まりがあるのでしょうか?

居宅介護サービス費・介護予防サービス費の限度基準額とは?

サービスを受けるのに基準があります。

基準の金額の事を「支給限度額基準額」と呼ばれています。

1点が10円に相当します。

その支給限度額基準額を分かり易く説明していきますね。

[ad#kiji]

支給限度額基準額は?

支給限度額基準額は、1点が10円に相当しますが、介護の必要な状況に応じて金額が決定されます。

  • 要支援1
  • 要支援2
  • 要介護1
  • 要介護2
  • 要介護3
  • 要介護4
  • 要介護5

という7つランクによって分けられています。

では、要介護の具体的な金額について説明していきますね。

脳梗塞の要介護その① 要支援1

日常生活の排泄や食事は、ほぼ自分で出来るが身の回りの介助が必要で改善の可能性がある状態。

限度額(月額):5,003点
1ヶ月あたりの利用限度額:50,030円

脳梗塞の要介護その② 要支援2

身の回りの世話が必要な状態で複雑な動作に介護が必要で改善の可能性がある状態。

限度額(月額):10,473点
1ヶ月あたりの利用限度額:104,730円

脳梗塞の要介護その③ 要介護1

身の回りの世話が必要な状態で複雑な動作に介護が必要で、問題行動や理解力の低下が見られる状態。

限度額(月額):16,692点
1ヶ月あたりの利用限度額:166,920円

脳梗塞の要介護その④ 要介護2

身の回りの世話が必要な状態で複雑な動作に介護が必要で、移動するときに支えが必要。

問題行動や理解力の低下が見られる。

限度額(月額):19,616点
1ヶ月あたりの利用限度額:196,160円

脳梗塞の要介護その⑤ 要介護3

身の回りの世話が必要な状態で複雑な動作に介護が必要。

問題行動や理解力の低下が見られる状態で移動するときに支えが必要で排出が自分で出来ない状態。

限度額(月額):26,931点
1ヶ月あたりの利用限度額:269,310円

脳梗塞の要介護その⑥ 要介護4

身の回りの世話が必要な状態で複雑な動作に介護が必要で、多くの問題行動や理解力の低下が見られる状態。

移動する事は一人で出来ず排出が自分で出来ない状態。

限度額(月額):30,806点

1ヶ月あたりの利用限度額:308,060円

脳梗塞の要介護その⑦ 要介護5

身の回りの動作、移動、排泄、食事のほとんどが出来い状態。

多くの問題行動や理解力の低下が見られる。
限度額(月額):36,065点
1ヶ月あたりの利用限度額:360,650円

こんなに多くの分類されてるんですね。

脳梗塞のリハビリは【脳梗塞の後遺症】リハビリテーション病院の治療スタッフで回復度が決まる! 病院選びはこれ!のページで紹介しています。

介護保険を使えるのは年齢は関係あるの?

保険は介護が必要になった高齢者のための保険です。

基本的には65歳以上の高齢者が使うように設定されています。
基本は65歳以上になっていますが、64歳以下の方であっても特定疾病として定められている人も介護保険を使えます。

40~64歳の特定疾病の人ってどんな人なんでしょうか?

40~64歳でも介護保険が使える、特定疾病の種類って?

要介護認定を受けるには、40~64歳で特定疾病が原因で日常生活の自立が困難になった人です。
要介護・要支援状態が6ヶ月以上にわたって続くことが予想される場合とされています。

若い人でも介護保険を使えるんですね。

では、特定疾病とはどんな状態の人なのでしょうか?

特定疾病の種類とは?

特定疾病の種類の16の病状

  1. がん(がん末期)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  4. 後縦靱帯骨化症. 骨折を伴う骨粗鬆症
  5. 初老期における認知症(アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体病等)
  6. 進行性核上性麻痺
  7. 大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)
  8. 脊髄小脳変性症.
  9. 脊柱管狭窄症.
  10. 早老症(ウェルナー症候群等)
  11. 多系統萎縮症.
  12. 糖尿病性神経障害糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症.
  13. 脳血管疾患(脳出血、脳梗塞等)
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎)
  16.  両側の膝関節又は股関節の著しい変形を伴う変形性関節症

この状況がある場合は介護保険の適用になります。

糖尿病の情報は《糖尿病》原因 症状 治療 の全て☆のページを参考にして下さいね。

介護には目に見えないお金が必要になります。

それと家族にとっても一緒に介護してくれる人がいれば心強いと思います。

上手に介護保険を使って少しでも負担を減らしましょう。

入院中の費用は高額医療費って知ってる?脳梗塞の治療費を安くする方法のページを参考にして下さいね。

介護の在宅サービスとは、自宅を訪問してくれる介護サービスのことです。

病院や施設での介護ではなく、介護を自宅で必要としている人の為にあるサービスです。

介護サービスは大きく分けると2種類からなっています。
  • ヘルパーによる訪問介護サービス
  • 看護士などによる訪問看護サービス

訪問介護が始まると生活がスムーズになり本人も家族も助かります。

家族の力だけではどうしようも無い事も多いので助かりますね。
必要なサービスの内容を決めるのは?

訪問介護の種類を選ぶのは、基本はケアマネージャーが相談役となり、2種類の介護サービスを計画的に使い分けていくことになります。

ケアマネージャーに悩んでいる事は相談したらいいんですね。

訪問介護サービス、看護士などによる訪問看護サービスとは具体的にどんなサービスなんでしょうか?

では、訪問介護サービス、看護士などによる訪問看護サービスについて詳しく説明していきますね。

 

ヘルパーと介護士の違いは?

ヘルパーとは、老衰や心身の障害などの理由により、日常生活に支障のある高齢者や障害者の家庭をまわりのお世話をしる仕事をしている人です。

主に家事サービスや身体の介護を提供する人のことを言います。

資格をもってなくても介護職員やヘルパーさんなどと呼ばれます。

介護福祉士は社会福祉専門職の介護に関する国家資格を持っている人のことを介護福祉士と言います。

介護福祉士は別名「ケアワーカー」とも呼ばれ、現場の責任者になったり介護者に対して介護の指導を行うこともできます。

介護福祉士は介護の道のプロ言えるのですね。

このようにヘルパーと介護福祉士の違いは、国家資格を持っているか、いないかは大きな違いといえるでしょう。

また、雇用・待遇の違いも出てきます。

介護福祉士 資格取得者は就職先を幅広く選択できるのと同時に、正社員として事業所や施設から雇用されます。

その点、ヘルパーの方のほとんどがパート社員であることが多いのが現状です。

介護福祉士は国家資格をもっているので、仕事領域の範囲が広いことも理由の一つです。

ヘルパーと介護福祉士の人が同じような仕事をしたとしても、随分収入に違いが出来るのも現状です。

それは、国家資格の資格手当として給料の差がつくのです。

このように、さまざまな面でヘルパーよりも介護福祉士 資格取得者のほうが優遇されているのが現状です。

ヘルパーによる訪問介護サービスとは?

ヘルパーは、正式名は訪問介護員と呼ばれています。

ヘルパーは契約をした被介護者の自宅を訪問して身体介護や生活援助を行ってくれます。

ヘルパーの主な仕事内容とは

ホームヘルパーの具体的な業務内容は、大きく分けられます。

  • 「身体介護」
  • 「生活援助」

このの2種類に分けることができます。

先ず身体介護と生活援助の具体的な仕事内容について詳しく紹介していきます。

ヘルパーの仕事である身体介護とは

利用者が日常生活面で困難な状態になったり、人の手を借りないとできないことなどの援助をしていきます。

日常の生活と言っても本当に沢山のあります。

普段の生活が出来なくなることは本人にとっても家族にとっても精神的に参りますよね。

しっかりリハビリや介護をしてもらうことで今後の人生をより良く変えていく必要があります。

運動障害のリハビリは、専用のシューズがあるので必ずリハビリ用のシューズを使って下さい。

【公式】世界初!ひざのトラブルを予防する靴。アサヒメディカルウォーク【アサヒシューズ】

このシューズは自分に合わせて、しっかりとケアしてくれますし、ひざや足に負担が掛からない構造になっています。

足に負担をかけないことで少しでもリハビリの効果も上がり、何よりも本人が楽になります。

【公式】世界初!予防する靴。アサヒメディカルウォークの公式ページはこちら

脳梗塞になったらリハビリは欠かせなくなります。

ひょいな事から、躓いたりケガの原因にもなりますので、リハビリシューズを準備して下さいね。

そんな時にヘルパーさんがいてくれると本当に助かるのです。

では、身体介護について詳しい説明していきますね。

[ad#kiji]

身体介護① トイレ

トイレの誘導から始まります。

トイレに行く習慣をつけないといけません。

  • 排泄の介助
  • 下半身の洗浄や清拭
  • おむつ交換排泄物の処理
  • トイレ掃除

トイレのお世話でもこれだけのことの仕事があるのです。

身体介護② 食事介助

食事を調理することもそうですが、食事を摂る際の補助をします。

嚥下困難な人には食べやすい流動食などを用意し細心での心配りが必要になってきます。

そして食事を食べる前の手洗い、うがいなどの仕事もあります。

食事を食べる前から食べた後のことも全て行います。

身体介護③ 着替え

着替えの手伝いをします。

一からすべておこなうこともありますが、本人が出来るようなら援助のみを暗闘します担当します。

  • 下着交換
  • パジャマ交換
  • 外出する際の服装の交換

着替えに関する全てのことを援助します。

身体介護④ 入浴介助

洋服の着替えは勿論のこと、入浴補助を行います。

洗髪や体を洗うこともして、介護者の負担を軽減していきます。

お風呂に入るのは、介護を必要とする人にとって大変なことなので、ヘルパーさんがいてくれると助かりますよね!

身体介護⑤ 身だしなみの介助

自分で行いにくい身だしなみのケアです。

  • 洗顔
  • 歯磨き
  • 爪切り
  • 髪の手入れ
  • 髭剃り

他にも身だしなみで必要なことは全部おこないます。

身体介護⑥ 服薬の介助

本人や家族と一緒に管理するのですが、投薬を確認をして、服薬の管理をします。

また、飲み忘れがないかもチェックしていきます。

本当は自分で出来るのが良いですが、へルパーさんが薬の管理を手伝ってくれるなら助かりますよね。

薬の量を間違ったり、飲み忘れたりすると大変なことになるケースもありますので、利用者にとっては有難いと思います。

身体介護⑦ 体位変換

寝たきりの人など、自分で動けない人の為の仕事になります。

寝たっきりの人は「床ずれ」の問題が深刻になってきます。

体を動かしたくても実際に難しい状態になるため、ヘルパーさんが体位を変換します。床ずれなどを予防していきます。

身体介護⑧ 付き添い介助

外出時の付き添い、病院などの送迎、買い物時など全ての付き添い介助を行います。

付き添いは外出することが多いため、外で何かあった時のことも同時に考えなけれがいけません。

安全な方法や緊急の時のことも常に考えて行動していきます。

安全を考える面でも、一般に利用すると便利な事があります。

高齢者が一人になっているケースも多いので家庭でも万が一の為に便利なことがあります。

セコムが24時間365日ご家庭の安全を見守

セコム・マイドクターウォッチというサービスがあります。

セコムが高齢者向けのサービスを始めています。

盗難防止のイメージのあるセコムですが、体に異変があった時の緊急にも出動してくれるサービスもあるのです。

突然倒れてしまっても、セコムが駆けつける!(セコム・マイドクターウォッチ)

突然倒れてしまったときには、セコムに自動通報されます。

ボタンを押すだけでセコムに救急通報できます

 突然意識を失って倒れた場合や、身体の動きを一定時間検出できない場合、セコムに自動で救急通報されます。

いつでも一緒にいてるとは限らないので、そんなシステムがあれば絶対にいいですよ!

セコムが24時間365日ご家庭の安全を見守りの公式ページはこちらです。

資料請求をしていざという時に備えるのはどうでしょうか?

ヘルパーの仕事である生活援助とは

生活をする上で必要な援助をしていきます。

例えば

  • 食事
  • 掃除
  • 洗濯

など、普段生活をするうえで必要なことを援助します。

では、日常の生活援助ですが具体的にどのような仕事をするのでしょうか?

生活援助① 掃除

住居の掃除で、主な場所は

  • トイレ
  • 風呂場
  • キッチン
  • 寝室

などの掃除をします。

掃除を行う場所に関しては、勝手に掃除をすることがなく必要と思ったところを本人に聞いたうえで掃除をおこないます。

日常のゴミ出しもここでの仕事に含まれています。

生活援助②食事の用意

基本的には本人の意思が重要なので、メニュー作りは本人と相談して決めていきます。

当然、決められた食べ物がある場合は、メニューも決められたものになることもあります。

調理以外にも食事の配膳、後片付け、洗い物に至るまで担当していきます。

生活援助② 洗濯

衣類のお世話をしますが、洗濯や後始末、アイロンがけの衣類に関することをしていきます。

衣類の綻びをを縫ったりすることも仕事の一端とされています。

布団のシーツの交換なども行います。

生活援助③ 買い物の代行

本人に頼まれた品物の買い物をします。

代金は利用者から預かるため、必ず買い物のレシートを貰うようにしましょう。

お金のやり取りがあるので注意深くすることも必要になってきます。

買い出しの代行で病院での薬の受け取り代行などの援助をします。

このように身体援助や生活援助をおこなうことが一番の仕事ですが、時には相談・助言を行うこともあります。

身体介護と生活援助は、単独もしくは組み合わせで提供されますが、それぞれ時間の制限があります。

ホームヘルパーが助言するためには、日頃からコミュニケーションを大切にして信頼関係を築いておくことが必要ですね。

看護士などによる訪問看護サービスとは?

訪問看護サービスを行う事が出来るのは専門家の人達が行います。

  • 看護師
  • 保健師
  • 助産師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士

これらの医療の専門家の人達が利用者の自宅を訪問して、医師の指示の元に援助してもらえるサービスです。

看護士などによる訪問看護サービスの具体的な内容は?

看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門家が担当するのですが、訪問看護サービスの具体的な内容はどんな内容なのでしょうか?

訪問看護サービスの内容は?

  • 健康状態の観察
  • 健康状態の助言
  • 各種検査
  • 看護
  • 療養環境を改善するためのアドバイス
  • 在宅リハビリテーション
  • 介護者の相談
  • 精神的な看護
  • 心理的な看護

このような様々なサービスがうけられます。

専門家の人達がどの様な指導をしているのかは【脳梗塞の後遺症】リハビリテーション病院の治療スタッフで回復度が決まる! 病院選びはこれ!のページで紹介しています。

沢山の介護のサービスを受けれるので有り難いですよね。

訪問介護サービスを利用する時の注意点

訪問介護は自宅で日常生活をスムーズに送れる為に生活のサポートをしてくれるサービスです。

介護保険内で受けれないサービスも含まれています。

その為ケアマネージャーや地域包括支援センターの保健師に相談するのが良いと思います。

訪問介護の対象外になるものの内訳を紹介していきますね。

訪問介護サービスを受けられない事柄

サービスと言っても色々とあるのですが、ここでは主な事柄の紹介をします。

対象外になるのは?

  • 留守番
  • ペットの世話
  • 貴重品の取扱い
  • 来客の接待
  • 車の洗車や清掃
  • 花木の手入れ
  • 家具や電気の移動
  • 利用者以外の世話
  • 医行為

この様に本人に関わる介護以外は対象外になります。

対象外と分かっていても、ついつい頼んでしまいそうな内容もありますね。
ヘルパーはお手伝いさんではありません。

ヘルパーとトラブルを避ける為にも、対象外の問題はきちんと把握しておくことが大切ですね。

サービスの種類別料金、およびその他料金については、市区町村や事業者によって異なるたってきます。

自己負担額の割合が1割の場合の費用を記載していますが、一定以上の所得のある「第1号被保険者」は、自己負担額の割合が2割となります。

病院においての専門の先生のことについては

脳梗塞の後遺症】リハビリテーション病院の治療スタッフで回復度が決まる! 病院選びはこれ!

【脳梗塞の後遺症】リハビリテーションの入院期間のルールがあるって知ってた?

のページで詳しく紹介していますので参考にして下さい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

脳梗塞についてさまざまな記事を書いています。

脳梗塞の症状や後遺症など私が経験した全てのこと【保存版】

脳梗塞の情報をまとめた目次のようなページです。

脳梗塞で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です