《かくれ脳梗塞》知らない間に脳梗塞!かくれ脳梗塞の予防や治療はどうしたらいいの?

今の日本の死亡原因に脳梗塞があります。

まだ脳梗塞が発症していない、かくれ脳梗塞は切実な問題になっています。

まだ症状には出ていないのに、確実に脳梗塞が発症する状況に進んでいるなんて怖いですよね。

まだ症状には出ていないが、確実に脳梗塞が発症する状況に進んでいるのです。

気が付いたら脳梗塞にならないで済むのです。

今から脳梗塞がどれほど恐ろしい病気なのか説明しましょう。

目次

脳梗塞とはどんな病気?

脳の病気の脳卒中がありますが、その種類は脳梗塞、くも膜下出血、脳出血に分かれています。

くも膜下出血の3つの前兆と症状を徹底解説

河合美智子さん 脳出血から仕事復帰へ オーロラ輝子で有名な女優

のページでは、くも膜下出血の3つの前兆と症状については詳しく説明しています。

日本では今、脳卒中の約4分の3が脳梗塞です。

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下した状態になります。

酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死してしまった事を脳梗塞と言います。

日本の死因が第4位、寝たきりの病気の1位は脳梗塞なのです。

脳梗塞ってそんなに怖い病気なんですね。

高齢化に伴って今後の脳卒中の患者数は2020年には、300万人に達すると言われています。

脳梗塞の知識を知る事が必要ですね。

脳梗塞は再発率も非常に高いです。

脳梗塞には前兆がある

脳梗塞は突然なる病気ですが、約3割の人が脳梗塞の前兆を感じてるのです。

脳梗塞の大きな発作の前に小さな発作があることを、一過性虚血発作と言いTIAとも言います。

この一過性虚血発作の中には、様々な症状があるのです。

一般的にはろれつが回らない、力が入らない、言葉がでない等が脳梗塞の前兆と思われがちです。

普段感じる症状も脳梗塞の前兆があるのです。

脳梗塞の前兆である事が分かれば3割だけで無く半数の人が脳梗塞の前兆に気づく事も出来ると思います。

私も脳梗塞を経験していますが、余りに一瞬の出来事なのでそのまま見過ごしてしまうぐらいの症状です。

その症状が一過性虚血発作だったんですね。

脳梗塞の前兆にはこんな症状があります。参考にして下さい。

<脳梗塞の前兆>舌や手足のしびれ

<脳梗塞の前兆>ろれつが回らない

《脳梗塞の前兆》肩こり・首の痛み

(脳梗塞の前兆)眠気や「あくび」やいびきのページを参考にして下さい。

こんなふうに少しの症状がでたら分かるのですが、かくれ脳梗塞はどうなのでしょうか?

かくれ脳梗塞とは?

脳梗塞は治療が終わっても後遺症が残ってしまう事が多い病気です。

絶対になりたく無い病気ですよね。

脳梗塞になる前に少しの前兆を感じる事が多いのですが、何も症状がでない「無症候性脳梗塞」というのもあるのです。

脳梗塞でも症状がでない脳梗塞を「隠れ脳梗塞」というのです。

かくれ脳梗塞は症状がでないのに何故わかるの?

かくれ脳梗塞は症状に出ないので発見する事は非常に難しい事です。

かくれ脳梗塞は人間ドックの検査やCTを撮った際に発見されたり、何らかの症状がでて病院で検査したら、前に脳梗塞になっていた痕が見つかる事があるのです。

かくれ脳梗塞になったら直ぐに予防が必要ですよね。

かくれ脳梗塞はどんな梗塞なの?

かくれ脳梗塞と一般の脳梗塞では発症の仕方に違いがあります。

かくれ脳梗塞の無症候性脳梗塞は小さくて細い血管の梗塞であることが多いと言われています。

かくれ脳梗塞は障害された範囲も小さいので脳梗塞の症状として現れ難いのがかくれ脳梗塞と言うのです。

症状が出ないのが不安ですよね。

脳梗塞は年齢に関係があるのです。では年齢がどの様に影響しているのか説明していきましょう。

かくれ脳梗塞は高齢者に多い

脳梗塞は年齢が上がると様々な事が原因で脳梗塞のリスクが多くなります。

当然かくれ脳梗塞である無症候性脳梗塞のリスクも上がってくるのです。

それは脳梗塞の原因にも大きく関係しています。

何故、脳梗塞になってしまうのか説明していきましょう。

[ad#kiji]

 脳梗塞の原因とは?

脳梗塞とは、脳の血管が何らかの原因で細くなったり、血のかたまりが詰まる事で起こりますが、どの様な事が原因で脳梗塞になるのでしょうか?

脳梗塞の原因は大きく3つに分けられます。

では、脳梗塞に原因について説明していきましょう。

脳梗塞の原因その① 血栓性

血栓性は動脈硬化によって血管の内壁が狭くなり、最終的には血栓が出来て脳梗塞になります。

この手の脳梗塞は自覚症状が少なく一過性脳虚血発作が見られる場合もあります。

自覚症状がないのが怖いですね。

脳梗塞の原因その② 塞栓性

血栓が血管を閉塞させて血流を止めてしまう状態の事を言います。

突発的に起きることが多く、太い脳血管が詰まって重症になる場合もあります。

心臓の不整脈の人は血栓ができやすいため、塞栓性の脳梗塞になり易いと言われています。

脳梗塞は発症して一刻も早く治療をする事が大切なので突発的に起こるのは辛いですよね。

脳梗塞の原因その② 血行力学性

脳の主幹動脈に狭窄や閉塞があり、血流が急激に悪くなっているときに起こります。

  • 血圧低下
  • 脱水症状
  • 貧血

などが症状があると血流が急激に減少し、脳梗塞になるのです。

  • 脳梗塞の原因はなるべく予防しておきたいですよね。

脳梗塞の原因になる危険要因について説明していきましょう。

脳梗塞の原因になる危険要因とは?

脳梗塞になり易い人は

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 心房細動

などの病気を持っている場合にリスクが高まります。

日頃の生活習慣によって脳梗塞のリスクが高まるのです。

では今から脳梗塞の原因である危険要因について説明していきましょう。

脳梗塞の原因の危険要因その① 高血圧

高血圧は、心臓に過度な負担をかけてしまい心肥大となってしまうこともあるのです。

その為に血管は弾力性を失って硬化していくと血管で動脈硬化が起こります

動脈硬化になると脳梗塞などの病気を引き起こします。

高血圧は脳梗塞の原因としては一番の要因になります。

動脈硬化や高血圧は血がドロドロの状態の時が一番原因都言われています。

健康な血液はサラサラな状態です。

その状態が血管にも負担が掛からないし、血栓も出来にくいので動脈硬化の予防や高血圧の予防にも血がサラサラである必要があります。

脳梗塞の前兆を少しでも感じたら予防が大事

脳梗塞の前兆を感じたら病院に行く事も大切ですが日頃から生活習慣や脳梗塞の要因を改善する必要があります。

私も一度、脳梗塞になっているので、食事療法が一番大事と病院で指導を受けています。

それでもなかなか食事療法を続けられないのが現実なのです。

薬の副作用の問題

その他に必要なことは、薬の副作用の問題があります。

私の場合は、高血圧・高脂血症・肥満と最悪な状態でした。

病院で処方された高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

二度と脳梗塞を繰り返すことがないように、食事は出来るだけ野菜中心を心掛けていますが、実際にはなかなか難しく現実的ではありません。

しかし、今までの食生活や生活習慣が招いた結果ですから、そのままの生活を続けていると再発のリスクが高くなってしまいます。

私の場合は、病院から”血圧を下げる薬”と”血液をサラサラにする薬”を処方されたのですが、 薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まらず薬を飲むと、動悸が起こり気分が悪くなってしまい歩けなくなることもなり、によって救急車で運ばれることも度々ありました。

血圧を下げる薬から血管拡張剤する効果のある薬に変えてもらっても副作用は治まりませんでした。

とにかく高血圧の薬は副作用がきつい上に、一度飲むと一生飲み続けなくてはいけません。

高血圧や肥満は生活習慣病です。

食事や生活習慣を1から見直すことが重要であることは言うまでもありませんが、今までの生活を一層するのはとても難しく、色々と悩んだ結果、食事では補えない部分はサプリメントを飲むようにしています。

サプリメントを食事にプラスしたことで、血圧の数値も正常に近づいてきていますし、脳梗塞を発症して3年になりますが再発はしていません。

もう少し早くサプリメントを飲んでいれば、高血圧にも脳梗塞にもならなかったのかも・・・と後悔しています。

参考までに、私が実際に飲んでいるサプリメントをご紹介しますね。今まで色々なサプリを試してみましたが、一番効果を実感したサプリです。

本当は自分で色々と試すことをおすすめしますが、何を選んで良いのか分からない方は、ぜひ試してみてください。

血をキレイにしてくれる上に血圧を下げる効果があり、血液サラサラ効果のある 大正製薬のDHA・EPAを飲んでいます。

EPA.DHAは血行が良くなるので、肥満予防にもなるので痩せやすい体作りをしてくれます。

病気ではない方でも血液がキレイである方が良いに決まっているので健康の為にも良いサプリメントですよね。

DHA・EPAの血をキレイにする成分が600mgも入っているのが決め手になりました。

他のサプリはDHA・EPAが少ないか、値段が高くて続けられないと思ったからです。

血をキレイにする成分が600mgも入っていて、金額も安かったです。

それて、DHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

一般に販売されているサプリメントは瓶に入っているものが多く、何度も開けているとその分空気に触れて酸化してしまいます。

ということは古くなると空気にふれる時間が長く成るので、酸化がどんどん進むってことですよね。

瓶に入ったサプリメントだと酸化するので効果が半減するんですね!
大正製薬のDHA・EPA1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、1000円で購入することができます。

大正製薬のDHA・EPAの公式ページ初回お試し1000円はこちらのページかた購入できます。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

金額も手頃で初回1000円なら試しやすいですよね。

私が色々と試した結果効果があって副作用のないサプリメントです。

食事療法に自信がない方には是非おススメします。

私もお陰様で血圧も安定してきています。

高血圧は脳梗塞の危険要因!血圧が高くなる原因を徹底解明!!

脳梗塞の原因の危険要因その② 動脈硬化

コレステロールが増えて、動脈硬化になった血管は血液の流れが悪くなります。

脳梗塞は、脳の血管が詰まる事で酸素や栄養不足に陥り、脳組織が壊死して起こる病気です。

その事から動脈硬化は、血栓が出来て血管に詰まりやすいので脳梗塞になるのです。

動脈硬化は最も脳梗塞の原因である危険因子を持っていると言えますね。

動脈硬化症とは動脈がかたくなることです。
動脈がかたくなると、血管に支障が出来て血液をうまく送り出せず、心臓に負担をかけてしまいます。

動脈がかたくなると血管の内側がもろくなって粥腫ができ、血管の中がせまくなったり、詰まったり、粥腫がはがれて細い血管を詰まらせたりします。

動脈硬化が起こると体の至る所に支障がきます

動脈硬化の症状・原因・予防について?

脳梗塞の原因の危険要因その③ 肥満

肥満は生活習慣病の一つですが、その事がきっかけで脳梗塞や糖尿病を始めとする様々な病気になってしまいます。

肥満は様々な病気の元になんですね。

肥満から起こる高血圧も脳梗塞の原因になります。肥満だから高血圧になり、大きい病気に発展してしまうのです。

肥満になると、メタボリックシンドローム、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)などの合併症が多くみられます。

《生活習慣病》死の四重奏 脂質異常症ってどんな病気? 糖尿病、肥満、高血圧について

脳梗塞の原因の危険要因その④ 糖尿病

糖尿病の人は一般の人に比べると脳梗塞になる可能性が高いと言われています。

なぜ脳梗塞に、なり易いのでしょうか?

それは糖尿病の合併症に問題があるのです。

どの脳梗塞の危険要因も高齢者に多いのが現状です。

年齢が高くなると脳梗塞のかくれ脳梗塞が多いのです。

脳梗塞と糖尿病の関係は?脳梗塞の危険因子が通常の3倍あった!

脳梗塞の発症の原因は3つの種類がある

脳梗塞の発症の原因によって3種類に分けられます。

脳梗塞は血栓が出来て血管が詰まる病気ですが、血栓が出来る原因があります。

アテローム血栓性脳梗塞・ラクナ梗塞・心原性脳梗塞の3種類からなります。

では今から脳梗塞になる原因について説明していきましょう。

脳梗塞の原因の種類その① アテローム血栓性脳梗塞

脳の太い血管にコレステロールの塊ができて、コレステロールが血管を傷つけます。

それを治す為に血小板が集まり血栓ができ脳梗塞が出来る症状です。

この事が脳梗塞の原因となります。

脳梗塞の原因の種類その② ラクナ梗塞

かくれ脳梗塞の一番の原因はラクナ梗塞になります。

高血圧が原因で脳の細い血管が詰まって動脈硬化が起こります。

動脈硬化が起こって出来た脳梗塞をラクナ梗塞と言います。

この事が脳梗塞の原因となります。

かくれ脳梗塞の多くはラクナ梗塞なんですね。

 

脳梗塞の原因の種類その③ 心原性脳梗塞

心臓にできた血栓が流れてきて血管をふさぐ事が原因で起こる脳梗塞です。

日本も欧米化によって食生活が乱れています。

その為にアテローム血栓性脳梗塞や心原性脳塞栓症が増えてきています。

この事が脳梗塞の原因となります。

では治療について説明しましょう。

かくれ脳梗塞の治療とは?

かくれ脳梗塞の治療は経過観察の場合が多いのが現状です。

自分で脳梗塞の再発予防をする事が最も必要な事になります。

実際に脳梗塞になったら点滴治療や手術を行うようになりますが、かくれ脳梗塞の場合は直ぐの治療よりも脳梗塞にならない体作りが最も大切な課題となります。

かくれ脳梗塞でも血管が狭くなっている場合や、再発のリスクが高い場合は手術や薬の処置も行う事もあります。

かくれ脳梗塞の場合は薬を投与する事で、脳出血の可能性が高まる可能性も出来てしまいます。

かくれ脳梗塞の治療である脳梗塞の予防とはどうすれば良いのでしょうか?

 

脳梗塞の予防や再発予防になる食事とは?

食事を取る時の基本は規則正しい食事時間や栄養バランスを考える事が重要となります。

脳梗塞は生活習慣である食事の原因があります。

生活習慣で改善する必要があるのが規則正しく生活をして栄養バランスのとれた食事を心掛ける事が必要になってきます。

脳梗塞の予防に必要な食事内容を意識して献立を立てる事が大切になります。

特に日本食が体には必要ですが、残念ながら現代社会では日本食を食べる機会も少なくなってきました。

日本食は血液を綺麗にしてくれる作用があります。

脳梗塞は血管が詰まる病気ですが、血管の中の血液がキレイであれば、血管も詰まらなくてすみますね。

ではどんな食事を取れば脳梗塞の予防になるのでしょうか?

脳梗塞の再発予防になる食事その① 青魚

サバ・アジ・イワシなどの青魚にはDHA・EPAが豊富に含まれています

これらの成分は血液をサラサラにして血栓の予防をしてくれると言われています。

高血圧の予防にもなる是非取りたい成分です。

《高血圧》体験したからこそ分かる 食事のメニューとはにも食事療法の情報が書いています。

DHA・EPAの効果とは?

DHA・EPAの効果とは、高血圧予防コレステロールの減らすや中性脂肪を減らす、動脈硬化を予防する優れた成分です。

厚生労働省ではDHA・EPAを合わせて1日に1g摂取することを推奨しています。

なかなか食事からとる事が出来ない人は、サプリメントや健康食品を上手に利用すると良いと思います。

私は高血圧の薬の副作用に悩んでいたのでサプリメントにしています。

薬を飲まないで食事やサプリなどで高血圧を改善したい!そんな人は、ぜひ参考にしてくださいね。

因みに私が高血圧を改善するために飲んでいるサプリは、大正製薬のDHA・EPAですが、飲んでからは血圧も落ち着いています。

食事療法が基本なのですが、毎日工夫し続けるのは出来ないのでさぴプリメントを上手く使いました。

自分に合ったサプリを見つけることで、高血圧の予防・改善ができるようになりますよ。

では、脳梗塞予防に避けたい食事とはどの様なものがあるのでしょうか?

脳梗塞の再発予防になる食事その② 食物繊維

食物繊維は、血中コレステロール値の上昇を抑制する働きをしてくれます。

腸内環境を整えて血液の状態を改善する作用もあります。

食物繊維を多く含む食品とは

  • 豆類
  • 海藻類
  • 根菜類
  • キノコ類

これらの食品が脳梗塞の予防に繋がります。

日頃から意識して味噌汁などにも入れて食べる様にしても良いかと思います。

脳梗塞の再発予防になる食事その③ カルシウム

カルシウムが不足すると、骨からカルシウムが流出してしまいます。

そのカルシウムが血管壁に蓄積して動脈硬化に繋がります。

この動脈硬化が脳梗塞を引き起こします。

動脈硬化の症状・原因・予防について?のページで紹介していますので参考にして下さい。
カルシウム摂取量が不足しがちですから意識して食事を取る様にしましょう。

ではカルシウムを含む食品とは何でしょうか?

カルシュウムを沢山含んでいるのは

  • 乳製品
  • 大豆製品
  • 小魚類

これらの含まれている食品を進んで摂取するようにしましょう。

脳梗塞の原因である動脈硬化を予防する事が重要です。

脳梗塞の予防についてはこのページでも紹介しています。

脳梗塞予防や再発に避けたい食事は?

脳梗塞予防のために避けたい食品はどんな食事なのでしょうか?

食事を気を付けるだけで随分脳梗塞の予防が出来ます。

安心な食事と避けたい食事が分かっていれば便利ですよね。

ではどの様な食事を避けた方が良いのでしょうか?

脳梗塞再発予防に避けたい食事その① コレステロールの取り過ぎ

コレステロールが高い食品は

  • タマゴ
  • バター
  • 牛肉
  • 物性脂肪

これらの食品は避けましょう。

コレステロール値が増えると動脈硬化の原因になります。

血中コレステロールや中性脂肪の量が増えると、動脈硬化の原因となります。

血液がドロドロになり動脈硬化によって血栓を作り脳梗塞になる可能性が高まります。

コレステロールは脳梗塞になる原因になるのですね。

コレステロールを防ぐには、脂質の取り過ぎを控えてヘルシー料理の献立を意識した調理法が必要です。

脳梗塞再発予防に避けたい食事その② インスタント食品やジャンクフードの取り過ぎ

インスタント食品やジャンクフードは塩分・動物性たんぱく質・脂質が多く含まれています。

インスタント食品・ジャンクフードを食べると様々な病気にもなってしまいます。

塩分・動物性たんぱく質・脂質は血液をドロドロにしてしまう原因になってしまうのです。

脳梗塞再発予防に避けたい食事その③ 塩分の多い食品の取り過ぎ

塩分の多い食品の取り過ぎは、高血圧に繋がります。

高血圧は脳梗塞のリスクを上げてしまいます。

既に高血圧が気になる人には大正製薬のDHA・EPAをおススメします。

高血圧は脳梗塞の危険因子なので食べ物では減塩に心がけて下さい

例えば漬物・麺類の汁・干物などの食品は塩分が高いので避けましょう。

他のにも塩分が高い食品である醤油・ソース・味噌などの調味料は避けた方が良いでしょう。

味が薄すぎる人はレモン・酢・香辛料などを上手に使うと食べやすくなります。

今は減塩にも着目されて色々な調味料が手に入ります

簡単減塩調味料セット ( 食塩不使用ケチャップ 食塩不使用醤油 減塩ぽん酢 減塩しお 減塩ソース 減塩マヨネーズ 減塩醤油 )

こんな便利な調味料も出ています。

脳梗塞再発予防に避けたい食事その④ 菓子類や清涼飲料水の取り過ぎ

菓子類・清涼飲料水も塩分が可なり含まれています。

塩分が含まれている事で高血圧となって脳梗塞の危険も増えてきます。

また菓子類や清涼飲料水は糖質が含まれている物が多く肥満に繋がります。

肥満も脳梗塞の原因と言われています。

《肥満度》 肥満は生活習慣病のリスクが高くなるのページも参考にして下さい。

脳梗塞の予防や再発の予防の食事を説明してきましたが、体に良い食事を摂取する事も大切ですが、バランスよく摂取する事も必要となってきます。
自宅で自炊をする事ができないという方は、健康食品などで栄養を補うのもひとつの手段です。

其々の環境に応じての食事の改善方法が大切だと思います。

食事は毎日の事なので続ける事も重要だと思います。

脳梗塞のならない体作りが一番大切ですね。

脳梗塞の予防には血をサラサラにすることも勿論ですが、血管を丈夫にすることも重要になってきます。

丈夫な血管は柔軟性があり柔らかいので詰まったり、破れたりしにくいですよね。

丈夫な血管を作る為に栄養で血管を強くする方法があるのです。

たんぱく質の摂取で脳梗塞の予防になるの?

たんぱく質の少ない人は男性で1、2倍も、女性で2,5倍も心臓病になるリスクがあるのです。

たんぱく質であるお肉や大豆が心臓病に効果があるのですね。

たんぱく質は

・肉類(牛、豚、鶏、ハムなど)

・魚介類(魚、小魚、貝、ねり製品など)

・卵類(鶏卵、うずら卵など)

・大豆および大豆製品(大豆、納豆、豆腐など)

・牛乳および乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)

この様なたんぱく質の豊富な食物を食べれば良いのですね。

血管が色々な事に影響している事は分かりましたがどの様にすれば丈夫になるのでしょうか?

実は身近な食べ物から血管を強くする事が出来るのです。

たんぱく質を取ると血管が強くなる

肉などのたんぱく質を食べていると血管にたんぱく質が巻きついて血管を守ってくれます。

丈夫でしなやかな柔らかい健康な血管が保たれるのです。

たんぱく質を取ると血管が破れにくいのですね。

たんぱく質のお陰で脳梗塞にもなり難くなるのです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?

お役に立つことが出来たら幸いです。 この記事だけではなく、

脳梗塞についてさまざまな記事を書いています。

脳梗塞の症状や後遺症など私が経験した全てのこと【保存版】

脳梗塞の情報をまとめた目次のようなページです。

脳梗塞で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です