林修の今でしょ!講座 毛細血管と病気の関係!SP

林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル血液型と性格の関係!血液型と病気の関係のウソ?ホント?国民の疑問を解消SP

2017年5月2日(火) 19:00〜21:48に放送の番組です。

出演者
【MC】林修
【進行】宇佐美佑果(テレビ朝日アナウンサー)
【講師】赤澤純代 市原淳弘 奈良信雄
【学友】草刈民代 劇団ひとり 剛力彩芽 小籔千豊 高橋英樹 新妻聖子
最新研究で判明された血液型が大きく関係しています。

良く血液型で性格判断する事はありますが、血液型と病気が関係あるとは?

その固有の特質や、なぜ血液型が分かれているか知らない人は多いはず。

血液型は実は300種類もあるのです。

びっくりしますよね。

血液型の疑問を徹底解消SPでは毛細血管と病気の関係について説明していきます。

毛細血管とは?

毛細血管の数は100億本の毛細血管があると言われています。

人間は骨と筋肉を除く80%は血管と言われています。

その血管のうちの99%は毛細血管なのです。

毛細血管は人体の中で最大の臓器とも言えるのです。

100本の毛細血管をつなぎ合わせると地球2周半になるのです。
およそ10万キロになるのです。

毛細血管の役目ってなに?

毛細血管は生きる為に必要な物々交換をしている場所とも言われています。

血管は3つに分かれています。

動脈、静脈、毛細血管です。

  • 動脈・・・心臓から送り出された血液を送り出す血管
  • 静脈・・・血液を心臓に戻す血管
  • 毛細血管・・・動脈と静脈の間に合って細胞に必要な酸素や栄養を与える血管

毛細血管は細胞に不要な二酸化炭素と老廃物を回収する役割があるのです。

身体に必要な物と不必要な物を物々交換してくれるのが毛細血管なのです。

でも何らかの理由で毛細血管が消える事があるのです。

それをゴースト血管と呼ばれます。

毛細血管がゴースト血管になるのはどうしてでしょうか?

毛細血管がゴースト血管になる理由とは?

ゴーす血管になると数が減ったりねじれたりしてしまいます。

こうなると病気に掛かり易くなるのです。

毛細血管の上には壁細胞と言う毛細血管を外側から補強して形を維持する細胞があります。

毛細血管には小さな穴が空いていています。

その血管が何らかの理由で血液の量が多くなり酸素が行かなくなるのです。

血液が流れない状態が続くと毛細血管自体も消えてなくなってしまうのです。

毛細血管にどうして穴があいてるの?

毛細血管は周りの細胞に酸素や栄養分を届ける役目があります。

血液に酸素や栄養分を届ける為に穴が開いていて血液が漏れるのです。

毛細血管は周りの細胞に酸素や栄養を届ける為に適度に漏れる様になっているのです。

毛細血管の異常によってバランスが崩れる事が起こります。

どの様な異常なのでしょうか?

毛細血管がゴースト血管になる理由 加齢

加齢によって周りを補強する壁細胞が剥がれてしまうのです。

壁細胞が剥がれると漏れる量が多くなり、血液を送る量が減ってしまうのです。

血液が行かなくなった血管がゴースト血管になるのです。

血管の機能が失われてしまうのです。

毛細血管は何歳から減るのか?

毛細血管は40歳から減る傾向にあるのです。

60代は20代に比べて約4割も毛細血管が少なくなるのです。

最近では若い人でも生活習慣から毛細血管の現象があるのです。

生活習慣って大切ですね。

では毛細血管と病気について説明していきましょう。

毛細血管と病気の関係とは?

毛細血管が減ると体に悪影響が起こります。

毛細血管が減少すると身体の機能に影響が起こります。

その結果で様々な病気を引き起こしてしまいます。

毛細血管の現象をきっかけにどの様な病気になるのでしょうか?

では毛細血管と病気について詳しく説明していきましょう。

毛細血管と病気その① 薬の効き目が悪くなる

毛細血管が減ると優れた薬でも効果が悪くなるのです。

毛細血管が衰えると薬が入って行かないので運べなくなるのです。

毛細血管が衰えると血液の漏れる量が多くなってしまうからです。

どんな良い薬も効かなくなるんですね

毛細血管と病気その② かぜをひきやすい

毛細血管が減ると免疫細胞の通り道が無くなり免疫力が低下してしまいます。

体の免疫である白血球が細菌やウイルスを防いでくれるのです。

その道が通れないと免疫が落ちてしまいますよね。

その結果、かぜにも掛かり易くなるのです。

勿論、免疫力が低下してしまうと様々な病気になってしまいます。

免疫力については免疫力アップSのページを参考にして下さい。

毛細血管と病気その③ 冷え性になる

毛細血管が減ると冷え性にもなりやすい。

毛細血管は酸素や栄養の他にも温度を運んでいます。

私達の体温が一定に保たれているのは、毛細血管のお陰なのです。

毛細血管が減ってしまうと体が冷えてしまい冷え性になる可能性があるのです。

この様な病気もありますが、命に関わる病気にもなるのです。

サントリー DHA&EPA+セサミンEX 120粒

毛細血管と病気その④ 高血圧になる

毛細血管が減るとどうして高血圧になるのでしょうか?

高血圧になる2つの理由

酸素と栄養が行き届かないと心臓が血液を押し出そうとする

血管が硬くなるので更に高血圧を引き起こす

毛細血管が減ると血管の中の圧力が高まり高血圧になるのです。

高血圧》治療の方法 血圧を改善させる基本の3つのことは? 

高血圧が酷くなると苛烈して脳出血になるのです。

河合美智子さん 脳出血から仕事復帰へ オーロラ輝子で有名な女優

毛細血管と病気その⑤ 心筋梗塞

毛細血管が減ると高血圧になり、心筋梗塞のリスクが高まります。

心筋梗塞の要因である高血圧は本当に避けたいものです。

ガッテン 運動をして心臓を強くする 心筋梗塞の再発予防も出来る!のページで心筋梗塞について詳しく説明しています。

毛細血管と病気その⑥ 脳卒中

毛細血管が減ると高血圧になり、脳卒中のリスクが高まります。

脳卒中は日本で死因4位の怖い病気です。

脳卒中も高血圧が要因と言われています。

高血圧は脳梗塞の引き金になる!血管のボロボロには要注意!

毛細血管と病気その⑦ アルツハイマー病

脳には全身の血液の15%を必要とします。

脳は毛細血管がぎっしり詰まっているのです。

血液のながれが悪くなって酸素やウイ用が届かない状態が起こると脳の機能が低下するのです。

その為にアルツハイマー病や認知症になるんです。

認知症 アルツハイマー病は4人に1人の患者数 

毛細血管と病気その⑧ 骨粗鬆症

毛細血管が減ると骨粗鬆症になると言われています。

骨にも毛細血管が大く含まれている臓器なのです。

骨にも毛細血管があったのですね。

毛細血管が減ると骨折し易くなったり骨粗しょう症になってしまうのです。

毛細血管と病気その⑨ 糖尿病

毛細血管が減ると酸素や栄養が全身の細胞に届かなくなってしまいます。

食事でとったエネルギーが消費されずに過剰な糖分として血管の中に残ってしまうのです。

その結果、血糖値が上がって糖尿病になってしまうのです。

《糖尿病》原因 症状 治療 の全て☆

病気だけでなく毛細血管に異常が起こると美容にも影響がおこるのです。

ではどの様な影響があるのでしょうか?

毛細血管と美容の関係

肌の老化にも毛細血管が影響しているのです。

毛細血管が減ると肌の老化に繋がるのです。

その主な原因は肌に栄養が運ばれなくなるのです。

毛細血管が減るとどうして肌の老化が起こるのでしょうか?

毛細血管と肌の老化について

毛細血管が運ぶ酸素や栄養を使って肌の生まれ変わりを行っているのです。

肌の新陳代謝ですね。

肌には水分が必要ですね。

酸素と栄養があれば水分も生み出してくれるのです。

酸素と栄養、水分は肌には必要ですよね。

毛細血管が消えてしまうと酸素と栄養、水分が減っていくので、肌の老化が起こるのですね。

毛細血管が減ると色々な病気や美容に関係するのですね。

血管が色々な事に影響している事は分かりましたがどの様にすれば丈夫になるのでしょうか?

実は身近な食べ物から血管を強くする事が出来るのです。

たんぱく質を取ると血管が強くなる

肉などのたんぱく質を食べていると血管にたんぱく質が巻きついて血管を守ってくれます。

丈夫でしなやかな柔らかい健康な血管が保たれるのです。

たんぱく質を取ると血管が破れにくいのですね。

たんぱく質のお陰で様々な病気にもなり難くなるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です