<断捨離> 夫婦の断捨離でおしどり夫婦になれる 人間関係改善

断捨離は本来幸せに成る為のものです。

心地よい空間作りや心地よい環境作りを目指したものです。

と・・・・言ってもなかなか上手くいかないのが夫婦だったりするのです!

遠くの他人なら我慢が出来ることも、身近な家族だったら言い合いになったりします。

では、断捨離は必要で無い物は捨てて、必要な物だけ残すという感覚で夫婦間で断捨離をしたらどうなるの?!

と思う方も多いのでは・・・・

その考え方やそのケンカは本当に必要なのでしょうか?と言う話です。

元々なぜその喧嘩が始まったのか、よく考えてみると意味のないこともたくさんあります。

知らない間に喧嘩になってることってありませんか?

喧嘩をしている間にどんな話し合いだったかも忘れることもあります。

ちょっとした言い合いから、過去のことを思い出して喧嘩になることもあります。

後になってこんなはずでは無かったと後悔することも度々ですよね。

そこに、自分の考え方が正しいはず!という思いがあるのです。

家族の在り方や考え方を押し付けるとお互いに上手くいきません。

夫婦って難しいですよね。

こっちの言い分もあるし、相手の言い分もあるし

でも、よく考えるとどちらが良いとか悪いとかって実はないんです。

誰しも幸せになりたいと考えているからです。

良かれと思っているのは間違いないですね。

すなわちそれが個人の価値観なんです。

個人の価値観を変えようと思うのはほんとに難しいことです。

衝撃的な出来事がない限り価値観は変わるものではないと思います。

自分もそうなんですから相手もそうですね。

価値観の違いをどう埋める

価値観は人によって違います。

それは生まれてきた環境や育ってきた経験より違うわけです。

きっと生きるために必要なことが価値観に変わっていることもたくさんあると思います。

どうしたらこのようになる傾向がある。

こうしないとダメとか固定観念から価値観が生まれることもあります。

それはもちろん正しい判断かもしれません。

でも誰にでも当てはまるわけではありません。

その人なりの理由があるから価値観が生まれるのです。

よく全然喧嘩をしない夫婦がいます。

それはお互いを尊重しているのが共通点です。

相手を尊重すると言う事は、自分を大切にしていることにもつながってくるのです。

ここでは断捨離について紹介するのですが、そもそも断捨離とはどういう意味があるのでしょうか?

断捨離ってなに?

漢字の意味をたどると(たつ)、(すてる)(はなれる)ですよね。漢字からなんとなくその意味が理解できるかもしれません。

この教えはヨガの考え方が最初なんです。断行(だんぎょう)、捨行(しゃぎょう)、離行(りぎょう)を応用したものだと言われています。このことから断捨離と呼ばれる様になったんです。

即ち

  • 断・・・・・必要のないものを断ち
  • 捨・・・・・捨てて
  • 離・・・・・執着することから離れる

という意味をあらわす整理法のようなものですね。

いらないものを最小限に抑えてシンプルに生きる素晴らしさを説いたものです。

確かに要らない物を捨てることで執着を捨てることに繋がりますね。

断捨離の要らない物を捨てる作業って大変そうだけど・・・・

物をキレイに捨てることで本当に必要なものが見えてくるのですが、気持ちの断捨離も同じように大切なことが見えてくるのです。

お互いの価値観をよく知ると言うことが大事

お互いの価値観を知ると言う事は、その人の経験を知るということです。

わかりやすく言うと、パートナーの心が傷つくことが何なのかを知る事にもなります。

傷つく部分に触れないとうまくいくわけです。

先ずは、相手が傷つくこと言うのやめましょう。

知らない間に攻撃していることもあるはずです。

そこを改善するだけで、かなり効果があります。

言葉の断捨離をしょう

思いやりから話していない言葉を全て捨てましょう。

思いやりから話していない言葉を捨てることで思いやりが出てくるのです。

思いやりのない自分の言葉をじっくり観察してみましょう。

それを繰り返している内に相手が何か変化がやってきます。

思いやりのある言葉は気分を良くし、その人の心を穏やかにします。

思いやりのない言葉を捨てるようにしていきましょう。

これが言葉の断捨離です。

夫婦の断捨離でおしどり夫婦になる方法!

夫婦の断捨離は長い長い人生でとっても有意義な事だと思います。

必要以上に相手に求めてはいませんか?

良くあるのが男性からの言い分で

  • 掃除をしない
  • 料理をしない
  • 家庭的でない

これって可なり大きな不満に繋がっていませんか?

酷くなると誰の為に働いていると思っているんだ!!って声が聞こえてきそうですね。

男性は自分の世話をしてくれる人を探して結婚している感じですよね。

心からお世話をしたいと思うのは自分の意志で料理を作ったり2人の空間を快適にする為に掃除をしたりとあくまでも自分の意志を優先させます。

女性からの言い分は

  • 家庭を疎かにする
  • 収入が少ない
  • 家事を手伝ってくれない

などありますが、これも同様に男性から言わしたら大切な人だったら家に帰ってゆっくり過ごしたい。

家族の為に収入を得て一緒に楽しみたいと思うでしょう。

勿論家事の手伝いもするでしょう。

ではどうやってお互いの溝をうめるのでしょうか?

お互いに譲れない気持ちを抱えながらケンカの絶えない日々が続きます。

夫婦円満の秘訣は期待する気持ちの断捨離にあった!

 

夫婦

 

あれもしてくれない・これもしてくれないと

相手に対しての欲求が全ての不満に繋がっています。

恋人同士の間はどうしたら相手に喜んで貰えるかを一生懸命考えるので絶対に相手を傷つける事も言いません。

それは相手に嫌われたくないと言う思いが強いからです。

そしてどうしたら喜んでもらえるか常に考えています。

要するに傷つく言葉をしゃべるのはやめているわけですね。

上手く言葉の断捨離が出来ているんですね。

言いたいことは沢山あるはずですが言葉を選んで喋る事が出来ているんです。

結婚すると相手を大切に思う気持ちから、自分を大切にして欲しいと思うようになってきます

何も期待しなっかたら?

少し手伝ってくれたことでも嬉しくなったりします。

先ずは相手に期待する気持ちを捨てましょう!!

そして素直になる気持ちを大切にしましょう。

もしも、女性が美味しい料理が作れたら、家を綺麗に保てたら本当に快適な生活が待っていると思います。

もしも、男性が家族の事を思いしっかり仕事で収入を得て来たら貴方の生活は一変するはずです。

変わってやるものか!!と言う執着心を捨てる事で自分の為に頑張る自分を発見出来るかも知れません。

そのおかげで自分が幸せになるかもしれませんよ。

何かきっかけがないとなかなか自分のことを考えることも無いのですから

自分が前向きに生きることにためにも、期待を捨てる事は大切かもしれないですね。

期待をしないと言う事は相手を尊重することにもつながります。

あの人はどうせできないのよ!と決めつけることではありません。

期待を自分に向けることが自分の成長にもつながるのです。

大きな幸せを手に入れるために期待する気持ちの執着を捨てて断捨離しましょう!

期待するのは自分の我を通すこと

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です