夏バテの解消・正しい睡眠のとり方で夏バテ予防!

夏バテはこの暑い夏には誰でも経験したことはあるのでしょうか?

夏バテと睡眠には重要な関係かあるというのです。

夏バテの解消には睡眠が大切なんですね。

夏は当然寝苦しく、なかなか寝つけない人も多いと思います。

そこで夏バテ予防に睡眠方法をここでお伝えしましょう。

そもそも夏バテとはどのような理由でおこるのでしょうか?

夏バテの理由が分かることで、夏バテをしない身体作りを作ることが出来るようになります。

では、最初に夏バテになる理由についてご説明しましょう。

夏バテになる理由ってなに?

夏バテ具体的な症状は疲れやすくなったり食欲がなくなったりすることが一般的です。

その他にも、夏風邪を引きやすくなることも良くあり、夏風邪にかかるとなかなか治りにくいのも特徴です。

夏風邪に掛かりやすいの原因の一つが免疫力が低下があります。

夏バテによる体力の低下も免疫力が弱くなることも言われています。

確かに夏風邪は治るのに長引きますよね!

夏バテの症状はさまざまですが、すべて自律神経の疲労が原因といわれています。

自律神経を整えるには睡眠が重要と言われています。

夏バテの解消には自立神経を整える為に睡眠が大切なのです。

夏バテ解消と睡眠について

夏バテと自立神経には大きな関係があると言うのですが、具体的に夏バテの症状にはどのような症状があるのでしょうか?

夏バテの症状とは

夏バテの症状は普段に起こる症状も沢山あります。

少し疲れていたり、食欲がなかったり普段でも起こる症状が多いのも事実です。

例えば

全身がだるい 疲れがとれない 胃腸の調子が悪い 食欲がない 眠れない

この5つの症状は夏バテの症状なのです。

これらの症状は自立神経の症状でもあると言われています。

自律神経を整えて身体を守ってくれるのが睡眠と言われています。

睡眠は夏バテや自立神経も保護してくれる役割があるのですね。

夏バテを睡眠で予防する

具体的に睡眠は夏バテにどんな効果があるのでしょうか?

疲れた身体の修復をしようと思ったら軽く身体を動かす事も一つですが、一番の修復方法は睡眠と言えます。

体の疲れを軽減することや活性酸素が自律神経の中枢の回復させることができるのは睡眠です。

自律神経が乱れてくると様々な不調が起こってきますよね。

自律神経が乱れてくると様々な病気になる事を説明しましたが、このブログ以外で睡眠障害と病気についても詳しく説明しています。

【不眠症】眠れないのは、病気やうつ病・5人に1人が睡眠障害その原因を解明!

睡眠障害の原因を知って快適に過ごす

不眠解消!不眠の症状とは?しっかり眠れる様に改善しましょう!

睡眠を取る事で自立神経の乱れを無くしてくれるなら嬉しいですね。

睡眠については、質の良い睡眠が一番大切になってきます。

質の良い睡眠を取るには?

睡眠を取るにも色々な睡眠があります。

睡眠の質を上げると睡眠時間が沢山摂れなくても身体の疲れが取れていきます。

睡眠を取れる事で自立神経も正常になってくれるのです。

質の良い睡眠を取る方法① ゆっくり温めのお風呂に入る

お風呂に入ってゆったりした時間を取る事が大切です。

この時の水温は温い目で入る事が重要です。

夏場は暑いとは言ってもシャワーを浴びる程度では身体の疲れは取れません。

夏バテは自立神経が影響していると言うのですがどうしてでしょうか?

自律神経を乱してしまう原因はどのような事からでしょうか?

その夏バテの原因を知る事で予防ができますよね。

夏バテの原因を解消できるなら、つらく疲れやすい夏バテにならなくてすみますよね。

夏バテの原因① 暑さの体温の調整が困難

夏に自律神経が乱れてしまうのには、気温が大きく影響しているのです。

暑いと当然、体温調節のために自律神経も常に活動しています。

夏になると大量の汗をかきます。

この暑いと汗をかく働きを担っているのが自律神経なのです。

汗をかいている間中、自律神経が常に働らいているわけですね。

当然、自立神経も常に動いていると休むことができずに疲れがたまってしまうのです。

夏バテの原因② 気温の温度差

夏は特に室内や室外の温度差は可なりありますね。

室内だけでなく、朝晩と日中や早朝と真昼とでは気温差があります。

冷房による寒暖差。屋外と室内との温度差は夏場には大きく影響しています。

身体の中でも足元だけは冷えてしまう事もあります。

特に冷え症に悩む女性が多いのは事実です。

このような温度変化にも自律神経は対応しているのです。

夏バテの原因③ 紫外線による疲労

紫外線を浴びるだけで活性酸素が発生するします。

特に夏場は、1年のうちでも紫外線量が最も多くなる時期になります。

紫外線を浴びると体内で疲労のもとなっているのが活性酸素です。

夏は知らない間に自律神経への負担を増加させていくのです。

夏バテになる要因は沢山ありますが、暑い2~3か月の間の身体のケアが今後の体調にも影響するのです。

睡眠不足は思いもよらない病気にも繋がっているのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です