夏に脳梗塞!? 暑いと脳梗塞になる理由とは?その予防とは?

夏に脳梗塞になり易いと言われています。

脳梗塞になるイメージは冬と言うイメージはありませんか?

寒くなると血管が収縮して脳梗塞になるのは分かるのですが、夏に脳梗塞?って思いますよね。

でも夏に脳梗塞になるリスクが高いのです。

では、夏に脳梗塞になり易い理由について詳しく説明いきましょう。

夏は脳梗塞になり易いって本当?

夏に脳梗塞になる一番の理由は、夏は大量の汗をかきます。

汗を為に脱水状態になりますよね。

そのことが血液にも大きく影響しているのです。

身体の中が脱水状態になるここと脳梗塞がどのように影響しているのか考えていきましょう

脱水状態になったら血液に影響するってどうしてなんでしょうか?

夏場に脳梗塞になり易いのは、汗をかいて脱水状態になる事が原因と言われるのですが、汗をかくことが血液にどの様に影響するのでしょうか?

脱水症状によって血がドロドロになり血栓が出来て脳梗塞に成り易いのです。

脳梗塞は血管に血栓ができる事で脳梗塞になってしまう病気なのですが、脱水状態になる事で血管に血栓が出来やすくなるのです。

汗をかいたら血栓になる可能性が出てくるのですね。

それなら脳梗塞になる理由も分かります。

脳梗塞は脳の病気ですが、実際にどの様な病気なのか詳しく説明します。

夏場にリスクの高い脳梗塞ってどんな病気?

脳梗塞は脳卒中の一種で、脳卒中の中でも最も多いのが脳梗塞です。

日本では今、脳卒中の約4分の3が脳梗塞です。

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下した状態になります。

酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死してしまった事を脳梗塞と言います。

日本の死因が第4位、寝たきりの病気の1位は脳梗塞なのです。

高齢化に伴って今後の脳卒中の患者数は2020年には、300万人に達すると言われています。

脳卒中にも3種類ある(脳梗塞・くも膜下出血・脳出血)

脳の血管が敗れる脳出血くも膜下出血

血管が詰まる脳梗塞です。

脳卒中の中でも脳梗塞が一番多く死亡するケースが高くなります。

脳梗塞になった有名人も沢山います。

西城秀樹の脳梗塞は今?心不全で死亡!再発と後遺症?活動は

《脳梗塞》長嶋茂雄の病気?脳梗塞の後遺症・運命の一日10・8決戦?現在は? 

西城秀樹さんの脳梗塞の話は有名で脳梗塞の後遺症の体験を良くテレビでも放送されていました。

その状況を見たら脳梗塞がどれ程後遺症で大変な病気であることが分かると思います。

その上、脳梗塞は再発率も高く後遺症も残りやすい病気なのです。

脳梗塞の詳しいことは

脳梗塞を体験をしたからこそ分かる 前兆 症状 原因 治療 予防の全て☆

このブログで紹介していますので参考にして下さい。

脳梗塞にならない様にすることが一番重要だという事は分かってもらえたと思います。

特に夏場に一番多いのが血管が詰まる脳梗塞です。

身体の水分がなくなると血がドロドロになってくるので詰まりやすいんです。

脳梗塞になり易い季節は

  1. 夏(6~8月)
  2. 冬(12~2月)
  3. 春(3~5月)
  4. 秋(9~11月)

と報告されています。

この統計から分かる様に夏が一番気を付けないといけないのです。

私は脳梗塞だったので夏場の再発に気を付けています。

私の経験から脳梗塞の予防に気を付けていることを紹介します。

私がしている脳梗塞の予防

脳梗塞の前兆を感じたら病院に行く事も大切ですが日頃から生活習慣や脳梗塞の要因を改善する必要があります。

私も一度、脳梗塞になっているので、食事療法が一番大事と病院で指導を受けています。

それでもなかなか食事療法を続けられないのが現実なのです。

脳梗塞の薬の副作用の問題

その他に必要なことは、薬の副作用の問題があります。

私の場合は、高血圧・高脂血症・肥満と最悪な状態でした。

病院で処方された高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

二度と脳梗塞を繰り返すことがないように、食事は出来るだけ野菜中心を心掛けていますが、実際にはなかなか難しく現実的ではありません。

しかし、今までの食生活や生活習慣が招いた結果ですから、そのままの生活を続けていると再発のリスクが高くなってしまいます。

私の場合は、病院から”血圧を下げる薬”と”血液をサラサラにする薬”を処方されたのですが、 薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まらず薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まりませんでした。

とにかく高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

高血圧や肥満は生活習慣病です。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

サプリメントを食事にプラスしたことで、血圧の数値も正常に近づいてきていますし、脳梗塞を発症して3年になりますが再発はしていません。

もう少し早くサプリメントを飲んでいれば、高血圧にも脳梗塞にもならなかったのかも・・・と後悔しています。

参考までに、私が実際に飲んでいるサプリメントをご紹介しますね。今まで色々なサプリを試してみましたが、一番効果を実感したサプリです。

本当は自分で色々と試すことをおすすめしますが、何を選んで良いのか分からない方は、ぜひ試してみてください。

血をキレイにしてくれる上に血圧を下げる効果があり、血液サラサラ効果のある 大正製薬のDHA・EPAを飲んでいます。

EPA.DHAは血行が良くなるので、肥満予防にもなるので痩せやすい体作りをしてくれます。

病気ではない方でも血液がキレイである方が良いに決まっているので健康の為にも良いサプリメントですよね。

DHA・EPAの血をキレイにする成分が600mgも入っているのが決め手になりました。

他のサプリはDHA・EPAが少ないか、値段が高くて続けられないと思ったからです。

血をキレイにする成分が600mgも入っていて、金額も安かったです。

それて、DHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

一般に販売されているサプリメントは瓶に入っているものが多く、何度も開けているとその分空気に触れて酸化してしまいます。

ということは古くなると空気にふれる時間が長く成るので、酸化がどんどん進むってことですよね。

瓶に入ったサプリメントだと酸化するので効果が半減するんですね!
大正製薬のDHA・EPA1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、1000円で購入することができます。

大正製薬のDHA・EPAの公式ページ初回お試し1000円はこちらのページかた購入できます。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

金額も手頃で初回1000円なら試しやすいですよね。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

色々と予防法はあると思いますが、何よりも脳梗塞になる前に症状に気づくことも大切になってきます。

夏の脳梗塞になる原因や自分でチェックする方法が分かれば脳梗塞になる可能性が減ってきますよね。

実際の脳梗塞に症状や夏に出やすい症状について知っている必要がありますね。

では、夏の脳梗塞の症状についてご紹介しましょう。

脳梗塞の症状は

  • 冷や汗
  • 目眩
  • だるい
  • しびれる感じがある

このような症状がでたら脳梗塞の前兆かも知れません。

<脳梗塞の前兆>舌や手足のしびれは脳の警告発作!脳梗塞のしびれの見分け方!

《脳梗塞の前兆》肩こり・首の痛みは脳の警告発作!脳梗塞の前兆の肩こりの見分け方【体験談】

【脳梗塞の前兆】めまいやふらつきは脳梗塞のサインかも!【体験談】

【脳梗塞の前兆】危険!3人に1人が体験している初期症状!眠気・あくび・いびき! 

脳梗塞にはこのような前兆があるのです。

この症状は熱中症と思われがちですが、脳梗塞の症状であったりもします。

脳梗塞の症状と熱中症は似た症状ともいえるので手遅れになってしまうこともあるのです

夏の暑さで体がだるくなったりすることは良くありますが、その症状を熱中症と勘違いしてしまうこともあります。

では具体的に脳梗塞と熱中症の違いについて説明しましょう。「

熱中症と脳梗塞の違いは?

脳梗塞は怖い病気ですが、症状が熱中症と似ていて間違えられやすいのです。

熱中症は即座に対応することが出来ますが、脳梗塞は病院の処置がないと命に関わる怖い病気です。

しっかりと脳梗塞と熱中症の違いについて理解しておく必要がありますね。

そして夏の脳梗塞は熱中症の症状にも似ています

熱中症だと甘く見ていては怖いことになってしまいます。

自分で判断せずに慎重に対応する事が重要です。

脳卒中を熱中症と間違えて、そのまま放置してしまい脳梗塞が発症してしまうケースがあります。

脳梗塞は死に至ることも多く、その上助かったとしても重い後遺症を抱えることも少なくありません。

脳梗塞は発症してから少しでも早く治療を要する病気なので、脳梗塞と熱中症と間違えては大変なことになります。

熱中症自体が脳梗塞を引き起こすこともあるというから熱中症対策も必要ですよ。

熱中症と脳梗塞の症状の違いを知って、脳梗塞と熱中症を間違わない様にすることが大切ですね。

では脳梗塞と熱中症の見分け方について紹介します。

[ad#kiji]

 脳梗塞に症状の見分け方

  • 顔や体の片方がマヒする、
  • 動けなくなる
  • ろれつが回らなくなる
  • 言葉が突然出なくなる
  • 半分の視野が欠ける

などの症状が出易いのです。

ただ脳梗塞の前兆でおこる症状は一時的で止まる場合が非常に多いのです。

この様な症状が出たら、例え治まっても必ず病院に行って下さい。

数時間後に脳梗塞になる事が良くあります。

私も経験しています。

早めの治療が出来たら、手術をしなくて済むケースが多いです。

脳梗塞には前兆があることが多いのが特徴です。

追う梗塞の前兆を知って対策をすることが重要になってきますね。

熱中症の症状は?

熱中症になる原因ですが、夏になると暑さで体温が上昇します。

その為に、体にこもった熱を外に逃がして体温を下げようと、皮ふの血管が広がります。

このことが、全身を流れる血液の量が減り、血圧が下がり、脳への血流が減少します。

血圧が急激に変化が生じることで、顔面から血の気が失せ、めまいや立ちくらみ、一時的な失神といった熱失神の症状へとつながります。

熱中症の主な症状
  • 全身の倦怠感
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 頭痛

などを伴うこともあります。

脳への血流が損なわれるために、脳梗塞の症状に似ているのです。

熱中症の症状と脳梗塞の症状が似ているので間違えてしまうのです。

脳梗塞は発症から治療時間を要する病気なので、注意が必要です。

熱中症や夏の脳梗塞を予防する為には

熱中症も夏の脳梗塞も脱水症状が一番の原因になります。

夏の暑い時期をどの様に乗り越えるかが重要になります。

夏の水分補給というと、汗をかいたときに水を飲めば良いと簡単に考えていませんか?

実は水は体内の塩分濃度が薄くなるので、最も危険な水分補給になります。

熱中症の対策には

熱中症対策には塩飴などの塩分を摂りながら、水を飲む事をおすすめします。

一早く水分補給をする為には、普通の水よりも、スポーツドリンクが適しています。

からだへの吸収が速いことと、汗と一緒に消耗した塩分などのミネラル補給にも役立ちます。

また、夏には、冷えたビールを飲むことも多くなります。

ビール等は水分補給にはならない

ビールなどのアルコールを飲んでいると、たくさん水分をとっているように感じていませんか?

ビールを飲んでいると、トイレに行く回数が増えていませんか?

アルコール類には利尿作用があるため、飲んだ以上に尿となって水分が排出されてしまうケースが多いのです。

ビールを飲んで脱水症状になり脳梗塞になる可能性もあるのです。

アルコールを飲むときは、飲みすぎに気を付けないと利尿作用で体は脱水症状を起こしてしまいます。

それでも、アルコールを飲むことが必要な時にはコップ1杯の水を飲んで眠る様にして下さい。

必ず水分補給をする事で、脱水症状も最小限に抑えることが出来ます。

脳梗塞でも脱水症状になって血液がドロドロになることから発症するケースも多いのが特徴です。

熱中症になっても脱水になってしまうので脳梗塞になってしまうこともあるのです。

熱中症から脳梗塞になる危険もある!!

熱中症が進んで脳梗塞になるケースもあります。

熱中症だと思い日陰で休んでいても一向に治りません。

一時的に症状が無くなったとしても脳梗塞の場合はまた発症します。

繰り返し起こる前兆があるのですね。

熱中症が脳梗塞になる理由は?

熱中症は、脱水で体内の水分が不足し、発汗による体温調整ができなくなってきます。

脳梗塞は血管に血栓が出来て血管が詰まる事で起こります。

熱中症になる事で、脱水で体内の水分が不足してしまいます

血管の中の血液はドロドロとなり、脳梗塞の引き金になるのです

だから熱中症から脳梗塞になるのですね。

熱中症と思っても脳梗塞を疑って病院に行く事も大切です。

脱水症状は暑い太陽にさらされてなる症状と思われがちですが、室内でも起こります。

脱水状態は自分が気づかない間になっているケースもあるのです。

気付かない脱水症状についても説明していきましょう。

知らない間にかくれ脱水にも

室内でも脱水になり脳梗塞の危険がある”室内で仕事をしている人は安全と言うわけでもありません。

夏場は室内にいても脱水を起こします。

室内がエアコンによって乾燥しますので脱水になる可能性があります。

その事をかくれ脱水言う言い方もします。

夏場の脳梗塞の注意はこまめな水分補給が最も大切になります。

夏が年間を通して一番脳梗塞は発症しているんです。

冬場が危ないと思っている方も多いと思いますが、夏場も多いのです。

水分をきっちり取って脱水を防ぐようにしたいですね。

脳梗塞は気温の上昇と共に危険率も上昇します。

気温と脳梗塞の発症率はどの様に関係しているのでしょうか?

高温気温32℃を超えると脳梗塞になるリスクが急増!

32℃を超えると死亡率が1,66倍になるってデーターで分かっています。

特に、年齢も60歳以上だと30℃を超えると危険なんです。

夏の時期は30℃を超える日が何日も続きますので、こまめに水分を取る必要があります。

水分不足で血がドロドロになる前に水分を取り血栓が出来ないように予防が必要です。

ビールなどのアルコールは水分の3分の1は尿として排出してしまうので、飲酒による水分補給はダメです。

飲酒による水分補給はかえって脱水になる可能性もなる事は説明しましたので避けて下さいね。

水分補給はお酒でなく、お水が一番適しています。

飲食とは別にお水を取って初めて水分補給になるのです。

血液がドロドロだと思っている場合は、大正製薬のDHA・EPAなどの血液をサラサラにしてくれる、副作用のないサプリメントで補って下さい。

食事を作るのが得意な方は、食事療法をして血液をキレイに保って下さい。

私も病気になって初めて色々な事を勉強して反省し、日々の生活を健康的に過ごす事が出来ました。

私の経験上、脳梗塞には前兆がありました。

ただ、脳梗塞の知識が無かった為に気付きませんでした。

そして夏に脳梗塞がこんなに多い事も知りませんでした。

私は脳梗塞を発症して退院したから、特に冬に脳梗塞が再発しない様に予防していました。

でも、夏の脳梗塞に人数の多さから見ても夏は脱水状態は避けたいと思います。

夏の脳梗塞についてもブログで紹介しています。

子供が危険!夏の脳梗塞は熱中症と誤診断で後遺症の危険が!!

夏に発症する脳梗塞 気温5度の差が体に起こす危険性!ページで詳しく紹介していますので、参考にして下さいね。

脳梗塞の前兆かな?と思った時に簡単に自分でチェックする方法をご紹介します。

脳梗塞のチェック方法をFASTと言います

FASTについても説明をしましょう。

脳梗塞のチェック方法の「FAST」とは?

FAST(ファスト)と言うチェック方法で脳梗塞になっていないかをチェック出来ます。

脳梗塞が発症しても気付かない場合も非常に多いのです。

脳梗塞は発症してから時間がたつごとに悪化し、手遅れになる場合や・ひどい後遺症が残るケースも多々あります。

少しでもオカシイなと思った時にはFASTでチェックしてみましょう。

FASTの具体的なチェック方法はどうするの?

  • Fとは顔のチェック・・・鏡を見た時に顔が歪んでいる
  • Aとは腕のチェック・・・手のひらを上に向けて、腕を前に伸ばして片腕が下がる
  • Sとは言葉のチェック・・・言葉がハッキリ言えない

この3つの中で顔・腕・言葉の一つでもあれば、脳梗塞脳出血といった脳卒中である疑いが70%といわれています。

最後のTは時間を現し早急に救急車を呼ぶというものです。

Tの時間は後の治療や後遺症に大きく関係してきます。

では発症時間がどう影響するのか詳しく説明していきますね。

脳梗塞が発症してから治療の時間までが重要

脳梗塞は生死に関わる病気です。発症からの時間の早さがその後の治療や後遺症に大きく影響する事が分かっています。

治療の方法は発症してからの経過時間で決められています。

脳梗塞が発症して直ぐに病院に行く事は大切ですね。

脳梗塞の治療や後の後遺症が酷くなるか軽く済むかは、脳梗塞が発症してから病院で治療を受ける経過時間が全てになります。

ほんの少しの症状も見逃さないで、病院に行けたら助かることも多いのです。

では実際に脳梗塞の発症の時間がどう影響するのでしょうか?。

脳梗塞の発症時間と治療方法

脳梗塞の発症から病院に着いて治療を受ける時間によっての治療内容を説明しましょう。

ほんの数時間の違いが大きく差が出来てしまいます。

4時間以内・・・・・TPAと言う脳の血栓である血の塊を溶かす薬の投与による治療方法

8時間以内・・・・・脳の血管カテーテルによる治療方法

それ以上・・・・・・重度な障害を受ける事がある

後遺症は発症時間に関わらず多かれ少なかれ必ず見られる症状です。

この様に脳梗塞のチェックはFASTが早期発見の大切なポイントになります。

早期治療を受ける為にも、脳梗塞の前兆の症状かが分からないといけません。

健康に意識なある人は年々増えてきていますが、実際に健康の予防をしている人はまだまだ少ないのが現状です。

自分の体は自分で管理しないと後悔することにもなりかねません。

情報社会で色々な間違った情報も流れています。

私は脳梗塞を経験しているので、自分が感じたことを紹介したいと思います。

自分の経験から分かることもブログで紹介していますので、参考にして頂けれが幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。

この記事だけではなく、脳梗塞についてさまざまな記事を書いています。

脳梗塞の症状や後遺症など私が経験した全てのこと【保存版】

脳梗塞の情報をまとめた目次のようなページです。

脳梗塞で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です