脳卒中や脳梗塞の前触れを知る!5分以内に処置が必要!?

脳卒中や脳梗塞の前触れを知る!脳卒中になると5分以内に処置が必要なのです。

脳卒中は処置が遅くなることで、後遺症の範囲が増えてきます。

私も脳梗塞を経験していますが、処置が早かったために後遺症が少なくて済みました。

脳卒中は脳の血管が詰まったり破れたりすることで起こる病気です。

脳の血管が詰まったり破れたりすることで、体に様々な状態が起こってしまいます。

脳卒中には

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • くも膜下出血の3種類があって、

脳梗塞は脳の血管が詰まり、酸素や栄養が途絶えてしまった状態で虚血性と言われています。

脳出血・くも膜下出血は血管が破けて起こる状態で出血性として分けられています。

その中でも、日本では脳梗塞が大半をしめています。

脳梗塞が起こる前兆とは

脳梗塞は突然起こる病気と思っていませんか?

実は脳梗塞になる前に、30%以上の人が脳梗塞の前触れを感じているのです。

脳卒中や脳梗塞の前兆の症状は

  • 片側の手のしびれや足のしびれ
  • 熱いものやの冷たいものの感じ方が鈍くなる
  • ろれつが回らなくなる
  • 言葉がでなくなったりする
  • 視野が半分欠けて
  • 物が二重にみえる
  • 眠気・あくび
  • 肩こり

これらが起こったら脳梗塞の前兆の可能性が高いのです。

早い目に脳梗塞にならない間に病院に行く必要があります。

私も脳梗塞の前兆があったのに、1か月ほど様子を見ていました。

その結果、実際に倒れてしまって病院に運ばれました。

症状の詳しい説明は次のブログでご紹介していますので参考にして下さい。

<脳梗塞の前兆>舌や手足のしびれは脳の警告発作!脳梗塞のしびれの見分け方!

ろれつが回らない【危険!】脳梗塞かも知れない!改善策!

【脳梗塞の前兆】危険!3人に1人が体験している初期症状!眠気・あくび・いびき!

《脳梗塞の前兆》肩こり・首の痛みは脳の警告発作!脳梗塞の前兆の肩こりの見分け方【体験談】

[ad#kiji]

一過性脳虚血発作の症状が出たら高い確率で脳梗塞になる

脳卒中や脳梗塞の前兆の症状である

片側の手のしびれや足のしびれ・熱いものやの冷たいものの感じ方が鈍くなる・ろれつが回らなくなる

言葉がでなくなったりする・視野が半分欠けて・物が二重にみえる・眠気・あくび・肩こりが酷いなどの症状が出たら一過性脳虚血発作の症状かも知れません。

体調の変化をしっかりと受けっとって、日常生活を気をつけないといけません。

一過性脳虚血発作の発作は直ぐに治まる傾向にあり、放置されやすいのも現状です。

一過性の発作を感じていて人の3割の人が、5年以内に脳梗塞になっていると言う報告もあります。

例え症状が治まったとしても決して油断は出来ないのです!

脳梗塞は生活習慣からすくる病気と言っても過言ではありません。

日頃から予防が大切なのです。

脳梗塞の前兆を少しでも感じたら予防が大事

脳梗塞の前兆を感じたら病院に行く事も大切ですが日頃から生活習慣や脳梗塞の要因を改善する必要があります。

私も一度、脳梗塞になっているので、食事療法が一番大事と病院で指導を受けています。

それでもなかなか食事療法を続けられないのが現実なのです。

薬の副作用の問題

その他に必要なことは、薬の副作用の問題があります。

私の場合は、高血圧・高脂血症・肥満と最悪な状態でした。

病院で処方された高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

二度と脳梗塞を繰り返すことがないように、食事は出来るだけ野菜中心を心掛けていますが、実際にはなかなか難しく現実的ではありません。

しかし、今までの食生活や生活習慣が招いた結果ですから、そのままの生活を続けていると再発のリスクが高くなってしまいます。

私の場合は、病院から”血圧を下げる薬”と”血液をサラサラにする薬”を処方されたのですが、 薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まらず薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まりませんでした。

とにかく高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

高血圧や肥満は生活習慣病です。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

サプリメントを食事にプラスしたことで、血圧の数値も正常に近づいてきていますし、脳梗塞を発症して3年になりますが再発はしていません。

もう少し早くサプリメントを飲んでいれば、高血圧にも脳梗塞にもならなかったのかも・・・と後悔しています。

参考までに、私が実際に飲んでいるサプリメントをご紹介しますね。今まで色々なサプリを試してみましたが、一番効果を実感したサプリです。

本当は自分で色々と試すことをおすすめしますが、何を選んで良いのか分からない方は、ぜひ試してみてください。

血をキレイにしてくれる上に血圧を下げる効果があり、血液サラサラ効果のある 大正製薬のDHA・EPAを飲んでいます。

EPA.DHAは血行が良くなるので、肥満予防にもなるので痩せやすい体作りをしてくれます。

病気ではない方でも血液がキレイである方が良いに決まっているので健康の為にも良いサプリメントですよね。

DHA・EPAの血をキレイにする成分が600mgも入っているのが決め手になりました。

他のサプリはDHA・EPAが少ないか、値段が高くて続けられないと思ったからです。

血をキレイにする成分が600mgも入っていて、金額も安かったです。

それて、DHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

一般に販売されているサプリメントは瓶に入っているものが多く、何度も開けているとその分空気に触れて酸化してしまいます。

ということは古くなると空気にふれる時間が長く成るので、酸化がどんどん進むってことですよね。

瓶に入ったサプリメントだと酸化するので効果が半減するんですね!
大正製薬のDHA・EPA1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、1000円で購入することができます。

大正製薬のDHA・EPAの公式ページ初回お試し1000円はこちらのページかた購入できます。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

金額も手頃で初回1000円なら試しやすいですよね。

★ここに入力

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

普段からの予防も勿論ですが、病院の精密検査も大切になります。

脳梗塞の疑いがあったら精密検査(MRI)で調べて下さい。

私もMRIという精密な機械で脳梗塞が発見されました。

体に異変に気づいたら、先ずは精密検査を受けましょう。

脳梗塞の前兆の症状が出たら、将来脳梗塞になる可能性もあります

日頃の生活に定期的に精密検査を受けることをおススメします。

早期発見は脳梗塞の症状を防ぎますし、なのよりも後遺症を経験しなくて済みます。

芸能人の人でも、脳梗塞の後遺症のリハビリをしているシーンがテレビでも紹介されていますが、

相当な時間をかけてリハビリをするのです。

有名な人の脳梗塞については

西城秀樹の脳梗塞は今? 再発理由と後遺症は? 現在の活動は?新着情報!

《脳梗塞》長嶋茂雄の病気とは?脳梗塞の後遺症や現在の活動は? 

のページで詳しく紹介していますので参考にして下さい。

脳梗塞になると早期発見が必要と紹介していましたが、早期発見をすることで可なりの後遺症の症状に影響するのです。

それは時間を追うごとに凄いスピードで症状が進んでしまうからです。

では、脳梗塞の発見のスピードがどのように影響をするのか、ご紹介しましょう。

脳梗塞の発症時間と治療方法

4時間以内・・・・・TPAと言う脳の血栓である血の塊を溶かす薬の投与による治療方法

8時間以内・・・・・脳の血管カテーテルによる治療方法

それ以上・・・・・・重度な障害を受ける事がある

後遺症は発症時間に関わらず多かれ少なかれ必ず見られる症状です。

脳梗塞は生死に関わる病気です。発症からの時間の早さがその後の治療や後遺症に大きく影響する事が分かっています。

治療の方法は発症してからの経過時間で決められています。

脳梗塞が発症して直ぐに病院に行く事は大切ですね。

自分で脳梗塞の前兆を感じ取ることが出来ない人には、脳梗塞のチェック方法がありますので、紹介しましょう。

脳梗塞のチェック方法の「FAST」とは?

FAST(ファスト)と言うチェック方法で脳梗塞になっていないかをチェック出来ます。

脳梗塞が発症しても気付かない場合も非常に多いのです。

脳梗塞は発症してから時間がたつごとに悪化し、手遅れになる場合や・ひどい後遺症が残るケースも多々あります。

少しでもオカシイなと思った時にはFASTでチェックしてみましょう。

FASTの具体的なチェック方法はどうするの?

  • Fとは顔のチェック・・・鏡を見た時に顔が歪んでいる
  • Aとは腕のチェック・・・手のひらを上に向けて、腕を前に伸ばして片腕が下がる
  • Sとは言葉のチェック・・・言葉がハッキリ言えない

この3つの中で顔・腕・言葉の一つでもあれば、脳梗塞脳出血といった脳卒中である疑いが70%といわれています。

脳出血や脳の病気について知りたい方は

脳出血は河合美智子さんがなりました詳しくはこちらを参考にして下さい。

他にも脳の病気があります脳の病気の事はこのページを参考にして下さいね。

最後のTは時間を現し早急に救急車を呼ぶというものです。

Tの時間は後の治療や後遺症に大きく関係してきます。

それだけ、脳梗塞になったら急いで病院に行くことが大切ということです。

日本には脳梗塞を発症している人以外にも「かくれ脳梗塞」の人を合わせると270万人ぐらいになると言われています。

きちんと予防が必要だという事ですね。

2人に1人は「かくれ脳梗塞」

かくれ脳梗塞とは小さな脳梗塞の事で症状も全く無いのです。

症状が無いので偶然にMRI検査などで発見されることが多いのが特徴なんです。

偶然に見つかる感じなんですね

40歳代で3人に1人の割合

50歳代で2人に1人の割合と恐ろしい数字が出ているのです。

症状が出ないので、知らない間に脳梗塞になってるんですね。

「かくれ脳梗塞」は気が付かれずに放置されることがほとんどです。

かくれ脳梗塞を持っている人は「5年以内の30%の人が大きな発作になる」と言われているのです。

誰でも脳梗塞になる可能性があるので、普段から自分の体の変化に目を向ける事が大切です。

病院に行く程でもないことって良くあることですよね。

かくれ脳梗塞は、まだ脳梗塞の症状が出ていない前の非常に小さな脳梗塞のことです。

当然、症状が出ていないので自分が脳梗塞の前兆とも思っていないですよね。

私もかくれ脳梗塞の間に気づいていれば、脳梗塞にならなくて済んだと思います。

かくれ脳梗塞はMRI検査などで発見されることが多く、40代では3人に1人、50代では2人に1人の割合でかくれ脳梗塞が見つかると言われています。

かくれ脳梗塞は症状が全くないでことが多く、その症状は無症候性脳梗塞とも言われています。

無症候性脳梗塞は症状がでたとしても、ほんの一瞬であることが多く、直ぐに治ってしまう為に、それほど問題合っても気が付かないことも多いのです。

気が付かないので、知らない間にどんどん脳梗塞が進行していることもあるのです。

脳梗塞は時間の経過が後遺症に結びついている為に知らない間に進んでいることは命取りになることもあるのです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

脳梗塞についてさまざまな記事を書いています。

脳梗塞の症状や後遺症など私が経験した全てのこと【保存版】

脳梗塞の情報をまとめた目次のようなページです。

脳梗塞で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です