EPA・DHAの違いって? 血をサラサラにし健康な血液を作る

良く目にするEPA・DHAですが、実際にどんな効果があるのか?

EPA・DHAの効果の違いが良くわからないってことはありませんか?

EPAとDHAは、どちらも青魚に多く含まれ、血をサラサラにして健康効果に優れた成分として知られています。

でもEPAとDHAの効果の違いってあるのでしょうか?

いつも気になっていましたが、実際には最初は気にしないで買っていました。

同じ成分という認識すら持ってたほどです。

私が病気をして初めて血液がドロドロになっていたことを知ってEPA・DHAのことをしっかり勉強しました。

その当時、肥満にも悩んでいたので、血液がドロドロになっていることが肥満の大きな原因になっていたなんて信じられませんでした。

この効果の違いについて良く理解をした上で予防をしていくと良いと思います。

このEPA・DHAの効果の違いについてご紹介しましょう。

EPA・DHAの効果の違いとは?

EPA・DHAは

  • 中性脂肪を改善
  • 血管若返り
  • 肥満防止
  • 美白効果

EPA.DHAの油は、動物性の油と違って魚の油なので寒いところでも生息している魚の油は人間にとっても効果のある油なんです。

実は、DHAは体内ではEPAからつくられる成分です。

普段からEPAをしっかり補っていれば、DHAが不足することはないといわれています。

これは全く知らない情報でした。

EPAは外から摂取しないとどんどん減少してしまうので、魚を食べる際はDHAとEPAのバランスに気をつけましょう。

EPAとDHAは、どちらも生活習慣病の予防に高い効果を発揮するので同じような成分から出来ていると思っている人も沢山してると思います。

私も最初はEPA・DHAは必ず一緒に明記されているので同じような物だと思っていました。

ところが調べていくうちに明確な違いがあることが分かりました。

こんなにもハッキリと違いがあるなんてびっくりしました。

そのEPA.DHAの違いについて詳しくご紹介します。

EPAの効果とは?

EPA・・・アレルギーやがんの予防  心筋梗塞や脳梗塞の予防の効果が高いのです。

EPAは血液をサラサラにしてくれて血管を守る役割があるのです。

血液をサラサラにする効果はEPAの方が高いのです

ここに大きなEPA・DHAの違いの効果があるのですね。

血中の中性脂肪濃度や悪玉コレステロール濃度が高くり血糖値が上昇すると、血液はドロドロになってしまいます。

血液がドロドロになると動脈硬化や高血圧症などになる可能性があります。

それを改善してくれるのもEPAの効果が期待できます。

EPAは、高い血小板凝集抑制作用により血栓をつくらせないことで血流をよくします。

そのため、血栓を防いでくれる効果は、EPAの方がより高いといわれています。

血栓が出来ると様々な病気になってしまいます。

脳梗塞や心筋梗塞など本当に命に関わる病気にもなってしまいます。

また、血栓のない血液は血の循環を良くするので、体の代謝が上がり痩身効果も一段と上がるのです。

肥満になっている時には、代謝が下がって痩せにくい体になっているのです。

代謝が下がってしまっている体を、血液がサラサラになることで血行が良くなり、代謝を上げてくれるのです。

それで、EPAを摂ると痩せやすくなるのですね!

EPA・DHAの弱点は酸化してしまうこと

こんなに効果があるのに大きな弱点があります。

それは酸化してしまうということです。

EPA.DHAは空気に触れると酸化してしまい効果が半減するのです。

一般に販売されているサプリメントは瓶に入っているものが多く、何度も開けているとその分空気に触れて酸化してしまいます。

ということは古くなると空気にふれる時間が長く成るので、酸化がどんどん進むってことですよね。

心配しないで! 酸化を最小限に防ぐサプリメントを見つけました!

DHA・EPAの血をキレイにする成分が600mgも入っているのが決め手になりました。

他のサプリはDHA・EPAが少ないか、値段が高くて続けられないと思ったからです。

血をキレイにする成分が600mgも入っていて、金額も安かったです。

それて、DHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

大正製薬のDHA・EPAは1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、1000円で購入することができます。

大正製薬のDHA・EPA初回限定1000円はこちらから購入することができます。

1000円なら試しやすいですよね。

魚を普段から沢山食べている人は食事療法で大丈夫だと思いますが、なかなか毎日青魚を食べていない人には最適な大正製薬のDHA・EPA

だと思います。

今まで酸化することも、具体的な成分のことも知らなかったのでEPA・DHAと書いていれば、買っていました。

勿論酸化することも知らなかったので、無駄になっていたサプリメントが沢山あると思います。

その上、EPA・DHAのサプリメントは値段も高いところも多いです。

もっと早く大正製薬のDHA・EPAを知っていれば良かったと思っています。

EPA・DHAの病気の予防が出ていましたが、病気についての詳しい説明はブログで紹介していますので参考にして下さい。

EPA効果の血栓予防【脳梗塞】

生活習慣病が脳梗塞を引き起こす2つ理由! 高血圧と肥満が危険

<脳梗塞の前兆>ろれつが回らないは脳の警告発作!脳梗塞ろれつの見分け方

その症状、脳梗塞の前兆かもしれません!経験したからわかる脳梗塞の症状と治療の全て

EPA効果の血液サラサラ【動脈硬化】

きょうの健康▽脂質異常症 隠れたリスクを見逃すな油断すれば動脈硬化

動脈硬化の症状・原因・予防について?

EPA効果の血行促進【肥満】

 肥満が治れば全てが変わる!病気と肥満の関係とは?

【生活習慣病】炭水化物制限をして肥満予防をしよう?!

では、DHAについてご紹介しましょう。

[ad#kiji]

DHAの効果とは?

DHA・・・脳の働きを活発にしてくれるほかに視力アップなどの効果も期待でき、神経系に働きかけるのはDHAだけの特徴です。

DHAは神経系の細胞の成分となるために、血流に乗って脳まで送られていきます。

その為、子供がDHAを摂ると学力も上がるし、視力も上がると言われているのです。

DHAは脳にとって数少ない成分のひとつです。

特に、記憶力や学習能力に関係する海馬にDHAは集められるため、脳の活動を活性化させる重要な成分とされています。

DHAは、血管や赤血球の細胞膜をやわらかくする働きにより、血流を促しますので痩身効果もあるのです。

DHAにも痩身効果があるって嬉しいですよね。

お年寄りがDHAを摂ると認知症の予防にもなるのです。

DHAは老眼や糖尿病の失明の予防にもなるのです。

DHAを摂ると男性の精力アップの効果もあるのです。

DHAにもこんなに沢山の効果があるのですね。

勿論サプリメントを摂るなら酸化の少ない大正製薬のDHA・EPAですね。

大正製薬のDHA・EPAの公式ページはこちら

EPA・DHAの病気の予防が出ていましたが、病気についての詳しい説明はブログで紹介していますので参考にして下さい。

DHAの効果 【認知症】

認知症 アルツハイマー病は4人に1人の患者数 

【不眠症】眠れないのは、病気やうつ病・脳梗塞の警告かもしれない!

アルツハイマーを発症する人としない人の違いは?

DHAの効果 【糖尿病】

脳梗塞と糖尿病の関係は?脳梗塞の危険因子が通常の3倍あった!

《糖尿病》原因 症状 治療 の全て☆

(糖尿病の原因) 体験したからこそ分かる 理由は生活習慣が95%だった☆

EPA・DHAを使ったテレビで話題の痩身プロブラム

EPA・DHAを使った肥満を解消するテレビでも放送されたヘルシーダイエットコースがあると言います。

そのコースの内容は

医師・運動療法士・管理栄養士が連携して運動や食生活を指導 半年間かけて健康を取り戻す為のプログラムです。

1980年から始まって以来このプログラムを受けた人は約3500人にもなるのです。

受講料は15万円 決して安くない費用ですが、多くの人が噂を聞いて受講しに来ています。

この3500人の人の9割が肥満を防止していることがあるのです。

そこで活躍しているのが、肥満防止のEPA.DHAと紹介されていました

EPA.DHAが肥満防止になる理由をご紹介します。

EPA.DHAは中性脂肪を減らすし、EPAは肝臓で脂肪合成されるのを抑え血管を柔らかくする作用があるのです。

血管が柔らかくなれば、若返り効果も期待できるのです。

細胞が活性化されるので、新陳代謝の活発になっていきます。

肥満の根本的な原因である基礎代謝の低下も防げるのです。

肥満でけでなく血液をサアサラにすると美容にも効果がありますし、健康にも良いですよね。

EPA.DHAの弱点は

空気に触れるとすぐに変成して効果がなくなってしまうのです。

空気に触れるだけで効果がなくなるのは困りますよね。

この弱点を克服した大正製薬のDHA・EPAの成分は、酸化すると効果が悪くなることが分かっていますが、大抵のサプリは瓶に入っていて時間が経てば酸化する事が多いのです。

酸化してしまうと効果が半減するので、せっかく高い金額を出しても意味が無くなりますよね。

DHAは酸化しやすいため、抗酸化対策の工夫をすることで効果を実感しやすくなります。

大正製薬のDHA・EPAは1回分ずつ小分けで入っているので酸化を防げて、効果が持続する様に作られているので、決める時の決め手になりました。

それに、魚特有の臭いが全くなくて、飲みやすく気に入っています

初回限定になりますが、1000円で購入することができます。

大正製薬のDHA・EPA初回限定1000円はこちらから購入することができます。

1000円なら試しやすいですよね。

でもこのEPA.DHAは袋に一回分ずつ分けてあるので、酸化を防ぐので効果を持続することが出来るのです。

このことも私が選んだ理由の一つです。

酸化しないように工夫があるだけでなく値段も手ごろなので続けやすいことも気にいっています。
サプリは、食事よりも効率的にEPAとDHAを摂取できるのがメリットと言えます。

利用する時には、より高い効果を得られるサプリメントを選びましょう。

EPAは主に血液に働きかけ、血栓や中性脂肪が体内に溜まるのを防ぐよう作用します。

一方のDHAには、脳や目の網膜に働きかけることで、記憶力や視力を向上させる効果があります。

よって、EPAとDHAの両方を一緒に摂取すると、相乗効果を発揮するのです。

EPAとDHAは、血流の促進、アレルギー予防、精神を安定させる作用があるので、一緒に摂取することでその効果をより高めることができます。

サプリメントを活用する際は、両方が含まれたものを選ぶことをおススメします。

テレビで紹介されていましたがサプリメント以外にも身近に売っている食材もあります。

サバの水煮缶の効果

水煮缶は缶の中に生の魚を入れて塩水で味付けします。

その後に缶の中の空気を抜いて密封し缶ごと高温で蒸し上げます。

魚は空気に触れることがないので、EPA.DHAが採れるのです。

サバ缶を一日三分の1を食べると一日に摂取量が取れてしまうのです。

私は毎日サバ缶を食べることが出来ないので、サプリメントで対応しています。

時間のある人はサバ缶を使って料理をすると良いと思います。工夫しだいで効果のある

水溶性の野菜やスパイスを使った料理などは参加が防げますので、効果のあるEPA.DHAを摂取することが出来るのです。

DHAやEPAは、魚に多く含まれているものですが、具体的にどの魚に沢山含まれているのでしょうか?

DHA・EPAが沢山含まれている魚

料理に使うならDHAやEPAが豊富な魚を選びたいですよね。

本まぐろのトロがEPA、DHAともに抜群の含有量です。同じ本マグロでも赤身となると格段に少なくなってしまいます。

同じ本マグロでも赤身となるとEPA、DHAが少なくなってしまいます。

トロで最も多くのEPA、DHAが摂取できる食材ですが値段が高いので毎日という訳にもいけません。

値段も手ごろな魚もあるので、工夫して使うことをおススメします。

魚100gに含まれるEPAの含有量比較(mg)

まいわし 1,381mg
本まぐろ(トロ) 1,288mg
さば 1,214mg
まだい(養殖) 1,085mg
ぶり(天然) 899mg
さんま 844mg
さけ 492mg
あじ 408mg
かれい 210mg
ひらめ 108mg
かつお 78mg
本まぐろ(赤身) 27mg
ふぐ 4mg

魚100gに含まれるDHAの含有量比較(mg)

本まぐろ(トロ) 2,877mg
まだい(養殖) 1,830mg
ぶり(天然) 1,785mg
さば 1,781mg
さんま 1,398mg
まいわし 1,136mg
さけ 820mg
あじ 748mg
かつお 310mg
かれい 202mg
ひらめ 176mg
本まぐろ(赤身) 115mg
ふぐ 10mg

DHA・EPAの1日の摂取量の目安は?

EPAとDHAは健康維持に欠かせない成分であることが分かっています。

国でも積極的な摂取がすることが奨められてられています。

でも、実際には1日にどれだけの量を食べたら良いのでしょうか?

EPA・DHAの適切な摂取量について

厚生労働省は、国民の健康維持を目的とした基準の中で、DHA・EPAの目標摂取量を1日1gとされています。

EPA・DHA合わせて1gというのは、

90g以上の魚に値し

  • 大き目の魚の切り身一切れ分
  • 刺身の場合は、マグロのトロで2~5切れ
  • ハマチで3~5切れ

これぐらいの量に当たります。

勿論トロなどの脂がのっているほうが含有量は高くなるので分量も少し少なくなります。

新鮮な刺身で食べると成分がそのまま食べることが出来るので、特におススメです。

どうしても料理で焼く、煮るなどの調理によって含有成分の20%が流れ出てしまうこともわかっています。

鮮度に問題がなければ、刺身など、できるだけ生のまま食べることがEPA・DHAの成分を無駄なく摂れると言われています。

最近は魚が食卓に並ぶことが減っていますので、これを機会に魚料理を加えては如何でしょうか?

魚が苦手な人には、足りていない分は、EPAサプリ・DHAサプリで補っている方も増えていますね。

大正製薬のDHA・EPA初回限定1000円はこちらから購入することができます。

血液がドロドロのままにほっておくと勿論代謝も落ちてきて太りやすくなりますし、色々な病気にもなってしまいます。

予防を始めたら体も楽になりますし、何より健康に美容に良いので意識的に始めて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です