【ガッテン】盲腸の手術をしたら大腸がんになるリスクが2、1倍に! 意外と知らない盲腸の真実

2017年3月8日よる7時30分から放送される、ガッテンでは、

  • 大腸を健康に保つ「免疫細胞」のすみかだった可能性が浮上
  • 「盲腸」で手術を受けると、なぜか3年半だけ大腸がんなど病気のリスクが高まる
  • 盲腸を引き起こす意外な原因から、早期発見のポイント
  • おなかに優しい食事のポイント

が紹介されます。

【ゲスト】山根千佳,ゴリ,麻木久仁子,【司会】立川志の輔,小野文惠,【語り】山寺宏一です。

盲腸は痛くてたまらないのですが、手術をしたら簡単に治るというイメージがありますよね.

でも手術したら終わりな訳では無い事が分かって来ました。

盲腸の治療方法の説明をしていきましょう。

盲腸(急性虫垂炎)は3つの段階に分かれる

突然、おなかに激痛が走る盲腸(虫垂炎)盲腸になったら直ぐに手術というイメージがあるのではないでしょうか?

盲腸には3つの段階があって初歩の段階から早急に手術を受けなければならないケースまでに分かれます。

では、盲腸の3段階に分かれる症状など説明していきましょう。

盲腸の初期段階その① カタル性虫垂炎

盲腸の初期段階で、炎症の程度が一番軽い状態です。この段階では、抗生物質の投与による治療も可能です。

抗菌薬の点滴や内服薬を数日間投与して経過を見る軽度な盲腸です。

治療を外来通院で行うにかもしも入院して治療を行った場合でも1週間程度となります。

盲腸の中程度の段階その② 蜂窩織炎性(ほうかしきえんせい)虫垂炎

虫垂の中に膿がたまっている状態です。

放置すると虫垂の壁に孔(あな)があき、病状はさらに悪化してきます。

蜂窩織炎性では、投薬による治療は行えず、虫垂切除手術を行います。

盲腸の重度の段階その③ 壊疽性(えそせい)虫垂炎

炎症がかなり進行し、3段階のうちでもっとも危険な状態です。

虫垂組織が壊死し、虫垂の壁に孔があいているため、腹膜炎や膿瘍を合併することがあります。

敗血症になり死に至るケースもあります。

盲腸でも酷くなると命に関わる病気だと言う事です。

大腸を健康に保つ「免疫細胞」のすみかだった可能性が浮上

があることが分かって来ました。

虫垂は、健康と深くかかわる「腸内フローラ」が良い状態に保たれるよう働いている可能性があるのです。

小さな虫垂は、大切な働きをしています。

虫垂は非常に発達したリンパ組織を持っており、腸内の免疫機能をコントロールしています。

今まで何の役目もないと思われていた盲腸は免疫機能に欠かせない臓器だったのです。

腸内フローラとは?

人の腸内には、多種多様な細菌が生息していて、数百種で600兆個以上とも言われています。。

特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、
腸の壁面にすんでいるのです。

顕微鏡で腸の中を覗くと、お花畑(flora)のようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれるようになりました。

虫垂を切ると、その後3年半の間、大腸がんのリスクが2.1倍になる

2015年に発表された研究で、「盲腸」で手術をした人7万人以上と、手術をしていない人およそ30万人を14年間近く調べたそうです。

その結果、盲腸の手術をした人はその後1年半~3年半の間、2.1倍ほど大腸がんになりやすいという結果が示されました。

大腸がんになるリスクが2,1倍のリスクがあるほど、虫垂と大腸の関係は大きいですね。

虫垂のどの部分・役割とは?

大腸の一部に盲腸はあります。

盲腸と言われますが正確には虫垂炎と言われます。

虫垂という部分が炎症を起こす病気なんです。
虫垂は盲腸の下に存在していて、炎症を起こし、腫れて破裂してしまうと中に溜まった
膿が飛び散り激痛となって感じます。

虫垂炎放置すると命に関わることもあります。

では虫垂の役割は何なんでしょうか?

虫垂の役割とは?

虫垂の中には多くの免疫細胞が存在していて腸内環境と調えてくれます。

腸内には腸内フローラと言われるほど様々な細菌が住んて、悪玉菌や善玉菌がバランスを取っています。

悪玉菌が多くなってしまったときに免疫細胞が腸内環境と調え、善玉菌を増やす手伝いをしてくれます。

腸内フローラの環境を整えるために虫垂は必要だったんですね。

 

なぜ虫垂が炎症を起こすのか?

消化されないようなものを食べると虫垂炎を引き起こす危険性があるんだそうです。

盲腸と虫垂の間は直径3㎜程の小さな穴でつながっているのです。

この穴が何かでふさがってしまうと詰まってしまい、炎症を起こし盲腸になるのです。
例えば

  • 魚の骨
  • 入れ歯

などの消化しない物を食べた事で炎症を起こしてしまいます。。

普通は何かを飲み込んでしまっても便と一緒に排泄されるのですが、ごくまれに詰まってしまうのです。

盲腸(虫垂炎)を防ぐ方法はあるの?

2000人を対象にした調査で、食物繊維を多くとっている人は、そうでない人より盲腸
(虫垂炎)になりにくいという結果が出ました。

実は盲腸(虫垂炎)の最大の原因は、消化物が固まり、虫垂をふさいでしまうことだと考えられています。

腸の中をキレイにしないといけないんですね。

食物繊維を多く含んだ食べ物は?

  • ゆでいんげん豆
  • グリンピース
  • きくらげ
  • モロヘイヤ
  • しそ
  • 納豆
  • とうがらし
  •  にんにく
  • 干ししいたけ
  • 海藻

などの野菜や海藻に沢山含まれています。

先ずは盲腸にならない体作りが大切です。

食物繊維を取って腸の中をキレイにすることが大切ですね。

その他の「ガッテン」の情報は

ガッテン!「知らないなんてもったいない!肺炎にならないぞSP」

ガッテン!トマト料理「甘み・酸味・やわらかさ!トマト選び自由自在ワザ」

ガッテン!「ピーナッツオイル健康パワー解放ワザで血管を強くしなやかに!」死亡率2割減!

【ガッテン】牛乳・ヨーグルトを飲むと尿酸値が下がる!尿酸値を上げる原因はプリン体じゃなかった!

のページで紹介していますので参考にして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です