児童書「ざんねんねんないきもの」の本・世界一受けたい授業で紹介!

児童書で「ざんねんな生き物」を世界一受けたい授業の中で足り上げられました。

その中でざんねん生き物ベスト10!をご紹介しましょう。

ざんねんないきものベスト10

ざんねんと言うより面白いやビックリする感じです。

今までテレビの中で紹介されてきた生き物は、断片だけの様子を撮影したもので、実は本当のことを知らないことってあるんですよね。

それを改めて知ると意外な一面が分かるのです。

特に良くテレビでも紹介されている生き物の意外な姿をテレビでは紹介されました。

ざんねんないきものベスト10位 メガネザル

メガネザルと言えば、小さくて異常に大きい目が特徴ですよね。

そのメガネザルは目が大きい余りに出来ないことがあるのです。

目が多き過ぎるので、目玉が動かせないのです!

他のサルは普通に目玉を動かすことが出来るのですが、メガネザルは目玉が頭蓋骨から目玉がはみ出しているので、目玉が動かせないのです。

その分、頭を動かして後ろを見ているのです。

その分、真後ろまで首が回る様になっているのです。

ざんねんないきものベスト9位 ヤブイヌ

熱帯雨林に生息するヤブイヌは、ヤブイヌのメスはおしっこする時に逆立ちをしてするのです。

ビックリですよね!

おしっこをかけるのは、縄張り争うの為に行うのですが、特に高い位置にかけることで、体が大きいことを主張しているのです。

試行錯誤した結果が逆立ちすることなんですね!
[ad#kiji]

ざんねんないきものベスト8位 ブタ

ブタと言えば太っている印象がありますよね!

でも、体脂肪15%しかないのです。

生まれていたブタには2%ぐらいしかないのです。

だけど太っている印象がありますよね。

人間に、ブタと言えば悪い印象がいつのまにかついてしまっているのですね。

ざんねんないきものベスト7位 頭巾アザラシ

北極周辺に生息する頭巾アザラシは、オスの戦い方が残念なのです。

ケンかをするときに鼻の粘膜を広げるのです。

それは風船のようなんです。

粘膜を広げるのは、痛みを伴うので本当はしたくないですよね!

でも力関係を表す時には、風船のように膨らまし大きく膨らんだ方が強いとされています。

ざんねんないきものベスト6位 アルパカ

アルパカと言えば、モクモクした毛並みで可愛いイメージがありますよね。

でも、このアルパカが起こると口からゲロを履くのです。

この匂いが臭くて敵を威嚇するのです。

アルパカの様な装飾動物は、飲み込んだ草を胃から再び戻し再び飲み込んでいるのです。

この胃液が混じっているゲロを履くので、相当な臭いがあると思います。

ざんねんないきものベスト5位 フェネック

世界一位可愛い動物とされているフェネックです。

可愛いと思っているのですが、実は可愛いはずのフェネックがそうでもないのです。

その特徴はなのでしょうか?

足の裏がぼうぼうなんです。

肉球がかわいいという印象がありますよね。

フェネクの場合は、砂漠で生活しているので足の保護があるのです。

ざんねんないきものベスト4位 シロイルカ

シロイルカは哺乳類としては命がけの方法で身を守っているのです。

固い氷で体を傷つけてしまうので、皮膚がボロボロになってしまうのです。

そのことで、皮膚を脱皮させて新しい皮膚の変えるのです。

シロイルカは浅瀬に行って体を傷めることで皮膚を新しくして体を守っているのです。

ざんねんないきものベスト3位 バク

うんこをするときには、水中でするのが特徴です。

水中でうんこをすることで、臭いが分からないので敵から身を守っているのです。

陸上でうんこをするとトラなどに襲われるからなんですね。

ざんねんないきものベスト2位 ハイエナ

ハイエナは白い糞をするのです。

ハイエナは骨まで食べてしまので、排便も白くなってしまうのです。

便が白いと誰だってビックリしますよね。

ざんねんないきものベスト2位 デンキウナギ

デンキウナギの喉には肛門があるのです。

デンキウナギの80%はデンキを出す発電所なので、生きるためにある胃や腸は上の方にあるので肛門は喉の中に出来たのですね。

最初は獲物がどこにいるのか分かるために少量の電気を出していたのが、進化につれて敵を気絶させるようになったのです。

動物な様々な行動が敵から身を守る為にあるのですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です