ガッテン 運動をして心臓を強くする 心筋梗塞の再発予防も出来る!

2017年4月19日放送のガッテンでは、私達の掛け替えのない命を支える臓器である心臓について放送されます!

この心臓がある事をきっかけに危険に晒されると言うのです。

もし心筋梗塞になっても亡くなる可能性が低く成ったり後遺症も残りにくい予防法があれば嬉しいですよね。

ガッテンでは、強い心臓について詳しく説明してくれます。

出演者は

【ゲスト】麻木久仁子,ビビる大木,大島麻衣,【司会】立川志の輔,小野文惠,【語り】山寺宏一でお送りいたします。

番組では心筋梗塞について説明されますが、そもそも心筋梗塞とはどんな病気なのでしょうか?

心筋梗塞とは?

心筋梗塞とは、心臓の血管が狭くなってところに動脈硬化でできた血栓が詰まって、血液が流れなくなる病気です。

心筋梗塞になると心臓の筋肉が壊れ始め、心臓が酸欠状態になります。

心筋梗塞になったら早急に処置をしないとが命にかかわってきます。

心筋は一度壊死してしまうと回復する事ができなくなる怖い病気です。

心筋梗塞以外にも脳梗塞の様な血栓が原因になる病気もあります。

脳梗塞の記事は脳梗塞の予防と再発防止!

脳梗塞を体験をしたからこそ分かる 前兆 症状 原因 治療 予防の全て☆

後遺症については《脳梗塞》後遺症としびれと痛みについて【私の体験談】のページに詳しく説明しています。

血栓が出来たら酸欠状態になると言うのですが、それはどうしてでしょうか?

心臓が酸欠状態になるってどういう事?

心臓の取り巻く血管が詰まると心臓に酸素が行かなくなります

その事で心臓の細胞が次々と死んでいく心筋梗塞になってしまうのです。

血液が詰まる事で酸素が行かなくなるのですね。

その怖い心筋梗塞はどんな症状があるのでしょうか?

心筋梗塞の症状とは?

心筋梗塞の症状としては、胸が締め付けられるイメージがありますが、それ以外も心筋梗塞の症状が現れてきます。

心筋梗塞の症状は

  • 胸に激痛がある
  • 動悸が止まらない
  • 激しく脈が乱れる
  • 呼吸困難になる
  • 吐き気がある
  • 冷や汗が出る
  • 顔面蒼白になる
  • 肩や腕の痛む

この様な症状が出たら心筋梗塞の可能性があります。

命に関わる心筋梗塞ですが、強い心臓を作る研究が進んでいるのです。

その研究所について説明していきましょう。

[ad#kiji]

熱帯魚を使った心臓の研究所

熱帯魚を使って心臓の研究をしている研究所があるのです。

ゼブラの熱帯魚が人間の心臓に似ている事から熱帯魚を使って心臓の研究されているのです。

この研究から酸素が無くても大丈夫丈夫な心臓がある事が分かったのです。

酸素が無くても動くのは不思議ですよね。

低酸素に強い状態が出来る事は人間にとっても良いですね。

遺伝子操作で人間の心臓も強くなる

遺伝子操作をしたらどうして心臓が強くなるのでしょうか?

心臓に大きな血栓が出来て心筋梗塞になったとしても復活する事もあるのです。

心機能が良い状態とはどのような状態でしょうか?

心臓自身に血の塊が出来て酸素が遅れなくなり心筋梗塞になるのですが、酸素が遅れないまま心臓が強く居続ける秘密とは何でしょうか?

心臓が強くなるのは何故でしょう?

心臓自身に血の塊が出来て酸素が遅れなくなり心筋梗塞になるのです。

この方の心臓が凄いと言われています。

心筋梗塞になる前にある前兆があるから心臓が強くなるらしいのです。

そのある事とは?

胸の痛みがある事が心筋梗塞の前兆があるのです。

心筋梗塞の前兆がある人は心筋梗塞が軽くて済むのです。

なぜ心臓は酸素が必要なのでしょうか?

エネルギーがあると心臓が動くのです。

その酸素がミトコンドリアのエネルギーの元なのです。

ミトコンドリアも少ない酸素では、なかなか強く活動する事が出来ないのです。

この状況に異変を感じてミトコンドリアが少ない酸素でも効率良く長く動き続けるモードになるのです。

人間の体って不思議ですね。

酸素が無い状態でも心筋梗塞が軽くて済むのですね。

では、心筋梗塞が軽くすむ理由を詳しく説明していきましょう。

心筋梗塞の胸の痛みがあると心臓が強くなる理由とは?

心筋梗塞になる前兆を感じたらミトコンドリアにも心臓が危険であるサインが行くのです。

前もって症状が伝達されるので軽く済むのです。

酸欠を事前に分かっているので、心筋梗塞のダメージも少なくて済むのですね。

酸欠状態の心臓が少ない酸素でも生き延びようとするのです。

心筋梗塞の様な大きな発作から心臓を守ろうとするのです。

この現象をプレコンディショニングと言われます。

心臓に起こるプレコンディショニングの力は?

心筋梗塞の不思議な現象が予後が屋いのです。

心筋梗塞になる前に狭心症がある方が心臓が強くなるのです。

でも心臓に起こるプレコンディショニングも数日で消えてしまうので要注意ですね。

日常の生活で心臓が強くなる方法があれば嬉しいですよね。

では、心臓を強くする方法を説明していきましょう。

心臓に軽い負荷を掛けると心臓が強くなる

心臓病の予防には運動が効果がでるのです。

特に有酸素運動が効果があると言われています。

心拍数110程度の運動が目安

ちょっとこれから辛くなるぐらいの脈拍なのです。

これで強い心臓が作られるのは嬉しいですね。

脈拍をきちんと図って健康管理をしたいものです。普段から階段を使うなど日常から気を付ける事が大事です。

有酸素運動や筋トレと組み合せる事で心臓が強くなるのです。

心臓が強くなる運動の種類とまとめ

心筋梗塞の症状は

  • 胸に激痛が走る
  • 動悸が止まらない
  • 激しく脈が乱る
  • 呼吸困難になる
  • 吐き気
  • 冷や汗
  • 顔面蒼白になる
  •  肩や腕の痛み

等の症状があれば心筋梗塞になる危険があります。

運動をする事で心臓の病気になり難いなら頑張りたいですよね。

では心臓を強くする運動を紹介しましょう。

心臓が強くなる運動の種類は

  • 有酸素運動
  • 自転車こぎ
  • 早歩き
  • 坂道を歩く
  • 階段の上り降り
  • 筋トレ
  • 壁たてふせ

心臓が強くなると日常生活も楽になるのです。

常に運動する事を意識すると様ですね。

心筋梗塞の再発予防に運動が最適

心臓は軽い負担をかけてあげることで、心臓の機能を良くする事が分かっています。

息切れの程度や体で実感出来るのです。

心臓の機能は運動によって改善されるのです。

運動によって足の筋肉も良くなるので血液の流れが良くなるので再発の予防になるのです。

安全に行える運動は人によって異なりますので、運動療法は必ず医師の指導の下で行う様にしましょう。

心筋梗塞にならない為には心臓を強くすることも重要ですが、血管を丈夫にする事も大切になります。

血管はたんぱく質が不足すると弱くなり心筋梗塞にもなり易くなります。

どうしてたんぱく質の不足はいけないのでしょうか?

たんぱく質不足で心筋梗塞になるの?

たんぱく質の少ない人は男性で1、2倍も、女性で2,5倍も心臓病になるリスクがあるのです。

たんぱく質であるお肉や大豆が心臓病に効果があるのですね。

たんぱく質は

・肉類(牛、豚、鶏、ハムなど)

・魚介類(魚、小魚、貝、ねり製品など)

・卵類(鶏卵、うずら卵など)

・大豆および大豆製品(大豆、納豆、豆腐など)

・牛乳および乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)

この様なたんぱく質の豊富な食物を食べれば良いのですね。

血管が色々な事に影響している事は分かりましたがどの様にすれば丈夫になるのでしょうか?

実は身近な食べ物から血管を強くする事が出来るのです。

たんぱく質を取ると血管が強くなる

肉などのたんぱく質を食べていると血管にたんぱく質が巻きついて血管を守ってくれます。

丈夫でしなやかな柔らかい健康な血管が保たれるのです。

たんぱく質を取ると血管が破れにくいのですね。

たんぱく質のお陰で心臓病にもなり難くなるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です