桂ざこばが脳梗塞で緊急入院「塞栓性脳梗塞」「左中大脳動脈閉塞症」と診断

スポーツ報知 5/28(日) 11:56配信で桂ざこばが緊急入院…「塞栓性脳梗塞」「左中大脳動脈閉塞症」と診断されました。

落語家の桂ざこば(69)が27日に大阪市内の病院に緊急入院したことが28日、所属事務所から発表された。

精密検査の結果、「左中大脳動脈閉塞症」「塞栓性脳梗塞」と診断され、1か月以上の入院が必要と診断されていたと言います。

脳梗塞では西城秀樹が脳梗塞を再発!ラモス瑠偉氏 脳梗塞の恐怖を語る

《脳梗塞》長嶋茂雄の病気とは?脳梗塞の後遺症石原慎太郎元知事 脳梗塞の後遺症芸能人やスポーツ選手も

脳梗塞になっています。

脳出血では河合美智子さん 脳出血から仕事復帰へもニュースで報告されました。

脳の病気は後遺症の出る事が多いので本当に怖いですね。

では、桂ざこばが脳梗塞を発症した時の様子をお伝えしましょう。

桂ざこばの脳梗塞の前兆とは?

桂ざこばは、毎年恒例の独演会も「しんどい」と語っていたと言われています。

桂ざこばは27日、出演を予定していた大阪松竹座六月公演「銀二貫」(6月1日初日)のけいこ場へ向かう途中に体調を崩しました。

脳梗塞の前兆の症状がでていたと言う事です。

その桂ざこばの脳梗塞の前兆は?

  • 足がもつれ
  • 言葉も不明瞭

ことから救急車で搬送された。搬送時、意識はあったという。

今の所、手術するかどうかなどは未定。同公演、テレビのレギュラー、落語会などはしばらくの間、休演する事は報告されている。

桂ざこば独演会 その(二)

桂ざこばってどんな人物?

桂 ざこば(かつら ざこば)

本名:関口 弘(せきぐち ひろむ)

生年月日:昭和22年9月21日

出身地:大阪府大阪市

桂ざこばの数々の受賞歴

  • 昭和63年4月 大阪・サンケイホール、東京・芸術座、京都府立文化芸術会館にて 二代目 桂 ざこば 襲名
  • 平成4年12月 上方お笑い大賞 受賞
  • 平成15年12月 上方お笑い大賞 受賞
  • 平成19年7月 京都南座にて噺家生活四十五周年 還暦記念公演 「桂ざこばの会」開催
  • 平成20年12月 寄席小屋「動楽亭」を開設
  • 平成23年11月 大阪市市民表彰 文化功労部門 受賞

 

桂ざこばのテレビ出演は?

  • 毎日放送 「ちちんぷいぷい」(月曜日 14:55~17:45)
  • 読売テレビ 「そこまで言って委員会」(日曜日 13:30~15:00)

この他にも準レギュラーや舞台などで活躍中です。

この様に活動を活発にされていとのですが、体調を崩し結果として脳梗塞と診断されました。

では桂ざこばを襲った脳梗塞とはどんな病気なのでしょうか?

桂ざこばを襲った脳梗塞とは?

脳梗塞とは脳の一部が動脈硬化によって妨げられている状態を脳血栓と言い、脳の一部に血栓が出来て血流が妨げられている状態を脳梗塞と言います

動脈硬化が脳梗塞の原因になるのですね。

日本では今、脳卒中の約4分の3が脳梗塞です

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下した状態になります。

酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死してしまった事を脳梗塞と言います。

脳梗塞の原因は脳に酸素や栄養が行き届かない事も脳梗塞の原因に1つなのです。

症状が出たら直ぐにでも処置をしないと治ったとしても大きな後遺症になる程恐ろしい病気です。

それに再発し易い病気でもあります。

桂ざこばを襲った脳梗塞になったらどの様な治療をするのでしょうか?

[ad#kiji]

桂ざこばが発症した脳梗塞の治療法は?

脳梗塞の治療の流れと3つの治療方法があります。

脳梗塞の一般的な治療の流れについてご紹介します。

  1. 問診
  2. 各種検査
  3. 適切な治療
  4. リハビリ

このような流れが一般的な治療の流れになります。私が一過性脳虚血発作を起こした時の治療になるまでの流れを少しお話しますね。

では実際の脳梗塞の治療法を説明しましょう。

脳梗塞の治療法

脳梗塞の治療は時間が重要です。

脳梗塞の治療は発症してから4時間以内が血栓を溶かす薬が使えます。

それに4時間以内であれば後遺症の残らないレベルの回復も期待出来ます。

4時間以上経っている場合でもリハビリを続けていれば、徐々に回復できる事もあります。

具体的に時間と脳梗塞の治療方法について説明していきましょう。

脳梗塞の発症時間と治療方法

4時間以内・・・・・TPAと言う脳の血栓である血の塊を溶かす薬の投与による治療方法

8時間以内・・・・・脳の血管カテーテルによる治療方法

それ以上・・・・・・重度な障害を受ける事がある

後遺症は発症時間に関わらず多かれ少なかれ必ず見られる症状です。[/su_note]

この様に脳梗塞のチェックはFASTが早期発見の大切なポイントになります。

桂ざこばは足がもつれるなどの脳梗塞の前兆に気づいた事が命拾いになっているのかも知れません。

脳梗塞になったら直ぐに病院に行くことが重要になってきます。

<脳梗塞>倒れた時の処置の速さが脳梗塞の治療に重要!ページで紹介しています。

では桂ざこばが感じた脳梗塞の前兆とはどういった症状がでるのでしょうか?

脳梗塞の前兆はどんな症状があるの?

桂ざこばが脳梗塞の前兆を感じたのは足のもつれや、言葉が不明瞭と言う事でした。

脳梗塞には他にも沢山の前兆が起こります。

脳梗塞の前兆の知識があれば、可なりの確率で脳梗塞の後遺症を防ぐ事が出来ます。

では脳梗塞の前兆の症状について紹介いたしましょう。

脳梗塞の前兆(一過性脳虚血発作)

では実際に脳梗塞の初期症状(一過性脳虚血発作)についてお話を進めていきたいと思います。

ろれつが回らなくなる・言葉がでなくなる
片側の手足や顔面麻痺
片側の手足や顔面が痺れる
片方の目が見えにくくなったり片側にあるものが見えなくなる
目の焦点が合わなくなる
人の話が理解できなくなる
文字がうまく書けなくなる

この症状が長期間続くと誰でも、病院を受診すると思います。

しかし、一過性脳虚血発作は一時的に脳の血流が悪くなることで引き起こされる症状のため、休んでいれば数分で治まってしまいます。

脳梗塞の前兆について詳しく説明しているブログがあります。

参考にして下さいね。

<脳梗塞の前兆>舌や手足のしびれは脳の警告発作!

<脳梗塞の前兆>ろれつが回らないは脳の警告発作

《脳梗塞の前兆》肩こり・首の痛みは脳の警告発作

脳梗塞の前兆)眠気や「あくび」やいびきは脳梗塞のサインかも!【体験談】のページを参考にして下さいね。

過性脳虚血発作の後、15~20%の人が3ヶ月以内に脳梗塞を発症する

このような一過性脳虚血発作が起こったまま放置していると、約15~20%の人が3ヶ月以内に脳梗塞を発症し、その半数は48時間以内に脳梗塞を発症すると言われています。

※ 一過性脳虚血発作を経ずに、脳梗塞を引き起こす場合もあります。

脳梗塞の前兆の症状があれば急いで病院にいかなくてはいけませんね。

脳梗塞になってしまう前に前兆もあります。

その前兆に気づいていたら脳梗塞にならなくて済んだ人も大勢いると思います。

何よりも脳梗塞にならないように予防が必要になってくるのです。

脳梗塞の前兆を少しでも感じたら予防が大事

脳梗塞の前兆を感じたら病院に行く事も大切ですが日頃から生活習慣や脳梗塞の要因を改善する必要があります。

私も一度、脳梗塞になっているので、食事療法が一番大事と病院で指導を受けています。

それでもなかなか食事療法を続けられないのが現実なのです。

薬の副作用の問題

その他に必要なことは、薬の副作用の問題があります。

私の場合は、高血圧・高脂血症・肥満と最悪な状態でした。

病院で処方された高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

二度と脳梗塞を繰り返すことがないように、食事は出来るだけ野菜中心を心掛けていますが、実際にはなかなか難しく現実的ではありません。

しかし、今までの食生活や生活習慣が招いた結果ですから、そのままの生活を続けていると再発のリスクが高くなってしまいます。

私の場合は、病院から”血圧を下げる薬”と”血液をサラサラにする薬”を処方されたのですが、 薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まらず薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まりませんでした。

とにかく高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

高血圧や肥満は生活習慣病です。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

サプリメントを食事にプラスしたことで、血圧の数値も正常に近づいてきていますし、脳梗塞を発症して3年になりますが再発はしていません。

もう少し早くサプリメントを飲んでいれば、高血圧にも脳梗塞にもならなかったのかも・・・と後悔しています。

参考までに、私が実際に飲んでいるサプリメントをご紹介しますね。今まで色々なサプリを試してみましたが、一番効果を実感したサプリです。

本当は自分で色々と試すことをおすすめしますが、何を選んで良いのか分からない方は、ぜひ試してみてください。

血をキレイにしてくれる上に血圧を下げる効果があり、血液サラサラ効果のある 大正製薬のDHA・EPAを飲んでいます。

EPA.DHAは血行が良くなるので、肥満予防にもなるので痩せやすい体作りをしてくれます。

病気ではない方でも血液がキレイである方が良いに決まっているので健康の為にも良いサプリメントですよね。

DHA・EPAの血をキレイにする成分が600mgも入っているのが決め手になりました。

他のサプリはDHA・EPAが少ないか、値段が高くて続けられないと思ったからです。

血をキレイにする成分が600mgも入っていて、金額も安かったです。

それて、DHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

一般に販売されているサプリメントは瓶に入っているものが多く、何度も開けているとその分空気に触れて酸化してしまいます。

ということは古くなると空気にふれる時間が長く成るので、酸化がどんどん進むってことですよね。

瓶に入ったサプリメントだと酸化するので効果が半減するんですね!
大正製薬のDHA・EPA1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、1000円で購入することができます。

大正製薬のDHA・EPAの公式ページ初回お試し1000円はこちらのページかた購入できます。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

金額も手頃で初回1000円なら試しやすいですよね。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

脳梗塞になったら一般的には後遺症が強いイメージがあります。

具体的にどの様な後遺症が出るのでしょうか?

 脳梗塞における8つの後遺症とは?

脳梗塞になると発症時間の経過によって脳梗塞の後遺症の症状も随分変わってきます。

入院している間は勿論のこと、退院後も同じようにリハビリが続きます。

後遺症には大きく分けて8つの症状があります。

その脳梗塞の後遺症の8つを分類して詳しく紹介します。

脳梗塞になるとどんな症状がおこるのでしょうか?

脳梗塞の後遺症① 言語障害

声が出しにくい、ロレツが回らない、言葉がうまく理解できない、うまく言葉にできないなどの障害の事です。

言語障害にはさまざま症状があり、「聞く」「話す」「読む」「書く」の障害が出てくることが多いのです。

それによって今までは簡単なことでも、適切なコミュニケーションが困難な状態になってくるのです。

コミュニケーションが取れなくなることは本人にとっても家族にとっても生活がしにくくなってしまいます。

脳梗塞の前兆でも言語障害の症状も出たりします。

言語障害の後遺症が残ってしまった有名人もいます。

例えが長嶋茂雄さんもその一人です。

《脳梗塞》長嶋茂雄の病気とは?脳梗塞の後遺症や現在の活動は? のページでも紹介しています。

私の場合もやはりろれつが回らない症状がでました。

言語障害も種類がありますので、詳しく後は度説明していくますね。

脳梗塞の前兆のろれつが回らないことも詳しくブログで紹介していますので参考にして下さい。

<脳梗塞の前兆>ろれつが回らないは脳の警告発作!脳梗塞ろれつの見分け方

脳梗塞の後遺症② 意識障害

酷い場合は意識を失う状態から日時や場所などがわからないという障害の事です。

意識障害とは、外界からの刺激に反応がなかったり、周囲の状況を正しく理解できない状態のことです。

脳梗塞の後遺症③ 記憶障害

新しいことが覚えられない、過去のことが思い出せないなどの障害の事です。

記憶障害とは、記憶を思い出すことができなくなったり、新たなことを覚えることができない状態になります。

一時的に思い出すことができない記憶は短期記憶障害といい、長期間思い出すことができない記憶は長期記憶障害とに分けられます。

脳梗塞の後遺症⑤ 視覚障害

視野の半分や1/4が見えない、一部が見えないなどの障害障害の事です。

視覚障害の後遺症が出ると、周りの人の協力が可なり必要になってきます。

後遺症の中でも深刻な問題になってきます。

脳梗塞の後遺症⑥ 知覚障害

体がしびれたり熱さ冷さなどの感覚が分からなる障害障害の事です。

熱かったりしても本人が何も感じなかったら、火傷をしてしまうリスクも高まりますよね。

日常生活の中でも熱かったり冷たかったりする場面も多いので、注意が必要になってきます。

脳梗塞の後遺症⑦ 嚥下障害

食べ物や飲み物がうまく飲み込めない障害障害の事です。

飲み込むことが困難なために、食べることに時間がかかり、食べ物が喉につまって、窒息を起こす心配もあります。

障害の程度が重くなると、料理の形がわからない液状・ペースト食の状態になるためので余計に食欲が湧かない状態にもなりえます。

脳梗塞の後遺症⑧ 障害障害

尿意が分からなかったり自分で排尿することができないなどの障害障害の事です。

障害による後遺症が色々とありますが、特にコミュニケーションに重要である言葉を理解したり話す事が出来なくなる言語障害は切実な後遺症です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

脳梗塞についてさまざまな記事を書いています。

脳梗塞の症状や後遺症など私が経験した全てのこと【保存版】

脳梗塞の情報をまとめた目次のようなページです。

脳梗塞で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です