【FX】レバレッジのかけ方・注意点や安全なFXを詳しく説明

私がFXを勉強しようと思ったのは、自分の体力の低下や経済的な不安からです。

いつまで経っても景気が良くならないし!

例え、世間で景気が良くなったとしても自分の環境には変化が起こらないのが現状です。

そんな時にFXの情報が入りました。

私は、数年前に病気になってしまい思う様に身体も動いていなかった時に、FXの情報があったらどんなに心強かったのかとおもいました。

体力面でもさほど疲れないし、体力のない私のは最適でした。

でも、FXってギャンブル性のある投資のイメージがありました。

初めての方にも安全なFXの分かり易く説明しているブログがありますので、詳しい説明は【FX】初めてのFX!分かり易いFXの知識

を参考にして下さい。

FXの取引の仕方は?なぜFXが儲かるのか?

FXとは、為替という原資産を動かして得る取引のことです。

テレビでも良く見る外国のドルとかユーロもその一つです。

最初に勉強した時には、さっぱり分かりませんでしたが、FXをしているうちに少しずつ分かってきました

FXは外国為替証拠金取引のことなんです。

通貨の差額が利益に繋がるのです。

大きな差が出たら勿論利益もでますが、損も出る可能性があります。

何もわからないまま、FXに入っては大きな損失が出てしまいます。

FXには、法則があります。

その法則に沿ってトレードを進めていくと、そんなに危険がある訳でもありません。

FXの法則についてはの詳しい説明は【FX】トレードに必要な法則をしると大きな利益に繋がる!安全のFXのやり方

では、ここではFXがどうして大きな利益になるのかを説明していきましょう。

[ad#kiji]

【FX】一般企業化や個人投資家の出現

1998年4月、外為法の改正があって、私たちの様な一般の人でも取引が出来る様になりました。

FXは、必ず利益が出るものではなくて、当然損失もでます。

一般投資家でも、多額の損失を出して破産してしまう事もあります。

これが、ギャンブル性があると言われるですね。

私も勉強をしているうちに、可なりの勉強が必要と思いました。

日本でも安全なFXのスクールも出てきています。

でも気を付けないといけないスクールも数多くあるので安心なスクールを紹介しておきます。

FXの安全なスクール選び

受講生の約9割がプラスの運用実績のあファイナンシャルアカデミー

この学校は

①受講生の7割以上がプラスの運用成績を出している

②「株式投資スクール」「外貨投資・FXスクール」資産運用を基礎から学べる

③スクールの、無料の体験会参加に対する成果報酬プログラムです。

基礎からしっかり学べるスクールが一番様ですね。

分かっていたと思っていても、知らないことがいっぱいなのがFXですから一度スクール体験に行くことをおススメします。

受講生の約9割がプラスの運用実績のファイナンシャルアカデミーの公式サイトはここから

特にこんな人にはFXを基礎から本格的に学ぶ方がおススメします。

・まったく株をやったことがない人
・証券口座開設は行ったけど、まだ始められていない人
・少しやってはみたけど、株で資産を増やせる実感がない人
・株価が上がるのをハタから見ていて、タイミングを逃した経験のある人
・週刊誌の「おすすめ銘柄」を信じて買ったけれど、損した人
・なんとなく「勘」で株の売買をしている人
・経済新聞でわからない言葉がたくさんあるのに、株をやっている人
・企業イメージだけで売買をした結果、損が積み上がっている人
・過去に株式投資で損をした経験ある人

受講生の約9割がプラスの運用実績のあるファイナンシャルアカデミーを参考にして下さいね。

FXで大きな損失が出ない様にリスクを抑えるためのレバレッジ規制が導入されました。

日本で最初にFXを導入したのがひまわり証券

ひまわり証券で導入されると、大きな利益が狙えると沢山の投資家たちが挙って参加してきました。

FXの業界が急成長した結果、業者の規制が作られないまま進んでいきました。

大きなお金が動くだけに怖いですよね

その頃、ちまたで悪徳業者も現れてしまいました。

その影響があり、安全なレバレッチの規制が出来たのです。

昔は悪徳業者もいて色々な被害にあった人も多く出たのです。

安全なFXの取引が最も大事

日本でも安全な取引業者がありテレビのCMでもある

初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFXです」。

鈴木奈々さんがテレビのCMでていますね。

大切なお金を預けるので、安心できる取引所が一番です。

初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」です。

【みんなのFXが選ばれる理由】
・画面カスタマイズが自由自在のPC版取引システム「FXトレーダー」!
・ドル/円を始めとする主要通貨ペアのスプレッドが狭い!
・iPhone、Android、iPadなどモバイル取引システムも充実!
・手数料無料、口座維持費やロスカット手数料も無料!
・誰でも無料で見れるオンラインセミナーも毎月開催!

こんな利点も多くあるのでお勧めします。

FXでも思わぬ被害も出ている事もあるので、安全なFXをしたいですね。

それに安い手数料で取引できるみんなのFXの会社ならお得に取引できます。

安全なFXの取引は「みんなのFX」の公式サイトはこちら。

安全な取引所で、大切なレバレッジを使って資金を増やしましょう。

FXのレバレッジの特徴を知れば大きな利益に繋がる

FXの最大の特長は、何倍もの金額の外貨を取引できることです

手元の資金を取引保証金として担保として預け持ち金にレバレッジをかけて大きな資産で取引が出来ます。

持ち金が少なくても大きな掛け金で取引を行ったと同様になるのです。

例えば、10万円の資金を取引保証金で0倍のレバレッジを使うことで100万円となります。

少しの資金で何倍もの金額を取引ができるのが特徴になります。

この仕組みがレバレッジです。

ただ、本当に勉強しないと大きな損失にも繋がってしまうのです

小さな資金を大きな資金に変えてくれるレバレッチ効果

FXでは、証拠金として預けた資金の何倍もの金額の外国為替取引が可能になります。

このことから、少ない資金で多額の外国為替取引ができることを「レバレッジ効果」と呼んでいます。

レバレッジ効果を利用することで、最大で25倍まで資金効率を高めることができるので、小さな資金を大きくすることも可能になってきます。

ただしレバレッジをきかせるほどハイリスクとなり大きな損失を被るおそれがあることも注意するべき点になります。

金融庁で制度改正によりレバレッチに規制が入った

レバレッチも昔は取引会社によって証拠院の数倍~数百倍もレバレッチをかける事が出来たので、大きく儲ける人もいれば、多額な損失を受ける人もいたのです。

それを防ぐためにレバレッチ規制が生まれ最大25倍の規制となりました。

昔はレバレッチが数百倍もかけて売買されていたので、ギャンブル性も高かったのですね。

そんなFXですが、いつから始まったのか調べてみましょう。

FXはいつ頃から始まってのでしょうか?

FXの始まったのは、日本では1998年に始まりました。

それも一般の人が取引できず、現行など一部の金融機関だけが為替取引が許されていました。

銀行が為替取引をしていることを私はFXを勉強して始めて知りました。

銀行が為替取引で大きな資金を増やしていたんですね。

個人でも老後を考えてFXで資金を増やしたいですね。

私は老後の事を特に考えてFXを始めました。

具体的な老後の事については

老後の資金について老後にいるお金はいくらぐらい必要?

のブログでも詳しく紹介しています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です