不眠解消!不眠の症状とは?しっかり眠れる様に改善しましょう!

不眠は睡眠障害の一種ですが、誰でもが不眠になる可能性があると言えます。

睡眠障害を引き起こす原因は様々ですが、不眠症になっている人にとっては切実な悩みです。

眠れない日が続くだけで誰でも憂鬱になりますよね。

睡眠障害の改善方法は何種類になります。

その根本的な原因をするだけで改善の道が見つかるのです。

一般的な不眠の症状

睡眠状態は自分ではなかなか分からないのが実態です。

それでも、寝つきが悪い・寝起きがスッキリしないなどの症状が続けと不眠症の症状と言えることもあります。

不眠症の症状は4つのパターンからなるのですが、一つずつ説明していきましょう。

不眠症の症状① 入眠障害

入眠障害とは、寝つきが悪く、30分以上経っても眠れない状態が続きます。

布団に入ってから眠りにつくまでの時間が30分以上かかる様な症状です。

心配ごとや悩みがあって眠れない、環境が変わっただけでも入眠障害になったりもします。

不眠症の症状② 中途覚醒

中途覚醒は途中で目が覚めて、なかなか寝付けない状態です。

中途覚醒の原因と言えば

  • ストレス
  • 加齢
  • 生理
  • アルコール
  • カフェイン
  • 食生活
  • 生活習慣

などの問題になる事が多いと言われています。

毎日の生活習慣の改善を行うだけでも、可なりの改善が起こりますので、自分の生活リズムを見直すのも重要かも知れません。

[ad#kiji]

不眠症の症状③ 早朝覚醒

早朝覚醒とは、朝早く目が覚めてしまい、もっと眠りたいと思っても眠れない状態を言います。

日中に強い眠気におそわれたり、夜、起きているのがつらかったりすることが続く事もあります。

余りにもこの様な状態が続くようになると、日常生活に支障がきたしてきます。

一般的には、通常よりも2時間以上も早く目が覚めてしまい、本人はもっと眠っておきいたい状態です。

不眠症の症状④ 熟眠感欠如

眠っているはずなのにぐっすり眠った気がしない。

いつも眠い状態の事を言います。

睡眠直後はノンレムの最も深い眠りの状態になるのですが、熟眠障害になるとノンレム現睡眠にならないのです。

だから眠った気がしないのですね。

当然いつまでも精神的な疲労度は改善されないで、身体も疲れた状態が続いてしまうのです。

睡眠障害のは、これら4つの症状がミックスで起こることもあります。

睡眠障害は本人にしか分からないので、なかなか周りの人にもわかってもらえないのが現状なのです。

周りの人に言っても不眠症は思い病気ではないので深刻に受け止めてくれません。

本人にとっては、夜になると眠られるのか恐怖になってしまうこともあるのです。

私も随分、不眠症には悩んできました。

ベットに横になっても、朝の4時ごろまで眠れない日が続いていました。

眠れない時におススメの効果のあるグッツを紹介

眠れない時は、本当に辛いですよね。

不眠症で悩んでいる人って本当に多いですよね。

不眠防止のグッツは本当に沢山出ていますが、私が試して効果のあった順番にご紹介していきますね。

不眠症の予防には病院の薬よりサプリメントが安全

不眠症やうつ病になるのは、食事の偏りも原因と言われています。

セロトニンの不足から心の病気になることもあるのです。

不眠症やうつ病は脳のセロトニンが欠乏することが一因だと考えられていて、実際にセロトニンを増やす作用を持つ抗うつ剤がうつ病に効果が出ると言われています。

パニック障害・社会不安障害・不安障害圏・不眠症の疾患や強迫性障害もセロトニンの不足が一因だと考えられてています。

この様な症状は、うつ病と同じくセロトニンを増やす抗うつ剤が効果を示します。

本来なら食事療法が出来れば良いのですが、精神的にも体もつらい状態で徹底した食事療法は難しいかも知れません。

かと言って病院の薬は副作用が強いと聞きます。

副作用の問題

うつ病の副作用がキツイことは、テレビや情報雑誌で聞いていると思います。

また、飲みだしたらどんどん強い薬に変えていかないと効き目が薄れてきます。

気が付いたらキツイ薬を飲み続けている状態も考えられます。

そこで安心なサプリメントでのケアをおススメ致します。

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】です。

このメンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】は続けやすい値段でしかも評価の高いサプリメントです。

  • 楽天1位
  • ヤフー1位
  • ハーブ部門1位

になっているサプリメントです。創業者がうつ病で苦しんが経験を持ち安全で効果のあるサプリメントの開発をしています。

ラマスエキス・キャバ・クワンソウと5種類のビタミンBを配合したバランスのとれた安全なサプリメントです。

  • 朝すっきり起きれない
  • 気分が落ち込む
  • 体が重い
  • イライラする
  • 心が落ち着かない

などの症状の方にはとても有効です。

病院の薬は副作用もあるので、安心で安全なサプリメントをおススメします。

うつ病のサプリメントの中でも効果があるとされているランキング1位のサプリメントです。

インターネット限定で割引もきくのが嬉しいです。

割引の情報も公式ページで詳しく紹介していますので参考にして下さい。

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】の公式ページはこちらです。

体は疲れているのに…ゆったり休息できない…そんな悩みもリラクミンを飲み始めると…深い休息がとれるようになれると言う体験談も沢山あるのが安心ですよね。

サプリントも体に入れるものなので安全な商品が一番です。

この様に不眠症を改善するサプリメントも販売されているので試して下さいね。

サプリメントを摂って健康的に改善する方法をご紹介しましたが、それ以外にも不眠症の改善方法をご紹介しましょう!

寝つきの悪い状態を予防する方法

寝つきの悪い人の特徴は、日常生活が不規則になってしまっていることが多いのです。

朝に行う対策が一番大事です。

例えが

  • 毎朝一定の時刻に起きる
  • カーテンを開けて太陽の光を浴びる

これは1日のリズムを刻む体内時計を正常にするのに役立ちます。

規則正しく眠ったり生活リズムを正常に戻し、体内時計が正しくリセットされます。

そうする事で夜の一定時刻になると自然に眠る準備が始まり眠たくなってきます。

太陽の光を浴びることで体内時計が正常に動きです

朝の光で体内時計を整えることが、寝つきの安定につながり質の良い睡眠が取れるのです。

起きる時間が不規則起きる時の場合は、朝に太陽の光を浴びる時間がずれて、体内時計のリズムが一定しないため当然質の良い睡眠とは言えないのです。

ただし、どの不眠症も同じように早く寝ることが良いとも限りません。

夜早くに眠たくなり朝早く目が覚めてしまうタイプの不眠では、朝に太陽の光を浴びると、さらに寝つきや目覚めが早まり逆効果になります。

その場合の不眠症であれば、日光の光をまともに受けない工夫をして下さい。

体内時計が正常に働くリズムのきっちんとした生活が何より大切になります。

生活習慣を見直すことが、様々な病気から体を守る事にもなるのです。

生活習慣病が色々な病気を引き起こす事を、分かりやすく説明しているブログもあるので参考にして下さいね。

生活習慣病が脳梗塞を引き起こす2つ原因! 高血圧と肥満が危険

【生活習慣病】炭水化物制限をして肥満予防をしよう?!

【脳梗塞の予防】脳梗塞の予防や再発予防の生活習慣の改善と食事療法とは?(体験談)

不眠症になりやすい年齢

不眠症は、40~50歳がもっともなりやすいといわれています。

不眠症は加齢とともに発症率が高くなり、とくに高齢者では睡眠維持障害型である中途覚醒や早朝覚醒の人が増えていると言われています。

特に女性の不眠症が目立つのが特徴です。

では、なぜ女性に不眠症が多いのでしょうか?

女性に不眠症が多い理由とは?

女性に不眠症が多いのは、睡眠とホルモンの関係があるからです。

ホルモンのバランスが崩れる中高年以上の女性は2人に1人は不眠症といわれています。

私もホルモンのバランスが崩れました。

その当時にホルモン剤を病院で貰ったのがきっかけで思わぬ病気になってしまいました。

その当時の事をブログに書いていますので、ホルモンのバランスが崩れて困っている方には何かの参考になると思います。

ホルモン剤で改善できること・ホルモン剤の副作用について

《脳梗塞》ホルモン剤の副作用で脳梗塞になった!【体験談】

この様に色々な事がげんいんで不眠症になるのですが、2人に1人とは本当に多いですよね。

不眠症になり易い女性はうつ病にもなり易いと言われています。

不眠とうつ病の関係は可なり深い関係にあります。

【不眠症】眠れないのは、病気やうつ病・5人に1人が睡眠障害その原因を解明!

不眠症とうつ病の関係とは? 改善方法がわかる!

ブログの中にうつ病と不眠症の深い関係についても紹介していますので参考にして下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です