【不眠症】辛い不眠症の症状とは?簡単な予防法は?

不眠症と言っても、どのぐらい眠れないのが不眠症か分からないですよね。

私も5年程前に不眠症になり大きな病気のきっかけになってしまいました。

誰でもが眠れないこともあると思いますが、それが普通に治っていくものか、病気の前兆になっているのかわかりませんよね。

でも、眠れない日が続いてしまうと、どんどん不安になってしまいます。

一般的に不眠と感じられる症状について説明していきましょう。

不眠症の症状は?

実際の不眠症はどのような症状が現れるのでしょうか?

  • 夜寝つきが悪い
  • 質の良い眠りが出来ない
  • 朝早く目が覚める
  • 眠りが浅く十分眠った感じがしない
  • 日中の眠気
  • 注意力の散漫になる
  • 疲れが溜まりやすい
  • 不眠症が原因で体調不良になる

今や不眠症は現代病とも言われています。

日本においては約5人に1人が不眠症と言われているのです。

【不眠症】眠れないのは、病気やうつ病・5人に1人が睡眠障害その原因を解明!

このブログでは日本の不眠症の人の情報について紹介しています。

例え不眠症でなくても、いつ自分が不眠症になるかもしれません。

ひょっとして自分では気づかない間に不眠症になっていたってことになっては大変ですよね。

不眠症は、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と増加していると言われています。

性別も男性よりも女性に多いといわれてます。

私も長い間、不眠症に悩まされていました。

原因となる事を改善しようと一生懸命になって、それでまた眠れない日が続くとますます不安になる一方だったことを思いだします。

その当時に不眠症を改善するために、不眠に効果のあるサプリメントに出会いました。

たかが、眠れないことは誰でもあると言われて自分では気にしない様に務めましたが、不眠を経験して事のある人しか分からない焦りや不安があるのです。

このサプリメントを知らなければ未だに眠れない日々が続いていたと思います。

サプリメントで体質改善をして質の良い眠りを手に入れた

本当に眠れると聞いては色々と試していた私でしたが、どれも差ほどの効果は見られない毎日でした。

インターネットで眠れる方法を探すとメンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】を見つけました。

楽天ランキング1位獲得200週以上の実績を持つサプリメントでした。

不眠症だけでなく、様々なメンタルのお悩みを持っている人にも効果の高いサプリメントです。

  • 不眠
  • うつ病
  • パニック障害
  • 自律神経失調症
  • 更年期障害
  • ストレス

この様な悩みを持つ人にはメンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】をおススメします。

本当に質の良い睡眠を取り戻して下さい。

サプリメントも色々とありますが、安全なメンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】が良いと思います。

不眠症から他の病気になる事も沢山あるのです。

特にストレス社会の現在はうつ業になる人が急増しているそうです。

不眠症とうつ病の関係とは? 改善方法がわかる!

このブロブの中にも詳しく説明していますので参考にしてみて下さいね。

では、不眠症の症状について詳しくご紹介していきましょう!

不眠症の症状① 夜の寝つきが悪い

寝つきが悪いという症状は、なかなか眠れない状態のことを指します。

寝つきがその悪い状態の事を入眠困難といわれます。

この入眠困難の状態は睡眠障害の一種の不眠症の症状の1つと言えるのです。

中々眠れないことは誰にも起こりうることですが、余りに続く場合は不眠症の症状であったりするのです。

寝つきが悪くなる原因や予防について説明していきましょう。

[ad#kiji]

寝つきの悪い状態を予防する方法

寝つきの悪い人の特徴は、日常生活が不規則になってしまっていることが多いのです。

朝に行う対策が一番大事です。

例えが

  • 毎朝一定の時刻に起きる
  • カーテンを開けて太陽の光を浴びる

これは1日のリズムを刻む体内時計を正常にするのに役立ちます。

規則正しく眠ったり生活リズムを正常に戻し、体内時計が正しくリセットされます。

そうする事で夜の一定時刻になると自然に眠る準備が始まり眠たくなってきます。

太陽の光を浴びることで体内時計が正常に動きです

朝の光で体内時計を整えることが、寝つきの安定につながるのです。

起きる時間が不規則であると起きる時間がバラバラだと、朝に太陽の光を浴びる時間がずれて、体内時計のリズムが一定しないため、寝つきが安定しません。

ただし、夜早くに眠たくなり朝早く目が覚めてしまうタイプの不眠では、朝に太陽の光を浴びると、さらに寝つきや目覚めが早まり逆効果になります。その場合は、サングラスなどを活用して、朝の一定時刻までは強い太陽の光が目に入るのを避けるとよいでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です