ガッテン! 水虫の治し方 感染ルートと予防法!

2017年7月26日(水)7:30PMに放送された「まさか私が水虫に!?驚きの感染ルートを新発見」

出演者 ゲスト 藤井隆、くわばたりえ、大島麻衣でお送くり致します。

水虫の感染ルートを特定して予防に至るまでの内容が紹介されました。

水虫で悩んでいる人や、水虫に気付かづ皮膚のトラブルを抱えている人に必見の内容になっています。

番組の内容にプラスして、普段に役立つことを中に入れながら紹介したいと思います。

水虫の原因は、水の中の虫ではなく、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種です。

白癬菌(はくせんきん)は、皮膚表面の角質層に寄生することを原因とする皮膚感染症です。

水虫の治し方は、きちんと治したら再発しないようになるのです。

水虫の薬を付けても治らないことも多いですよね。

病院に行ってお薬を貰ったとしても途中で薬を止めてしまうといけないのです。

自分で勝手に治ったと判断して薬を止めてしまうと、水虫が再発してしまうのです。

その数は2人に1人は再発しているという結果がでています。

50%の人が再発をしているのは、治療が中途半端になっているのが原因の一つなんです。

徹底的に薬をぬって治療をしなければならないのです。

クリアフットヴェールは、何度も繰り替えされる水虫の退治にも効果が発揮されています。

薬に調合されている、竹酢液で水虫菌の元を押し出し、サリチル酸の効果で奥深くまで浸透させ、深い所にいる白癬菌を退治してくれるのです。

水虫の原因である白癬菌は水虫薬の攻撃を受けると、多くは殺されますが、角質層の奥深くで殻に隠れて身を守って生き残るものもいます。

その為サリチル酸の効果を使って浸透を良くしてるのですね。

とにかく早く感染ルートを断つ為にも、薬で白癬菌に汚染された箇所を治したいですよね。

皮膚科に行くのにも時間の無い人には特におススメです。

クリアフットヴェールはここから購入できます。

インターネット販売では、全額保証制度があるので安心して試して貰えます。

徹底的に治したい人におススメの水虫専用の薬となっています。

今や日本人は5人に1人は水虫という統計が出ていますが、自覚症状が無い人が殆どなんです。

知らない間に水虫になっている事があるので困りますよね。

自分では水虫が移る様な所には行っていないのに、何故か水虫になっている事ってありませんか?

どうして感染しているのか、発見できたら助かりますよね。

水虫には、こんなに多くの種類があります

  • トリコフィトン・ルブルム
  • ミクロスポルム・カニㇲ
  • アスペルギルス・ニーゲル
  • スポロトリコーシス
  • フサリウム

水虫にも沢山あるのですね。

水虫には感染ルートがあるのですが、本人には覚えのないことも多いのが水虫!!

水虫だからと言って100%痒みがでることも無いので、余計に分からないのが現状なんです。

水虫は痒いというイメージがありますが、その数は20人~30人に1人と言われているのです。

意外に痒みが少ないのにビックリしますよね。

水虫は 物凄く痒いと思っていました。

皮膚がカサカサになって要る部分も水虫のことが多いのです。

皮膚がカサカサになることって乾燥や年齢が原因でカサカサになっていることも多いですよね。

それで考えると自覚症状も無いので、水虫を防ぐのは難しいのです。

自分が水虫ではないと思っていても、水虫になって要るケースもあるのです。

でも感染ルートが確定できると予防もできますよね。

水虫の感染ルート

痒みの症状がないので、病院にいくのが遅れていることも十分に考えられます。

その為に症状が悪化するもで放置していたりすることが多いのです。

でも、症状が現れないと病院には行かなないですよね。

ここでは、水虫がどこで感染したのかご紹介します。

水虫の感染ルート① 床の上

床に落ちた白癬菌を踏むと、水虫の原因である白癬菌が足の角質層に入り込みます。

水虫菌が激しく活動すると免疫細胞が攻撃してくるのです。

この作用が水虫の痒みのもとになるのです。

この様に痒くなったら、水虫になったことも分かり易いですよね。

でも、どうしてかゆみが起こらない水虫があるのでしょうか?

かゆみが起こらない原因はなぜ?

床に付いた白癬菌を踏んでも、水虫の原因である白癬菌が角質層の表面にだけ付着している場合は、免疫細胞まで届かないのでかゆみが起こらないのです。

免疫細胞が水虫菌が入ったことに気付かないのですね。

その結果、水虫の症状のかゆみが出ないと言う事です。

ただ、表面は水虫の症状がでるので、かゆみが無くても治療はする必要があります。

免疫細胞が水虫の原因である白癬菌が入っていることに、気付いていてもかゆみが出ないことがあります。

水虫にかゆみの症状が出ないのは、免疫力が弱っている時に免疫細胞が働かないことが原因です。

かゆくなるかは、個人の免疫力によって違うのですね。

人間の細胞と水虫の原因である白癬菌の細胞は良く似ているので、ちょっと付いても強い反応は起こらないのです。

水虫の感染ルート② 家族に水虫の人がいる

家族に水虫に感染している場合は、部屋中に水虫の原因である白癬菌が繁殖しているのです。

特に共通の場所には可なりの水虫の原因である白癬菌があるので、小まめな掃除が大切ですね。

足に水虫がある人が裸足で歩く場所のリビング・畳・バスマット・いつも一緒に居ている場所は特に要注意です。

これらの場所には、ほぼ100%、水虫の原因である白癬菌がいると思って間違いありません。

家族に水虫の人が居たら気を付けることが必要です。

水虫の性質を知れば、少しでも感染を防げますよね。

[ad#kiji]

水虫の性質

水虫は小さな皮膚のかけらを巻き散らすことから繁殖が始まります。

水虫の原因である白癬菌はケラチンを養分として成長していきます。

ケラチンは

  • 髪の毛
  • 皮膚

人間の髪の毛・爪・皮膚に多くケラチンが存在します。

水虫の原因である白癬菌は感染力は弱い

短期間一緒にいるだけでは移りにくく、長い間いる場合はうつりやすいのが特徴です。

だから、家族に水虫の人がいると当然うつる可能性か高くなりますよね。

家の中で感染するのは、長期間一緒にいるからなんです。

水虫の原因である白癬菌は皮膚に付着した後、皮膚表面の角質層に侵入しようとしますが、侵入には24時間ほどかかるといわれています。

それだけの時間がかかるので、お風呂に入って流してしまえば感染力は更に弱まります。

水虫の原因である白癬菌は生命力は強い

剥がれ落ちた人の皮膚でも半年~1年も生息しているのです。

床に落ちた水虫の原因である白癬菌、はいつまでも生き続けていることになるのです。

感染力が弱くても生命力が強いと、しっかり排除しないといけないですよね。

家族の誰かが少しでも皮膚がカサカサしていたら一緒に治療することが大切になってきます。

でも、家族と一緒に居ながら予防するってどの様にすればいいのでしょうか?

水虫の予防には

一番家の中が感染してしまう場所ですよね。

その場所の水虫の原因である白癬菌の駆除をしたいところです。

水虫の予防① 掃除機

掃除機をまめにかけることで水虫の原因である白癬菌の駆除になります。

人の皮膚についたゴミは小まめに捨てることが大切になります。

手軽に掃除機を使えるのでおススメです。

水虫の予防② スリッパ

靴下やパンストは網目が荒いので、水虫の原因である白癬菌が通り抜けてしまい感染してしまいます。

これでは、水虫の原因である白癬菌が皮膚についてしまうので、スリッパが必要なんですね。

抗菌衛生のスリッパは衛生的で安心ですね。

水虫の予防③ バスマット

水虫の原因である白癬菌は、一般の洗剤に弱く感染を防げるので有効です。

水虫の原因である白癬菌を含む皮膚のかけらは洗えば落ちてくれます。

一番良いのが家族の人と違うバスマットを使う様にすると感染は可なり防げますよね。

水虫の予防④ 足をやさしく洗う

水虫の原因である白癬菌は感染力が弱いので、せっけんの泡でやさしく洗うと角質の中に侵入できませんので安心です。

一日一回はお風呂などで優しく洗いましょう!

角質をやさしく取ってあげるのも効果的です。

ただし、皮膚に刺激を与えすぎてしまうと、皮膚に傷が入って水虫菌が入ってしまう可能性があるので要注意です。

水虫の原因である白癬菌は付着しても侵入には24時間ほどかかるので、洗い流してキレイな状態にリセットしてしまいましょう。

こういう対策をすれば、家族みんなが安心ですよね。

水虫の予防⑤ 湿気を取る

水虫の原因である白癬菌は温度15度以上、湿度70%以上になると急激に増殖します。

その為、「高温多湿」の環境になると、水虫菌は活発に活動し、長時間はいている蒸れた革靴やブーツの中などは水虫菌が繁殖しやすい場所となります。

高温・多湿は水虫の住処になってしまいますよね。  特にブーツの季節や汗をかく季節は要注意です。

普段から湿気を取る習慣があれば、水虫から足を守れますよね。

水虫の予防⑥ 5本指の靴下

靴下をこまめにかえることも大切ですが、足の指がくっつきがちな人は、5本指靴下がおすすめです。

指がくっ付いてしまうと、湿気が多くなり通気性も悪くなります。

臭いの原因にもなるので気を付けましょう。

5本指の靴下をおススメします。

靴は足を蒸らす原因になります。

こんな人は注意が必要です。

  • 長時間にわたって通気性の悪い革靴をはく
  • 足先の指同士がくっつきやすいハイヒールやパンプス 、ストッキングをはいたままになる
  • 長時間足が蒸れる状態にある

どうしても足が蒸れる環境になる人は水虫になりやすくなります。

少しの時間でスピーディに乾燥させる除湿剤を使用する事も必要です。

小まめなケアーをしましょう!

この様に水虫の予防方法は沢山ありますので、少しずつ試してみるのが良いと思います。

もうすでに症状が出ている人や、皮膚がカサカサになってしまってる人は、徹底的に薬をぬって治療をしなければならないのです。

クリアフットヴェールは、何度も繰り替えされる水虫の退治にも効果が発揮されています。

薬に調合されている、竹酢液で水虫菌の元を押し出し、サリチル酸の効果で奥深くまで浸透させ、深い所にいる白癬菌を退治してくれるのでおススメです。

皮膚科に行くのにも時間の無い人には特におススメです。

クリアフットヴェールはここから購入できます。

インターネット販売では、全額保証制度があるので安心して試して貰えます。

徹底的に治療をしたい人におススメです。

水虫の症状について知っておけば、もしかして水虫・・・・って気づくかも知れませんよね。

では、ここで水虫の症状をご紹介しましょう。

水虫の3つの症状

体のさまざまな部位に感染する水虫の元なる白癬菌ですが、一番多くは足に感染するケースが圧倒的に多いと言われています。

水虫の9割の人が足の水虫なんです。

足に多く出来る水虫ですが、症状が其々に違います。

足の水虫は、症状別に3つの種類に分けられています。

水虫の症状① 趾間型(しかんがた)

足の指の間にできる水虫のことで、足水虫で一番多いとされています。

  • 皮膚がふやけて白くなり、ジュクジュクとただれるタイプ
  • 皮膚が乾燥して皮がむけて、カサカサとひびわれるタイプ。

の2種類があって、多くの場合、強いかゆみを伴うのが特徴です。

この水虫は良くある症状なので、症状が出ている人は早く薬をぬって完全に治すことをおススメします。

水虫の症状② 小水疱型(しょうすいほうがた)

足の裏側に細かな水泡ができるタイプです。

プツプツした水泡の様な物が皮膚に出来て強いかゆみを伴うのが特徴です。

水虫の症状③ 角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)

足裏の皮膚が固く硬化して、乾燥してひび割れた所から水虫になります。

かゆみが少なく加齢による肌荒れに思われることも多く水虫と気付かないことも多いのが特徴です。

水虫は感染しますので、症状が少しでも感じるのなら家族の為にも、早く治したいですよね。

今まで人の感染の説明をしてきましたが、動物にも水虫が感染するのです。

ペットにも水虫がある

ペットにも水虫が感染するのですが、まれに人にも感染したり皮膚が赤くなって、かゆみの症状もでたりします。

ペットも清潔にして水虫に感染しないようにしましょう!

ペットの感染は、犬や猫以外に様々な動物に感染するのです。

家の中は清潔に保つのが一番ですよね。

家族を守ろうと思ったら、家の中に住んでいる動物のケアも同時に行いましょうね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です