【かくれ脳梗塞】5年以内に脳梗塞になる危険性がある!その症状は脳梗塞?

かくれ脳梗塞とは、まだ脳梗塞の症状が出ていない前の非常に小さな脳梗塞のことです。

当然、症状が出ていないので自分が脳梗塞の前兆とも思っていないですよね。

私もかくれ脳梗塞の間に気づいていれば、脳梗塞にならなくて済んだと思います。

かくれ脳梗塞はMRI検査などで発見されることが多く、40代では3人に1人、50代では2人に1人の割合でかくれ脳梗塞が見つかると言われています。

かくれ脳梗塞は症状が全くないでことが多く、その症状は無症候性脳梗塞とも言われています。

無症候性脳梗塞は症状がでたとしても、ほんの一瞬であることが多く、直ぐに治ってしまう為に、それほど問題合っても気が付かないことも多いのです。

気が付かないので、知らない間にどんどん脳梗塞が進行していることもあるのです。

脳梗塞は時間の経過が後遺症に結びついている為に知らない間に進んでいることは命取りになることもあるのです。。

実際にかくれ脳梗塞を持っている人は5年以内に約3割の人に大きな発作が起こると警告されていいます。

かくれ脳梗塞が進行する前に、未然に進んでしまう前に予防が大切ですよね。

かくれ脳梗塞は生活習慣病の予防で脳梗塞にならない体になると言われています。

日本に「かくれ脳梗塞」の患者が多数いると言われています。

「かくれ脳梗塞」症状が出にくいので少しずつ進行していくので要注意なんです。

では、かくれ脳梗塞について説明していきますね。

2人に1人は「かくれ脳梗塞」

かくれ脳梗塞とは小さな脳梗塞の事で症状も全く無いのです。

症状が無いので偶然にMRI検査などで発見されることが多いのが特徴なんです。

偶然に見つかる感じなんですね

40歳代で3人に1人の割合

50歳代で2人に1人の割合と恐ろしい数字が出ているのです。

症状が出ないので、知らない間に脳梗塞になってるんですね。

「かくれ脳梗塞」は気が付かれずに放置されることがほとんどです。

かくれ脳梗塞を持っている人は「5年以内の30%の人が大きな発作になる」と言われているのです。

誰でも脳梗塞になる可能性があるので、普段から自分の体の変化に目を向ける事が大切です。

病院に行く程でもないことって良くあることですよね。

でも・・・・本当にほっておいていいの?

体調がすぐれ無いのに、病院になかなかいかない事って良くありますよね。

確かに病院には足が遠ざかります。

でも、脳梗塞の場合は前兆が出た時に直ぐに病院にいけば、薬物治療だけで済む場合も多いのです。

「かくれ脳梗塞」の人が沢山いてるので要注意です。

4時間以内の治療であれば薬物治療で済みます。時間か長くなれば治療も手術が必要になり、後遺症も残ってしまいます

前兆かも知れないと思ったら直ぐに病院に行って下さい。

かくれ脳梗塞は未然に防ぐことも工夫しだいで出来ますので、ご紹介していきますね。

では初めに脳梗塞とはどんな病気なのでしょうか?

脳梗塞とは?どんな病気なのでしょうか?

脳梗塞の病気は、脳の血管が細くなったり、血管に血の塊の血栓が詰まったりしりことで起こる病気を脳梗塞と言います。

脳梗塞が起こってしまうと脳に酸素や栄養が送られなくなるために、脳の細胞が障害を受けてしまいます。

脳の血管が詰まってしまうと、脳梗塞の症状がおこるんです!

脳梗塞は詰まる血管の太さやその詰まり方によって3つのタイプに分けられます。

脳梗塞は症状やその程度は障害は、脳の場所と範囲によって異なります。タイプに分けられます。

では、その脳梗塞のタイプについてご紹介しましょう。

[ad#kiji]

脳梗塞の3つのタイプ・ラクナ梗塞・アテローム血栓性脳梗塞・心原性脳塞栓症がある

脳梗塞には主に3つのタイプがあり、脳梗塞のタイプによって再発しやすかったり重症度や治療の仕方も違うのです。

3つのタイプの中でもっとも再発しやすいのは心原性脳塞栓症と言われています。

その上、重い症状が出やすく、死亡率も高いのが心原性脳塞栓症の特徴です。

重症度と言えば次にアテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞が心原性脳塞栓症の次に重い脳梗塞と言われています。

ではこの3つについてご紹介しましょう。

脳梗塞の種類 ラクナ梗塞

脳の細い血管が詰まって起こる脳梗塞をラクナ梗塞と言います。

脳に入った太い血管は、次第に細い血管へと枝分かれしていきます。

この細かい血管が狭くなり詰まるのがラクナ梗塞です。

このラクナ梗塞は日本人に最も多いタイプの脳梗塞です。

ラクナ梗塞になる原因は高血圧が原因と言われています。

私もラクナ梗塞で1か月入院していました。

今思うと高血圧が原因だったと思います。

あの当時は脳梗塞になるとは思っていなかったので、高血圧になっていたことも気づきませんでした。

もう、5年ほど前のことでしたが、今は脳梗塞の再発もしていません。

私が元気にいるのに気を付けていることがありますので、ご紹介します。

脳梗塞の前兆を少しでも感じたら予防が大事

脳梗塞の前兆を感じたら病院に行く事も大切ですが日頃から生活習慣や脳梗塞の要因を改善する必要があります。

私も一度、脳梗塞になっているので、食事療法が一番大事と病院で指導を受けています。

それでもなかなか食事療法を続けられないのが現実なのです。

薬の副作用の問題

その他に必要なことは、薬の副作用の問題があります。

私の場合は、高血圧・高脂血症・肥満と最悪な状態でした。

病院で処方された高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

二度と脳梗塞を繰り返すことがないように、食事は出来るだけ野菜中心を心掛けていますが、実際にはなかなか難しく現実的ではありません。

しかし、今までの食生活や生活習慣が招いた結果ですから、そのままの生活を続けていると再発のリスクが高くなってしまいます。

私の場合は、病院から”血圧を下げる薬”と”血液をサラサラにする薬”を処方されたのですが、 薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まらず薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まりませんでした。

とにかく高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

高血圧や肥満は生活習慣病です。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

サプリメントを食事にプラスしたことで、血圧の数値も正常に近づいてきていますし、脳梗塞を発症して3年になりますが再発はしていません。

もう少し早くサプリメントを飲んでいれば、高血圧にも脳梗塞にもならなかったのかも・・・と後悔しています。

参考までに、私が実際に飲んでいるサプリメントをご紹介しますね。今まで色々なサプリを試してみましたが、一番効果を実感したサプリです。

本当は自分で色々と試すことをおすすめしますが、何を選んで良いのか分からない方は、ぜひ試してみてください。

血をキレイにしてくれる上に血圧を下げる効果があり、血液サラサラ効果のある 大正製薬のDHA・EPAを飲んでいます。

EPA.DHAは血行が良くなるので、肥満予防にもなるので痩せやすい体作りをしてくれます。

病気ではない方でも血液がキレイである方が良いに決まっているので健康の為にも良いサプリメントですよね。

DHA・EPAの血をキレイにする成分が600mgも入っているのが決め手になりました。

他のサプリはDHA・EPAが少ないか、値段が高くて続けられないと思ったからです。

血をキレイにする成分が600mgも入っていて、金額も安かったです。

それて、DHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

一般に販売されているサプリメントは瓶に入っているものが多く、何度も開けているとその分空気に触れて酸化してしまいます。

ということは古くなると空気にふれる時間が長く成るので、酸化がどんどん進むってことですよね。

瓶に入ったサプリメントだと酸化するので効果が半減するんですね!
大正製薬のDHA・EPA1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、1000円で購入することができます。

大正製薬のDHA・EPAの公式ページ初回お試し1000円はこちらのページかた購入できます。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

金額も手頃で初回1000円なら試しやすいですよね。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

脳梗塞の種類 アテローム血栓性脳梗塞

脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞をアテローム血栓性脳梗塞と言われています。

動脈硬化のよって狭くなった太い血管に血栓ができ、血管が詰まるタイプの脳梗塞です。

この動脈硬化になる原因としては高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病が原因と言われています。

高血圧については

脳梗塞の危険要因は高血圧が第一位 脳梗塞を予防しましょう!【体験談】

【脳梗塞の予防】生活習慣を考える 高血圧・高脂血症・糖尿病の予防が大切

高脂血症については

肥満を予防するなら?肥満と血糖値の関係 肥満防止の食べ物とは?

肥満を予防するなら?肥満と血糖値の関係 肥満防止の食べ物とは?

糖尿病については

脳梗塞と糖尿病の関係は?脳梗塞の危険因子が糖尿病になると通常の3倍あった!

《生活習慣病》死の四重奏 脂質異常症ってどんな病気? 糖尿病、肥満、高血圧について

脳梗塞の種類 心原性脳塞栓症

脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞を心原性脳塞栓症と言います。

心臓にできた血栓が血流に乗って脳まで運ばれて脳の太い血管を詰まらせてしまいます。

脳梗塞は血栓がつまる個所に場所によって違いがでてくるのです。

この様に脳梗塞には種類があるのです。

かくれ脳梗塞は知らない間に進んでいるので、脳梗塞の初期症状については良く知識が必要です。

こんな症状はかくれ脳梗塞かも?

脳梗塞に前には前兆があると言われています。

確かに分かりにくいのが脳梗塞の前兆ともいわれますが、前兆を感じていた人も30%以上もいてると言われてます。

梗梗塞の前兆も症状の知識があれば、脳梗塞になる前に分かると思います。

脳梗塞は発症してから時間が重要になって来ます。

脳梗塞の前兆に気づくことは大きなことなのです。

脳梗塞の初期症状(一過性脳虚血発作)

では実際に脳梗塞の初期症状(一過性脳虚血発作)についてお話を進めていきたいと思います。

  • ろれつが回らなくなる・言葉がでなくなる
  • 片側の手足や顔面麻痺
  • 片側の手足や顔面が痺れる
  • 片方の目が見えにくくなったり片側にあるものが見えなくなる
  • 目の焦点が合わなくなる
  • 人の話が理解できなくなる
  • 文字がうまく書けなくなる

この症状が長期間続くと誰でも、病院を受診すると思います。

しかし、一過性脳虚血発作は一時的に脳の血流が悪くなることで引き起こされる症状のため、休んでいれば数分で治まってしまいます。

一過性脳虚血発作の後、15~20%の人が3ヶ月以内に脳梗塞を発症する

このような一過性脳虚血発作が起こったまま放置していると、約15~20%の人が3ヶ月以内に脳梗塞を発症し、その半数は48時間以内に脳梗塞を発症すると言われています。

※ 一過性脳虚血発作を経ずに、脳梗塞を引き起こす場合もあります。

脳梗塞の前兆を感じてからは3か月以内に脳梗塞になる人が多いのですね。

かくれ脳梗塞の可能性があると感じたら、本当に脳梗塞の予防が一番大切です。

では、脳梗塞になる原因について考えてみましょう。

脳梗塞の原因

脳梗塞の原因の大きなものとして動脈硬化があります。

動脈硬化とは、血管の内側の壁にコレステロールなどがたまり血管が厚く硬くなることです。

動脈硬化になると血液の流れが悪くなってしまい血管に損傷を与えたしまいます。
動脈硬化が原因となり高血圧や脂質異常症、糖尿病・心臓病になるリスクが高くなるのです。

動脈硬化は生活習慣が原因となる

高血圧や脂質異常症、糖尿病・心臓病病気の原因となるものには

  • 喫煙
  • 飲酒
  • 肥満

などがあります。

日常生活の中に高血圧や脂質異常症、糖尿病・心臓病になる要因があると言えるのです。

そのことからも分る様に、脳梗塞などの動脈硬化性疾患は、生活習慣病であることは言うまでもないですよね。

生活習慣が悪いことで血がドロドロになって動脈硬化が進んだり、脳梗塞になりやすくなっているのです。

血をキレイにしてくれる上に血圧を下げる効果があり、血液サラサラ効果のある 大正製薬のDHA・EPAなどでしっかり予防して下さいね。

脳梗塞の症状を感じたら急いで病院に行く必要があるのです。

その必要性についてご紹介しましょう。

脳梗塞の発症時間と治療方法

4時間以内・・・・・TPAと言う脳の血栓である血の塊を溶かす薬の投与による治療方法

8時間以内・・・・・脳の血管カテーテルによる治療方法

それ以上・・・・・・重度な障害を受ける事がある

後遺症は発症時間に関わらず多かれ少なかれ必ず見られる症状です。

この様に脳梗塞のチェックはFASTが早期発見の大切なポイントになります。

FASTチェック以外に自分で出来るチェック方法がありますのでご紹介しておきますね。

脳梗塞のチェック方法の「FAST」とは?

FAST(ファスト)と言うチェック方法で脳梗塞になっていないかをチェック出来ます。

脳梗塞が発症しても気付かない場合も非常に多いのです。

脳梗塞は発症してから時間がたつごとに悪化し、手遅れになる場合や・ひどい後遺症が残るケースも多々あります。

少しでもオカシイなと思った時にはFASTでチェックしてみましょう。

FASTの具体的なチェック方法はどうするの?

  • Fとは顔のチェック・・・鏡を見た時に顔が歪んでいる
  • Aとは腕のチェック・・・手のひらを上に向けて、腕を前に伸ばして片腕が下がる
  • Sとは言葉のチェック・・・言葉がハッキリ言えない

この3つの中で顔・腕・言葉の一つでもあれば、脳梗塞脳出血といった脳卒中である疑いが70%といわれています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

脳梗塞についてさまざまな記事を書いています。

脳梗塞の症状や後遺症など私が経験した全てのこと【保存版】

脳梗塞の情報をまとめた目次のようなページです。

脳梗塞で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です