ガッテン!「ピーナッツオイル健康パワー解放ワザで血管を強くしなやかに!」死亡率2割減!

2017年1月11日(水) 19:30〜20:15から、ガッテンでは、血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材として浮かび上がったのが、ピーナッツだったと紹介されます。

ピーナッツを食べれば死ぬ確率が2割減るのです。

ピーナッツは普段でも手軽に食べれますよね。

【ゲスト】笑福亭笑瓶,島崎和歌子,山根千佳,日本料理店主人…野崎洋光,【司会】立川志の輔,小野文惠,の皆さんで番組がススメられます。

血管を強くするのは、健康にとって大切な事ですね。血管と食生活を研究していたアメリカのハーバード大学が研究結果を発表しました。

今から詳しく説明していきますね。

[ad#kiji]

ピーナッツの不思議な生態について

地中で育つのはピーナッツだけなんです。

マメ科の植物には子房柄というものがありますが、地中に伸びるのはピーナッツだけなんです。落花生は1日で萎んでしまう花なんだそうです。

 

ピーナッツはどれぐらい食べれば良いのでしょうか?

1日20粒で良いそうです。

カロリーにしたら150kカロリーなので食べ過ぎは要注意です。

テレビでは、肉や炭水化物を少なくしてカロリー調整をすると良いと言ってました。

手軽に食べられる様に食卓に置いておけば良いですね。

 

ピーナッツを美味しく食べるには?

ピーナッツを炒めると香りが出て来ます。ピーナッツには300種類の香り成分があります。

 

 

ピーナツが血管を強くする

 

アメリカのハーバード大学が30年間にわたって12万人の食生活を調べたたそうです。

研究で分かったことは、血管を健康にして死亡率を飛躍的に下げる食材として浮かび上がったのが、ピーナッツだったのです。

 

ピーナッツが血管を強くする理由とは?

ピーナッツに含まれる油は、コレステロール値をさげるほか、血管を強くしたり、糖尿病を軽減したり、糖尿病の予防になります。
ピーナッツは驚くほどのスーパーパワーをもっているんです。

コレステロール値が上がると様々な病気を引き起こします。健康を維持するためのもコレステロール値を下げる必要がありますね。

ピーナッツの油の詳しい内容を説明していきますね。

 

ピーナッツに含まれている油とは?

ピーナッツは地中に潜るのには理由があります。空中にあるよりは地中の中の方が安全だからなんです。

地中のミネラルがピーナッツの中に入りデンプンを油に変えてくれています。その油に変えてくれます。

ピーナッツの油は不飽和脂肪酸の一種のオレイン酸が含まれています。

その他にリノール酸・パルミチン酸・αリノール酸が含まれています。

 

 

不飽和脂肪酸やオレイン酸、リノール酸が含まれています。

不飽和脂肪酸・・・血液サラサラ効果

オレイン酸・・・・・悪玉コレステロールを減らす

リノール酸・パルミチン酸・αリノール酸・・・・・・・・・・血管を作ったり、強くしたりする効果がある。

 

ピーナッツは心筋梗塞や脳出血を防げるので大きな健康食品になるのです

上手に摂取すれば血管を強くしてくれますね。

 

リノール酸はコレステロール値を下がる効果があるのですがなぜコレステロール値が重要なのか説明していきますね。

 

コレステロール値を下げるとなぜ健康になるのでしょうか?

コレステロールは脂質の一種で、細胞膜の重要な材料のほか、ホルモンや胆汁の原料としての役割も担っています。

健康診断で「コレステロールが高い」といわれるのは血液中のコレステロールのことで、濃度が高いと血管の内側に脂質がたまって動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳の病気の脳卒中のリスクが高まると言われています。

 

脳卒中の中でも日本人に最も多い病気が血管が詰まって起こる命に関わる脳梗塞が怖いですね。

ピーナッツを食べればコレステロール値が下がるんですね。これは絶対に食べたいですね。

コレステロール値を下げるだけでなく違う効果もありますので紹介していますね。

 

ピーナッツオイルの効果効能

ピーナッツオイルには、鎮痛作用、血中コレステロール低下作用、抗潰瘍作用などがあります。その効果から次の効果が期待出来ます。

消化器官の改善・・・ピーナッツオイルは、消化器官に作用すると言われています。消化器官の鎮静や、潰瘍の改善

不妊症の改善・・・・ピーナッツオイルは、ビタミンAとEが含まれているので、不妊症対策の補助に使われることがあります。

火傷の改善・・・・・火傷の肌に有効で安定したピーナッツオイルなので、軟膏としてよく使われています。
鎮痛効果・・・・・・関節炎やリウマチなどの痛みに有効です。

この他にもピーナッツオイルは料理にも使われています。

健康に良いピーナッツを使ったコレステロール値を下がる料理がありますのでご紹介致しましょう。

 

手軽にピーナッツオイルで料理も作れますね。

 

コレステロール値を下がるピーナッツを使った料理を紹介

ピーナッツはオヤツというイメージがあると思いますが、上手にピーナッツを入れたお料理ができたら嬉しいですね。

酒にあてになるおつまみやアレンジ料理などを紹介していきますね。

先ずピーナッツをフードプロセッサーで砕きます。

 

ピーナッツを使った料理レシピ

 

パンやクラッカーに付けるピーナッツバターの作り方

材料
ピーナッツ(塩味付)50g
砂糖 小さじ1
作り方
1、ピーナッツはペースト状になるまで砕く
2、砂糖を混ぜる
パンやクラッカーに付けて食べても美味しいですよ。

市販のピーナッツの最強のおつまみ

キャベツのピーナッツ和え

材料

キャベツ大玉の1/6
ピーナッツ100g
塩小さじ1
オリーブオイル 大さじ1
おろしにんにく チューブ2㎝
あらびきこしょう少々

作り方

1、キャベツはざく切りをして塩もみをする。

2、ピーナッツを荒く砕く

3、キャベツの水分を軽くしぼりピーナッツと調味料を入れて和えて出来上がり

サッパリして美味しいですよ。サラダ感覚で食べると良いかも知れません。

 

ピーナッツの皮が消臭効果もあるそうです。

ピーナッツは豆も健康に良い成分ですし、殻は消臭効果にもなるとは万全な食べ物ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です