《脳梗塞》脳梗塞の原因になる危険因子とは?

脳梗塞は突然なる病気です。

脳梗塞の原因は身近な所に潜んでいます。いつ自分も脳梗塞になるか分からないのです。

脳梗塞は命に関わる病気で後遺症にもなり易いです。

生活習慣を見直す事で脳梗塞の予防が出来るならしっかりと脳梗塞の予防をしたいですよね。

脳梗塞の大きな発作の前に小さな発作があることを、一過性虚血発作と言いTIAとも言います。

この一過性虚血発作の中には、沢山の症状があります。

舌や手足のしびれがあるのも脳梗塞の症状一部です。

日常に起こる症状と脳梗塞の症状にも違いがあります。

脳梗塞になる原因が分かれば、事前に防げますよね。

では、脳梗塞とはどんな病気か説明していきましょう。

脳梗塞とはどんな病気?

脳梗塞とは脳の一部が動脈硬化によって妨げられている状態を脳血栓と言い、脳の一部に血栓が出来て血流が妨げられている状態を脳梗塞と言います

動脈硬化が脳梗塞の原因になるのですね。

日本では今、脳卒中の約4分の3が脳梗塞です

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下した状態になります。

酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死してしまった事を脳梗塞と言います。

脳梗塞の原因は脳に酸素や栄養が行き届かない事も脳梗塞の原因に1つなのです。

脳梗塞発症のリスク因子である「かくれ脳梗塞」があると約10.5倍も脳卒中を起こす頻度が高くなることがわかっています。

脳梗塞の原因には、実はかくれ脳梗塞になっている人も多いのですね。

症状が出たら直ぐにでも処置をしないと治ったとしても大きな後遺症になる程恐ろしい病気です。

それに再発し易い病気でもあります。

では、脳梗塞の原因の具体的な事とはどんな事があるのでしょうか?

脳梗塞の原因とは?

脳梗塞とは、脳の血管が何らかの原因で細くなったり、血のかたまりが詰まる事で起こりますが、どの様な事が原因で脳梗塞になるのでしょうか?

脳梗塞の原因は大きく3つに分けられます。

では、脳梗塞に原因について説明していきましょう。

脳梗塞の原因その① 血栓性

血栓性は動脈硬化によって血管の内壁が狭くなり、最終的には血栓が出来て脳梗塞になります。

この手の脳梗塞は自覚症状が少なく一過性脳虚血発作が見られる場合もあります。

自覚症状がないのが怖いですね。

脳梗塞の原因その② 塞栓性

血栓が血管を閉塞させて血流を止めてしまう状態の事を言います。

突発的に起きることが多く、太い脳血管が詰まって重症になる場合もあります。

心臓の不整脈の人は血栓ができやすいため、塞栓性の脳梗塞になり易いと言われています。

脳梗塞は発症して一刻も早く治療をする事が大切なので突発的に起こるのは辛いですよね。

脳梗塞の原因その② 血行力学性

脳の主幹動脈に狭窄や閉塞があり、血流が急激に悪くなっているときに起こります。

  • 血圧低下
  • 脱水症状
  • 貧血

などが症状があると血流が急激に減少し、脳梗塞になるのです。

  • 脳梗塞の原因はなるべく予防しておきたいですよね。

脳梗塞の原因になる危険要因について説明していきましょう。

脳梗塞の原因になる危険要因とは?

脳梗塞になり易い人は

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 心房細動

などの病気を持っている場合にリスクが高まります。

日頃の生活習慣によって脳梗塞のリスクが高まるのです。

では今から脳梗塞の原因である危険要因について説明していきましょう。

 

脳梗塞の原因の危険要因その① 高血圧

高血圧は、心臓に過度な負担をかけてしまい心肥大となってしまうこともあるのです。

その為に血管は弾力性を失って硬化していくと血管で動脈硬化が起こります

動脈硬化になると脳梗塞などの病気を引き起こします。

高血圧は脳梗塞の原因としては一番の要因になります。

私も一度、高血圧が要因で脳梗塞になっているので、食事療法が一番大事と病院で指導を受けています。

それでもなかなか食事療法を続けられないのが現実なのです。

今は、脳梗塞が再発予防に血をサラサラにするお値段も続けやすいファイン オメガEPA 150粒のサプリメント

脳梗塞の原因の高血圧の予防のエイザイ製薬さんのヘルケアも欠かさずに飲んでいます。

確かヘルケアは500円のお試しがあると思います。

食事療法に自信がない方には是非おススメします。

私もお陰様で血圧も安定してきています。

脳梗塞の原因の危険要因その② 動脈硬化

コレステロールが増えて、動脈硬化になった血管は血液の流れが悪くなります。

脳梗塞は、脳の血管が詰まる事で酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死して起こる病気です。

その事から動脈硬化は、血栓が出来て血管に詰まりやすいので脳梗塞になるのです。

動脈硬化は最も脳梗塞の原因である危険因子を持っていると言えますね。

動脈硬化症とは動脈がかたくなることです。
動脈がかたくなると、血管に支障が出来て血液をうまく送り出せず、心臓に負担をかけてしまいます。

動脈がかたくなると血管の内側がもろくなって粥腫ができ、血管の中がせまくなったり、詰まったり、粥腫がはがれて細い血管を詰まらせたりします。

動脈硬化が起こると体の至る所に支障がきます

脳梗塞の原因の危険要因その③ 肥満

肥満は生活習慣病の一つですが、その事がきっかけで脳梗塞や糖尿病を始めとする様々な病気になってしまいます。

肥満は様々な病気の元になんですね。

肥満から起こる高血圧も脳梗塞の原因になります。肥満だから高血圧になり、大きい病気に発展してしまうのです。

肥満になると、メタボリックシンドローム、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)などの合併症が多くみられます。

脳梗塞の原因の危険要因その④ 糖尿病

糖尿病の人は一般の人に比べると脳梗塞になる可能性が高いと言われています。

なぜ脳梗塞に、なり易いのでしょうか?

それは糖尿病の合併症に問題があるのです。

糖尿病の合併症とは?

糖尿病が悪化すると身体のさまざまな合併症が現れてきます。

糖尿病の合併症の中に動脈硬化があるのです。

動脈硬化になると脳梗塞のリスクが高くなります。

動脈硬化の症状・原因・予防について?ページで動脈硬化については説明しています。

脳梗塞の発症の原因は3つの種類がある

脳梗塞の発症の原因によって3種類に分けられます。

脳梗塞は血栓が出来て血管が詰まる病気ですが、血栓が出来る原因があります。

アテローム血栓性脳梗塞・ラクナ梗塞・心原性脳梗塞の3種類からなります。

では今から脳梗塞になる原因について説明していきましょう。

脳梗塞の原因の種類その① アテローム血栓性脳梗塞

脳の太い血管にコレステロールの塊ができて、コレステロールが血管を傷つけます。

それを治す為に血小板が集まり血栓ができ脳梗塞が出来る症状です。

この事が脳梗塞の原因となります。

脳梗塞の原因の種類その② ラクナ梗塞

高血圧が原因で脳の細い血管が詰まって動脈硬化が起こります。

動脈硬化が起こって出来た脳梗塞をラクナ梗塞と言います。

この事が脳梗塞の原因となります。

脳梗塞の原因の種類その③ 心原性脳梗塞

心臓にできた血栓が流れてきて血管をふさぐ事が原因で起こる脳梗塞です。

日本も欧米化によって食生活が乱れています。

その為にアテローム血栓性脳梗塞や心原性脳塞栓症が増えてきています。

この事が脳梗塞の原因となります。

日本の脳梗塞の割合は?

日本の脳梗塞の割合は?

  • アテローム血栓性脳梗塞・・・33・3%
  • ラクナ梗塞・・・38・8%
  • 心原性脳塞栓症・・・21・8%

以前はラクナ梗塞が一番多かったのが、食の欧米化や高齢化による心房細動の増加によりアテローム血栓性脳梗塞と心原性脳塞栓症が増えて来ました。

色々な事が脳梗塞の原因となるのですね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

脳梗塞についてさまざまな記事を書いています。

脳梗塞の症状や後遺症など私が経験した全てのこと【保存版】

脳梗塞の情報をまとめた目次のようなページです。

脳梗塞で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です