ガッテン!「知らないなんてもったいない!肺炎にならないぞSP」

ガッテン!「知らないなんてもったいない!肺炎にならないぞSP」2017年1月25日(水) 19:30〜20:15放送されます。日本人の死因第3位の肺炎です。肺炎予防の為にワクチンの情報をお届けします。

出演
【ゲスト】大和田獏,藤本美貴,山根千佳,【司会】立川志の輔,小野文惠,【語り】山寺宏一の皆様で進行していきます。
いまや日本人の死因第3位の肺炎です。肺炎予防の為にワクチンをしますが、使い方によっては肺炎を撲滅すらできると言うんです!!

この冬の肺炎対策に是非知りたいですね。

肺炎の原因とは?

肺炎による死亡順位は、日本では1年間に12万人近くもの人が肺炎で亡くなっており、
肺炎はがん、心疾患、脳疾患の脳血管疾患に次いで日本人の死因の第4位となっています。

医療がどんどんすすんでいる今は肺炎の死亡率が高いからだと言われています。

若い頃は風邪を拗らすまでに可なりの時間があるので予防もし易いですが、高齢者が急に呼吸困難に陥って重症肺炎と診断されることもあるのです。

私も年齢と共に風邪をひいてもなかなか治らないのです。

やはり年齢がいったら免疫力の低下も落ちてくるのかも知れません。若い時には免疫力も高いので病気にもなり難いですよね。

肺炎について、その特徴と注意点、

呼吸器の症状が全くないのに肺炎と診断されることがあります。それは何故でしょう?

特に冬は肺炎に注意が必要です。

特に高齢者は、かぜやインフルエンザなどがきっかけで肺炎になり死亡することもあるのです。

肺炎の注意点

  • 肺炎症状が乏しく
  • 治療が遅れる
  • 高齢者肺炎には肺結核が混在していること
  • 肺炎発症因子や増悪因子を持っているため肺炎が急速に重症化する
  • 原因として気付かない誤嚥性肺炎が多い
    この様な事が原因となって肺炎が重症になるのです。

 

肺炎の治療法について

原因となっている病原菌の特定が必要です。肺炎になった原因の病原菌に効果のある薬を使い治療します。

肺炎の症状はさまざまで特定の仕方が重要になって来ます。

特にお年寄りの肺炎は分かりにくいのです。

肺炎の症状で熱や咳が出ない場合もある肺炎の症状は、風邪の症状に似ていることも多いのが一般です。

例えば

  • 発熱
  • 息苦しさ
  • 胸の痛み

これが肺炎に多い症状ですが、特に高齢者の場合は肺炎の症状が出ない事もあるのです。

年齢があがるほど、症状が分かりにくく熱もない、咳も出ない、のに倦怠感が続いたり、体が怠く食欲もない状態がずっと続くのです。

これじゃ周りも分かりにくいですよね。

お年寄りが体調不良になったら肺炎を疑うことは大事ですね。

[ad#kiji]

肺炎は肺炎球菌が一番死に至る可能性が強い

肺炎はインフルエンザからなる可能性が多いのですが、肺炎になる菌は沢山あります。

その中でも肺炎球菌が一番死に至る可能性が高いのです

肺炎球菌のワクチンをする事が必要ですね。

高齢者に多い誤嚥性肺炎にも注意が必要です。

誤嚥肺炎を防ぐ為に、良くうがいをして、口腔ケアをして口腔内の菌を除去しておくと効果的です。

飲み込む力を付ける為に発生練習や舌を動かす訓練をしましょう。

病院で肺炎の重症度、次に原因菌を調べて薬が選ばれ、病院の治療は肺炎の重症度を調べ、肺や腎臓、心臓などの働きをみて、治療を進めていきます。

高齢者がいる家族が協力して誤嚥性肺炎にならない様に予防が必要ですね

場合によっては、通院ではなく入院治療が必要となることもあります。

肺炎の重症度の判定が済んだら、次に肺炎の原因となっている菌の特定が必要になります。

 

肺炎の治療法について

原因となっている病原菌の特定が必要です。肺炎になった原因の病原菌に効果のある薬を使い治療します。

肺炎の症状はさまざまで特定の仕方が重要になって来ます。

肺炎のワクチンって2種類ある?

成人に使用できる肺炎球菌ワクチンは「ニューモバックスNP」と「プレベナー13」の2種類があるます。

プレベナー13・・・小児・65歳以上に適用

ニューモバックス・・成人(2歳以上に適応)

プレベナー13の特徴

  • 免疫記憶効果
  • ワクチン接種を繰り返してのブースター
  • 鼻や喉の粘膜への定着(保菌)を防止
  • ニューモバックスよりも高価
  • 成人は自費のみ。公費で接種できない
  • 小児は公費で接種可能

 

ニューモバックス23の特徴

  • 免疫記憶効果がなく持続効果がある
  • ワクチン接種を繰り返してのブースター効果なし。
  • 鼻や喉の粘膜への定着(保菌)を防止できない
  • プレベナーより安価
  • 成人は公費で接種可能
  • 脾摘患者は保険で接種可能

臓器を元気にしてくれるのがワクチあるそうです。

肺炎にかからない体作りが最も必要になってきます。

たんぱく質と肺炎に大きな関係があると言うのです。

今から紹介しましょう。

たんぱく質不足で肺炎にかかりやすくなるの?

たんぱく質の不足している人は9倍も肺炎になるリスクがあるのです。

お肉は絶対に取らないといけないですね。

年齢がいくと肉をとる事が少なくなるのですが、意識して摂取していきたいものです。

たんぱく質は

・肉類(牛、豚、鶏、ハムなど)

・魚介類(魚、小魚、貝、ねり製品など)

・卵類(鶏卵、うずら卵など)

・大豆および大豆製品(大豆、納豆、豆腐など)

・牛乳および乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)

この様な食物を食べれば良いのですね。

ではどの様に毎日食べれば良いでしょうか?

健康を考えたお弁当で栄養のバランスを取る

お年寄りが食事で健康に気を付けるのには問題もあります。

1人分なので食事の量は制限されるし、自分の好きな食べ物だけをたんぱく質を取らない様になるのです。

病気にならない食事に宅配の健康を意識したお弁当が最適

お弁当には栄養をとる工夫がされています。

勿論、自分で調理をするのにこしたことはないのですが、毎日献立も考えないといけないし、知識もないのが現実ですね。

おまかせ健康三彩コースA惣菜冷凍弁当の商品を取るのが健康にも手間もかかりませんよね。

あきて来たら違うお弁当も沢山でているので、それに変えて体の変化を見てみるのも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です