【脳梗塞】食生活の乱れはアテローム血栓性脳梗塞になる危険大!

日本では今、脳卒中の約4分の3が脳梗塞です

最近では食の欧米化が増えアテローム血栓性脳梗塞が増加しています。

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下した状態になります。

酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死してしまった事を脳梗塞と言います。

脳梗塞発症のリスク因子である「かくれ脳梗塞」があると約10.5倍も脳卒中を起こす頻度が高くなることがわかっています。

脳梗塞の死因も第4位で、寝たきりになるケースは脳梗塞が第1位です。

何とか脳梗塞の予防をしたいですね。

脳梗塞は高血圧が原因で起こる事が多いのでラクナ梗塞が一番多かったのですが、高血圧の意識が高まり減少してきています。

では脳梗塞について説明していきますね。

脳梗塞には3つの種類がある

脳梗塞の発症には症状に合わせて分類されていきます。

脳梗塞の原因によって3種類に分けられます。

ここではアテローム血栓性脳梗塞を中心に紹介していきますが、他の2つについても簡単に紹介しておきましょう!

脳梗塞の種類その① アテローム血栓性脳梗塞

脳の太い血管にコレステロールの塊ができて、コレステロールが血管を傷つけます。

それを治す為に血小板が集まり血栓ができ脳梗塞が出来る症状です。

このアテローム血栓性脳梗塞が生活習慣と深い関係にあると言われています。

脳梗塞の種類その② ラクナ梗塞

高血圧が原因で脳の細い血管が詰まって動脈硬化が起こります。

動脈硬化が起こって出来た脳梗塞をラクナ梗塞と言います。

現在では高血圧の予防を自主的にする人が多くなってきていますので、少しずつ減少していると言われています。

高血圧の予防には、大正製薬のDHA・EPAが一番値段も手頃で効果が出やすいと思います。

インターネット限定のお試し価格1000円で購入できます。

大正製薬のDHA・EPA公式ページから購入できます。

脳梗塞の種類その③ 心原性脳梗塞

心臓にできた血栓が流れてきて血管をふさぐ事が原因で起こる脳梗塞です。

日本も欧米化によって食生活が乱れています。

その為にアテローム血栓性脳梗塞や心原性脳塞栓症が増えてきています。

脳卒中は突然起こる病気でしかも直ぐの対応が必要になる病気です。

一人暮らしや家族が外出をしているなどの様々な環境の中、なかなか直ぐの対応は難しいのが現状です。

そこで私が見つけた嬉しいサービスがあります。

もし突然倒れることがあった時に体制を整えることが必要

私が脳梗塞で退院してから一番心配だったのは、家族が外出をしてしまっている時に脳梗塞の再発があることです。

その時に対策にセコムを使いました。

誰かいるときには助けを呼べますが、誰もいない時の対応に絶対に必要だと思います。

セコムは盗難用のサービスしかしていないと思っていましたが、病気で寝たきりの人の為のサービスもしています。

突然倒れてしまっても、セコムが駆けつける!(セコム・マイドクターウォッチ)です。

セコム・マイドクターウォッチの資料請求はこちら

セコムの資料の中に詳しく紹介せれていますので参考にしてみて下さい!

突然倒れてしまったときには、セコムに自動通報されます。

ボタンを押すだけでセコムに救急通報できます.

突然意識を失って倒れた場合や、身体の動きを一定時間検出できない場合、セコムに自動で救急通報されます。

いつでも一緒にいてるとは限らないので、そんなシステムがあれば絶対にいいですよ!

私も活用しましたが、ぜひ資料を取り寄せて参考にすることをおススメします。

家族も本人も安心できますのでね。

脳梗塞や急を要する病気になった時の対応はスピードが命を分けると言っても過言ではありません。

特に後遺症の残る病気は1分1秒が後の後遺症が重度になるケースが多いです。

ほんの少しの環境を変えることで防げるならぜひ使ってみたいですよね!

大切な家族を守る24時間365日見守るセコム・ホームセキュリティ公式ページの資料請求はこちら

資料だけでも取り寄せるといざという時でも慌てなくて済みます。

本当に本人の立場になったら不安で仕方ないはずです。

私も使用していますが、セコムのセコム・マイドクターウォッチで不安が随分解消されますよ!

では日本の人で脳梗塞になる割合はどのぐらいいてるのでしょうか?

日本の脳梗塞の割合は?

日本の脳梗塞の割合は?

  • アテローム血栓性脳梗塞・・・33・3%
  • ラクナ梗塞・・・38・8%
  • 心原性脳塞栓症・・・21・8%

以前はラクナ梗塞が一番多かったのが、食の欧米化や高齢化による心房細動の増加によりアテローム血栓性脳梗塞と心原性脳塞栓症が増えて来ました。

逆にラクナ梗塞は高血圧の意識が高まり減ってきました。

私は高血圧の薬の副作用に悩んでいたのでサプリメントにしています。

薬を飲まないで食事やサプリなどで高血圧を改善したい!そんな人は、ぜひ参考にしてくださいね。

因みに私が高血圧を改善するために飲んでいるサプリは、大正製薬のDHA・EPAですが、飲んでからは血圧も落ち着いています。

自分に合ったサプリを見つけることで、高血圧の予防・改善ができるようになりますよ。

最低限の健康の予防をする必要があります。

では、アテローム血栓性脳梗塞について説明していきますね。

アテローム血栓性脳梗塞について

脳梗塞は血管が詰まる病気ですが、アテローム血栓性脳梗塞は太い血管が詰まって起こる病気です。

アテローム血栓性脳梗塞は太い血管の動脈硬化が原因でなります。

それは食の欧米化が原因とされているのです。

アテローム血栓性脳梗塞と肥満の関係

肥満が原因で起こる病気は非常にいっぱいあります。

肥満になると血液の流れが悪くなって、それが引き金になって病気になることがあるのです。

体の代謝も悪くなり、なお太りやすい体質になてしまいます。

肥満になるとこんなに障害が起こるのです。

  • 体重の負担による間接の障害
  • 睡眠障害
  • チアノーゼ(皮膚が紫色になる)
  • 右心肥大
  • 右心肥大 等
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 高尿酸血症
  • 心血官障害
  • 脂肪管
  • 心筋梗塞
  • 脳卒中

命に係わる病気も肥満を引き金になってしまうこともあるのです。

肥満になると、なんとこれだけの病気が2倍~5倍も起こりやすくなるんです。

肥満が解消されるだけで病気になる要因が無くなり健康体になるという事です。

糖尿病や高血圧などの合併症のある病気や命に係わる脳疾患の脳梗塞の関係も深いのです。

アテローム血栓性脳梗塞は、太い血管が詰まってしまう病気ですが、その原因はコレステロールすなわち肥満が原因なのです。

肥満予防にも大正製薬のDHA・EPAが効果がありますので予防の為にも良いですよ。

血液中にコレステロールが溜まり、お粥状のこぶの様な物が出来て血管の内管を狭くしてしまいます。

そのお粥の様なこぶの事をプラークと呼びます。

プラークが原因で動脈硬化を引き起こしているのです。

動脈硬化が脳梗塞になるのは何故でしょうか?

脳梗塞になる要素は2つに分けられます。

血栓性の原因の場合

動脈硬化が原因で血管が破裂してしまうと修復の為、血小板が血を固めようとします。

その固まった血液が血栓となるのです。

血管内に血栓が出来ると血の流れが悪くなり脳梗塞の引き金になるのです。

寒栓性の原因の場合

血栓の一部がはがれて、血液にのって流れ出し末端の血液をふさぎます。

大きな血管も詰まらせる危険性があるので早急な処置が必要です。

アテローム血栓性脳梗塞の前兆は?

脳梗塞を発症した人の30%~40%の人はアテローム血栓性脳梗塞の前兆があると言われています。

症状としては

脳梗塞の前兆で起こる症状は?

  • 片側に舌や手足のしびれがある。
  • 歩くことが困難な程のめまいがする。
  • 足がもつれる。
  • お箸・ペンを直ぐに落としてしまう。
  • ものが二重に見える。
  • ろれつがまわらなくなる。

こんな症状があれば脳梗塞の疑いがあります。

脳梗塞の前兆については脳梗塞の前兆 TIA(一過性脳虚血発作)とは?【体験談】のページに詳しく紹介していますので参考にして下さいね。

脳梗塞は早期発見が一番大切になってきます。

脳梗塞の前兆(一過性虚血発作)を知れば、脳梗塞は予防できる!

脳梗塞は、命を落としてしまう可能性がある恐ろしい病気です。また、後遺症が残ってしまうと、これからの人生を大きく左右します。

脳梗塞を発症する前に、約3割の人が前兆を感じていたと言われていますが、実際には殆どの人が、前兆を感じているのではないかと私は思っています。

脳梗塞の前兆は分かりやすい発作から、見落としてしまう様な症状まで様々ですが、脳梗塞を引き起こす前の発作のことを一過性虚血発作(TIA)と呼ばれています。

一般的に知られている脳梗塞の前兆だけでなく、見落としてしまうような小さな症状があることを知っていれば、多くの人が脳梗塞を未然に防ぐことができると思います。

私もしびれが脳梗塞の前兆だと言うことを知っていれば、脳梗塞にならなくて済んだかも知れません。

脳梗塞の前兆にどれだけ早く気付き、適切な判断・処置ができるかが重要になります。

一過性虚血発作が起こったとき、脳では大変なことが起こっている

脳梗塞の前兆と言われる一過性虚血発作が起きた人の約3割が、早ければ2日以内、遅くても6ヶ月以内に脳梗塞を発症すると言われています。

脳梗塞は血栓によって脳の血管が詰まり、その先に血液が流れなくなることで酸素や栄養が不足し、長時間この状態が続くと脳細胞が壊死してしまう病気ですよね。

脳梗塞の前兆と言われている一過性虚血発作も、実は脳梗塞と同じことが起きています。

TIA(一過性脳虚血発作)が一時的な理由

心臓から脳に通じる血管は内頚動脈と椎骨動脈の2つに分かれているのですが、頚動脈の中にアテロ―ルと言うコレステロールが溜まることで血管が狭くなってしまいます。

コレステロールの塊のことをプラークと言いますが、何らかの原因でプラークが壊れてしまい、その修復の為に血小板が血を固める為に集まり血栓を作ります。

その血栓が脳に流れ血管が詰まると脳梗塞になるのですが、血小板には血を固める作用がある反面、溶けやすい性質も持ち合わせています。

もうわかりますよね!うまく血栓が溶ければ一過性虚血発作になり、溶けずに詰まってしまうと脳梗塞になるわけです。

私の経験した前兆のいつも数分で治まっていました。

脳梗塞も一過性虚血発作も、脳の血管の中では同じことが起きているのです。原因は脳の血管に詰まる血栓・・・ということは血栓ができる原因、脳梗塞の根本を知る必要がありそうですね。

脳梗塞の原因、血栓はこうして作られる

突然死のうち75%は、血栓が原因と言われています。

心臓の血管が詰まると心筋梗塞、脳の血管が詰まると脳梗塞になるわけですね。

先程述べたように、血小板が固まると血栓になるのですが、ドロドロ血液は血管が詰まりやすいと言われています。

例え、血管が細くなっていたとしても、サラサラ血液であれば血管を詰まらせることなく、酸素や栄養をしっかり届けることができます。

血液の状態は生活習慣や食生活の鏡と言っても過言ではありません。

・喫煙
・運動不足
・暴飲暴食をする
・野菜不足
・ストレスが多い

このような生活習慣を続けていると、下記のような脳梗塞に直接影響がある病気になってしまいます

・高血圧
・高脂血症
・糖尿病
・肥満

当時の私は、毎日睡眠がとれなくて生活習慣が悪い上に、疲労もどんどん溜まっていた様に思います。

色々なことが要因になっていたと思うのですが、質の良い睡眠が取れていなかったのは本当に大きいことだったと思います。

退院して一番最初にしたことは、寝具を変え、それから嘘のように眠れるようになりました。

健康の為には、睡眠が一番大事だと実感していますし、肥満予防には睡眠が大切と言われています。

大きな病気をしない為に、ストレスの無い睡眠を取れたら最高ですね。

不眠症については

【不眠症】眠れないのは、病気やうつ病・脳梗塞の警告かもしれない!

気になったら直ぐに病院に行って下さいね。

病院の情報は脳梗塞になった時、安心な病院はどこ? 【全国の病院情報】のページに紹介しています。

脳外科の有名な病院

東京女子医科大学病院 東京都新宿区河田町8-1℡03-3353-8111

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 433件・水頭症、脳血管内手術 56件

慶應義塾大学病院 東京都新宿区信濃町35tel03-3353-1211

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 289件・水頭症、脳血管内手術 64件

虎の門病院 東京都港区虎の門2-2-2℡03-3588-1111
脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 276件・水頭症、脳血管内手術 82件
日本大学医学部付属
板橋病院
東京都板橋区大谷口上町30-1℡03-3972-8111
脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 251件・水頭症、脳血管内手術 44件
日本医科大学付属病院 東京都文京区千駄木1-1-5℡03-3822-2131
脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 225件・水頭症、脳血管内手術 35件
NTT東日本関東病院 東京都品川区東五反田5-9-22℡03-3448-6111
脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 207件・水頭症、脳血管内手術 93件
東京大学医学部付属病院 東京都文京区本郷7-3-1℡03-3815-5411

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 187件・水頭症、脳血管内手術 43件

中村記念病院 北海道札幌市中央区南1条西14丁目℡011-231-8555

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 236件。水頭症、脳血管内手術 70件

旭川赤十字病院 北海道旭川市曙一条1-1-1℡0166-22-8111

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 233件、水頭症、脳血管内手術 57件

聖麗メモリアル病院 茨城県日立市茂宮町841℡0294-52-8500

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 230件、水頭症、脳血管内手術 230件

熊本大学医学部付属病院  熊本県熊本市本荘1-1-1℡096-344-2111

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 225件、水頭症、脳血管内手術 42件

市立四日市病院 三重県四日市市芝田2-2-37 ℡0593-54-1111

三重県、北勢地区の脳神経外科の中で最も手術件数の多い病院です。

滋賀県立成人病センター 滋賀県守山市守山5-4-30 ℡077-582-5031

年間脳神経外科手術100例以上、脳腫瘍・脳動脈瘤・脳動静脈奇形等

の直達手術が年間30例以上 24時間体制で治療をおこなう

国立病院機構京都医療センター 京都府京都市伏見区深草向畑町1-1 ℡075-641-9161

関西では脳卒中の実力病院として知られている

りんくう総合医療センター市立泉佐野病院 大阪府泉佐野市りんくう往来北2-23 ℡0724-69-3111

脳卒中に対する急性期診療には力を入れており、くも膜下出血、脳出血、

脳梗塞に対する緊急手術、血管内治療が24時間体制で施行可能。

大阪警察病院 大阪府大阪市天王寺区北山町10-31 ℡06-6771-6051

脳卒中の実力病院として全国でもトップクラスの評価を受けている

富永病院 大阪府大阪市浪速区湊町1-4-48  ℡06-6568-1601

国内のみならず海外からも患者が来院することもあり、治療の難しいケースもそのほとんどを後遺症なく全治させると言われている。

大阪脳神経外科病院 大阪府豊中市庄内宝町2-6-23 ℡06-6333-0080
一般外来はもとより24時間体制で脳卒中や脳腫瘍、神経外傷救急患者の診療にあたっている。
国立循環器病センター 大阪府吹田市藤白台5-7-1 ℡06-6833-5012

脳血管疾患に対する治療、原因究明、および発症予防に精力的に当たり、国立の特定の機能病院としてわが国の脳血管障害に対する医療をリードしている

北野病院 大阪府大阪市北区扇町2-4-20℡06-6312-1221

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病

などの脳手術数 224件兵庫県

大西脳神経外科病院 兵庫県明石市大久保町江井島1661-1 ℡078-938-1238

脳卒中の治療・ケアに関する「治療力」で全国6位、「総合力」で11位にランクされた。

兵庫県立姫路循環器病センター 兵庫県姫路市西庄甲520 ℡0792-93-3131

脳卒中実力病院。手術総件数は5700件以上。各種疾患において手術法の開発をしています。

関西労災病院  兵庫県尼崎市稲葉荘3-1-69 ℡06-6416-1221

脳動脈瘤クリッピング術と脳腫瘍摘出術が、厚労省の定める年間50例以上施行の有数の病院です。

奈良県立医科大学 奈良県橿原市四条町840 ℡0744-22-3051

全国の国公立大学病院の中でも年間500件屈指の手術件数を誇っている。

和歌山県立医科大学病院 和歌山県和歌山市紀三井寺811-1 ℡073-447-2300

大学病院の脳神経外科としては有数の件数を誇っており、脳神経外科疾患に対する最先端の治療を行っている。

済生会熊本病院  熊本県熊本市近見5-3-1℡096-351-8000

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 297件、水頭症、脳血管内手術 28件

 

済生会八幡総合病院  福岡県北九州市八幡東区春の町5-9-27℡093-662-5211

脳腫瘍、脳動脈瘤、てんかん、パーキンソン病などの脳手術数 200件・水頭症、脳血管内手術 68件

沢山の有名な脳外科の病院があります。

自分にあった病院を探しのは大切です。

体調に合わせての複数の病院選びも良いかも知れませんね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

脳梗塞についてさまざまな記事を書いています。

脳梗塞の症状や後遺症など私が経験した全てのこと【保存版】

脳梗塞の情報をまとめた目次のようなページです。

脳梗塞で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です